韓国ニュースヤフー。 K

韓国の若者7人が語る「日本への正直な気持ち」

韓国ニュースヤフー

私は今年の3月末に調査目的でソウルを訪れましたが、いま韓国は、日本の若者、とくに10〜20代女性の多くにとってファッション、コスメ、グルメ、音楽といった分野で流行の先端を行く国である、と言えます。 一方、韓国の若者たちはどんなトレンドの中で生きているのでしょうか。 高校生を中心とした男女7人に集まってもらい、彼らの意識・生活価値観を探ってきました。 彼らが直面している社会問題や現政権に対する気分、対日感情、身の回りの流行や恋愛事情から、現在の韓国社会のリアルと実態が浮かび上がってきます。 日韓関係は緊迫した状況が続いていますが、その一方で、日本の若者も韓国の若者もお互いに切っても切れない関係になりつつある様子が明確に見えてきます。 (座談会は3月に実施したものです) 日本の韓流ブームに対する韓国の若者の反応は 原田:今日は韓国の若者、とくに皆さんのような高校生くらいの若者がどんな意識なのかを聞きたくて、集まってもらいました。 軽く自己紹介をお願いできますか? A君:高校3年生です。 プログラムが趣味で、ロボット工学科のある大学への進学を希望しています。 B君:高校3年生です。 学校で日本語を習ったので、少しできます。 絵を描くのが趣味で、デザイン系の大学に進学を希望しています。 C君:高校3年生です。 大学ではホテル経営を勉強したいと思っています。 D君:高校3年生です。 趣味は運動で、テコンドー、柔道、ボクシングなど、いろいろやっています。 芸術系の大学に進学希望です。 Eさん:高校3年生です。 趣味は絵を描くこと、歌を歌うこと、ゲーム、プログラミングで、卒業後はウェブデザインや本の編集について勉強したいと思っています。 Fさん:高校は卒業していて今20歳です。 大学には行っていません。 製パンを学びたいと思っているので、今はその準備をしています。 Gさん:19歳です。 高校は卒業していて、デザインの勉強をしながら進学を考えているところです。 原田:今の日本の若い女性、とくに君たちくらいの歳の子たちの間では、韓流がものすごくブームになっています。 防弾少年団(BTS)をはじめとした芸能・音楽、ファッションやコスメやスイーツやフードがその中心で、日本から韓国に来る女子高生、女子大生も増えるいっぽう。 そのことについてはどう思いますか?.

次の

韓国内からも「手遅れになる前に...」 頑なな文政権の対日姿勢、足元からも危惧: J

韓国ニュースヤフー

- WHO 各地域の区分を掲載• - 外務省 国別の感染者数の推移を掲載• 厚生労働省などの発表• 報道発表資料や国民の皆さまへのメッセージなど• 政府による緊急対応策、一人ひとりができる対策の解説など• 感染症への備えや物資・食料品の供給など、関係省庁からのお役立ち情報• 緊急事態宣言の内容やその成果、政府や自治体の取り組みの紹介ーなど• 日本を含む感染者確認国からの入国制限や入国後の行動制限措置が行われている国や地域• 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策の案内• 学校の臨時休業に関する情報や、学習支援コンテンツの紹介など 自治体からの情報 地域 選択 新型コロナウイルス感染拡大やその影響で、心の不調や生活への不安を感じたときに相談できる窓口をまとめました。 - Yahoo! ニュース 電話やメール、SNSでの相談や、地域の相談窓口などの紹介。 子供向けや外国の方向けの窓口、家庭内の暴力に関する相談窓口も 生活に困ったときの相談窓口• - 厚生労働省 新型コロナウイルスの影響などさまざまな理由で生活に困窮している人を支援。 制度の紹介や、自治体ごとの相談窓口の一覧など• - 厚生労働省 各自治体の相談窓口の一覧。 所在地や電話・FAX番号、メールアドレスなど。 事業者向けの資金相談• - 経済産業省 セーフティネット保証や新型コロナウイルス感染症特別貸付、危機対応融資などに関する相談窓口の紹介.

次の

韓国内からも「手遅れになる前に...」 頑なな文政権の対日姿勢、足元からも危惧: J

韓国ニュースヤフー

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本と結んでいる軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。 これで文政権の韓国は、日本と米国を敵に回して、孤立化と自己崩壊が必至だ。 この協定は、双方が保有する軍事情報を交換し、かつ他国に漏らさないことを取り決めている。 その多くは秘密情報とされる。 日韓は2016年に調印し、一方が相手に破棄を通知すれば、終了する。 24日が通知期限だった。 韓国が北朝鮮を脅威と捉えているなら、延長するのが当然だ。 訪韓したマーク・エスパー米国防長官も「延長を希望する」と韓国側に伝えた。 ところが、文政権は日本が韓国向けの輸出管理を強化したのに反発して、「慎重に検討する」と言い続けてきた。 その揚げ句が破棄決定である。 輸出管理強化に反発して軍事協定を破棄するのは一見、筋違いのように見える。 だが、実は同じ「親北路線」の思惑でつながっている。 日本は韓国に輸出した戦略物資が北朝鮮などに横流しされるのを懸念して、輸出管理を強化した。 文政権は「親北容共」だから、その報復として北朝鮮を敵視する協定を破棄するのは合理的なのだ。

次の