ラッツ&スター 横浜銀蝿。 ラッツとは

【エピックセブン】戮力のラッツの評価・特徴とスキル・ステータス|ゲームエイト

ラッツ&スター 横浜銀蝿

第2次世界大戦以前の5ラッツ硬貨。 時代には独立のシンボルとされた。 硬貨 [編集 ] 1サンティムス硬貨、2サンティムス硬貨、5サンティムス硬貨、10サンティムス硬貨、20サンティムス硬貨、50サンティムス硬貨、1ラッツ硬貨、2ラッツ硬貨、5ラッツ硬貨の9種類が発行された。 なお1ラッツ、2ラッツ、5ラッツは銀貨であった。 紙幣 [編集 ] 1922年、20ラッツ紙幣、25ラッツ紙幣、50ラッツ紙幣、100ラッツ紙幣、500ラッツ紙幣の5種類の紙幣が発行され、その後、5ラッツ、10ラッツ、20ラッツ紙幣も発行されるようになった。 1993年以降 [編集 ] 硬貨 [編集 ] 現在硬貨は1サンティームス硬貨、2サンティームス硬貨、5サンティームス硬貨、10サンティームス硬貨、20サンティームス硬貨、50サンティームス硬貨、1ラッツ硬貨、2ラッツ硬貨の8種類が発行されている。 2ラッツ 紙幣 [編集 ] 現在紙幣は5ラッツ紙幣、10ラッツ紙幣、20ラッツ紙幣、50ラッツ紙幣、100ラッツ紙幣、500ラッツ紙幣の6種類が発行されている。 なお100ラッツ紙幣、および500ラッツ紙幣は希少とされる。 ユーロの導入 [編集 ] 加盟に伴いラトビアでもの導入が検討されてきた。 2013年3月、ラトビア政府は2014年1月からのユーロ導入をに申請し、7月9日承認された。 これにより、2014年1月1日よりラッツに代わりユーロが通貨として利用されることになった。 脚注 [編集 ]• 関連項目 [編集 ]• 702804ラッツ.

