北斗 天昇 有利区間。 有利区間とは?

6号機北斗天昇|設定4濃厚台実践【4と6の違い】を発見!?

北斗 天昇 有利区間

だくおさんの北斗天昇の考察記事が素晴らしい! 🔽有利区間継続時の恩恵まとめ 激闘ボーナスでAT非当選後に有利区間が継続した場合は、 ・天井短縮 ・50G、200Gのゾーン強化 ・AT突入率アップ と様々な恩恵あり。 そもそも有利区間とは!? 出展: 北斗天昇にも限った事ではないのですが、6号機に全てに有利区間ランプというものが設置されており非常に見にくいですが、 クレジット横のアンダーバーみたいなのが有利ランプです。 北斗天昇の大きな秘密として、「有利区間継続さえすれば、モードが優遇され、天井G数は低くなる」という仕様。 (モードAの700天井は完全否定される) また 有利区間自体も継続する法則が決まっており、ATスルー回数に着目して 偶数回はリセット、奇数回は継続するという単純明快な仕様となってますね。 見にくい有利ランプをその場で確認しなくても狙えますし、ふらっと寄ったホールでも履歴さえみれば有利ランプが継続か否かが分かる、まさに超ハイエナ仕様といっても過言ではないです。 具体的に狙える履歴見極め方法 履歴の見極めも書いとく。 AT後のスルー回数に着目し、 奇数回の場合は有利ランプ継続確定なので狙えます。 逆に 偶数回は有利ランプ非継続確定なので、狙えないという事になります。 非常に単純明快であり、これ知ってる人と知らない人ではヤメドキにも大きな差を生む事は間違いないでしょう。 おまけ&感想 少し前のパチンコのミリオンゴッドの話になりますが、潜伏が上手すぎるので、遊戯者の潜伏を確認するという通称 ベガ立ちが横行していました。 今作の北斗天昇も有利ランプ継続が鍵になるのは必須であり、ホールによってはベガ立ち確認がまた横行するのか危惧しておりましたが、その問題点は 履歴によって有利ランプ継続確認できるとの事なんでとても良かったと思ってます。 初心者で分かり難い方は有利ランプ消えで止めでも全然行けそうなきもしますが、経験積んで個人で狙い目をアレンジして効率よく立ち回りたいですね。

