マキラ lb。 【グラブル】アニラ(SSR)の評価/性能検証まとめ|干支キャラ/十二神将【グランブルーファンタジー】

【グラブル】マキラ(SSR)の評価/性能検証まとめ|干支キャラ/十二神将【グランブルーファンタジー】

マキラ lb

評価点 9. 1アビや奥義後に自動発動するアビリティダメージによって火力面にも貢献できる性能。 TIPS『銀華効果』 銀華状態の敵がいるとターン終了時にアビリティ「氷煌の一振」 1アビ が発動する効果 アビリティ アビリティ1:『氷煌の一振』 効果 敵全体に水属性 3. 玉水の刻印中は味方のダメアビ性能が強化 サポアビで、刻印の数に応じて味方全体のダメアビ性能が強化される。 自身で刻印を付与できるので、 ダメアビの高頻度で使用するマキュラの性能を更に底上げできる。 ライターD メインパーティで終末武器やリリィを採用している場合にも効果を受けることができますね。 奥義を起点に自身の性能を高められるので、奥義を複数回発動できる中長期戦でより真価を発揮するキャラ。 HP回復もこなしつつ、刻印5以降は スロウ2回発動で強力な特殊技回数を減らせるため攻略の助けとなれる。 マキュラのサポアビ効果の促進に一役買ってくれる。 上限は無駄になりにくい『奥義上限』がおすすめ。 ダメ上限部分はオメガ武器と同枠のため『上限の種類』にだけ注意して、運用によって切り替えていきたい。 LBのおすすめ振り分け リミットボーナスの強化内容.

次の

【グラブル】カイン(リミテッド)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

マキラ lb

評価点 9. 1アビや奥義後に自動発動するアビリティダメージによって火力面にも貢献できる性能。 TIPS『銀華効果』 銀華状態の敵がいるとターン終了時にアビリティ「氷煌の一振」 1アビ が発動する効果 アビリティ アビリティ1:『氷煌の一振』 効果 敵全体に水属性 3. 玉水の刻印中は味方のダメアビ性能が強化 サポアビで、刻印の数に応じて味方全体のダメアビ性能が強化される。 自身で刻印を付与できるので、 ダメアビの高頻度で使用するマキュラの性能を更に底上げできる。 ライターD メインパーティで終末武器やリリィを採用している場合にも効果を受けることができますね。 奥義を起点に自身の性能を高められるので、奥義を複数回発動できる中長期戦でより真価を発揮するキャラ。 HP回復もこなしつつ、刻印5以降は スロウ2回発動で強力な特殊技回数を減らせるため攻略の助けとなれる。 マキュラのサポアビ効果の促進に一役買ってくれる。 上限は無駄になりにくい『奥義上限』がおすすめ。 ダメ上限部分はオメガ武器と同枠のため『上限の種類』にだけ注意して、運用によって切り替えていきたい。 LBのおすすめ振り分け リミットボーナスの強化内容.

次の

マキラ (SSR)の詳細・評価

マキラ lb

奥義ゲージ上昇量UPもあるので奥義頻度UPにも貢献でき、またLv95の効果時間延長でバトルを通して強化状態の恩恵を長く受けられる点も魅力。 ライターA 攻撃UPが攻刃枠という点や、マグナに不足しがちな連撃強化もできるといった点から、特にマグナ編成と相性が良い強化効果ですね。 他弱体耐性UPと合わせて耐性を更に上げるなどの運用もでき、あると心強い嬉しい効果。 TIPS:『弱体耐性 強化効果 』 敵からの弱体効果を防いでくれる効果。 弱体耐性を強化することで、敵の弱体効果命中率を低下させることができる。 3:全属性攻防DOWNで敵弱体に貢献 Lv100時に1アビに全属性攻防DOWNが追加され、対風属性想定なら属性攻防20%DOWNの恩恵を受けることができる。 属性DOWNは他の弱体効果と共存しやすいため使いやすく、便利な弱体役としても活躍できる。 4:ストレングス効果で味方の火力UP Lv90で取得する『意気羊々』では全体にHPが多いほど火力が高まるストレングスを付与可能。 また同時に全体HP回復もあるため、ストレングスをより高い状態で発動可能な点も魅力。 バトルメンバーにいるだけで味方を攻守両面から支援することが可能。 現状火属性の支援役としてはトップクラスの性能を持つ。 全体的に高性能な支援キャラになっている。 2:特にマグナ編成での恩恵が大きい 『アグニス』を利用した編成の場合、通常攻刃が非常に多くなるため 『竜吟虎嘯』やサポアビによる攻撃UPの価値が相対的に低くなる。 編成に関わらず活躍できる強力な支援キャラだが、マグナ編成の方が受ける恩恵が大きくなるキャラ。 ライターA スキル『渾身』を持つイクサバとの相性が良い点など、アグニス編成でも勿論強力なキャラです。 アニラと相性の良い組み合わせ 相性の良いジョブ コール・オブ・アビスのデメリットである奥義ゲージ上昇量DOWNを補いつつ奥義回転率を互いに高め合うことができる。 また若干命中不安なアニラの各種弱体をソウルピルファーで補うこともでき相性の良い組み合わせ。 フェイトエピソードあらすじ ユーザーの方から投稿いただいたあらすじを掲載しています。 しかし……、既に羊神宮の境内には、同じ目的の騎空士達により、長蛇の列が作られているのだった。 【2】 気を取り直して行列に加わる一行。 しばらくすると、前の方で 「列に割り込んだ」、「俺の方が先だった」と言い争いが起きはじめた。 ビィが団長と共にケンカの仲裁を買って出ようとしたその時、巻角を持ったうら若きドラフの乙女が割って入る。 【3】 言い争っていた男達は、彼女の姿を見るなり血相を変える。 羊神宮の主『アニラ』がたしなめると、たちまち男達は和解、あっさり諍いは治まるのだった。 ビィがただならぬ力に舌を巻いていると、アニラは団長達が仲裁に入ろうとしていたことを見抜き、礼を告げるかたわら一行に話しかけてきた。 ルリアを見て驚くアニラ。 ルリアの力について何か知っている様子だったが、本来の勤めでしばらく手が離せないらしく、後ほど改めて説明すると約束してその場を立ち去って行った。 【4】 一行が時間を改めて同じ場所に戻ると、少し遅れてアニラがやってきた。 アニラはルリアに星の力を感じていたのは自分の役目に関係があると言い、いくつかの大切な話をしてくれた。 羊神宮を含む十二方位の神社は、 星の世界を監視するために造られたこと。 すると、アニラは突然、一緒に旅に連れて行って欲しいと言いだした。 団長達が目指す伝説の地、 イスタルシアを一目見たくなったと言うアニラ。 なにより、もうこの神社に一人でいるのが寂しいようだった。 【5】 こうして、十二神将が一人、羊神アニラは一行と共にイスタルシアを目指すこととなった。 まだ見ぬイスタルシアに思いを馳せ、アニラはころころと鈴の音のように笑うのだった。 グラブルの他の攻略記事はこちら.

次の