Zoom 動画 共有。 【Zoom】参加者と一緒に同じYouTube動画を見る・共有する方法!

Zoomの画面共有の使い方は?動画共有やリモート操作など

Zoom 動画 共有

スポンサーリンク Zoomで音楽が途切れてしまいます… 先日、Zoomを使ってダンスレッスンを行なう方法()を書いたのですが、こんな質問を何度かいただきました。 Zoomは会議用のツールで、人の声以外は拾われないようになっているそうで…。 声を出しながらレッスンしている時は曲も相手に届きます。 どのように対処したら良いでしょうか? スタジオで音楽を流すと、 相手には音楽がブツブツ切れてしまうようなんです。 Zoomで配信する際に音響で気をつけていることはありますか? 自分のパソコンから音楽を流してダンスレッスンを行なう場合、やっておくと良い設定があります。 この方法を知っていれば、雑音も入らないし、音が途切れることもありません。 相手にクリアな音質を届けることができるんです。 <下に続く> Zoomで音が相手に聞こえない時の対処法(ダンス講師向け) Zoomは会議用に作られたアプリなので、 最初の設定のままにしておくと自動的に雑音が排除されてしまいます。 よって、「音源が相手側に聞こえない」という現象が起きます。 山みたいな形をしているやつですね。 真ん中らへんにある「マイク音量を自動調節する」のチェックを外します。 上の2つが無効化になっていればOKです。 エコー除去は自動のままで大丈夫。 左上の赤いバツで画面を閉じます。 「オリジナル・サウンドをオフにする」という表示になっていれば設定完了です!! これで設定が完了したので 音楽が相手側に聞こえるようになります。 レッスン前に設定確認を! 画面を閉じてしまうと、もしかしたら元の設定に戻ってしまう可能性があります。 レッスンが開始したら 必ず画面の左上を見て「オリジナル・サウンドをオフにする」という表示になっているか確認してくださいね。 生徒の音声をミュートにしておくと良いよ オンラインダンスレッスンを行なう際は、 生徒の音声をミュートにしておくのもオススメです。 例えば、同時に20人の生徒に向けてダンスレッスンをすると、それぞれの生徒の雑音が入り混じってしまいますよね。 英会話でネイティブの音声を流したい• 友達と一緒に音楽鑑賞をしたい• 音楽をひたすらかけてダンスパーティーしたい• 若干わかりにくい位置にあります。 自分のパソコンの音楽が相手に共有される! この設定をすると、 自分のパソコンから流した音楽が相手に共有されます。 意外と知られていない方法ですね。 これでZOOMで音楽をかけたときに音が小さくなったり、途切れたりすることはありません!! 自分の画面共有でYouTubeから音源を流す場合にも使えます。 ただ、Youtubeはそもそも音質が悪いので、それはそのまま相手側に聞こえる感じになりますね。 それでもこの設定方法でコンピューターサウンドを共有して使えば、 音質は随分と改善されます。 Zoomで音楽を共有する方法まとめ この記事ではZoomで音楽が途切れる・音源が相手側に聞こえない時の対処法について書きました。 ダンス、フィットネス、ヨガ、音楽の先生などの参考になったら嬉しいです!!

次の

Zoomで画面共有する方法!できない場合の原因・対処法についても解説!

