デススト メモリー チップ。 デスストのバイクがカッコ良すぎたので調べてみたら、ネタやギミックが満載だった件

デスストのバイクがカッコ良すぎたので調べてみたら、ネタやギミックが満載だった件

デススト メモリー チップ

親密度上げ 指名なし依頼(サブクエスト)を達成して、各施設の親密度を上げましょう。 親密度を上げることで、作れる武器や装備を増やしたり、ドキュメントやホログラムなどを入手できます。 ストーリーを進めるだけでは、見つからない施設もあるので、まずは全ての施設を見つけましょう。 ストーリーで訪れない施設のカイラル通信を繋げるには、その施設の配達依頼を達成するか、その施設の落とし物を届けてあげましょう。 だいたい近くに、その施設の落とし物が落ちています。 国道復旧 親密度を効率良く上げるためにも、国道を復旧しましょう。 デス・ストランディングのやりこみは、いかに効率良く荷物を配達するかが全てです。 その第一歩が、国道復旧になります。 国道を復旧することで、トラックを使い、大量の荷物を一度に配達できるようになります。 国道の復旧には、大量のカイラル結晶、金属、セラミックが必要です。 いずれも各施設の親密度を上げると、資材が増えますが、それだけじゃ全然足りません。 カイラル結晶は、大型BTを倒すと大量に入手でき、金属とセラミックは、ミュールから奪うことで大量に入手できます。 動画にもあるように、まずストーリーを進めて、各施設のカイラル通信をつなげてから、国道を復旧したほうが効率的なようです。 国道を復旧しながら、ストーリーを進めていたので、資材集めがかなり大変でした。 プレイ時間のほとんどを国道復旧に費やしていたかもしれないです。 ミュールを倒す 国道復旧のため、ミュールから資材を奪いましょう。 金属やセラミックを多く集めているミュールは、それほど強くないので殴っても倒せますが、色々な方法でミュールを倒してみると楽しいです。 ボーラガンが使えるようになると、簡単にミュールを倒せるようになります。 建物の中で戦うと、複数のミュールに囲まれることがなく倒しやすいです。 わざと見つかって、こちらに近づいてくるミュールを一人づつアサルトライフル(ゴム弾)で倒してみたり、時雨で建物に隠れてるミュールに、スモークグレネードを投げてから、ショットガン(ゴム弾)で倒したりしてました。

