エール キャスト。 エール【朝ドラ 】相関図キャストは?登場人物も画像付き一覧で紹介!

『エール』【東京編】キャスト一覧!コロンブスレコード、喫茶バンブー、早稲田大学応援部、音のライバル!

エール キャスト

誕生日:1986年1月18日 34歳 出身地:東京都 身 長:177cm 血液型:A型 配偶者:安倍なつみ 事務所:研音 代表作品: 「下町ロケット」 「あなたのことはそれほど」 「レ・ミゼラブル」 「美女と野獣」 歌の大好きな母親の影響もあり、幼少期に舞台「アニー」に憧れ小学3年で歌のレッスンに通う。 4人兄弟の三男で、兄二人の影響でアメリカに留学する。 クラシック声楽コンクールで入賞するなど、歌い手として力をつけ、イチローの引退試合では国歌を歌い上げ話題になる。 レ・ミゼラブルの大ファンで、ミュージカルをこよなく愛している。 俳優として人気が出る前に元モーニング娘の安倍なつみと結婚している。 藤堂清春(森山直太朗) 誕生日:1981年8月5日 38歳 出身地:東京都豊島区 身 長:160cm 血液型:B型 事務所:スターダストプロモーション 代表作品: 「舞妓Haaaan!!! 」 「大奥」 「信長協奏曲」 「ガリレオ」 14歳の時に池袋サンシャインシティでスカウトされる。 父親は反対するが、経済的な理由から自ら芸能界入りを決め16歳から芸能活動をスタート。 ルックスだけでなく演技力にも定評があり、ドラマや映画で多くの名俳優と共演する。 NHK作品への起用も多い。 KOH+名義で歌手活動もしている。 2016年に株式会社、2018年にファッションブランドを設立し、実業家としても勢力的に活動している。 御手洗清太郎(古川雄大) 誕生日:1953年11月2日 66歳 出身地:愛知県豊橋市 身 長:169cm 血液型:AB型 配偶者:井上加奈子 女優 事務所:アルファエージェンシー 代表作品: 「蒲田行進曲」 「わが町」 「白夜行」 「絶対零度」 大学1年生の時に、つかこうへいが出入りしていた早稲田大学の学生劇団「 劇団暫」に入団。 ここで、つか劇団の仲間となる長谷川康夫や夫人となる井上加奈子らと出会った。 以後、つかが個人的に事務所を立ち上げ、風間杜夫、重松収らと活動した。 その後、CMなどへの露出が少しずつ増えた矢先の1982年、『蒲田行進曲』の村岡安次役で、深作欣二監督で映画化されることとなり抜擢を受け、ブレイクを果たす。 【エール】かわいい子役 キャスト (子役名) 役柄 古山裕一 () 主人公 古山浩二 (潤浩) 裕一の弟 関内音 裕一の妻(となる) 関内吟 音の姉 関内梅 () 音の妹 村野鉄男 () 裕一の幼なじみ 佐藤久志 () 裕一の幼なじみ 古山裕一の幼少期(石田星空) 名 前:いしだせら 誕生日:2009年5月8日 10歳 事務所:クシューズキッズ 人気沸騰中で演技派の子役。 