次の

イベント・ニュース

ラッツ&スター 横浜銀蝿

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 かつては シャネルズ(CHANELS、後にSHANELSに変更)の名で活動していた。 4人のが、を歌っていた。 1987年から活動を休止しているが、正式なはしていない。 メンバー [ ]• (すずき まさゆき、 - ) : 担当。 当バンドのでもある。 1986年以降はソロとして活動中。 (たしろ まさし、1956年 - ) : 担当(シャネルズ時代はボーカルを担当)• 本名は田代政。 グループ時代は「田代マサシ」の名で活動することが多かった(田代まさし名義はソロで活動を行うようになってから)。 (さとう よしお、1956年 - ) : 担当• グループの活動休止後はに転身しを世に送り出したことでも知られる。 2016年現在は「」の社長。 、として活動。 (くぼき ひろゆき、1956年 - ) : トップテナー担当 顔を黒く塗っていたのは上記の4人である。 (くわの のぶよし、 - ) : 、、担当• グループの活動休止後はタレントとして活動。 鈴木のソロツアーにも参加。 顔を黒く塗っていないのは桑野が白人であるという設定のため。 ただしとしては、には顔を黒く塗るようになった。 (いずも りょういち、 - ) : (担当)、ボーカル担当• グループの活動休止後はとして活動する傍ら、音楽スクールの「MAR WEST MUSIC SCHOOL」で講師を務めている。 (しんぽ きよたか、1957年 - ) : 、ボーカル担当 元メンバー [ ]• (すがわ やすお、 - ) : 担当• 後にに入ったため脱退。 高橋進(たかはし すすむ、1960年 - ) : 担当• (やまざき ひろあき、 - ) : キーボード(、)担当• 1984年2月脱退。 概要 [ ] シャネルズ結成~アマチュア時代 [ ] 9月、鈴木が高校時代の仲間の田代、中学の時に同級生だった佐藤・久保木らとともに シャネルズを結成。 この他に結成当初から在籍していたのは新保と高橋で、主に近辺出身のメンバーが集まり、自分達の仕事と並行して演奏活動をスタートさせた。 バンド名は、憧れのグループであったのオールディーズバンド「(Sha na na)」とドゥーワップグループ「(The Channels)」からとって名付けたもので、バンド名の通り当初は「」のコピーバンドとして主に活動しており、顔も黒く塗っておらず衣装もにというスタイルであった。 にはのテレビ番組『』に出演。 その後一部メンバーの脱退が続いたが、その入れ替わりに鈴木の幼なじみである桑野と、中学時代は高橋と同級生だった須川が加入する。 、当時最高峰の・バンドコンテスト『'77』(主催・)に出場し、決勝大会まで進出して入賞を飾る。 同コンテスト決勝大会には、(入賞)、(優秀グループ)が出場していてプロへの足掛かりを作っている。 またとこのころ関係を持ち始め、同年大瀧がプロデュースしたアルバム『』には鈴木がソロを取り佐藤がコーラスを担当した曲と、メンバー全員で参加した曲の2曲が収録された。 なお、名義はそれぞれ 竜ヶ崎宇童と モンスターとなっている。 『EastWest'77』でサザンオールスターズを始めとする他のバンドに圧倒されたメンバーは、シャネルズをもっと強く印象づけられるものが何かないか探していた。 そんな時、田代が深夜にテレビで放送されていた映画『三匹の狸』()を観ている時にが演じていた黒塗りパンチパーマの詐欺師にヒントを得て、黒塗りの顔でステージに立ってみることを発案する。 話し合った結果、目立つようにメインボーカルの4人だけが顔を黒く塗ることに決め、衣装も黒い顔に似合うものを探して、の呼び込みが着ていた制服であるど派手なを安く仕入れた。 そして、鈴木の父が持っていた黒人音楽のレコードやジャケットを見て、衣装に合う振り付けを考え出した。 こうして『EastWest'78』にはレコードデビュー後のスタイルに近い形で出演し、その後の曲のレパートリーも本格的なドゥーワップが中心となっていった。 ただ、当時しばらくはがなかなか世間で認められず苦労するも、には早くから認められていた。 その後の「ルイード」で定期的に行っていたライブが次第に評判を得始め、アマチュアバンドの中では一、二を争う人気グループとなっていく。 このころ脱退したメンバーと入れ替わりにのアマチュアバンド「ダックテールズ」のリーダーだった山崎がメンバー入りし、更にその後サイドギター担当が抜けた後釜に出身の出雲が加入してデビュー後のメンバーが揃う。 レコードデビュー前にもテレビ出演を果たしており、例えば、の「」では中途から数回出演し、「」などのを披露している。 レコードデビュー [ ] 2月にメンバー10人でレコードデビュー。 デビュー曲「ランナウェイ」がを記録する大ヒット。 顔を黒塗りすることで、の雰囲気を出したことが話題となり、お茶の間でも一躍人気グループとなる。 また、「『ドゥ・ワップ』ってなんだろう? 」と音楽雑誌でも取り上げられるなど、日本にドゥーワップ・ブームを巻き起こす。 黒塗りメイクにはデビュー当時まで白髪染めを、以後は濃い色のファンデーションを塗っている(当時は靴墨を塗っているという説が一般的であったが、靴墨はファンがやっていたため自分たちも靴墨と言っただけで、靴墨は臭くてとても塗れないでしょうという趣旨のコメントを後に桑野が述べている)。 なお、デビュー後もしばらくの間は、メンバー全員がそれまでの仕事を続けていた。 同年、の名門ライブハウス「」に出演を果たした。 1月、一旦それまでの活動を休止し、全員が昼間は旋盤工などの仕事をして、夜に集まって練習をするという生活に戻った。 2ヶ月後に復帰し、この時に「CHANELS」のスペルを「SHANELS」と変えている。 