次の

【デス・ストランディング】メモリーチップ回収の旅!実質最後のトロフィーを取りに行きます。

デススト メモリー チップ

ちなみにバイクではなく、トライク タイトルで「バイク」と書いてしまっているのですが、この乗り物は正式には「 トライク」と言います。 ちなみに、トライクは 実在する乗り物で、ウィキペディアによれば次のような乗り物をトライクと呼ぶようです。 馬に引かれた3輪の乗り物。 三輪の荷馬車(1828年より存在)• ペダルでこぐもの(1868年以降に存在していたことが確認されている)• 車輪が2つでなく3つの自転車。 三輪自転車(日本でもリカンベントタイプの三輪自転車をカタカナを用いて「トライク」と言う事がある)• 幼児用の(前輪をペダルで直接駆動する)3輪車• 三輪のウルトラライトプレーン。 「trike」と呼ばれる• 原動機付三輪の乗り物 引用:より 恐らくこの中で「原動機付三輪の乗り物」に該当していると思われます。 ちなみに、なんかは、現代の日本で身近に見る事が出来るトライクです。 で、今回デスストではなぜか「バイク」(2輪)ではなく「トライク」(3輪)が登場するわけですが、おそらく、走破性などを考慮して2輪ではなく、あえて3輪を採用したのではないかと思います。 このゲームでは、道なき道、道があっても悪路しかありません。 (後々も登場しますが…)そのため、おそらく自立できる(倒れない)3輪の方が適していたのだと思われます。 でも、バイクにもなる(変形する) 実はこのトライク、R3ボタン(左スティック押し込み)の高速巡行時は前輪が変形して2輪になります。 高速で走っている間は走破性を気にする必要はなく、速度向上を優先した形状になる、という何とも理にかなったギミックです。 (こんなカッコイイ乗り物ってあります?)あのもびっくりです。 実は3輪駆動(かもしれない) これは完全に僕の予想なのですが、デスストに登場するこの超絶魅力的な乗り物、トライクは、3輪駆動の可能性があります。 よく観察してみると、前輪にはシャフト(軸となる部分)がなく、モーターのような部分が車輪と繋がっているようです。 驚くのは、前輪だけでバックが出来る事です。 操作としては、左スティックを前に倒しつつR2ボタン押し込み(バック)でジャックナイフ(前輪だけで立つ事)ができるのですが、そのままR2ボタンを押し込み続けると前輪だけで後ろに下がる事ができます。 そして、その時に前輪から煙が上がるのです。 (恐らく摩擦熱で煙が出ている表現かと思われます) つまり、このトライクは前輪の動力だけで動けるのでは…?と思っています。 走破性が凄い このトライク、ただ走るだけでもそれなりの段差を超えてくれるのですが、 R3ボタンを手前に倒し、ウィリー状態で走行することでより大きな段差も超えてくれます。 車輪の大きさ以上の岩も余裕で超える事が出来ます。 着地もウィリーで後輪から降りると衝撃が少なくて済みます。 BTがいるエリア(座礁地帯)を突破できる R3ボタン押し込み(左スティック押し込み)で加速することで、BTがいるエリア(座礁地帯)を突破することができます。 しかし、下記の条件が揃っている事が望ましいようです。 なるべく障害物がない(障害物で止まると捕まってしまう)• 正面にBTがいない(BTに触れると捕まってしまう)• 上り坂でない(上り坂だとスピードが落ちるため捕まりやすい) 当然、騒音を上げながら猛スピードで突っ込む事になるので、BTにはほぼ発見されます。 しかし加速状態であれば発見されても近づかれる前に通り過ぎる事が出来るので、捕まらずに突っ切る事が出来る、という流れです。 ちなみに、走行中にBTに発見された場合、オドラデクの形が変わります。 (ちょっと分かりづらいですが…) BTに捕まった場合、こうなります。 バイクごとタールに引きづり込まれるので非常にやっかいです…ちなみに、サムだけ別の場所に連れていかれ、バイクはその地点に残ります。 車体にはネタが満載だった 良く見たら色々とロマンが詰まっていたので、注視モードで観察してみました。 RAVENの文字 まずは正面から。 車体正面にはロゴマークと「RAVEN」(レイヴン)の文字が。 レイブンは英語でを意味します。 ワタリガラスは日本では冬の渡り鳥として北海道で見られるそうです。 イギリスではチャールズ2世の勅令で、最低6羽のワタリガラスがロンドン塔で飼育されており、「ロンドン塔からワタリガラスがいなくなるとイギリスは滅びる」というジンクスがある。 引用:より 渡り鳥が名前の由来というだけでもグッと来るのですが、ゲーム内で「ロンドン橋」という言葉も出てきますし、何かしらの繋がりを感じますね…。 ボディにあるSDTの文字 横からです。 側面にはSDTという文字が書かれていますが、これは「Special Delivery Team」の略のようです。 (よく見たらSDTの後ろに書いてありました。 )さらに「MC600V」の文字も。 型番でしょうか。 TRISKELIONの文字、ロゴマークの意味 車体のリア部分です。 側面には、「TRISKELION」(トリスケリオン)の文字が。 トリスケリオンとは、紋章のひとつで、「」を指すそうです。 是非リンク先のWikipediaで三脚巴紋の画像を見て頂きたいのですが、このマーク、実はこの車体に刻まれています。 恐らくこれの事ではないでしょうか…? 「RAVEN」の翼とも受け取れるかもしれませんが。 ちなみに、関係あるかは分かりませんが、この「三脚巴紋」はマン島の紋章として有名で、 マン島では「」という有名な バイクのレースの開催地となっています。 タイヤにあるSTRAND WOLFの文字 続いて後輪。 「STRAND WOLF」の文字が書かれています。 strandwolfを検索してみたところ、どうやら「カッショクハイエナ」の事を指すようです。 ちなみにカッショクハイエナは 絶滅危惧種に指定されているそう。 ENSURE LOCK IS TIGHTの文字 後輪と前輪の間のボディ部分側面です。 ここには「ENSURE LOCK IS TIGHT」の文字が。 実はBBポッドや、小島プロダクションのシンボルキャラクター「ルーデンス」の腕の部分にも「ENSURE LOCK IS TIGHT」と書かれています。 サム役の ノーマン・リーダスはめちゃバイク好き 主人公のサム役の俳優、ノーマン・リーダスはバイク好きな事で知られ、ノーマンがバイクに乗って旅をする番組「」が存在します。 彼は撮影現場にも自分のバイクで通うほどのバイク好きだそうです。 ライド with ノーマン・リーダスとコラボしたトライクがある そして、実はデスストにはこの番組とコラボしたトライク「RIDEタイプ」が登場します。 めちゃカッコイイです。 トライクの左サスペンション側面には「RIDE WITH NORMAN REEDUS」のロゴが。 右サスペンション側面には「」のロゴが。 ちなみに、このトライクに乗ると、サムがこんなセリフをしゃべります。 非常に残念なのですが、このメモリーチップをどこで拾ったのかを忘れてしまいました…。 思い出したら追記したいと思います。