次の

【北斗の拳 天昇】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

北斗 天昇 有利区間

結論から言えば、有利区間とは、 ART抽選を行っている区間を指します。 この区間中は、ARTに当選しやすく、 実践者にとっては大チャンスです。 反対に、 通常区間は、 ART抽選を行わない区間です。 ART当選が、無いわけではないですが、 その可能性は、かなり低いのです。 有利区間中なら、ART当選の可能性が、 グッと上がるというわけです。 有利区間の特徴って? 一度、有利区間に入ると、 最長1,500ゲームまで続きます。 9号機では、 1ゲームあたり純増2枚で、 最大3,000枚が出る計算でしたが、 6号機は、最大1,500ゲーム、 もしくは、2,400枚獲得で終了です。 例えば、1ゲームあたり 純増8枚の 『リゼロ』なら、 300ゲームのATで、 2,400枚を獲得できますし、 純増6. 3枚と言われている 『北斗の拳 天昇』なら 約400ゲームのATで、 2,400枚を獲得できます。 フルウエイトで消化すれば、 約30分で、完走できるので、 閉店1時間前からでも、 2,400枚獲得が可能です。 有利区間の特徴的な部分は、 規定ゲーム数、もしくは既定枚数に達すれば 強制的に通常区間に戻される点です。 その場合、 有利区間完走という形になり、 それぞれの台で、 完走演出が見れます。 また、 有利区間に入ったことは、 必ず実践者に教えないといけない ルールになっています。 「実は有利区間に入っていました」 という状態ではいけません。 ペイアウトのセグの右下に、 ドットがつくかどうかで、 有利区間なのか、判断ができます。 ドットがついていれば有利区間、 ついていなければ通常区間です。 ですので、うっかり、 有利区間に入っていたのに、 捨てていたということもあり得ます。 そうならないよう、 ドットの有無は見ておきましょう。 どうすれば有利区間に入るの? 『有利区間に入る契機』 というものが存在します。 レア小役を引く、 ボーナスを当てるなどで、 有利区間に突入します。 9号機までは、 その成立役に、 設定差を設けてはいけない ということになっていましたので、 設定1だろうが、6だろうが、 差がありませんでした。 それが6号機になって、 設定差をつけた成立役の導入が 可能になりました。 レア小役を引いて、 有利区間に入りやすければ 設定が良いという示唆にも利用可能です。 これまで、旧基準機を実践していた人には やや、面倒なシステムかもしれません。 今までと同じような実践ではダメ? ミリオンゴッドでGODを引く、 至福の時と言える瞬間です。 ところが、有利区間がある 最新版のハーデスでは、 そう言えない場面が出てきます。 有利区間が終わろうとする段階で GODを引いた場合、無駄に終わるからです。 理論上、 1499ゲーム目でGODを引いても、 1500ゲーム目で終わってしまいます。 ですので、GODを引いて、 あれ?なにこれ?という展開も 今後、出てくることでしょう。 6号機では、今のところ、 1,500ゲーム消化より、 2,400枚の上限が メインとなっています。 例えで出した展開になることは、 6号機に限れば、 ほとんど無いはずですが・・・。 ただ、今までと同じような感覚で パチスロを実践していると、 びっくりすることが増えるのは事実。 どこで有利区間が始まって、 どこでリセットされるのか、 機種ごとに把握しておきましょう。

次の

有利区間とは?

北斗 天昇 有利区間

だくおさんの北斗天昇の考察記事が素晴らしい! 🔽有利区間継続時の恩恵まとめ 激闘ボーナスでAT非当選後に有利区間が継続した場合は、 ・天井短縮 ・50G、200Gのゾーン強化 ・AT突入率アップ と様々な恩恵あり。 そもそも有利区間とは!? 出展: 北斗天昇にも限った事ではないのですが、6号機に全てに有利区間ランプというものが設置されており非常に見にくいですが、 クレジット横のアンダーバーみたいなのが有利ランプです。 北斗天昇の大きな秘密として、「有利区間継続さえすれば、モードが優遇され、天井G数は低くなる」という仕様。 (モードAの700天井は完全否定される) また 有利区間自体も継続する法則が決まっており、ATスルー回数に着目して 偶数回はリセット、奇数回は継続するという単純明快な仕様となってますね。 見にくい有利ランプをその場で確認しなくても狙えますし、ふらっと寄ったホールでも履歴さえみれば有利ランプが継続か否かが分かる、まさに超ハイエナ仕様といっても過言ではないです。 具体的に狙える履歴見極め方法 履歴の見極めも書いとく。 AT後のスルー回数に着目し、 奇数回の場合は有利ランプ継続確定なので狙えます。 逆に 偶数回は有利ランプ非継続確定なので、狙えないという事になります。 非常に単純明快であり、これ知ってる人と知らない人ではヤメドキにも大きな差を生む事は間違いないでしょう。 おまけ&感想 少し前のパチンコのミリオンゴッドの話になりますが、潜伏が上手すぎるので、遊戯者の潜伏を確認するという通称 ベガ立ちが横行していました。 今作の北斗天昇も有利ランプ継続が鍵になるのは必須であり、ホールによってはベガ立ち確認がまた横行するのか危惧しておりましたが、その問題点は 履歴によって有利ランプ継続確認できるとの事なんでとても良かったと思ってます。 初心者で分かり難い方は有利ランプ消えで止めでも全然行けそうなきもしますが、経験積んで個人で狙い目をアレンジして効率よく立ち回りたいですね。

次の