谷原 めぐみ フォレスタ ブログ。 〔2017〕コーラスグループのforesta(フォレスタ)の新メンバー・休止メンバーを紹介します。

フォレスタ・ライブコンサートメンバーのお知らせ(2019/08/08)

谷原 めぐみ フォレスタ ブログ

概要 [編集 ] 2003年に『』開始に当たり、番組オリジナルの混声コーラスグループとして結成された。 経歴 [編集 ]• オーディションで選ばれた女性メンバー中安千晶・小笠原優子・白石佐和子・矢野聡子が加入。 秋葉広大が脱退し、川村章仁が加入。 志村糧一と吉田知明が脱退し、澤田薫が加入。 女声メンバーに吉田静が加入。 ピアノ伴奏に大池栄里奈・山元香那子が加入。 女声メンバーに上沼純子・内海万里子が加入。 矢野聡子・小笠原優子が活動休止を発表。 約2年間活動を休止していた小笠原優子が5月29日の「きゅりあん」で復帰。 塩入功司が加入。 女声メンバーの白石佐和子・内海万里子・上沼純子が活動休止を発表。 谷原めぐみ・池田史花・財木麗子が加入。 男声メンバーの今井俊輔・川村章仁、女声メンバーの中安千晶・吉田静、ピアノの吉野翠が活動休止を発表。 三宅里菜・吉田明未・吉田和夏が加入。 男声メンバーの榛葉樹人、女声メンバーの谷原めぐみが活動休止を発表。 ピアノの南雲彩が5月20日で卒業を発表。 竹内直紀、ピアノ伴奏に石川和男・大杉光恵が加入。 メンバー [編集 ] 活動休止後も番組出演などあり。 男声FORESTA [編集 ]• 大野隆(おおの たかし)• 大学院修士課程修了。 リーダーで代表。 横山慎吾(よこやま しんご)• テノール。 榛葉樹人(しんば しげと)• テノール。 2019年12月を以て活動休止。 澤田薫(さわだ かおる)• テノール。 武蔵野音楽大学、大学院修士課程修了。 テノール最年長• 今井俊輔(いまい しゅんすけ)• バリトン。 現在は、活動休止中。 川村章仁(かわむら あきひと)• バリトン。 イタリア・リチーニオレフィチェ国立音楽院卒業。 現在は、活動休止中。 塩入功司(しおいり こうじ)• ハイバリトン。 洗足学園音楽大学大学院修了。 竹内直紀(たけうち なおき)• バリトン。 本来はテノール 出身。 大学院修了。 リーダーと同級生。 未だ番組テレビ出演はなし。 女声FORESTA [編集 ]• 白石佐和子(しらいし さわこ)• ソプラノ。 武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。 現在は、活動休止中。 矢野聡子(やの さとこ)• ソプラノ。 武蔵野音楽大学卒業。 現在は、活動休止中。 小笠原優子(おがさわら ゆうこ)• ソプラノ。 東京音楽大学卒業。 以前、の『』に出演していた。 2014年10月2日に復帰。 女声リーダー。 中安千晶(なかやす ちあき)• ソプラノ。 東京都出身。 国立音楽大学卒業。 2018年7月の「セレクションコンサート」を以て卒業だが、収録分は継続して出演。 吉田静(よしだ しずか)• メゾソプラノ。 静岡県出身。 武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。 2018年7月の「セレクションコンサート」を以て卒業だが、収録分は継続して出演。 上沼純子(うえぬま じゅんこ)• ソプラノ。 長野県出身。 東京音楽大学大学院修士課程修了。 現在は、活動休止中。 内海万里子(うちうみ まりこ)• ソプラノ。 国立音楽大学卒業。 現在は、活動休止中。 谷原めぐみ(たにはら めぐみ)• ソプラノ。 東京藝術大学大学院修了。 2019年12月を以て活動休止。 池田史花(いけだ ふみか)• ソプラノ。 国立音楽大学卒業。 財木麗子(ざいき れいこ)• ソプラノ。 東京音楽大学卒業。 三宅里菜(みやけ りな)• ソプラノ。 福井県坂井市出身。 武蔵野音楽大学卒業。 吉田明未(よしだ はるみ)• ソプラノ。 吉田和夏(よしだ わか)• ソプラノ。 東京音楽大学大学院修士課程修了。 ピアノ [編集 ]• 石川和男(いしかわ かずお)• 武蔵野音大大学院修士課程修了。 FORESTA最初の男性ピアノ伴奏担当者。 南雲彩(なぐも あや)• 武蔵野音楽大学卒業。 ピアニストリーダー。 2019年5月20日で卒業だが、収録分は継続して出演。 吉野翠(よしの みどり)• 武蔵野音楽大学卒業。 現在は、活動休止中。 大池栄里奈(おおいけ えりな)• 音楽部研修科卒業。 現在は、活動休止中。 山元香那子(やまもと かなこ)• 国立音楽大学大学院修士課程修了。 大杉光恵(おおすぎ みつえ)• 日本大学芸術学部卒業。 未だ番組テレビ出演はなし。 元メンバー [編集 ] 男声FORESTA [編集 ] DVD第一章に出演第一期メンバー• 秋葉 広大(あきば こうだい)• 第一期男声メンバー最年少。 現在はオペラやコンサートで活躍中。 現在は秋葉コーダイ名義• 志村 糧一(しむら りょういち)• テノール。 現在は吉田知明と共に五人組男声オペラユニットLEGEND として活躍中。 吉田 知明(よしだ ともあき)• テノール。 卒業現在は志村糧一と共に五人組男声オペラユニットLEGENDのリーダーとして活躍中。 出演 [編集 ]• BS日本・こころの歌() ゲーム音楽 [編集 ]• ワンダフル・ワンダブルオー(ゲームソフト テーマソング) 出典 [編集 ].

