自動車 保険 1 日 損保 ジャパン。 Tポイント・ジャパンとSBI損保、自動車保険におけるTポイントサービス導入で基本合意を締結

損保ジャパン(旧:損保ジャパン日本興亜) 「THE クルマの保険」の口コミ・評判 | みん評

自動車 保険 1 日 損保 ジャパン

突発的に自分以外の人の車を運転する機会って意外に多くありませんか? 例えば、電車で帰省した際に実家の車を使わせてもらったり、友人と車で旅行にでかけて途中で交代したり、そんなとき、自分が自動車保険の補償対象外と知りながら「ちょっとの運転だから大丈夫だよね?」と気軽な気持ちで運転してしまっている方も多いのではないでしょうか。 確かに、「一時的な運転のために自動車保険の契約内容(補償対象者)を変更してもらうのは気が引ける」という気持ちもわかりますし、せっかく楽しい旅行やドライブで、保険うんぬんと言って水を差したくないですね。 でも、 一時的な運転でも事故は事故!当然、事故をしてしまえば損害賠償が待っています! そこでオススメなのが、24時間単位で加入できる超短期型の「一日自動車保険」です! 今回は、この「一日自動車保険」にスポットを当てて、保険の概要や各社の特徴、加入方法までを徹底的にご紹介します。 実は、一日自動車保険のベストは「」だと筆者は断言します! もちろん筆者の場合は…ですが。 もし当日(即日)加入できる車保険をお探しの方は下記記事をご確認ください。 通常のお得な自動車保険をお探しの方は、下記記事をご確認ください。 【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!? 自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか? 実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。 なので、 複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。 と言われても面倒ですよね・・・ そこでオススメなのが「」の自動車保険一括見積りサービスです。 自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。 (営業電話などは一切掛かってきません。 ) これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。 任意保険とは• 自賠責保険では賄えきれない賠償金を賄うための保険• 保険料に応じて金額が異なる• プランによっては事故被害者だけでなく、自分自身や同乗者、車両の復旧に対しても適用される 自賠責保険の限度額を見ると、うーん…やっぱり少し心もとない感じはしますよね。 実際に、 平成23年に3億7千万円を超える事故被害者への賠償命令が名古屋地方裁判所によって下されたこともあるのです。 もし、運よく死亡事故や後遺障害の残る大規模事故でなく、事故被害者のケガの賠償金を自賠責保険で賄えたとしても、相手の自動車の修理や自分の運転していた自動車の修理、そして自分自身や同乗者のケガの治療など、すべてを自分自身で負担しなければいけません。 その総額は少なくとも500万円に達するケースが多く、 気軽な行動が一瞬にして人生をどん底に落とします。 ここまでご説明すれば、なぜ任意保険(自動車保険)なしで運転するのは怖すぎるのか、なぜ、「今日だけ運転したい」というときにも任意保険(自動車保険)は絶対入っておくべきか、ご理解いただけたでしょうか? 損害保険料率算出機構によって2017年3月に発行された「」では87. 一日自動車保険の基礎知識 「一日自動車保険」とは、「1DAY保険(三井住友海上)」のように各社ともわかりやすい保険名を付けているので、イメージが付きやすいかもしれませんが、 一日限りで加入できる自動車保険のことです。 対人・対物の補償が無制限という点は、年間契約の通常の自動車保険(任意保険)と原則同じ。 自損障害や搭乗者傷害も補償、ロードサービスも充実。 車両保険もオプション加入できるなど、各社とも「一日」という短さに似つかわしくない充実の補償内容となっています。 