の高級・(CHANEL)からの物言いがあったと言われているが、鈴木はスペルを改めた理由として「CHANELS」だと海外ではチャネルズと読まれてしまうためと述べている。 以後、シャネルズ時代の音源などが発売された時は、ジャケットなどの「CHANELS」の表記は全て「SHANELS」と変えられている。 バンド名を変更した理由はあまり明言されることがなく、ドゥーワップにとらわれないグループを目指すためと説明されることもあるが、スペル改名後もシャネルからのクレームが続いたためと言われることが多く、同業である化粧品会社()のCMソングを担当することになったためという説もある。 下町育ちのドブネズミ達がDoo-Wapを歌うとRATSがひっくり返りSTARになったというのが本義。 また、この年のには『ALL NIGHT NIPPON SUPER FES. '83』に出演し、大瀧詠一、サザンオールスターズと競演する。 最後は『』、『』をセッション。 その後、ピアノの山崎とベースの高橋が脱退して8人体制になる。 3月、系で週4回放送の5分間バラエティ『』に 大森笑劇研究会の名義でレギュラー出演し、コントを披露した。 同年11月からはの『RATS ENTERTAINMENT'85』がスタートした。 活動休止~その後 [ ] 、・のでメンバー5人が合同結婚式を行い、話題を呼ぶ。 結婚式当日は花嫁を引き連れてフジテレビ系『』の第1回目に出演。 後に須川が抜けて7人体制になるが、その後メンバーは一人一人が個人で活動していくようになる。 田代と桑野はの世界を主な活動の場とするようになり、鈴木はにソロ歌手としてデビューした。 、鈴木の実の姉であるの歌手デビューをサポート。 「」としてリリースした曲「」がヒットし、後にカラオケのデュエットソングの定番となった。 又、同時期にはのCMにもメンバー全員で出演した事もあった。 90年代に入るとそのような機会もほとんどなくなっていったが、にはフジテレビ系番組『』に緑のスーツを着て出演し、メドレーを披露している。 ネズミ年のにメンバーが再集結し、期間限定で活動を再開する。 その後全国ツアーを敢行し、同年、同曲で『』に初出場する。 1996年の再集結以降、桑野自身が日本テレビ系の音楽番組『』でグループの活動再開を明言していたが、により話が立ち消えになったようである。 しかし、それ以降も桑野は「解散したわけではなく、もし活動を再開するのであれば再結成ではなく再集結です」と述べている。 2000年以降 [ ] に、鈴木・佐藤・桑野の3人が、のメンバー(、)とのコラボレーションで「」としてアルバムをリリースした。 7月、が主要駅のに使用する楽曲を一般から募集した結果、のメロディに「夢で逢えたら」が採用され、同年に使用を開始した。 採用理由には、鈴木と桑野が同駅の所在する出身であること、グループを代表する楽曲であることの二つが挙げられている。 、田代が自らので鈴木・佐藤と会食し、鈴木が田代にラッツの30周年については困難な見解を示しつつも、互いに「ラッツは宝物だ」ということを確認しあい、「お前が真面目にやって宝物を磨いて俺たちの前に出すなら、俺もそれを出すよ」と語ったことを明かした。 翌3月、鈴木は新アルバム『Still Gold』の発表記念イベントで「再び、田代さんと歌う可能性はあるのか」との質問を受け、「彼も自分をもっと磨いてほしい。 そうしたら、オレも磨いたStill Gold(黄金の輝き)を彼の前に出したいと思います」と答えた。 2009年、にて、1996年発売のベストアルバム『』が鈴木雅之の"Martini"シリーズ『Martini Blend』とともに再発された。 2009年、下北沢のソウルバー「エクセロ」が25周年記念イベントを行った際に、田代も含めたラッツ&スターのメンバーが出演。 ひさしぶりにラッツ&スターのメンバーが顔をそろえた。 ステージでは「スタンドバイミー」を披露した(田代のブログより)。 、デビュー30周年を記念して、オリジナル・アルバム 9枚 ・初のB面集・レアトラック集の計11枚のCDとPV集+秘蔵映像のDVD1枚、その他豪華特典付きで、初のBOX『』が完全生産限定で発売。 楽曲について [ ] デビュー曲の『ランナウェイ』はが作詞を、が作曲を担当し、後もこの二人によって多くのヒット曲が作られた。 また、作詞家のが初めて詩を提供したのが麻生麗二名義によるシャネルズの『星屑のダンス・ホール』という曲で、後に『め組のひと』『今夜はフィジカル』『グラマーGuy』など多くの楽曲の作詞を担当した。 アルバム収録曲の大半や「憧れのスレンダー・ガール」などの一部のシングル曲は田代が作詞を、鈴木が作曲を担当している。 田代と鈴木の二人はやに楽曲を提供したこともある。 その他にはもグループの編曲に深く携わっている。 リードボーカルは基本的に鈴木が務めていたが、アルバムには田代がリードを取る曲が収録されていることが多く、その他にも佐藤・久保木・桑野・新保がそれぞれリードボーカルを担当する楽曲も存在する。 デビュー前から交流のある大瀧詠一は、当グループのデビュー曲用に『スパイスソング』と言う曲を書いており、「ペッパー」のCMソングとして使われる予定であったが、結局は使われなかった(ゴスペラッツのアルバムに収録された『星空のサーカス〜ナイアガラへ愛をこめて編〜』は、この曲と『星空のサーカス』のである)。 大瀧による同曲のデモバージョンは、アルバム『』に収められた。 シングル発売された『Tシャツに口紅』とそのB面曲『星空のサーカス』の作曲や、先述の2曲が収録されたアルバム『SOUL VACATION』のプロデュース、彼が作詞・作曲した『夢で逢えたら』をラッツがカバーした(オリジナルは)シングル製作時のスーパーバイザーでもあった。 関連書籍 [ ]• 単行本『シャネルズのラッツ&スター』 (八曜社、1981年5月10日)• 写真集『ザ・シャネルズ』 (、1981年9月30日) 脚注 [ ] [].

