名前 ランキング 苗字。 「2019年全国名字ランキングトップ5000」1位は佐藤さん、2500位は西部さん、5000位は? (1/2)

モテる苗字の画数ランキング

名前 ランキング 苗字

無料会員様やプレミアム会員様 5日間無料 はハンドル名で「みんなの名字の由来」に珍しい名字の由来や登録されていない名字ルーツの追加表記ができ、ご自分の幅広い名字由来の知識を多くの検索者に知っていただくことができます。 更に、知りたい名字を「情報求む」欄に掲載できます。 ユーザーの皆様は当サイトを無料でお使いいただけます。 名字研究の歴史 日本人の名字や系譜についての文献としては、古くは室町時代初期に成立した「」があります。 洞院公定 とういん きんさだ が編纂したもので、現在でも鎌倉時代以前の名字や家系を知る上で貴重な資料となっています。 江戸時代になると幕府や各藩の命により「」や「」を代表として盛んに家系図が作られるようになりましたが、学問として名字 姓氏 研究が本格的に行われるようになったのは、明治時代に入ってからとなります。 名字の種類 日本の名字 姓 の数え方には諸説あり、「伊藤、伊東、井藤、依藤、井東」など同じ「いとう」でも漢字構成の違いにより各1件とカウントする数え方や「伊藤」でも「いとう、いふじ」など「読み方の異なるもの」を各1件とカウントする数え方などがあります。 漢字と読みが異なるものをそれぞれカウントすると、苗字研究家であり文学博士である丹羽基二氏の著書「」によると 30万種弱と紹介されています。 これまで約30万種の名字を全て完璧に網羅できた文献や資料は国内に存在していませんでしたが、日本で唯一名字を専門的に調査している機関である名字由来netでは、日本人の名字を政府発表の2020年現在の最新統計データや全国電話帳データを元に独自に調査を行い、日本の全人口の 99. 名字ランキングでは、漢字の異なるものおよそ10万件を全国及び各都道府県、市区町村単位で人数や順位を掲載しています。 また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。 名字由来netについて 名字由来netは各名字の推計人数・順位といったランキングだけではなく、独自に調査を行った名字の由来をはじめ、日々日本中の皆様から沢山の名字情報が寄せられることにより絶えず進化している、日本人の名字「情報量No. 1」サイトです。 また、,対応のスマートフォンアプリもリリースしており、おかげさまでiOS版は AppStore総合第1位を2012年と2015年と 2度獲得するなど、多くの方々にご利用いただいております。 姉妹サイトの「」とあわせ、名字や家紋を総合的に、かつ手軽に調べることのできる現代の必携ツールでもあります。 年間の利用者数は累計 2,000万人以上。 名字由来netは日本の名字業界にデジタル革命をもたらし、業界No. 1として市場を広げ、牽引し続けていきたいと考えます。 名字由来netは「名字 姓 のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が一度に検索でき「使いやすさ、わかりやすさ、アクセスしやすさ」を追求したお客様視点に立った情報検索サイトです。 で、皆様がお持ちの名字情報を随時受け付けしております。 名字の由来、読み方、分布、人数など些細な事でも構いませんので、ご存知の情報をぜひお寄せください。 名字由来netのビジョン 基本理念 「日本の系譜や姓氏・家系などの調査研究により人類学・歴史学の基盤の一つをなす地域や郷土の歴史や先達の優れた学業を知り、高尚かつ健全な日本人の名字・由来・家系図の普及と復興に関する活動を行い、日本人の社会文化活動の発展に寄与する。 」 我々は理念を踏まえ、 「地球的視野に立ち、世界中の顧客満足のため、『愛』をもって質の高いサービスを適正な価格で提供する」ことを目指しています。 名字の豆知識 日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数多くあります。 理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。 例えば「東海林」さん。 山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。 荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。 結果「しょうじ」と読む名字になり、平民苗字必称義務令後の現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。 丹羽氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。 難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、をぜひご一読頂きたいと思います。 名字研究家 太田亮 おおた あきら 1884-1956 氏は「」という日本初ともいえる名字の辞書を1920 大正9 年に刊行しました。 さらに日本各地の氏族の出自、系譜について7年もの歳月をかけて調べ上げ、1942 昭和17 年に「」として上梓しました。 計3巻、7,000ページを越える大書である「姓氏家系大辞典」は、現在でも姓氏研究において欠かすことの出来ない第一級の文献とされています。 そして、それを受け継いだのが太田氏や民俗学者として著名な 柳田國男氏らに師事して名字研究を始めた 丹羽基二 にわ もとじ 1919-2006 氏。 全国 100万基の墓を巡るなどして、名字や家紋の研究を行いました。 代表的な著書に「」「」があります。 日本最大100冊以上の名字本を執筆し、日本の名字研究に金字塔を打ち立てた第一人者です。 他にも国内には素晴らしい名字研究家や郷土史家が数多く存在します。 名字由来netは多くの地道な研究家の方々を。 家系図について 古来より日本では家系図をつくることは、ご先祖様を祀ること、供養すること、自分や先祖を清め 浄め 浄化する、重要な第一歩と考えられてきました。 そのため自身の先祖を知ること、残すことは、子孫にも影響する、伝統的でとても大切な記録ともいえます。