窪田正孝さん主演のドラマ「ラジエーションハウス」にも出演した。 10歳には見えない容姿も人気の理由である。 出演年表 2016年 大河ドラマ「真田丸」豊臣秀頼(中川大志さん幼少期)役 2019年 ・ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 第2話 千葉健太郎役 ・ハケン占い師アタル 第2話 8歳の目黒(間宮祥太朗さん幼少期)役 2020年 ・病室で念仏を唱えないでください 第9話 水沢太一役 ・朝ドラ「エール」古山裕一(主演:窪田正孝さん幼少期)役 2015年 ・ヒロイン失格 幼稚園児役 2019年 ・貞子 子供時代の和真(清水尋也さん幼少期)役 古山浩二の幼少期(潤浩) 名 前:ゆんほ 誕生日:2011年9月15日 8歳 趣 味:ゲーム 特 技:サッカー、トランポリン、鉄棒 事務所:ニチエンプロダクジョン 名前こそ知らないものの引っ張りだこの子役。 濱田岳の幼少期や広末涼子さんの息子役にも抜擢される。 2 2018年 ・朝ドラ「半分、青い。 (同じFoorinの住田萌乃さんは前作の朝ドラスカーレットに出演) 1歳になる前から映画デビューした天才子役。 英才教育を受けているのか、特技が多く上記の他に、クラシックバレエや日本舞踏などもこなす。 「アナと雪の女王」の幼いアナ役の吹き替えでも話題になった。 記憶に新しいのは、2019年の24時間テレビドラマで相葉雅紀さん演じる主人公の幼少期役を担当した。 その他、インハンド、信長協奏曲など有名作品に出演している。 久我山玲苑 幼少 役 2020年 ・シグナル100 和田隼 幼少 役 佐藤久志(山口太幹) 誕生日:1985年7月5日 34歳 出身地:東京都 身 長:180cm 血液型:A型 事務所:有限会社ボクチン 代表曲: 「前前前世」 「有心論」 代表作品: 「泣き虫しょったんの奇跡」 サラリーマンの父、ピアノ講師の母のもとに生まれ、幼稚園卒業間際〜10歳まではアメリカのロサンゼルスで暮らす。 高校で知り合った桑原とRADWINPSを結成。 作詞作曲はほとんど野田が行う。 あまりメディア露出がないバンドだったが、新海誠監督の映画「君の名は」「天気の子」では主題歌を任されるなどして活躍の幅が広がっている。 演技経験はほとんどないが、親友・松田龍平と「泣き虫しょったんの奇跡」で共演している。 これをきっかけにファッション雑誌「CANDy」の専属モデルとして活動を開始する。 映画「時をかける少女」では主人公の声を担当し話題に。 ドラマ「ゼブラーマン」では主題歌を担当するなど歌手デビューも果たす。 田中隆(三浦貴大).