次の

スティール ラッツ

ラッツ&スター 横浜銀蝿

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 かつては シャネルズ(CHANELS、後にSHANELSに変更)の名で活動していた。 4人のが、を歌っていた。 1987年から活動を休止しているが、正式なはしていない。 メンバー [ ]• (すずき まさゆき、 - ) : 担当。 当バンドのでもある。 1986年以降はソロとして活動中。 (たしろ まさし、1956年 - ) : 担当(シャネルズ時代はボーカルを担当)• 本名は田代政。 グループ時代は「田代マサシ」の名で活動することが多かった(田代まさし名義はソロで活動を行うようになってから)。 (さとう よしお、1956年 - ) : 担当• グループの活動休止後はに転身しを世に送り出したことでも知られる。 2016年現在は「」の社長。 、として活動。 (くぼき ひろゆき、1956年 - ) : トップテナー担当 顔を黒く塗っていたのは上記の4人である。 (くわの のぶよし、 - ) : 、、担当• グループの活動休止後はタレントとして活動。 鈴木のソロツアーにも参加。 顔を黒く塗っていないのは桑野が白人であるという設定のため。 ただしとしては、には顔を黒く塗るようになった。 (いずも りょういち、 - ) : (担当)、ボーカル担当• グループの活動休止後はとして活動する傍ら、音楽スクールの「MAR WEST MUSIC SCHOOL」で講師を務めている。 (しんぽ きよたか、1957年 - ) : 、ボーカル担当 元メンバー [ ]• (すがわ やすお、 - ) : 担当• 後にに入ったため脱退。 高橋進(たかはし すすむ、1960年 - ) : 担当• (やまざき ひろあき、 - ) : キーボード(、)担当• 1984年2月脱退。 概要 [ ] シャネルズ結成~アマチュア時代 [ ] 9月、鈴木が高校時代の仲間の田代、中学の時に同級生だった佐藤・久保木らとともに シャネルズを結成。 この他に結成当初から在籍していたのは新保と高橋で、主に近辺出身のメンバーが集まり、自分達の仕事と並行して演奏活動をスタートさせた。 バンド名は、憧れのグループであったのオールディーズバンド「(Sha na na)」とドゥーワップグループ「(The Channels)」からとって名付けたもので、バンド名の通り当初は「」のコピーバンドとして主に活動しており、顔も黒く塗っておらず衣装もにというスタイルであった。 にはのテレビ番組『』に出演。 その後一部メンバーの脱退が続いたが、その入れ替わりに鈴木の幼なじみである桑野と、中学時代は高橋と同級生だった須川が加入する。 、当時最高峰の・バンドコンテスト『'77』(主催・)に出場し、決勝大会まで進出して入賞を飾る。 同コンテスト決勝大会には、(入賞)、(優秀グループ)が出場していてプロへの足掛かりを作っている。 またとこのころ関係を持ち始め、同年大瀧がプロデュースしたアルバム『』には鈴木がソロを取り佐藤がコーラスを担当した曲と、メンバー全員で参加した曲の2曲が収録された。 なお、名義はそれぞれ 竜ヶ崎宇童と モンスターとなっている。 『EastWest'77』でサザンオールスターズを始めとする他のバンドに圧倒されたメンバーは、シャネルズをもっと強く印象づけられるものが何かないか探していた。 そんな時、田代が深夜にテレビで放送されていた映画『三匹の狸』()を観ている時にが演じていた黒塗りパンチパーマの詐欺師にヒントを得て、黒塗りの顔でステージに立ってみることを発案する。 話し合った結果、目立つようにメインボーカルの4人だけが顔を黒く塗ることに決め、衣装も黒い顔に似合うものを探して、の呼び込みが着ていた制服であるど派手なを安く仕入れた。 そして、鈴木の父が持っていた黒人音楽のレコードやジャケットを見て、衣装に合う振り付けを考え出した。 