次の

スペイン人男性女性の苗字名前ランキング

名前 ランキング 苗字

目次 韓国人の苗字は2015年時点で約500個! 韓国の方の苗字は韓国語のハングルで書かれているので、 ハングルだけで見れば約200個くらいなのですが、 韓国語は漢字とハングルでできているので、同じ苗字の 「이」という人がいても、 漢字に直すと「李」さんだったり、「伊」さんだったりするんです。 日本の「さいとう」さんみたいな感じですかね! 読みは一緒だけど、漢字に直すと旧字体を使ってたりしていろんな「さいとう」さんがいる!みたいな! それで、韓国人の苗字をどうやって調べたかというと Wikipedia大先生! もいいのですが、その参照元ともなっている という統計庁のデータを公開しているサイトがあるんです。 すごく便利ですね〜! 誰でもみることができるので、そのデータを見ればいいのですが、、、、 ファイルがcsvで、データがバラバラ。。。 他の韓国の方が記事にしてくれていたりしますが、それを真似して書いているようじゃぁダメですよね! ・・・やっぱりパクりたいけど、、、ㅋㅋㅋ ん〜〜〜ダメかな?ㅋㅋㅋ ・・・ ちゃんと自分で調べましたよ!ㅋㅋㅋ 2015年時点での苗字調査データのcsvファイルをダウンロードしてエクセルの関数やら使ってデータをまとめました! ただ、計算間違えとかしてる可能性もあるので、順番は正確ではないかもしれませんが、下記にまとめましたので、見ていただければと思います。 韓国人の苗字(姓)ランキング一覧 1位〜197位 韓国苗字 発音 漢字 김 キ ム 金 など 이 イ 李・異・伊・利・怡 など 박 パ ク 朴・博 정 チョ ン 鄭・丁・程・政・定・正・情 など 최 チェ 崔・催・最 など 조 チョ 趙・曺・調・造・朝 など 강 カ ン 姜・康・江・剛 など 장 チャ ン 張・蔣・章・莊・長・將・藏・場・裝・臧・葬・壯・庄・漿 など 윤 ユ ン 尹・允・潤 임 イ ム 林・任・壬・恁 신 シ ン 申・辛・愼・莘・新・信・伸 유 ユ 柳・劉・兪・庾・杻・有・楡・由・裕 など 한 ハ ン 韓・漢・汗・恨 오 オ 吳・伍・吾・五・晤 서 ソ 徐・西・書・緖 など 전 ジョ ン 全・田・錢・戰 권 クォ ン 權・勸・券 황 ファ ン 黃・皇・潢・荒・晃・煌・簧 안 ア ン 安 송 ソ ン 宋・松・送 홍 ホ ン 洪・烘・弘・哄・紅 など 양 ヤ ン 梁・楊・粱・揚・陽・洋・樑・樣 고 コ 高・顧 문 ム ン 文・門 손 ソ ン 孫・遜・損・蓀 