重なる愛の中。 モラハラをする人はアスペルガー?自己愛性パーソナリティ障害?

菅田将暉と小松菜奈が水の中をただよい原作と重なる 原作愛あふれる『溺れるナイフ』プロローグ映像

重なる愛の中

コミュニケーションや対人関係が苦手• 限定的な興味やこだわり• 感覚の偏りや動きがぎこちない さらに、アスペルガー症候群の特徴は主に以下の特徴になります。 アスペルガー症候群は曖昧な表現が苦手であることが特徴 人とのコミュニケーションは苦手で、とくに曖昧な表現や行間を読むことが苦手です。 あいまいな言葉や指示が苦手• 指示されたこと以外はできない• 相手の表情を読み取り理解することが苦手 ただし、アスペルガー症候群は 知能や言葉の発達は遅れていないので、表向きにはコミュニケーションがとれます。 そのため、子どもの頃は気づかずに、大人になって診断されることがあります。 体験談 心情を理解して行動を取ることはできなかった元夫 筆者の元夫もこの発達障害で、明確にやってほしいことを分かりやすく伝えると話はスムーズにことは進みます。 しかし、女心の理解は難しかったようで、当時、障害を知らなかった筆者とはよく夫婦喧嘩に発展し、「何がしたいか、言いか分からない」と元夫に言われました。 筆者なりにかなりハッキリ気持ちを言っていましたが、元夫は心情を理解し、悟って行動を起こすという思考が苦手なようでした。 そのため、気持ちを訴えるよりは、その気持ちにならないようにするためにやってほしいことを伝えると、夫婦喧嘩にならなくなり、過ごしくなりました。 アスペルガー症候群の特徴は人間関係は曖昧な表現が苦手 人とのコミュニケーションは苦手で、とくに曖昧な表現や行間を読むことが苦手です。 会話が一方的で会話が続かない• 自己中心的な行動が見られる• 空気を読むことが苦手• 他人に関する興味が低い 他者への関心がかなり薄いので、人への気持ちを分かることが難しいです。 そのため、会話が一方的だったり、自分の興味のない話だとまったく関心を示すことはありません。 アスペルガー症候群はとてもこだわり強い特徴をもっている 人は興味や関心を持ちますが、 アスペルガー症候群は 固執して関心や興味を持ちます。 なので、関心があるものに対しては、まれな記憶力や集中力を見せることがあります。 逆に自分ならではのこだわりがとても強いので、スケジュール変更など突発的なことには対応しづらい傾向があります。 記憶力や集中力が非常に高い• ルールを忠実に守る• 融通を効かせることが苦手• 要領があまりよくない アスペルガー症候群は感覚の偏りがあり偏食の傾向がある 感覚が過敏だったり、鈍感だったりすることがあります。 また、手先が不器用、球技が苦手など動きのぎこちなさがみられることもあります。 特定の音や感触を好んだり、嫌ったりする• 暑さや寒さ、痛みに対して鈍感である• 姿勢が独特 アスペルガー症候群の特徴がモラハラと間違われやすい アスペルガー症候群は自分中心に考えた行動を取るように見られることから、結婚後は協力し合ってく関係になる家族とトラブルを作りやすくなります。 人の気持ちを察することが得意ではないため、相手が感情的な時でも空気を読めず傷つける言葉をいいやすいです。 そのため、相手からは言葉の暴力に間違われ、モラハラと思われてしまっています。 しかし、実際はアスペルガー症候群の人はモラハラをしているつもりは全くありません。 アスペルガー症候群が間違われる自己愛性パーソナリティ障害 アスペルガー症候群は自己中心的な行動や言動するように見られることで、自己愛性パーソナリティ障害と間違われることがあります。 しかし、 2つの障害は全く異る要因です。 アスペルガー症候群が含まれる自閉症スペクトラムは発達障害で、先天的な脳の機能障害になります。 一方、自己愛性パーソナリティ障害は名前に入っている通りパーソナリティ障害で、原因は生まれながらか素質か、親からの愛情不足によるものかと、はっきりと解明されていません。 【自己愛性パーソナリティ障害の9つの特徴】• 自分の価値を誇大的に評価している。 夢想にとらわれている。 自分は特別な存在だと信じている。 そんな自分を理解できるのは特別な人だけだと信じている。 過剰な賞賛を求める。 特権意識を持っている。 自分の利益のために巧みに人を利用する。 人への共感性に欠ける。 人の人格や気持ちを無視する。 嫉妬する。 