次の

エール (テレビドラマ)

エール キャスト

気弱でいじめられやすい幼少期だったが、音楽と出会ったことで才能が開花し、独学で自ら作曲するように。 周囲の期待から、老舗呉服店の跡を継ごうと、商業高校へ進み叔父が経営する銀行に勤めるが、音楽への道を捨てきれないでいた。 そんなときに、歌手を目指している女学生・関内音と出会ったことで文通を始めた。 やがて二人は恋に落ち結婚し、夫婦で上京し音楽への道を突き進すんでいく。 主人公のモデルは、「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」の作曲でも知られる福島県出身の音楽家・ 古関 裕而(こせき ゆうじ)さんです。 神奈川県出身。 ・繊細さと大胆さで様々な人間を演じ分けることができる、独特の存在感や際立った演技力で人気の高い俳優。 ・男性が主人公の朝ドラは2014年『マッサン』玉山鉄二さん以来6年ぶりの11作目の作品となる。 ・クラージュキッズ所属。 ・NHK2016年大河ドラマ「真田丸」豊臣秀頼(中川大志幼少期)役でドラマデビュー。 ・『ハケン占い師アタル』『ラジエーションハウス』など人気作に出演。 【二階堂ふみさんプロフィール】 ・1994年9月21日生まれ。 沖縄県那覇市出身。 ・役になり切るためなら、体を張った演技も辞さない実力派として評価も高い。 ・『エール』のヒロイン役はオーディションで獲得。 ・演技の仕事は、朝ドラ『エール』が初めて。 三男だったので、自分は店を継ぐ予定はなかったが長男・次男が相次いで亡くなり店を継ぐことに。 それゆえに子どもたちには、好きなことをしてほしいと願っている。 【唐沢寿明プロフィール】 ・1963年6月3日生まれ。 東京都出身。 ・約30年もの間 第一線で活躍し、出演作が途切れることがない人気俳優。 銀行を営む兄の茂兵衛から、裕一を養子にしたいという要求と、音楽の道を応援する三郎の間で板挟みになり苦労している。 【菊池桃子プロフィール】 ・1968年5月4日生まれ。 東京都出身。 家業を継がず上京する兄に反発し、福島に残り地元で生きていく決意をする。 【佐久本宝プロフィール】 ・1998年7月22日生まれ。 沖縄県出身。 ・映画『怒り』での演技が評価され、着実のキャリアを積み、今注目される若手俳優のひとり。 ・ニチエンプロダクション所属 ・連続テレビ小説「半分、青い。 」第30回 男の子役(2018)、「視覚探偵 日暮旅人」第3話 雪時雅彦(濱田岳さん)の幼少期など出演作多数。 三郎の跡継ぎがだれになるのか気にしており、裕一の勝手な行動にイラだちをおぼえる。 【田中偉登プロフィール】 ・2000年生まれ大阪府出身。 ・『13歳のハローワーク(2012)』でドラマデビュー。 ・映画『惡の華』『カツベン!』な人気作に出演。 川俣の銀行を経営する大実業家だが、子だからに恵まれず、小山家の兄弟のどちらかを養子に迎えたいと思っている。 少々、圧が強すぎるせいで周囲を困らせる。 【風間杜夫プロフィール】 ・1949年4月26日生まれ。 東京都出身。 茂兵衛はもちろん、親戚の裕一にも媚を売る、したたかな人物。 【望月歩プロフィール】 ・2000年生まれ。 ・映画『ソロモンの偽証(2014)』の中学生・柏木卓也役でデビュー。 ・2019年には、映画『向こうの家』で主演を務めている。 裕一が大人になってからも、良き理解者、そして相談者として支える。 【森山直太朗プロフィール】 ・1976年4月23日生まれ。 東京都出身。 ・2003年『さくら (独唱)』で紅白歌合戦初出場。 他に『夏の終わり』、『生きとし生ける物へ』、『風花』(朝ドラ風のハルカ』の主題歌)などヒット曲を多数生み出す人気のシンガーソングライター。 のちに、東京の音楽学校を卒業し、歌手となって裕一の曲を歌い人気が出る。 【山崎育三郎プロフィール】 ・1986年1月18日生まれ。 東京都出身。 ・帝国劇場でのミュージカル「モーツァルト! 」で23歳で主演するなどミュージカル界のプリンスと呼ばれる。 ・朝ドラは、『エール』が初出演。 腕っぷしが強く近所のガキ大将だが、詩を愛する繊細な一面を持っている。 福岡県出身。 ・朝ドラは、『エール』が初出演。 【薬師丸ひろ子プロフィール】 ・1964年6月9日東京都の生まれ。 ・角川映画の中心的存在として『セーラー服と機関銃』、『Wの悲劇』などで主演を務め社会現象を巻き起こす。 ・近年は、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『1リットルの涙』母親役を演じることが多く数々の賞を受賞している。 音楽好きで、娘たちにも楽器を習わせており、優しく良き父親だが事故で亡くなってしまう。 【光石研プロフィール】 ・1961年9月26日福岡県生まれ。 ・『博多っ子純情』で映画デビュー。 ・過去に朝ドラには6回出演しており、クセのある役から温厚な役まで幅広く演じることができる名バイプレイヤーの1人。 【松井玲奈プロフィール】 ・1991年7月27日兵庫県生まれ、愛知県出身。 ・SKE48のメンバー。 ・ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』、『シャーロック』などに出演。 ・朝ドラ出演は「梅ちゃん先生」 瀬川みどり役に続いて2作目。 【森七菜プロフィール】 ・2001年8月31日大分県生まれ。 ・園子温オリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』で女優デビュー。 ・映画『東京喰種』、ドラマ『少年寅次郎』、『ニッポンノワール』など話題作に次々に出演している注目の若手女優。 【古川雄大プロフィール】 ・1987年7月9日長野県出身。 ・趣味はジャズダンス・クラシックバレエ・ギター・作詞・作曲で、特にダンスは様々なコンテストで受賞経験がある。 ・ドラマ『下町ロケット』、『トップナイフ』に出演、2020年公開の映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』への出演も控えている。 【平田満プロフィール】 ・1953年11月2日愛知県出身。 ・早稲田大学出身。 ・『蒲田行進曲(1982)』の村岡安次役でブレイクし、その後はドラマ、映画に多数出演する名脇役。 裕一に女心を教える。 【堀内敬子のプロフィール】 1971年東京都生まれ。 「憑依型女優」と知られ三谷幸喜監督・脚本の作品に多く起用されている。 映画『THE 有頂天ホテル』、ドラマ『サラリーマンNEO(2006)』、 『CHANGE(2008)』など出演作多数。 ギターが得意な、コロンブスレコードに採用された裕一と同期の作曲家。 【野田洋次郎プロフィール】 ・1985年生まれ東京都出身。 ・ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル。 ・朝ドラ出演は初めて。 新聞記事を見て、裕一をコロンブスレコードに入社させるように、指示する。 【志村けんプロフィール】 ・1950年生まれ、東京都出身。 ・1974年にドリフターズに加入し、人気者に。 ・映画『鉄道員(1999)』『キネマの神様(2020)』に出演。 ・コントやバラエティに専念するため、演技の仕事のオファーは極力断るようにしている。 学生ながらソロリサイタルを開催するほどの実力の持ち主で音の良きライバルとなる。 【小南満佑子プロフィール】 兵庫県生まれで、現在23歳。 高校2年の時にはミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションに最年少で合格するなど、役同様に若手実力派の音楽家。 東京音楽大学を卒業し、「レ・ミゼラブル」コゼット役 、「タイタニック」ケイト・マクゴーワン役 など数々の舞台で活躍。 10歳離れた兄・小南竜平もミュージカル俳優として活動している。 男性客から絶大な人気を誇る。 裕一の初恋(?)の相手。 【堀田真由プロフィール】 1998年滋賀県出身。 WOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』でデビュー。 2014年の朝ドラ『わろてんか』で主人公の妹・りんを演じ注目される。 その後も『ブラック校則(2019)』、『恋はつづくよどこまでも(2020)』に出演。 ファッションモデルとして活動するかたわら、『きみはペット』、『イノセンス 冤罪弁護士』などドラマにも出演し女優しても活躍。 裕一の作曲家としての転機をもたらせてくれる人物。 【三浦貴大プロフィール】 ・1985年東京都出身。 ・2005年『ALWAYS 三丁目の夕日(2005)』でデビュー。 ・NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で毛利元徳役を演じた。 「酒か涙か溜息か」「船頭可愛や」を作詞し、裕一の成功のキッカケとなる人物。 【ノゾエ征爾プロフィール】 ・1975年岡山県生まれ。 ・最近はNHK大河ドラマ「いだてん」に出演。 他にも日本語吹き替えや舞台俳優としても活躍。 のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。 このことが裕一の運命を変えてしまう。 なんと応募した曲が上位入賞したのだ。 そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内音と知り合う。 上京すると、二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。 そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。 しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。 自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一・・・。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 出展元:NHKドラマトピックスHPより 気弱な主人公が、明るくポジティブな妻の支えによって、どのように誰もが口ずさめるヒット曲を作っていくのか・・・。 古き良き昭和の時代を生きた夫婦と、個性豊かな共演者が贈る『エール』は、その名の通り朝から元気を与えてくれそうですね! 次回作の朝ドラ『おちょやん』のキャストは以下に記事をご覧ください。 2007年に「道」という曲でデビューしてから、メッセージ性あふれる歌詞とキャッチーなメロディで親しまれてきたGReeeeN。 今回の「星影のエール」は、毎朝流れて「その日、一日頑張ろう!」と思わせる曲に仕上がっています。 『エール』のモデルは、GReeeeNと同郷の福島県出身の古関裕而さんですので、ぴったりの選出ではないでしょうか。