次の

オペラの散歩道(二期会blog)

谷原 めぐみ フォレスタ ブログ

先週(ちなみに横山のカレンダーは月曜日始まりなので週の最後は日曜日)はライブ観劇週間でした。 とはいえ三本ほどでしたが…。 もっと行きたかったのですが、都合がつかず(泣)。 三本だけでしたが、行ってみて感じますねぇ。 やはりライブは良い。 良いものは、良いんですな。 ま、こればっかりは良いんだからしょうがない。 私にとっては刺激になりますし、何よりあの肌で感じる空気感がまた良いのでございます。 もちろん、こんなご時世ですから私を含め皆一様に用心しておりましたな。 マスク着用の方が大多数でした。 消毒スプレーも、皆さんシュッシュしておりました。 皆さん本当に用心しておりました。 おりましたが、スプレーしながら口々に「なるときゃなるよね」なんて言葉も出る訳で…。 そうでしょうなぁ、私もそう思う。 思うけれどもやっぱり予防は欠かせません。 早くこの事態が収束してくれる事を切に願いつつ、手にした五月公演の寄席のチラシを持って帰る横山でありました。 久々に行きたい、行きたいねぇ、寄席に。 止せ止せなんて声が聞こえて来そうですがね。 …お後がよろしいようで。 (よろしいか??皆様、スルーしてくださいませね) 皆様もご用心ください!! 横山さん、こんばんは。 福山チャリティーディナーショーの中止の連絡が主催者様からありました。 ある程度は予想していたものの、残念でなりません。 男声フォレスタの皆さまもきっと思いは同じ、いえそれ以上かも知れませんね。 折角稽古もされていたでしょうに。 のりひめ様 本当に残念ですネ。 私ももしかしてお会いできるかも…と思っていましたのに。 主催者様からの電話に、「次の機会には是非またフォレスタコンサートを」と、お願いしました。 実現すると良いですね。 5日の岡山も心配になってきました。 フォレスタの皆さまもヤキモキされている事でしょうね。 どうぞ皆さまもお気を付けて! 11 Teru 水曜日, 26 2月 2020 21:49 横山様 今晩は。 本当にお久しぶりですね。 待ってました。 よっ、大統領!なぁんて。 笑 横山さんの寄せ寄せのギャグに笑ってしまいました。 でも、ニュースはどれもコロナショック。 やっぱり気になりますよね。 でもでも、自分へのBDプレゼントに買った習志野のチケット。 何とか中止なんかになりません様に、、。 ソロコン、なつ歌、握手会、全部無くなって、横山さんとフォレスタの存在が段々とおーーーくに感じられます。 ブログやツイッターの更新もとおーーーくなって寂しく感じていました。 更新して頂き良かったです! お元気そうで安心しました。 コロナが1日も早く終息しますように。 5 RIKA 火曜日, 25 2月 2020 21:01.