一日自動車保険っていくらで入れるの? どの保険会社も「ワンコイン500円」の契約プランをベーシックプランとしています。 そこに 車両保険や手荷物保険など、各社の特徴的なオプションを加えることができますが、高くても2,000円以内で加入することができます。 具体的なプランと金額については、「」にてご紹介します。 年間契約の自動車保険と何が違うの? 一日自動車保険は「自分の所有車を対象にできない」という点が一番大きな違いです。 一般的な年間契約の自動車保険を個人で契約する場合、普通は自分(や配偶者)名義の車を保険対象とします。 ですが、一日自動車保険は、「 他人の車を借りるときに限定して加入する保険」と明確に定義しているため、自分の車は対象になりません。 また、一日自動車保険には「等級」という概念がありません。 等級とは、事故歴に応じて保険料の割引・割増を決めるための制度ですが、一日で契約満了となる一日自動車保険には等級という概念がなく、無事故を何度続けても保険料は同じです。 1日自動車保険はこんなシーンでオススメ• 帰省中、親の車を借りたいが、保険対象者が親のみとなっている• 一日自動車保険があれば、親の保険を変えてもらうことなく、安心して借りられる!• 友人と車で旅行中、長距離運転のため、代わってあげたいが、保険対象者が友人本人のみとなっている• 一日自動車保険があれば、他の友人と交代で運転できる!• 引越しのため、親戚に軽トラックを借りたいが、保険対象外になっている• 一日自動車保険があれば、レンタカーを借りるより断然お得!• 自動車保険の更新のとき、年に数えるくらいしか車を使わない子どものために高い保険に入っている• 一日自動車保険があれば、被保険対象年齢を上げて保険料をお得に! それ以外の方は、通常の自動車保険がオススメです。 お得な自動車保険を探す方法とオススメプランについて下記記事をご確認ください。 車両保険は付けられるの? 早速、下記に車両保険の付帯可否についてまとめた比較表を載せておきますから、ご覧になってください。 実際のところ、加入するプランによっては車両保険が付けられないこともあるのですが、「どの1日自動車保険であっても車両保険をつけることは可能である」と覚えておきましょう。 車両保険は付けるべき? 1日自動車保険に加入した場合には、車の状態と相談してから加入すべきです。 つまり少しだけ難しい話になってしまいますが、減価償却 法律によって決められた価値の決め方 によって価値が少なくなり、補償される金額自体も低くなってしまうと思ってください。 そのため 加入予定の車が古い場合には、車両保険を付ける必要は「あまりない」といえると覚えておきましょう。 とはいえ加入予定の車が新しい場合やレンタカーを借りて運転する場合などは、確実に修理をしなければならないため、車両保険は「付けるべき」と覚えておきましょう。 一日自動車保険の選び方 では、いざ加入しようと思ったときに、どの一日自動車保険を選べばいいのか、オススメはどれなのか、迷ってしまいそうですよね。 各社の特徴を見比べて、一日自動車保険を選ぶポイントをご紹介します。 一日自動車保険の種類は3つ 現在販売されている一日自動車保険はこの3つ。 東京海上日動「」• 三井住友海上「」• 2012年1月に発売された「ちょいのり保険」に追随する形で、2015年9月に登場した「1DAY保険」と「ワンデーサポーター」。 やはり老舗だけあって、2020年6月時点では、「ちょいのり保険」が300万件、「1DAY保険」と、累計契約数では「ちょいのり保険」が圧勝のようですが、保険内容、サービス内容はほぼ横並び。 それでも、比較してみると各社の特徴が見えてきます。 次は、各社の一日自動車保険を具体的に比較してみましょう。 一日自動車保険を比べてみよう! 「ちょいのり保険」、「1DAY保険」、「ワンデーサポーター」の3つの一日自動車保険を比べてみましょう。 ガラケーからも申込可能• 指定被保険者の追加が一番安い、みんなで乗るならお得• 弁護士特約で被害者になったときの賠償請求が安心 三井住友海上「1DAY保険」の特徴• セブンイレブンから申し込み可能、格安SIMスマホユーザーも加入できる• 手荷物補償でゴルフや旅行に最適 あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」の特徴• 特になし いかがですか?