次の

エール朝ドラ相関図キャスト一覧を紹介!主演は窪田正孝でヒロインは新垣結衣じゃない?

エール キャスト

朝ドラ「エール」について 今回の主人公は、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を作曲したことでも有名な「古関裕而」さんがモデルとなっています。 プロ野球ファンの方、特に阪神タイガースファンにはお馴染みの音楽ですね? 「古関裕而」さんの出身地である福島市が、2020年の東京オリンピック/パラリンピックに合わせて放送を要望していましたが、残念ながら新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、オリンピックは1年延期となってしまいました。 もしかしたら、来年もオリンピックに合わせて、朝ドラとは別の時間帯で再放送されるかもしれませんね…? ここ数年の朝ドラは、ヒロインがメインの物語でしたたが、今回の朝ドラは作曲家の「古関裕而」さんがモデルとなっているため、2014年のマッサン以来の男性が主役のドラマになっています。 また、「エール」の主題歌は、GReeeeNの「星影のエール」になります。 主人公の窪田正孝、ヒロインの二階堂ふみの他にも、主人公の父親役として唐沢寿明、母親役に菊池桃子、恩師役に森山直太朗、ヒロインの母親役に薬師丸ひろ子など、そうそうたるメンバーが出演しているので、非常に楽しみな朝ドラになりそうです、 朝ドラ「エール」の役柄・モデル&キャスト一覧 朝ドラ「エール」の登場人物、キャストやモデルになった人物を一覧にしてみました。 登場人物 出演者 モデル 関係 古山家の人々 古山裕一 窪田正孝 (子役:石田星空 古関裕而 作曲家を目指す主人公 古山三郎 唐沢寿明 古関三郎治 古山裕一の父 古山まさ 菊池桃子 古関ヒサ 古山裕一の母 古山浩二 佐久本宝 (子役:潤浩 古関弘之 古山裕一の弟 権藤茂兵衛 風間杜夫 武藤茂平 川俣銀行頭取 古山裕一の伯父 権藤源蔵 森山周一郎 古山裕一の祖父 権藤八重 三田和代 古山裕一の祖母 関内家の人々 関内音 二階堂ふみ 子役:清水香帆 古関金子 歌手を目指すヒロイン 関内安隆 光石研 内山安蔵 関内音の父 関内光子 薬師丸ひろ子 内山ミツ 関内音の母 関内吟 松井玲奈 子役:本間叶愛 関内音の姉 関内梅 森七菜 子役:新津ちせ 関内音の妹 裕一の恩師/幼なじみ 佐藤久志 山崎育三郎 子役:山口太幹 伊藤久男 歌手 古山裕一の友達 村野鉄男 中村蒼 子役:込江大牙 野村俊夫 作詞家 古山裕一の友達 藤堂清晴 森山直太朗 遠藤喜美治 小学校の担任 古山裕一の恩師 呉服屋「喜多一」の従業員 大河原隆彦 菅原大吉 喜多一の番頭 桑田博人 清水伸 喜多一の店員 及川志津雄 田中偉登 喜多一の店員 音の知人 双浦環 柴咲コウ 三浦環 音がプロ歌手を目指すきっかけとなる人物 岩城新平 吉原光夫 馬具職人頭 打越金助 平田満 物流業 御手洗潔 古川雄大 歌の先生 小山田耕三 志村けん 作曲家 川俣銀行の従業員 落合吾郎 相島一之 川俣銀行の支店長 鈴木廉平 松尾諭 川俣銀行の行員 菊池昌子 堀内敬子 川俣銀行の事務 松坂寛太 望月歩 川俣銀行の行員 コロンブスレコード関係者 廿日市誉 古田新太 ディレクター 木枯正人 野田洋次郎 作曲家 杉山あかね 加弥乃 秘書 喫茶バンブー 梶取 保 野間口徹 喫茶バンブー店主 梶取 恵 仲里依紗 喫茶バンブー店主の妻 早稲田大学応援部 田中 隆 三浦貴大 早稲田大学応援部五代目団長 芸者・歌手・踊り子 藤丸 井上希美 芸者・歌手 山藤太郎 柿澤勇人 歌手 志津 堀田真由 ダンスホールの踊り子 東京帝国音楽学校 夏目千鶴子 小南満佑子 音のライバル 朝ドラ「エール」の主な登場人物相関図 朝ドラ「エール」の間柄を少しわかりやすくするために、主な登場人物の相関図を作ってみました。 