または人が自分を嫉妬していると思い込む。 尊大で傲慢な態度や行動。 アスペルガー症候群は人とのコミュニケーションが苦手なので、人を巧みに利用することができませんが、自己愛性パーソナリティ障害は自分を良く見せたいため、口がとてもうまいことが特徴的です。 一般の人では精神障害と気づきません。 また、アスペルガー症候群は人に対して関心がとても低いので、褒められることを求めませんが、自己愛性パーソナリティ障害は自分が世の中で特別ということを人に理解してほしいと承認欲求が強いため、認めてもらうことをすごく求めます。 このようにアスペルガー症候群は自己愛性パーソナリティ障害のように、自分中心的な行動をとっているように見られ、この精神障害と間違われることがあります。 しかし、両者の特徴が根本的に全く似ていないません。 そのため、モラハラ酷くて悩んでいるいる人は、自己愛性パーソナリティ障害だけを疑うのではなく、アスペルガー症候群を合わせて確認するといいでしょう。 アスペルガー症候群の治療はトレーニングで障害を緩和する 効果がある薬はありません。 しかし、社会の中で暮らしていくためのスキルを高めるトレーニングなどを受けることで、コミュニケーション能力を高めていき、社会に出たときの困難を緩和する治療を行ないます。 一方、自己愛性人格障害の治療は心療内科でカウンセリングを受けたり、薬物治療などで改善していきます。 2019-06-11 20:00 アスペルガー症候群への対応は改善できる アスペルガー症候群の人への対応は、特徴を知り、環境を整えたり、伝え方を分かりやすくしたりすると、コミュニケーションがとりやすくなります。 すると、相手は理解してくれやってくれるようになります。 そして、このように繰り返し物事を伝えていくと、ゆっくりですがアスペルガー症候群の方もが対応するスキルが上がり変わっていきます。 体験談元夫に感情を伝えず実践してほしいことをしたら夫婦喧嘩が減った 結婚当初は自分勝手な行動ばかりしていた元夫とは夫婦喧嘩が耐えませんでした。 そのときの喧嘩は心情を伝えていましたが、全く元夫には伝わっていませんでした。 あるとき、元夫に「離していても意味が分からない。 何がしてほしい。 」と言われ、ハッキリと伝えたところ、要望だけは答えてくれました。 その要望に繋がる行動も示してくれると期待していましたが、そこまで発想が考えれなかったようです。 しかし、この方法を根気欲やっていたところ、脳出血で倒れる前までの5年ほどは夫婦喧嘩がなくなり、わりとコミュニケーションがとりやすくなっていました。 このように根気よく行なってくと、相手のスキルが上がり、機械的ですが、やってほしいことは自らやってくれるようになります。 また、自分自身も伝えるコツが分かり、夫婦喧嘩まで発展しないようになります。 アスペルガー症候群のことで悩んだら誰かに相談しよう アスペルガー症候群の方との対応が分かっても、かなり根気と工夫が必要です。 筆者もかなりの長い年月をかけてやりました。 最近ではこの発達障害の本が出ていますが、育児と同じでそのようにはならず、試行錯誤してもうまくいかない日もあります。 そして、だんだんと「自分自身が悪いかも」と考え始め、自暴自棄になることがあります。 そのようになった場合は、筆者は無理をせずに一人の時間を作ったり、何も考えないようにしまして気を晴らしていました。 すると、何もしなくなったことで事が心に余裕ができ、うまくいくようになりました。 このことから煮詰まるようになってきたら、自分が楽しめることをやったり、ウォーキングしたりして、 リフレッシュする時間を作るようにしてください。 また、誰かに話すことで気持ちがスッキリすることがあります。 とくに女性の場合は、おしゃべりがストレス発散に繋がるので、誰かに相談してみてください。 とくにオンラインカウンセリングができる では、夫婦問題などを専門にしている登録カウンセラーがいるので、ご自身に合った家族への対応の方法も教えてくれます。 そしてスマートフォンやパソコンがあれば24時間時間いつでもOKなので、夫婦喧嘩して辛くなったときでも 簡単な無料会員登録をするだけですぐ利用することができて便利です。 「誰かに話を聞いて欲しい」「今後の生活どうしたらいいの?」と考えたりした場合は、一人で考えこまずに、ぜひ利用してみてください。 \相談実績1万人以上!病院より低料金で安心のココナラ【カウンセリング】/.