ちなみに筆者はdocomo、au、softbankの3大キャリア以外の格安SIMスマホユーザーなので、三井住友海上の「1DAY保険」一択です!セブンイレブンのレジでそのまま支払えるのも、手軽で良いですね! オススメの一日自動車保険 次は、利用シーンやユーザーの特徴別にオススメの一日自動車保険をご紹介。 特徴が見えてくると、どんなシーンで、どんな人は、どの一日自動車保険を選べばいいかも見えてきますね。 いざというとき迷わない、一日自動車保険の入り方 加入したい一日自動車保険が決まったら、いよいよ契約! 実際に、よく使われるスマホとコンビニでの手続きをそれぞれ見ていきましょう。 スマホでの加入方法 スマホでの加入はもちろん365日24時間申し込みが可能。 ここでは、東京海上日動の「ちょいのり保険」にdocomoのスマホから加入する例をご紹介します。 「4-2.コンビニでの加入方法」をご覧ください。 ステップは大きく分けてこの2つ。 Webサイトから事前予約• マルチコピー機でお申し込み• これで契約完了です。 まとめ いかがでしたか?一日自動車保険の大切さ、一日自動車保険の選び方、一日自動車保険の入り方は、ご理解いただけましたか? もしかしたら、一日自動車保険にちゃんと入ることは、車を借してくれる方への最低限のマナーなのかもしれませんね。 「少しの時間だから」という甘い考えは一切捨てて、手軽に加入できる「一日自動車保険」を利用してみてはいかがでしょうか。

次の

ちょいのり保険|1日自動車保険(24時間あたり500円)

自動車 保険 1 日 損保 ジャパン

この記事のポイント• 1日だけの自動車保険とは、補償される期間が1日のみの自動車保険。 基本的に24時間単位で補償を受けることができる。 1日だけの自動車保険に加入したとしても、本人名義や配偶者名義で所有する自動車は補償の対象外のため加入前は注意が必要。 トラブル防止のために1日だけの自動車保険に加入する場合は、車両保険の付いているものに加入することが必須。 この記事は約7分で読めます。 1日だけの自動車保険は、その名前の通り、補償される期間が1日のみの自動車保険です。 そのため、自動車を所有していない人や他人の自動車を運転しなければならない人などは、万が一の安全策として、1日だけの自動車保険に加入しておくことがとても大切です。 本記事は、1日だけの自動車保険を販売している保険会社の内、三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、LINEほけんの商品に焦点をあて、特徴比較したものを紹介します。 併せて知っておきたい1日自動車保険とレンタカーの関係については以下記事をご覧ください。 1日自動車保険とは? 1日だけの自動車保険とは、補償される期間が1日のみの自動車保険で、基本的に24時間単位で補償を受けることができる自動車保険です。 (LINEほけんと損保ジャパン日本興亜の保険は12時間単位での加入が可能です。 ) たとえば、1日だけの自動車保険に当日の正午に加入したのであれば、補償期間は翌日の正午までとなり、夕方に加入すれば、次の日の夕方までといったイメージになります。 また、自動車保険料も安いため、もしもの時の補償に備えておける安心を買えるのは心強いとも言えるでしょう。 1日自動車保険を利用するシーン 1日だけの自動車保険を利用するシーンとして、おもに考えられるイメージは以下の通りです。 自動車保険に加入しておらず、他人の車を借りて運転する方• 両親の車を借りて運転する方で、自動車保険の補償範囲外である場合 自動車事故における損害額は、多額になる場合もあることが誰でも容易に予測することができます。 そのため、次項で紹介する保険料を見ると、おそらく、保険料を節約するといった考えにはならないことでしょう。 1日自動車保険は、いくらの料金がかかるのか 1日だけの自動車保険について、ここでは、三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、LINEほけんの4社が販売している保険料を紹介します。 