배 ペ 裵・輩・培・背・配 백 ペ ク 白・百・伯・柏 허 ホ 許 など 노 ノ 盧・魯・蘆・路・虜・努 など 남 ナ ム 南・男 심 シ ム 沈・沁・深・心 하 ハ 河・夏・何・賀・荷 주 チュ 朱・周・主・珠・株 구 ク 具・丘・邱・仇 곽 クァ ク 郭・廓・槨 성 ソ ン 成 우 ウ 禹・于・寓・宇・愚・牛・偶・遇・尤 차 チャ 車・次 진 チ ン 陳・秦・晋・陣・眞・蔯・進・珍 など 민 ミ ン 閔・民・敏・珉・悶・旻 류 リュ 柳・劉 など 나 ナ 羅・蘿・邏・那 など 지 チ 池・智・地・遲 엄 オ ム 嚴・儼 など 변 ピョ ン 卞・邊・變 채 チェ 蔡・菜・采 원 ウォ ン 元・袁・原・阮・苑・院・圓 방 パ ン 方・房・龐・邦・防・旁・芳 천 チョ ン 千・天・川 공 コ ン 孔・公 현 ヒャ ン 玄・賢 여 ヨ 呂・余・黎 함 ホ ム 咸 염 ヨ ム 廉・閻・簾 석 ソ ク 石・昔・釋・席 추 チュ 秋・鄒 도 ト 都・陶・道・到・度・桃・覩 소 ソ 蘇・邵・肖・蕭・小・所・昭・簫 など 선 ソ ン 宣・鮮・善 설 ソ ル 薛・楔・雪・卨 など 마 マ 馬・麻 길 キ ル 吉 연 ヨ ン 延・連・燕・涎 위 ウィ 魏・韋・衛・偉 표 ピョ 表・俵 명 ミョ ン 明 기 キ 奇・寄・箕・紀 반 パ ク 潘・班 라 ラ 羅・蘿・邏 왕 ワ ン 王・汪 금 ク ム 琴・金・芩・禁 옥 オ ク 玉 육 ユ ク 陸 인 イ ン 印 맹 メ ン 孟 제 チェ 諸・齊 모 モ 牟・毛・慕 남궁 ナ ムク ン 南宮 など 탁 タ ク 卓 국 ク ク 鞠・鞫・菊・國・麴 어 オ 魚・漁 경 キョ ン 慶・景・京・耿 은 ウ ン 殷・銀・恩・慇 편 ピョ ン 片 용 ヨ ン 龍 예 イェ 芮・禮・倪・藝 봉 ポ ン 奉・鳳 사 サ 史・司・謝・舍・沙 부 プ 夫・付・傅・富 황보 ファ ンボ 皇甫・黃甫 가 カ 賈・價 복 ポ ク 卜 태 テ 太・泰 목 モ ク 睦・穆 형 ヒョ ン 邢・刑・形 계 ケ 桂・季 피 ピ 皮 두 トゥ 杜 감 カ ン 甘 동 ト ン 董・童・東 など 호 ホ 扈・胡・鎬・虎・湖 빈 ピ ン 賓・彬・濱・貧 など 제갈 チェガ ル 諸葛・諸曷・諸渴 など 음 ウ ム 陰 온 オ ン 溫 사공 サゴ ン 司空・司公 시 シ 施・柴・時 범 ポ ム 范・範 선우 ソヌ 鮮于 승 ス ン 承・昇 좌 チャ 左・佐 설 ソ ル — 팽 ペ ン 彭 간 カ ン 簡・間 상 サ ン 尙・商 갈 カ ル 葛 서문 