次の

太陽と逆行中の水星が重なるゼロからのスタート 今日のジプシー占い® 2020/7/1

重なる愛の中

全身の鱗がひび割れてしまったかのような痛み。 凶暴竜から蒼きハンターを庇ったが、その代償がこの痛みだと考えると少々割に合わないことをしたと感ずる。 まぁしかし、自らの心得違いで蒼と紅のハンターと牙を交えてしまったことを考えれば、致し方無い。 ・・・ 物事に関して潔癖な性質らしい雷を操る獣、『雷狼竜オウガ』は森奥で秋の夜空を見上げながら自分の行いを肯定した。 自慢の左右対であった角の一つは見事に折れてしまっている。 アスカと呼ばれていた蒼きハンターの一撃に寄るものであった。 それは数週間程前のこと。 アスカと一戦交えた夜、村長が雷狼竜の前に現れると、事の真相を語り、誤解は解けた。 時は経ち本日、凶暴竜が村へ向かう危機。 森でちらほらと気配を感じていたハンターと密猟者を勘違いし、村長との不可侵の盟約を破られたと早とちりしてしまった借りを返す為、凶暴竜に襲われていた彼女を雷狼竜は救った。 なんとも律儀な雄である。 ドン、、、ドン、、、、、、ドンドン、、、、 夕焼けが燃え尽きるように日は落ち、遠く村から賑やかな太鼓や唄が耳朶を振るわせ始めた。 どうやら凶暴竜を撃退し、祭りが始まったのだろう。 遠く離れた誰も居ない森の中。 ヒトの宴を子守唄に、雷狼竜はその大きな瞳をゆっくりと閉じるのだった・・・ ----------------------------------------------------------- それから数ヵ月後、、、 雷狼竜はいつもの様に密林のテリトリーをのっしのっし、と警戒する。 エサ探しと、時折現れる密猟者の排除が目的であった。 どこまでも蒼い空、どこまでも続く翠の絨毯。 その時、目の前を蒼いハンターが横切る。 それも大量の小型のモンスター【鳥竜】を引き連れて。 ・・・ 名は、、、アスカだったか。 彼女はモンスター達に取り囲まれても怯まず刀を構える。 しかし、森の奥に仲間達が潜んでいる気配は無い。 この数を一人で相手にしようと言うのだ。 その時、、、、 グゥウウウウウウウウウ オレの腹の虫が辺りに成り響いてしまった。 それは当然目の前の者達にも聞こえることとなり、鳥竜達が一斉に後ろを振り返った。 仕方が無い、、、オレはヤツラを喰らってやることにした・・・・・ -------------------------------------------------- ムシャ、、、ムシャ、、、ムシャ、、、、 肉を数度咀嚼して喉へと流し込む。 あたりには鳥竜だったものが数体転がり、それを美味しく平らげる。 こいつらの肉は上手いが、臆病なのか、すぐにオレの気配を察知して逃げる為、複数頭を一度に食せることはまず無かった。 『あの、、、、ありがとうございますね。 』 アスカ、、、と呼ばれていたか。 その蒼いハンターは返り血を近くの小川で洗い流してくると、ぺこりと頭を下げて何か言っている。 何を言っているのか、さっぱりわからん。 が、どうやら鳥竜から救ったお礼の意を表しているのだろう。 『グォオオオオ、、、、』とオレも獲物を目の前に運んできてくれた礼を伝える。 向こうも何を言っているかなど理解できないであろうが、意は伝わったのか、彼女はニコリと微笑んだ。 数日後、その場所に、綺麗に料理されたモンスターの肉が木に吊るされていた。 幹に文字が書いてあったが読めん。 だが、恐らくアスカがお礼として置いていったモノなのだろう。 早速頂くことにする。 調理された肉を食すなど始めてのことであったが、、、ふむ、これはこれでありだ。 -------------------------------------------------- 偶然の再会とお礼。 それがきっかけとなったのか、不思議な待ち合わせが始まった、、、 『待ち合わせ』、と言っても村のテリトリーとオレのテリトリーの境界付近の森で偶然出会うだけであるし、時間すら決めていない。 必ず遭える保証はなかった。 だが遭えば一緒に歩く。 彼女はオレの歩く方向について来て、言葉が通じぬと分かっているのに、喋りかけてくる。 アスカは楽しそうに話す。 意味も分からず聞いているのだが、彼女の声が段々と心地良い唄の様に聞こえるのだ。 久しぶりに楽しい時間を過ごせた。 別の日、今度は昼寝中に彼女がやって来た。 臭いが彼女だったので目だけ開けて確認すると、また瞳を閉じる。 すると彼女もオレの背にもたれかかって昼寝を始めてしまった。 そろそろ起きようとしていた所なので困る。 だが、彼女の寝息を聞くことも悪くはないと思えた。 夜になって彼女は起きると、慌てた様子で帰って行った。 途中で起こしたほうが良かっただろうか? 悪いことをした。 次に遭った時にオレは閃く。 果実ならアスカ達、矮小なヒトの胃袋でも生で食せるのではないかと。 オレは前足で地面の一点をぽんぽんと叩いた。 『ここに居ろ』という合図なのだが、理解してくれただろうか? とりあえず彼女は腕組みしながら悩んだ後、頷いたので、慌てて果実が成る木へと駆け出した。 身振り手振りの当て合い。 こうした一つ一つの試みが不思議と愉しく思えた。 赤い実の成った枝を口にくわえて、オレは急ぎ戻る。 よかった。 彼女は前足をぽんぽんした場所で待って居てくれた。 顔を突き出すようにして彼女に実の成る枝を差し出した。 直ぐに意図は分かったようで、彼女はニッコリ笑って実を枝からもぎ取ると、服で皮を磨いてぱくりと食べた。 感謝の行為なのだろう。 喜んでもらえてよかったと思う。 ふと見ると彼女は顔を真っ赤にして俯いていた。 何かこちらからもしなければいけない作法でもあったのだろうか?ヒトの文化はわからん。 オレは試しに同じように口をアスカの頬を舐めてみた。 『きゃぁっ!?!?、、、あ、、、あ、ふぁ、、、、』 驚かれると、さらに真っ赤にして俯いてしまった。。。 なにか粗相してしまったようだ。 彼女はオレを見ようともしない、、、うーむ、言葉が通じぬとは甚だ困る。 幸い彼女は急に帰ってしまうことは無かったが、その日は別れるまで無言の重たい空気が続いてしまった。 次は正しく意思疎通が図れるだろうか?心配だ。 ・・・ 今日は久しぶりに偶然現れた鳥竜を共に狩ることになった。 オレとアスカで挟み撃ちにすると、あっという間に鳥竜は肉と化した。 前足で引き裂き、後ろ足の美味しい部分をアスカに与えたが、彼女は遠慮してそれを付き返した。 ヒトの雌は生で肉を食さないことをすっかり忘れていた。 代案を考えていると、以前彼女が返り血を洗い流す為に水浴びをしていたことを思い出す。 それならばと、早々に食べ終わると、姿勢を低くして『乗れ』、と唸る。 彼女は初め戸惑って、オレと同じ姿勢をとったりトンチンカンなことをしていたが、やっと意を解してくれた様子で、顔を真っ赤にしながら恐る恐る背中に乗った。 まるで成長していないな、俺たちは。 『オウガさん、どこに連れて行ってくれるのでしょう?』 森を疾走する背中の上でアスカが何か言った。 恐らくどこへ行くか気になるのだろう。 『安心しろ』とオレは小さく一吠えする。 走ること半刻。 密林の奥の奥に村を流れる小川が始まる源泉へとたどり着いた。 