1日あたりの保険料の幅は、400円から2,500円までとなっており、4社とも、基本的には3つの補償プランから選べる仕組みになっています。 1日自動車保険の補償内容 三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、LINEほけんの4社が販売している1日だけの自動車保険の補償内容は、以下の通りです。 三井住友海上【1DAY保険】 出典: LINEほけん【半日からの自動車保険】 出典: 東京海上日動【ちょいのり保険】 出典: 損保ジャパン日本興亜【乗るピタ】 出典: 4社とも、3つの補償プランから選べるほか、保険料が高いものほど、補償範囲が広くなっていることがわかります。 1日だけの自動車保険をどのような目的で利用するのか、1日あたりどの程度、自動車を運転するのかなどによって選ぶべき補償プランが異なりますが、最も保険料が高いものを選ぶのが確実です。 ただし、1日だけの自動車保険に加入する前は、次項で紹介する注意点をしっかりと確認されることをおすすめします。 1日自動車保険に加入する前の注意点 1日だけの自動車保険に加入する前の注意点は、どのような場合に補償されることになるのか、どのような場合に補償されないのかを知っておくことです。 たとえば、 1日だけの自動車保険に加入したとしても、本人名義や配偶者名義で所有する自動車は補償の対象外です。 また、自動車の所有者が、車検証の名義と異なっていたとしても、1日だけの自動車保険に加入する方が実態上、所有する自動車も補償対象外です。 ご自身が自動車保険に加入していないことが大前提 1日だけの自動車保険は、ご自身が自動車保険に加入していないことが大前提です。 たとえば、ご自身が自動車保険に加入している場合で、他社運転危険補償特約などが付加されている場合は、その補償から保険金が支払われるものです。 一般に、 他社運転危険補償特約は、自動車保険に加入する際、当初から自動付帯されることが多いため、自動車保険に加入している場合は、1日だけの自動車保険に加入する必要はありません。 トラブル防止のために1日だけの自動車保険の車両保険は必須 友人や知人の自動車を運転する場合で、遠方へ出かける予定がある時などは、1日だけの自動車保険の中でも車両保険が付いている保険に加入するのが必須です。 1日だけの自動車保険は、あくまでも加入した補償範囲内での補償となるため、車両保険が付いていない場合の事故におきましては、友人や知人の自動車をしっかりと補償することができない懸念が生じます。 トラブルの原因になることが十分予測されるため、特に注意が必要です。 1日自動車保険は、保険料が掛け捨て 1日だけの自動車保険は、保険料が掛け捨てです。 そのため、1日だけ自動車運転をする機会や少しだけ自動車を運転するちょいのりが、年間を通じて多い場合は、自動車保険に加入しておく方が得策な場合も考えられます。 ただし、1日だけの自動車保険を何度も利用した場合に、保険料が割引される仕組みも保険会社によって設けられているため、この辺も視野に入れた保険選びが保険料節約のポイントになると言えるでしょう。 通常の自動車保険選びにお困りの際は「」がおすすめです。 インズウェブでは最短5分で最大20社の見積もりが一度に取り寄せられ、各社の保険料・補償内容・サービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。 もちろんサービスはすべて無料です。 1日自動車保険のおもな特徴を比較 すでに、三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、LINEほけんの4社が販売している1日だけの自動車保険の補償内容と1日あたりの保険料を紹介しました。 一言、はっきりと申し上げておきますと、どの保険も基本的な補償内容はさほど変わりません。 ここでは、各社の最も高い保険料&最も低い保険料の保険に加入した場合について、おもな特徴を比較できるような一覧表を紹介します。 保険会社選びの公平性があるため、あえて特約名をあげませんが、加入者のニーズが高いと思われるものから、特に不要なのではないかと思われるものまでさまざまです。 