次の

デスストのバイクがカッコ良すぎたので調べてみたら、ネタやギミックが満載だった件

デススト メモリー チップ

親密度上げ 指名なし依頼(サブクエスト)を達成して、各施設の親密度を上げましょう。 親密度を上げることで、作れる武器や装備を増やしたり、ドキュメントやホログラムなどを入手できます。 ストーリーを進めるだけでは、見つからない施設もあるので、まずは全ての施設を見つけましょう。 ストーリーで訪れない施設のカイラル通信を繋げるには、その施設の配達依頼を達成するか、その施設の落とし物を届けてあげましょう。 だいたい近くに、その施設の落とし物が落ちています。 国道復旧 親密度を効率良く上げるためにも、国道を復旧しましょう。 デス・ストランディングのやりこみは、いかに効率良く荷物を配達するかが全てです。 その第一歩が、国道復旧になります。 国道を復旧することで、トラックを使い、大量の荷物を一度に配達できるようになります。 国道の復旧には、大量のカイラル結晶、金属、セラミックが必要です。 いずれも各施設の親密度を上げると、資材が増えますが、それだけじゃ全然足りません。 カイラル結晶は、大型BTを倒すと大量に入手でき、金属とセラミックは、ミュールから奪うことで大量に入手できます。 動画にもあるように、まずストーリーを進めて、各施設のカイラル通信をつなげてから、国道を復旧したほうが効率的なようです。 国道を復旧しながら、ストーリーを進めていたので、資材集めがかなり大変でした。 プレイ時間のほとんどを国道復旧に費やしていたかもしれないです。 ミュールを倒す 国道復旧のため、ミュールから資材を奪いましょう。 金属やセラミックを多く集めているミュールは、それほど強くないので殴っても倒せますが、色々な方法でミュールを倒してみると楽しいです。 ボーラガンが使えるようになると、簡単にミュールを倒せるようになります。 建物の中で戦うと、複数のミュールに囲まれることがなく倒しやすいです。 わざと見つかって、こちらに近づいてくるミュールを一人づつアサルトライフル(ゴム弾)で倒してみたり、時雨で建物に隠れてるミュールに、スモークグレネードを投げてから、ショットガン(ゴム弾)で倒したりしてました。

次の