物語は、主人公古山裕一の「古山家」と、関内音の「関内家」2つの家族を中心に話が進んでいきます。 朝ドラ「エール」の主要キャスト相関図 序盤のあらすじ 物語の主人公夫婦は、「六甲おろし」「栄光は君に輝く(甲子園)」などの応援歌や、東京オリンピック「オリンピック・マーチ」を作曲した「古関裕而」と、彼を支えた妻でもあり声楽家でもあった妻「金子」がモデルとなっています。 序盤部分だけのあらすじをさらっと紹介したいと思います。 福島の呉服屋の跡取りである古山裕一 古山裕一(窪田正孝)は、明治42年に福島の呉服屋「喜多一」の長男として生まれ、老舗呉服屋の跡取りとして大事に育てられます。 老舗の「喜多一」の跡取りとして、当然周囲からも熱い期待を受けますが、気弱でおっとりした性格であり、これと言って何の取り柄もない平凡な子供として育ちます。 父である「古山三郎(唐沢寿明)」は老舗呉服屋「喜多一」の4代目でしたが、子供たちには好きな道を歩んで欲しいと願っていました。 人生を変えた音楽との出会い これと言って何の取り柄もなく、のんびりとした性格の裕一少年の人生を大きく変えたのが、恩師の藤堂清春(森山直太朗)との出会いでした。 小学校で音楽を教えていた藤堂に出会い、音楽の素晴らしさに惹かれ始めた裕一は、やがて音楽の授業だけでは物足りなくなります。 自ら楽譜を買ってきて独学で作曲を学び、母のまさ(菊池桃子)が買ってくれたピアノを独学で弾くようになり、自ら作曲も行うことで、裕一の音楽的才能も花開いていきます。 また、小学校では、後に自分の良き音楽仲間であり親友でもある、佐藤久志(後に歌手/モデルは伊藤久男)と、村田鉄男(後に作詞家/モデルは野村俊夫)と出会っています。 豊橋で生まれたオペラ歌手を夢見る関内音 後に古山裕一の妻となる「関内音」は、愛知の豊橋市内で馬具の製造販売を行う、関内家の三姉妹の次女として生まれます。 音楽好きであった父親である「関内安隆(光石研)」の影響もあったのか、音も子供の頃から音楽が大好きでした。 そして、世界的なオペラ歌手双浦環(柴咲コウ/モデルは三浦環)が教会で歌う姿に感動し、プロのオペラ歌手を目指すようになります。 音は、女性も自立すべきという考えの持ち主である母・光子(薬師丸ひろ子)や、オシャレ好きな姉・吟(松井玲奈)、小説家になることを夢見ている妹・梅(森七菜)と、個性的な家族に囲まれ、明るく前向きな女性へと成長していきます。 音が11歳の時に、父親の安隆が出張先の大阪で子供を助けようとして電車にはねられ亡くなってしまい、関内家の運命も大きく変わっていきます。 、 家業も傾きかけますが、何とか危機を脱し、関内家は互いに助け合いながら生きていくことになります。 まとめ 1964年の東京オリンピックの「オリンピック・マーチ」を作曲した「古関裕而」が主人公ということもあり、2020東京オリンピックが行われる今年に合わせて放送する予定でしたが、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オリンピックは2021年へ1年延期されることになりました。 「古関裕而」さんの出身地であり、震災からの復興途上にある福島の強い働きかけもあり実現したスケジュールでしたが、何の因果なのかわかりませんが、オリンピック延期は福島にとっても非常に残念なニュースになっていると思われます。 オリンピックに合わせてみることは出来ませんが、物語自体は非常に興味深いので、震災復興の応援を込めて朝ドラ「エール」を楽しんで見たいと思います。

次の