そのため、おもに特約を中心に比較検討して選ぶのが、シンプルでわかりやすい方法かもしれません。 1日自動車保険の入り方 1日自動車保険は、基本的にスマートフォンで、いつでも加入申し込みができ、24時間いつでも加入手続きが可能です。 ただし、1日自動車保険を取り扱っている保険会社によって、次項で紹介するコンビニでの手続きにおける注意点をはじめ、事前登録の方法などが異なります。 そのため、ご希望の保険商品を取り扱っている保険会社のWEBサイトから手順に沿って手続きをされることが最も望ましいと考えられます。 また、 LINEほけんの場合、LINEアプリから比較的手軽に加入手続きができます。 1日だけの自動車保険は、当日加入はできる? 1日だけの自動車保険は、当日加入をすることができます。 ただし、保険商品によって手続きを行うコンビニが異なっており、たとえば、三井住友海上の1DAY保険であれば、セブンイレブン、東京海上日動のちょいのり保険であれば、ローソンやミニストップといったイメージです。 また、LINEほけんの半日からの自動車保険は、お家にいながらLINEのアプリ上で加入でき、コンビニまで無保険状態で運転してしまうリスクを回避できます。 なお、 保険加入する前の事前登録の有無や店頭端末から初めて申し込む場合においては、車両補償なしプランに縛られる場合もありますので注意が必要です。 1日自動車保険に関するまとめ 1日だけの自動車保険は、保険料が安くて加入しやすい一方で、1日くらいだから大丈夫という考えを持ってハンドルを握る方もおられると思います。 ただし、自動車事故は、どのように発生するかわからないほか、損害額や賠償金額は、保険料に比べるまでもないことは確かです。 スマホで簡単に調べて加入手続きが取れるわけでありますから、無保険の状態で自動車運転をするといったことだけは避けるようにしておきたいものです。

次の

損保ジャパン日本興亜の自動車保険で1日だけ他人を追加するには?

自動車 保険 1 日 損保 ジャパン

1日自動車保険の取り扱いがある損保4社を徹底比較 1日自動車保険を用意しているのは以下の4社です。 東京海上日動火災保険「ちょいのり保険」• 三井住友海上保険「1DAY保険」• あいおいニッセイ同和損害保険「ワンデーサポーター」• 損保ジャパン日本興亜「乗るピタ!」 東京海上日動火災保険「ちょいのり保険」 東京海上日動火災保険の保険商品です。 1日単位で加入する自動車保険になります。 手続きはスマートフォンからのみできるようになっています。 もし交通事故に巻き込まれた場合は心強いですね。 メリット 弁護士特約・法律相談費用特約が付くプランがある 後続車に追突されるなど、自分が一切悪くない「もらい事故」にあった場合、保険会社が示談交渉をすることはできません。 そんな時に車両保険ありプラン(プレミアム)なら弁護士に相談する費用が付いているので安心です。 また、損害賠償請求について専門家に相談できる法律相談費用特約も付いています。 東京海上日動火災保険に加入時の割引制度がある 将来東京海上日動火災で自動車保険に加入する場合、ちょいのり保険の利用回数に応じた割引制度があります。 2人目以降を追加する場合の料金が安い 複数人で利用する場合、2人目以降の保険料が他の短期型保険に比べてお得です。 こんな人にオススメ!• 交通事故に巻き込まれるリスクが心配な人• 将来東京海上日動火災保険で自動車保険に加入予定のある人• 複数人で利用する人 三井住友海上火災保険「1DAY保険」 三井住友海上火災保険の保険商品です。 複数回利用したり複数人で利用すると割引があります。 スマートフォンやセブンイレブンの端末から手続き可能です。 1日あたりの保険料 Aプラン(基本プラン) 500円 Bプラン(車両保険つき) 1,500円 Cプラン(車両保険+手荷物保険付き) 1,800円 1DAY保険には3つプランが用意されており、Aプランが500円(基本プラン)、Bプランが1,500円(車両保険付き)、Cプランが1,800円(手荷物保険付き)となっています。 