ソム ン 西門・西問 견 キョ ン 甄・堅 단 タ ン 段・單 순 ソ ン 荀・筍・舜・淳・順・旬 당 タ ン 唐 창 チャ ン 昌・倉 옹 オ ン 邕・雍 화 ファ 化 빙 ピ ン 氷 종 チョ ン 鍾・宗 대 テ 大・代・戴 풍 プ ン 馮 궁 ク ン 弓・宮 엽 ヨ プ 葉 아 ア 阿 평 ピョ ン 平 독고 ト クコ 獨孤 내 ネ 乃・奈 판 パ ン 判 리 リ 李 초 チョ 楚・初 매 メ 梅 궉 クォ ク — 낭 ナ ン 浪 동방 ト ンバ ン 東方 필 ピ ル 弼・畢 묵 ム ク 墨 근 ク ン 斤 점 チョ ム 占 해 ヘ 海・解 탄 タ ン 彈 랑 ラ ン 浪 만 マ ン 萬 운 ウ ン 雲・芸 돈 ト ン 頓 곡 コ ク 曲・谷 야 ヤ 夜 섭 ソ プ 葉 자 チャ 慈 후 フ 侯・候・后 로 ロ 路・魯・盧 선우 ソ ンウ 鮮宇・蘚于・鮮牛 포 ポ 包 담 タ ム 譚 림 リ ム 林 수 ス 隋・水・洙 삼 サ ム 森・杉 성 ソ ン 盛・宬・星・城 상 サ ン 常 など 학 ハ ク — 요 ヨ 姚 안 ア ン 顔 총 チョ ン 叢 교 キョ 橋・喬 애 エ 艾 영 ヨ ン 榮影 안 ア ン 案 묘 ミョ 苗 관 クァ ン 關・管 등 トゥ ン 鄧 など 뇌 ヌェ 雷 려 リョ 呂 뢰 ヌェ 雷 증 チュ ン 增・曾 독 ト ク 獨 미 ミ 米 보 ポ 寶・保・甫 비 ピ 丕 무 ム 武 란 ラ ン 欒 산 サ ン 山 난 ナ ン 欒 망절 マ ンジョ ル 網切 어금 オグ ム 魚金 다 タ 多 무본 ムボ ン 武本 번 ボ ン 樊 완 ワ ン 阮 등정 トゥ ンジョ ン 藤井 탕 タ ン 湯 황목 ファ ンモ ク 荒木 参照元: 김さんだけで1000万人!韓国人の5分の1が김さん 人口の数字計算間違えしているかもしれないので、載せてませんが、1位の 김さんは1000万人以上いるそうです。 ㅋㅋㅋ すごい人数!ㅋㅋㅋ 2位の 이さんは700万人以上 3位の 박さんも400万人以上 いるようで、1,2,3位だけで人口の3分の1を超えちゃいます。 ㅋㅋㅋ。 こんなに苗字が一緒だと、名前で個性出すしかないな〜っと余計なことを思ってしまいます。 これは一昔前まで同じ苗字で、同じ地域の場合、結婚ができないなどそういう法律もあったくらい、伝統的に使われていた苗字の見方のようですね。 例えば、1位の 「김해김씨」というのは「김해 金海」という釜山の近くの地域名前で、 金海出身の「김 キム 金」さんってことですね。