次の

内海万里子さんのプロフィールページ

谷原 めぐみ フォレスタ ブログ

このGWにびわ湖クラシック音楽祭が開催されたが、このコンサートはその関連公演である。 場所は米原市の滋賀県立文化産業交流会館イベントホール。 5月3日14:00開演。 初めて行く所だが、チラシを見るとJR米原駅から歩いて行ける。 そこで、電車で行くことにした。 JR近江八幡駅前のイオンに車を停めて、マクドで食事してから、と思ったが長蛇の列・・・・。 そりゃそうだろう、GW真っ最中の昼だもの。 それで、「すがきや」に行った。 そこはまだ席があった。 休日セットと言うのを注文。 そこで、クーポンを貰った。 ここで北陸線と東海道本線が別れ、JR西日本と東海の分かれ目でもある。 しかし、駅前はものの見事になにもない。 滋賀県内ならどこにでもある平和堂があるくらいなもの。 ホールのチケットセンターで予約したチケットを受け取り、会場へ入る。 大きな所だが、まるで体育館だ。 一階はパイプ椅子、二階は可動式になっているようだ。 ここで、クラシック音楽のコンサートはちょっと難しいのではないか、と思った。 ステージ横には大きなスピーカー。 開演最初の曲は「大地讃頌」、フォレスタ・声楽アンサンブル全員。 今回は、声楽アンサンブルの「卒業生」ばかり。 テノールの清水徹太郎・竹内直紀は「四大テノール」のメンバーだし、バリトンの砂場拓也は去年卒業した人、メゾの森季子はびわ湖ホールではおなじみの人。 フォレスタと言うのは、BS日テレで歌っているグループらしい。 ソプラノ・アルト・テノール・バスそれぞれ2名づつ計8人、そのリーダーバスの大野隆氏と声楽アンサンブルの竹内直紀氏が幼なじみでこの企画が実現したのだそうだ。 男声は、フォレスタはグレーのスーツ、声楽アンサンブルは黒のタキシード。 まずは声楽アンサンブル。 武満徹編曲「さくら」「早春賦」、両曲とも無伴奏だが、聞いているだけで難しそう。 でも、そういう曲をちゃんと歌ってしまうのが、プロのオペラ歌手集団。 この人もおなじみだが、植松さやか氏が入ってオペラ「森は生きている」から十二月の歌~黄金の太陽~森は生きている、この曲はいつ聞いてもいい。 マイクは使っていないが、どこかで音を拾って拡声している。 次はフォレスタ。 このフォレスタと言うグループは、クラシックの歌手がマイクを使って歌謡曲を歌うグループらしい。 最初は全員で「イヨマンテの夜」。 この曲を混声で歌うのは初めてとの事。 そうだろう、この曲は難曲で男声の為の曲だから。 次いで、女声のみで「舟歌」、男声のみで「宗右衛門町ブルース」、関西に来たから、との事。 それから、再び全員で松山千春の「大空と大地の中で」。 それから声楽アンサンブルが入り、「居酒屋」、この曲、計16人がそれぞれカップルになって歌ってくれた。 フォレスタのメンバーなんか、男声が上着を女声に着せて・・・。 この時、男声のスーツが3ピースである事がわかった。 前半最後は、客席と一緒に、おなじみ「琵琶湖就航の歌」。 後半はオペラ、男声はフォレスタも声楽アンサンブルも全員燕尾服になった。 マイクは使わないが、どこかで音をひろって拡大している。 しかし、あまり気にならない。 オーケストラのかわりに山本亜美のエレクトーンが入る。 幕開きは「椿姫」の「乾杯の歌」、声楽アンサンブルの竹内直紀とフォレスタの谷原めぐみ。 この一曲だけで、かなりレベルの高い演奏だと言う事がわかる。 次は、谷原めぐみのソロで「ああ、そはかの人か~花から花へ」、これが凄かった。 前半の抒情的なところは勿論、後半のコロラトゥーラ、高音のキレの素晴らしい事。 それから、声楽アンサンブルの西田昭広で「プロヴァンスの海と陸」。 それから「カルメン」。 エレクトーンソロで前奏曲。 フォレスタから吉田静、声楽アンサンブルから森季子の二人のカルメンによる、「ハバネラ」。 二人とも客席から出てきて、大サービス。 そして、フォレスタから塩入功司・大野隆、声楽アンサンブルから西田昭広・砂場拓也と四人のエスカミリオによる「闘牛士の歌」。 こういうのってあまりやらないから面白い。 同じ、メゾソプラノ、バリトンと言ってもちょっとづつ違う事がよくわかる。 次いで、フェレスタの澤田薫・横山慎悟、声楽アンサンブルの清水徹太郎・竹内直紀によるカンツォーネメドレー・カタリカタリ~ヴォラーレ~オーソレミオ、このオーソレミオはいつもの四大テノールのスタイル。 フォレスタがよく合わせてくれた。 最後は合同で、ピアノ・エレクトーンも一緒に「威風堂々」「行け、我が思いよ金色の翼に乗って」。 この曲も定番だけど、良かった。 アンコールは「また会う日まで」。 今回、フォレスタと言うグループの演奏を聴けたのが大きな収穫だった。 米原駅で「駅スタンプ」を押してきた。 この駅は親切にも専用の用紙を用意していてくれていた。 こういうのって良い記念になる。 これが気に入ったら下記を「ぽちっとな」とクリックしてください.

次の