メリット 手荷物保険が付いているプランを選べる 手荷物保険が付いているプランを選べば、万が一事故でカメラやゴルフバッグなどが破損してしまった場合、最大10万円までの補償を受けることができます。 三井住友海上火災保険で自動車保険加入時の割引制度がある 将来、三井住友海上火災保険で自動車保険に加入する場合、1DAY保険の利用回数に応じて保険料が割引になる制度があります。 セブンイレブンの端末から手続きできる セブンイレブンの端末から手続きをすることができ、保険料もレジで支払うことができます。 こんな人にオススメ!• スマートフォンの手続きに慣れていない人• 将来三井住友海上火災保険で自動車保険に加入予定のある人• 貴重品があるため手荷物保険にも入りたい人 あいおいニッセイ同和損害保険「ワンデーサポーター」 あいおいニッセイ同和損害保険の保険商品です。 1日単位で加入する自動車保険になります。 手続きはスマートフォンからのみできるようになっています。 1日あたりの保険料 ベーシックプラン 500円 ワイドプラン(車両保険付き) 1,500円 ワンデーサポーターにはベーシックプランとワイドプランの2つのプランが用意されており、ベーシックプランが500円、ワイドプランが1500円となっています。 ベーシックプランが基本プランでワイドプランが車両保険の付いたプランになります。 メリット あいおいニッセイ同和損害保険に加入する時の割引制度がある。 将来あいおいニッセイ同和損害保険で自動車保険に加入する場合、ワンデーサポーターの利用回数に応じて保険料が割引されます。 こんな人にオススメ!• 将来あいおいニッセイ同和損害保険で自動車保険に加入予定のある人 損保ジャパン日本興亜「乗るピタ!」 損保ジャパンの「乗るピタ!」は2019年1月から開始した短期自動車保険サービスです。 他社と違って12時間単位のプランが用意されているのが大きな特徴と言えるでしょう。 1日あたりの保険料 ライトプラン 400円(12時間) 500円(24時間) 基本プラン 1,200円(12時間) 1,500円(24時間) 安心プラン 1,600円(12時間) 2,000円(24時間) 「乗るピタ!」は3つのプランを展開。 車両保険がつくかどうか、そして代車費用特約がつくかどうかで料金が変わってきます。 また12時間か24時間かで料金も変わるのは大きな特徴です。 メリット 12時間単位で保険加入できるのは「乗るピタ!」しかありません。 他社は500円が最安なのに対しこちらは400円で保険を提供しています。 またパソコンからのネット加入ができるのもこの「乗るピタ!」だけです。 こんな人にオススメ!• 12時間の保険利用で十分な方• コンビニからでなくネットで申し込みを完結したい方• 携帯大手3社のキャリアに加入してない方 NTTドコモ「ドコモワンタイム保険」 ドコモが窓口になり取り扱う保険商品です。 提供しているのは東京海上日動火災なので内容は「ちょいのり保険」と同じ内容になります。 1日あたりの保険料 Aプラン(基本プラン) 500円 Bプラン(車両保険つき) 1,500円 Cプラン(車両保険+手荷物保険付き) 1,800円 1日あたりの保険料も「ちょいのり保険」と同じで、車両補償なしプランが500円、車両補償ありプラン(スタンダード)が1,500円、車両補償ありプラン(プレミアム)が1,800円となっています。 メリット ドコモケータイから簡単に手続きできる。 手続きはドコモケータイから「ネットワーク暗唱番号」と「生年月日」を入力するだけで簡単にできます。 月々のケータイ料金と一緒に請求が来る。 請求も月々のケータイ料金と一緒に来るのでクレジットカードなどの登録も不要です。 こんな人にオススメ!• ドコモユーザーの人 1日自動車保険の比較表 ここででは4社の1日自動車保険について比較してみました。 それぞれの特徴を参考にしてください。 そんな時にオススメなのが「 ワンデイ自動車保険」です。 1日単位で自動車保険をかけられる• 料金は500円〜• スマホ申し込み・コンビニ決済OK など、大変便利な保険です。 もし事故を起こしたとしても所有者の自動車保険を使わなくて済むので、等級を下げるといった迷惑をかけることも避けられます。 