次の

発表!2019年赤ちゃんの名前ランキング[赤ちゃんの名づけ・命名]|たまひよ

名前 ランキング 苗字

無料会員様やプレミアム会員様 5日間無料 はハンドル名で「みんなの名字の由来」に珍しい名字の由来や登録されていない名字ルーツの追加表記ができ、ご自分の幅広い名字由来の知識を多くの検索者に知っていただくことができます。 更に、知りたい名字を「情報求む」欄に掲載できます。 ユーザーの皆様は当サイトを無料でお使いいただけます。 名字研究の歴史 日本人の名字や系譜についての文献としては、古くは室町時代初期に成立した「」があります。 洞院公定 とういん きんさだ が編纂したもので、現在でも鎌倉時代以前の名字や家系を知る上で貴重な資料となっています。 江戸時代になると幕府や各藩の命により「」や「」を代表として盛んに家系図が作られるようになりましたが、学問として名字 姓氏 研究が本格的に行われるようになったのは、明治時代に入ってからとなります。 名字の種類 日本の名字 姓 の数え方には諸説あり、「伊藤、伊東、井藤、依藤、井東」など同じ「いとう」でも漢字構成の違いにより各1件とカウントする数え方や「伊藤」でも「いとう、いふじ」など「読み方の異なるもの」を各1件とカウントする数え方などがあります。 漢字と読みが異なるものをそれぞれカウントすると、苗字研究家であり文学博士である丹羽基二氏の著書「」によると 30万種弱と紹介されています。 これまで約30万種の名字を全て完璧に網羅できた文献や資料は国内に存在していませんでしたが、日本で唯一名字を専門的に調査している機関である名字由来netでは、日本人の名字を政府発表の2020年現在の最新統計データや全国電話帳データを元に独自に調査を行い、日本の全人口の 99. 名字ランキングでは、漢字の異なるものおよそ10万件を全国及び各都道府県、市区町村単位で人数や順位を掲載しています。 また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。 名字由来netについて 名字由来netは各名字の推計人数・順位といったランキングだけではなく、独自に調査を行った名字の由来をはじめ、日々日本中の皆様から沢山の名字情報が寄せられることにより絶えず進化している、日本人の名字「情報量No. 1」サイトです。 また、,対応のスマートフォンアプリもリリースしており、おかげさまでiOS版は AppStore総合第1位を2012年と2015年と 2度獲得するなど、多くの方々にご利用いただいております。 姉妹サイトの「」とあわせ、名字や家紋を総合的に、かつ手軽に調べることのできる現代の必携ツールでもあります。 年間の利用者数は累計 2,000万人以上。 名字由来netは日本の名字業界にデジタル革命をもたらし、業界No. 1として市場を広げ、牽引し続けていきたいと考えます。 名字由来netは「名字 姓 のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が一度に検索でき「使いやすさ、わかりやすさ、アクセスしやすさ」を追求したお客様視点に立った情報検索サイトです。 で、皆様がお持ちの名字情報を随時受け付けしております。 名字の由来、読み方、分布、人数など些細な事でも構いませんので、ご存知の情報をぜひお寄せください。 名字由来netのビジョン 基本理念 「日本の系譜や姓氏・家系などの調査研究により人類学・歴史学の基盤の一つをなす地域や郷土の歴史や先達の優れた学業を知り、高尚かつ健全な日本人の名字・由来・家系図の普及と復興に関する活動を行い、日本人の社会文化活動の発展に寄与する。 」 我々は理念を踏まえ、 「地球的視野に立ち、世界中の顧客満足のため、『愛』をもって質の高いサービスを適正な価格で提供する」ことを目指しています。 名字の豆知識 日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数多くあります。 理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。 例えば「東海林」さん。 山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。 荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。 結果「しょうじ」と読む名字になり、平民苗字必称義務令後の現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。 丹羽氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。 難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、をぜひご一読頂きたいと思います。 名字研究家 太田亮 おおた あきら 1884-1956 氏は「」という日本初ともいえる名字の辞書を1920 大正9 年に刊行しました。 さらに日本各地の氏族の出自、系譜について7年もの歳月をかけて調べ上げ、1942 昭和17 年に「」として上梓しました。 計3巻、7,000ページを越える大書である「姓氏家系大辞典」は、現在でも姓氏研究において欠かすことの出来ない第一級の文献とされています。 そして、それを受け継いだのが太田氏や民俗学者として著名な 柳田國男氏らに師事して名字研究を始めた 丹羽基二 にわ もとじ 1919-2006 氏。 全国 100万基の墓を巡るなどして、名字や家紋の研究を行いました。 代表的な著書に「」「」があります。 日本最大100冊以上の名字本を執筆し、日本の名字研究に金字塔を打ち立てた第一人者です。 他にも国内には素晴らしい名字研究家や郷土史家が数多く存在します。 名字由来netは多くの地道な研究家の方々を。 家系図について 古来より日本では家系図をつくることは、ご先祖様を祀ること、供養すること、自分や先祖を清め 浄め 浄化する、重要な第一歩と考えられてきました。 そのため自身の先祖を知ること、残すことは、子孫にも影響する、伝統的でとても大切な記録ともいえます。

次の