こうして『EastWest'78』にはレコードデビュー後のスタイルに近い形で出演し、その後の曲のレパートリーも本格的なドゥーワップが中心となっていった。 ただ、当時しばらくはがなかなか世間で認められず苦労するも、には早くから認められていた。 その後の「ルイード」で定期的に行っていたライブが次第に評判を得始め、アマチュアバンドの中では一、二を争う人気グループとなっていく。 このころ脱退したメンバーと入れ替わりにのアマチュアバンド「ダックテールズ」のリーダーだった山崎がメンバー入りし、更にその後サイドギター担当が抜けた後釜に出身の出雲が加入してデビュー後のメンバーが揃う。 レコードデビュー前にもテレビ出演を果たしており、例えば、の「」では中途から数回出演し、「」などのを披露している。 レコードデビュー [ ] 2月にメンバー10人でレコードデビュー。 デビュー曲「ランナウェイ」がを記録する大ヒット。 顔を黒塗りすることで、の雰囲気を出したことが話題となり、お茶の間でも一躍人気グループとなる。 また、「『ドゥ・ワップ』ってなんだろう? 」と音楽雑誌でも取り上げられるなど、日本にドゥーワップ・ブームを巻き起こす。 黒塗りメイクにはデビュー当時まで白髪染めを、以後は濃い色のファンデーションを塗っている(当時は靴墨を塗っているという説が一般的であったが、靴墨はファンがやっていたため自分たちも靴墨と言っただけで、靴墨は臭くてとても塗れないでしょうという趣旨のコメントを後に桑野が述べている)。 なお、デビュー後もしばらくの間は、メンバー全員がそれまでの仕事を続けていた。 同年、の名門ライブハウス「」に出演を果たした。 1月、一旦それまでの活動を休止し、全員が昼間は旋盤工などの仕事をして、夜に集まって練習をするという生活に戻った。 2ヶ月後に復帰し、この時に「CHANELS」のスペルを「SHANELS」と変えている。 の高級・(CHANEL)からの物言いがあったと言われているが、鈴木はスペルを改めた理由として「CHANELS」だと海外ではチャネルズと読まれてしまうためと述べている。 以後、シャネルズ時代の音源などが発売された時は、ジャケットなどの「CHANELS」の表記は全て「SHANELS」と変えられている。 バンド名を変更した理由はあまり明言されることがなく、ドゥーワップにとらわれないグループを目指すためと説明されることもあるが、スペル改名後もシャネルからのクレームが続いたためと言われることが多く、同業である化粧品会社()のCMソングを担当することになったためという説もある。 下町育ちのドブネズミ達がDoo-Wapを歌うとRATSがひっくり返りSTARになったというのが本義。 また、この年のには『ALL NIGHT NIPPON SUPER FES. '83』に出演し、大瀧詠一、サザンオールスターズと競演する。 最後は『』、『』をセッション。 その後、ピアノの山崎とベースの高橋が脱退して8人体制になる。 3月、系で週4回放送の5分間バラエティ『』に 大森笑劇研究会の名義でレギュラー出演し、コントを披露した。 同年11月からはの『RATS ENTERTAINMENT'85』がスタートした。 活動休止~その後 [ ] 、・のでメンバー5人が合同結婚式を行い、話題を呼ぶ。 結婚式当日は花嫁を引き連れてフジテレビ系『』の第1回目に出演。 後に須川が抜けて7人体制になるが、その後メンバーは一人一人が個人で活動していくようになる。 田代と桑野はの世界を主な活動の場とするようになり、鈴木はにソロ歌手としてデビューした。 、鈴木の実の姉であるの歌手デビューをサポート。 「」としてリリースした曲「」がヒットし、後にカラオケのデュエットソングの定番となった。 又、同時期にはのCMにもメンバー全員で出演した事もあった。 90年代に入るとそのような機会もほとんどなくなっていったが、にはフジテレビ系番組『』に緑のスーツを着て出演し、メドレーを披露している。 