車両保険をつけたとしても1,500円程度で利用可能です。 他人の車でも補償が受けられる保険としては「他車運転特約」もありますが、これは自分で車を持っていることが前提です。 ワンデイ自動車保険は自分の車はもっていないけど、他人の車を運転することになったという人向けの保険になります。 余談ですが、バイクには1日保険はありません(2019年1月現在)。 車だけに用意されている大変便利な保険ですよ。 子供がたまに運転するくらいならかなり使える ワンデイ自動車保険は 子供が親の車を運転するようなケースでも使えます。 なので、たまに親の車を運転する程度というケースでは結構便利です。 運転する時だけ年齢条件・運転者の範囲・車両保険をつけることもできますが、ワンデイ自動車保険を使ったほうが安く上がるケースもあります。 代理店型で担当者がいる方はその辺を質問した上でどちらを選ぶか決めるといいでしょう。 【注意】ワンデイ自動車保険が使えないケース ワンデイ自動車保険は運転免許を持って入れば誰でも加入することができますが、保険が使えないケースが3点あります。 保険適用なりませんので十分に注意してください。 1日保険にロードサービスはついているの? 1日保険でもロードサービスはしっかりとついています。 バイクの1日保険もあってほしい! バイクの1日保険はないことがちょっと残念です。 あったら知り合いのバイク借りれたりするのに…。 ワンデイ自動車保険へ加入する流れ• スマホから申し込み• 契約完了 ワンデイ自動車保険は各社ともスマートフォンでの手続きになります。 スマートフォンで加入した保険商品のページにアクセスし、自身の情報や保険加入したい日付、運転する車の情報などの必要項目を打ち込んで契約を申し込むようになります。 手続きが完了したら、希望した日に保険がかかった状態になりますので、後は安心して運転できるようになっています。 支払いは携帯料金と一緒に清算 料金は携帯料金と一緒に清算する仕組みになっています。 ただし、三井住友海上はセブンイレブンでのコンビニ決済も可能です。 ワンデイ自動車保険に関するよくある質問 Q. 同居の親が所有する車を運転する場合、ワンデイ保険には加入できる? 車の所有者が親であれば同居であってもワンデイ保険に加入することはできます。 友人から譲り受けた車の名義変更が完了するまでの間、ワンデイ保険に加入できる? 車検証上の名義が友人であっても、実際に使用しているのが自分であった場合、ワンデイ保険に加入することはできません。 実際に使用している方が実態の所有者になるためです。 ただし、実態の所有者であれば車検証の名義が違っても普通の自動車保険に加入することは可能です。 保険会社に問い合わせ名義が誰であれ使用を開始する時から自動車保険に加入するようにしましょう。 借りる車に他の自動車保険がかかっている場合ワンデイ保険に加入できる? 加入することはできます。 ただし事故が起きた時、保険内容が重複する部分は二重請求できない場合があります。 まとめ まとめ• 他人の車を運転する場合は「ワンデイ自動車保険」がオススメ。 500円から利用でき、1日のみの保険加入もOK• スマホやコンビニで決済OK。 保険をかけたい日を入力して手続きを行えば自動的に保険がかかる。 自分名義や配偶者名義の車だとワンデイ保険は使えない。 法人名義やレンタカーなども不可。 ワンデイ自動車保険を用意している会社によって特徴や強みは違う。 確認の上加入するのがオススメ。 「1日だけしか運転しないから」「少しの距離だけだから」と他人の車を借りても保険に加入しない人は意外と多いです。 しかし事故は突然思わぬところで起きるものです。 万が一自動車保険のかかっていない状態で事故をした場合、多額の損害賠償を自己負担で支払わなければいけなくなります。 事故の状況によっては損害賠償の額が億を超えることもあります。 また仮に親や友人の保険を使えた場合でも、事故で保険を使うと親や友人の保険等級が3等級ダウンし、事故ありの割引率になるため、場合によっては保険料が合計で数十万円アップすることもあります。 自分の身だけでなく相手の身も守るために車を運転するならばワンデイ自動車保険に入ることをオススメします。

次の