盛り上がった岩の隙間から漏れる湧き水が溜まった、小さな泉だ。 水は澄み、受け皿となる岩場は、底が蒼いフィルターで宝石の様に蒼くキラキラと揺らめいていた。 さて、血で汚れた彼女の身体を清める場所を提供することで、肉の代わりの報酬としたかったのだが、、、、 背中を低くすると、彼女は何も言わぬまま大地に降り立つ。 気に入ってくれたか否か、オレは不安になった。 連れてきて本当に良かった。 『グルゥウウウ』 喉をならせてオレは彼女の美しい笑顔に心躍らせた。 彼女はべっとりと付いた血糊を落とす為、汚れた服を脱ぎ始めた。 上着をずらすと現れる美しい曲線を描く肩のライン。 髪を前に垂らすことでいつもは見えないうなじがチラチラと覗く。 そしてスカートを下ろし現れる張りのある臀部。 その後姿は美しい。 すると突然、彼女が振り返り固まった。 急に胸と股間を細い腕で隠し、モゾモゾしている。 どうしたのだろうか? 『あ、あの、、、オウガさん、、、その、、、ちょっと遠くに行って、、、じっと見られると、その、、、、』 何かを要求しているようだが。 一体何だろうか。 着替え、、、などオレが持っているわけが無い。 一緒に入ろうにも、ヒトが5人も入れば直ぐに溢れてしまう小さな泉だ。 オレが入れるスペースも無い。 考えあぐねていると、彼女は諦めたのか、こちらに背を向けたままおずおずと黙って沐浴を始めた。 彼女は片手を持ち上げて腕から腋にかけて汚れを落とす。 後ろからチラチラ覗く乳房はどんな果実よりも柔らかそうに熟れている。 しかし張りも十分あり、子供が何匹生まれても母乳に困ることはなさそうであった。 そして大きな腰はとても丈夫そうな子供を産むに適した肉付き。 まさに母親候補として最高の肢体であった。 戦い森を守る者として、友として接していた彼女であるが、改めて見ると最高の雌だ。 優しく、強く、この娘であれば最高の子供を産んでくれるに違いなかった。 オレの本能がこのアスカというハンターの娘と番いになれと訴える。 熱い肉棒に血が滾り、ムクムクと後ろ足の付け根から二又の性器が顔を現した。 やがてアスカは沐浴を終えると、泉から上がり濡れた服に手を掛けようとする。 だが、もっと彼女の肢体を見たかったオレの身体は勝手に彼女の前に立ちふさがった。 『え、、、オウガさん!?きゃ、、、、その、、、、それって、、、』 彼女はオレを見て、、、いや、オレの生殖器を見て目を反らした。 だが、オレはそんな反らした顔の正面に移動して、再び双眸を見詰める。 『グルルルゥウウ』ホシイ、ホシイ、、、ホシイ アスカが欲しい。 小さい唸りを繰り返す。 だが決して力任せに押し倒しはしない。 ただ孕ませたいのではない。 オレはアスカと番いになりたいのだ。 だから必死に訴える。 伝える。 言葉が無くとも気持ちは通じると信じて。 『えっと、、、その、、、困りましたわ、、、アスカと、、、えっちな、、、ことしたいんですよ、、、ね?』 彼女がオレに何かを問いかけている。 どうせ通じぬ言葉。 だから伝える。 『お前番いになりたい。 『グルルルルゥウウ』 喉を鳴らして気持ちをぶつけた。 否定された時、またつまらない日々が繰り返される。 それは恐ろしい。 しかし、今を逃すことなど雄には出来ない。 本能に従い求愛する。 暫く黙り合う。 彼女の瞳にオレが映る。 オレの瞳の中にはアスカが映っているのだろう。 彼女は目を瞑って一度心の中で頷くと、いつもの様に微笑んだ。 少しばかり頬を赤くして。 『はぁ、、、しかたありませんわね。 そんなに真摯に見詰められてしまったら、断ることなんてできませんものね、、、』 彼女は優しく手をオレの鼻に乗せると、その先端に優しく唇をくっつけた。 