ネズミ年のにメンバーが再集結し、期間限定で活動を再開する。 その後全国ツアーを敢行し、同年、同曲で『』に初出場する。 1996年の再集結以降、桑野自身が日本テレビ系の音楽番組『』でグループの活動再開を明言していたが、により話が立ち消えになったようである。 しかし、それ以降も桑野は「解散したわけではなく、もし活動を再開するのであれば再結成ではなく再集結です」と述べている。 2000年以降 [ ] に、鈴木・佐藤・桑野の3人が、のメンバー(、)とのコラボレーションで「」としてアルバムをリリースした。 7月、が主要駅のに使用する楽曲を一般から募集した結果、のメロディに「夢で逢えたら」が採用され、同年に使用を開始した。 採用理由には、鈴木と桑野が同駅の所在する出身であること、グループを代表する楽曲であることの二つが挙げられている。 、田代が自らので鈴木・佐藤と会食し、鈴木が田代にラッツの30周年については困難な見解を示しつつも、互いに「ラッツは宝物だ」ということを確認しあい、「お前が真面目にやって宝物を磨いて俺たちの前に出すなら、俺もそれを出すよ」と語ったことを明かした。 翌3月、鈴木は新アルバム『Still Gold』の発表記念イベントで「再び、田代さんと歌う可能性はあるのか」との質問を受け、「彼も自分をもっと磨いてほしい。 そうしたら、オレも磨いたStill Gold(黄金の輝き)を彼の前に出したいと思います」と答えた。 2009年、にて、1996年発売のベストアルバム『』が鈴木雅之の"Martini"シリーズ『Martini Blend』とともに再発された。 2009年、下北沢のソウルバー「エクセロ」が25周年記念イベントを行った際に、田代も含めたラッツ&スターのメンバーが出演。 ひさしぶりにラッツ&スターのメンバーが顔をそろえた。 ステージでは「スタンドバイミー」を披露した(田代のブログより)。 、デビュー30周年を記念して、オリジナル・アルバム 9枚 ・初のB面集・レアトラック集の計11枚のCDとPV集+秘蔵映像のDVD1枚、その他豪華特典付きで、初のBOX『』が完全生産限定で発売。 楽曲について [ ] デビュー曲の『ランナウェイ』はが作詞を、が作曲を担当し、後もこの二人によって多くのヒット曲が作られた。 また、作詞家のが初めて詩を提供したのが麻生麗二名義によるシャネルズの『星屑のダンス・ホール』という曲で、後に『め組のひと』『今夜はフィジカル』『グラマーGuy』など多くの楽曲の作詞を担当した。 アルバム収録曲の大半や「憧れのスレンダー・ガール」などの一部のシングル曲は田代が作詞を、鈴木が作曲を担当している。 田代と鈴木の二人はやに楽曲を提供したこともある。 その他にはもグループの編曲に深く携わっている。 リードボーカルは基本的に鈴木が務めていたが、アルバムには田代がリードを取る曲が収録されていることが多く、その他にも佐藤・久保木・桑野・新保がそれぞれリードボーカルを担当する楽曲も存在する。 デビュー前から交流のある大瀧詠一は、当グループのデビュー曲用に『スパイスソング』と言う曲を書いており、「ペッパー」のCMソングとして使われる予定であったが、結局は使われなかった(ゴスペラッツのアルバムに収録された『星空のサーカス〜ナイアガラへ愛をこめて編〜』は、この曲と『星空のサーカス』のである)。 大瀧による同曲のデモバージョンは、アルバム『』に収められた。 シングル発売された『Tシャツに口紅』とそのB面曲『星空のサーカス』の作曲や、先述の2曲が収録されたアルバム『SOUL VACATION』のプロデュース、彼が作詞・作曲した『夢で逢えたら』をラッツがカバーした(オリジナルは)シングル製作時のスーパーバイザーでもあった。 関連書籍 [ ]• 単行本『シャネルズのラッツ&スター』 (八曜社、1981年5月10日)• 写真集『ザ・シャネルズ』 (、1981年9月30日) 脚注 [ ] [].

次の