Zoom 動画 共有

チャット:ミーティングしている人とチャット• 招待:他の人をミーティングに呼ぶ• レコーディング:ミーティング内容を保存• 参加者の注釈を無効にする:参加者が画面共有に書き込みなどを行えないようにする• 注釈者の名前を表示:画面共有に書き込む人の名前を表示する• ビデオパネルの表示:自分を映す画面を表示もしくは非表示にする• フローティングミーティングコントロールを表示:画面共有中のツールボタンを非表示もしくは表示にする• コンピューターの音声を共有:画面共有内の音声を共有するか、しないか• フルスクリーンビデオクリップのための共有を最適化:ビデオクリップを全画面で共有するか、しないか• ミーティング終了:ミーティングを終わる 注釈ツール(共有画面に書き込み可能) Zoomで画面共有を行い、ツールバーから「コメントを付け」をクリックすると注釈ツールがたくさん表示されます。 マウス:• 選択:• テキスト• 絵を描く• スタンプを押す• スポットライト• 消しゴム• フォーマット:フォーマット変更• 保存:保存をクリックすると注釈した画面のスクリーンショットができる 別画面に切り替える方法 Zoomで画面共有している画面を変更したい場合は、上のツールバーから「新しい共有」をクリックします。 そうすると、共有したい画面を選択することができるので、選択後、右下にある「共有」をクリックしましょう。 共有停止 画面共有を終了したい場合は上のツールバーにある「共有の停止」をクリックするだけです。 ファイルの共有 Zoomの画面共有機能は(ブラウザ)などを共有する以外にもファイルなども共有することが可能です。 まず、「新規ミーティング」をクリック。 下のメニューから「画面を共有」をクリック。 画面共有を選択する画面、上部にあるメニュー「ファイル」をクリック。 共有したいファイルがあるクラウドサービスをクリックしてください。 今回はGoogle Driveを選びました。 Google Driveを選ぶとZoomと連携するための画面が表示されるので、指示に従い「Connect」をクリック。 次に、お互いのアカウントを繋ぐために「認可」をクリック。 Googleアカウントが表示されるので、Zoomと連携したいアカウントをクリック。 Zoomへの権限について上のような画面が表示されるので「許可」をクリック。 再度、「許可」をクリック。 連携完了後、上の画面のようにGoogle Drive内にあるファイルが表示されるので、画面共有したいファイルをクリック。 最後に、「Share Screen」をクリック。 これで、ファイルの画面共有は完了です。 ホワイトボードも利用できる Zoomでは、ホワイトボードといって、白い画面を共有することも可能です。 まず、Zoomの「新規ミーティング」をクリック。 下のメニューから「画面を共有」をタップ。 画面共有したい画面が表示されるので、その中から「ホワイトボード」をクリックして、右下の「共有」をクリック。 これで、ホワイトボードの画面共有が完了します。 リモート制御のリクエストをクリックするとリクエスト画面が表示されるので、「リクエスト」をクリック。 画面共有している人は、上の画面のように参加者から「リクエストが来ています」という通知が表示されるので、画面共有で操作をしても大丈夫という場合には「承認」をクリックしましょう。 他の人には操作を許可しないという場合には「辞退」をクリックしましょう。 PC同士の通話でなければ、リモート制御のリクエストは行えません。 また、参加者しかリモート制御リクエストは行えません。 複数の参加者が同時に画面共有する方法 画面共有は1人だけができるわけではなく、複数人でも行うことも可能です。 まず、「新規ミーティング」をクリック。 そうすることで、ミーティングに参加している人も画面共有ができるようになります。 左右分割する方法(デュアルモニター) 画面共有をしているときは、基本的に共有している画面のみ表示されるのですが、左右表示モードにすることで、画面共有と参加者の画面2つの表示を行うことができます。 そうすると、上の画面のように、左は画面共有の表示、右は参加者の画面(ビデオ)表示になっていることが確認できます。 左右表示モードはミーティング参加者のみ設定が可能です。 パソコンのファイルを開いても共有する画面が引き継がれる方法 Zoomで画面共有をしていて、パソコンにあるファイル(写真や動画など)を開いた際に、そのファイルは画面共有されない(切り替わらない)ということが起きます。 そのような場合には、まず通話中の下メニューより「画面共有」をクリックします。 次に共有したい画面を選び「全画面ビデオ クリップ用に最適化」にチェックを入れて「共有」をクリックしてください。 そうすることで、パソコンの全体の画面が画面共有用に固定され、固定された画面で開くファイルは全て画面共有することが可能になります。 ちなみに、ファイルを開く際に音も一緒に流したい場合は「コンピューターの音声を共有」のチェックも入れてください。 「全画面ビデオ クリップ用に最適化」はパソコンの画面全てを共有してしまうので、見られたくないものまで共有されてしまう危険性があります。 画面共有できない場合の原因と対処法 ミーティングに参加出来ないエラーに関しては下記で解説しています。 Zoomのソフト・アプリが最新のものになっていない 正常に画面共有ができないという場合にはZoomのソフトやアプリが最新のものになっていない可能性があります。 例えば、古いバージョンのZoomの画面共有機能にバグがあり、その古いバージョンのZoomで画面共有を行おうとしても正常に画面共有することができません。 なので、Zoomのソフト・アプリは常に最新バージョンを保っておきましょう。 ネットワークが異なるものに繋がっている スマホの画面をPCに共有したいのに、できないという場合にはWi-Fiなどのネットワーク接続違いが原因の可能性があります。 PCとスマホが別々のネットワークに接続している場合、正常に画面共有できないことがあるので、PCもスマホも同じWi-Fiに繋いでいるか確認しておきましょう。

次の

Zoomの画面共有が便利!基本操作と共有できない場合の対処法を解説

Zoom 動画 共有

今回は、主催者が動画を共有して、参加者全員に同じ動画を見せる手順をまとめていきます。 ということで、まずはYouTubeの動画画面を先に開いておきましょう。 その後、Web会議を開催し、参加してもらいます。 続いて、Web会議画面の下部メニューから 「画面共有」をクリックします。 すると、このようなウィンドウが出てきます。 この画面で、共有したい動画のウィンドウを選択して、共有することになります。 その前に、まずはこの画面下の 「コンピューターの音声を共有」「全画面ビデオクリップ用に最適化」の両方のチェックをオンにしましょう。 そのうえで、共有したいウィンドウ、この場合はYouTubeの動画を開いているウィンドウを選択して、 「共有」ボタンを押します。 すると、このようにウィンドウの上部に、画面共有中のバーが表示されます。 この時点でウィンドウ画面が参加者に表示されるようになっているのですが、動画の周りの検索バーなどなどが邪魔ですよね。 再生画面のこの部分をクリックして、全画面表示しましょう。 これで、参加者にはこのように動画が表示されているはずです!.

次の