チュッと音がした。 ただ触れただけなのに、ただ音がしただけなのに、オレの体が浮くような錯覚に陥る。 胸が気持ちよく締め付けられ、手足が切り離されたかのように動かなくなった。 こんなことは初めてであった。 どちらともなく舌が伸び、絡み合った。 体躯の違いなどは関係ない。 自分の唾液を相手に贈り交換する。 口内に自分とは異なる体液の香りが優しく拡がった。 これが口付け。 これが以前彼女がキスした時に求めていたものかと今頃気が付いた。 オレはあの時、申し訳ないことをしたと反省し、その分も含めて熱く、熱く、舌を彼女に押し付けた。 互いの口内がたっぷり蕩けた所で、彼女はぺたんと腰を落として芝生へ横になった。 オレは不覚にもそれに興奮してしまい、一段とアレが大きく跳ね上がる。 早速 股座で黄色い声が起こった。 驚かせてしまったようだ。 申し訳ない。 だが、逃げるどころかアスカはオレの二又性器に手を添えると、先端が湿った肌に触れた。 『グルルルゥウゥ』いいのか?と俺は唸る。 直ぐに短い返事が下から聞こえる。 どうやら大丈夫なのだろう。 グググググ、、、、 両先端を一つの小さな穴へねじ込むように挿入する。 出来るだけ負担が掛からぬよう慎重に、慎重に。 仔袋、、、アスカの、、、彼女の仔袋だ。 暖かくて、性器を満遍なく撫でるように包み込む、、、ここにオレの仔種を一滴残らず出せと野性が目覚めては訴える。 『ガルルルゥウゥ』動くぞ、、、 『はい、、、オウガさんの好きなように動いて下さい、、、あ、、あんっ!!』 言葉など必要なかった。 相手を求めて裸で抱き合う2匹の獣がするべきことは只一つ。 互いの性器を必死に擦り合わせることだけだ。 『グォオオグォオオグォオオ!!』 『んぁ!あんっ激しっ!オウガさんっ!オウガさんっ!オウガさんっ〜!』 次第に水音は激しさを増し、徐々に熱く大きな何かが近付いてくるのが分かった。 それを爆発させようと、オレはアスカに性器をガンガン突き入れる。 オレは今から射精するのだ。 一滴残らず注ぎ込む筈の子種は、逆に吸い上げられて搾り取られるかのよう。 アスカが押しつぶされないように、ガクガクと震える四つの脚に必死に力を入れて耐える。 もう何も考えられない。 美しいハンターの膣に、この強く優しきアスカという娘に、オレの全てを乗せた体液を託す ・・・これこそが真の『交尾』。 雄としての使命を全うした証なのだ。 ・・・・・ 『グォ、、、、、グォ、、、、、』たかが射精でコレほど疲れが溜まるものなのかと驚く。 精巣は既に空っぽであるはずなのに、未だに肉棒はドクドクと送り出す為にからっぽの射精を続けている。 気が狂いそうだ。 もう一生分射精したかのように充実した濃厚な交尾。 オレは猫が威嚇するように身体をくの字に曲げ、彼女と顔を合わせた。 アスカはオレと同じように仔を成す悦びに満ち満ちた雌の顔を浮かべていた。 あぁ、こいつこそがオレと番う雌。 もうオレのものだ。 こいつともっと仔を成したい。 一匹では満足できぬ。 そして、こいつを襲う獣があれば、オレはどんなヤツにだって立ち向かおう。 小鳥が囀るような声も聞きたかったが、それよりも少しでも多くの部分で繋がって居たかったからだ。 『グォ、、、ジュルルルル、、、ジュプッ』 『はむっ、、、んぷっチュ、、、ジュルルル、、はぁはぁ、、、』 何時まで経っても萎えない肉棒と共に、オレとアスカは一晩中繋がり、愛を求め合った。 言葉など要らない。 重なる想いだけで十二分に満たされた最高の一日になった。

次の

重なる想い

重なる愛の中

0』がリピート放送中。 同作には、主人公・花岡楓士雄を演じた川村壱馬を始め、多数のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)メンバーが出演している。 主題歌もTHE RAMPAGEが担当しており、彼らの快進撃はここから始まったと言えるだろう。 パフォーマーの鈴木昂秀と龍だ。 そこで本稿では、作品の中でも相棒的な役どころを演じ、実際も幼馴染のような関係だという2人について紹介していく。 鈴木昂秀 鈴木昂秀は、1998年10月3日生まれで神奈川県出身。 龍は、1998年9月9日生まれで千葉県出身。 同い年の2人は小学5年生の時に劇団EXILEのオーディションを受けることになり、そこで運命的な出会いを果たした。 そして、本格的にダンスを習いたいとEXPG STUDIO TOKYO 校に入校。 オーディションを受ける以前の鈴木は、サッカーに夢中で県の選抜メンバーにも選ばれるほどの実力だったが、「オーディションの話があって本格的にダンスを始めて、ダンスがすごく楽しくなってしまった」(引用:)とダンスの道へ。 中学校から陸上競技(短距離走)を始めたことで陸上選手になる夢を抱いていた龍も、EXPGの生徒としてEXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのサポートをするうちに、アーティストへの憧れが大きくなっていったようだ(参照:)。 今年4月に行ったインスタライブ「STALI HOMIES」では、2人でEXPG時代のことを振り返り、「レッスンが終わると、俺のことを送り迎えしていたおばあちゃんと、昂秀のことを送り迎えしていたお母さんが話していたのが印象に残ってる」(龍)と語っていた。 そこでは惜しくも落選したが、THE RAMPAGEの候補生に選出され、「武者修行」を廻った上でTHE RAMPAGEの正式メンバーに。 グループ結成時、鈴木はまだ15歳、龍は16歳という若さだった。 〜 SEASON2』。 2人が出演した不良の巣窟・鬼邪高校のシーンには、鬼邪高校の定時制を統括する村山良樹役の山田裕貴、全日制を統括する轟洋介役の前田公輝といった実力派俳優達が顔を揃えているが、そこに埋もれない堂々とした演技と奇抜なビジュアル、普段の2人を感じさせるようなチームワークで視聴者を魅了した。 とくに轟洋介(前田)と辻(鈴木)&芝マン(龍)は、もともと全日制の頭だった辻&芝マンが轟に負けたことがきっかけで、今では轟一派として常に行動を共にしているという関係性。 そのため、演じている3人も仲が良く、前田自身もインタビューで鈴木と龍のことを「うちの辻と芝マン」と呼んだり、「やっぱり僕の中で、龍と昂秀の存在は大きいんですよ。 両脇にいてくれる2人の存在があったからこそ、轟に箔が付いたんじゃないかと思っています」(引用:)と語っている。 得意とするダンスジャンルは、鈴木がSWAG、龍はもともとはハウスで現在はヒップホップと異なるが、この時はギターリフが映えるロックサウンドに合わせて、映画のバトルシーンを連想させるような大迫力のパフォーマンスを完成させた。 ちなみに、当時の龍にとってはこれが初めての振付担当であり、そのタイミングで映画主題歌という大役を任されたことは、かなりのプレッシャーがあったそうだ。 だが、夜な夜な振付を練っていたという反面、「そんなときオフがあったので気持ちをリセットするためにも海に行きました」(引用:)というマイペースな制作エピソードも語っており、やはり只者ではない存在感を放っている。

次の