除 菌 アルコール 78。 【レビュー】ウイルス対策に「除菌アルコール78」激安/業務スーパー

アルコール除菌・消毒剤の使い方と注意点

除 菌 アルコール 78

アルコール除菌・消毒剤はさまざまなウイルスや細菌に効果があり、手に入りやすい事から一般家庭や飲食店でポピュラーに使用されています。 しかし、正しい使用方法で除菌や消毒を行わないと効果がなかったり、薬剤に対する抵抗力が強い一部のウイルスや細菌には効果が低い事を覚えておく必要があります。 ちなみに医薬品や医薬部外品は「アルコール消毒剤」、それ以外の雑貨品は「アルコール除菌剤」という総称になりますが、必ずしもアルコール消毒剤の方が効果が高いわけではありません。 雑貨品は薬機法上「消毒」や「殺菌」「滅菌」等の文言を使用できないので「除菌」という言葉を使用していますが、実際の効果では医薬品や医薬部外品に勝る商品も存在します。 アルコール消毒剤とは アルコールとはエタノール(エチルアルコール)やメタノール(メチルアルコール)、イソパノール(イソプロピルアルコール)などの総称です。 その中でも消毒用に使われるアルコールはヒトへの毒性が相対的に低いエタノールとイソプロパノールで、消毒用エタノールとイソプロパノールは日本薬局方(医薬品の性状及び品質の適正を図るため、薬事法第41条に基づき薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて厚生労働大臣が定め公示する医薬品の規格基準書)で規定されています。 エタノールの大部分はアルコール発酵(グルコース、フルクトース、ショ糖などの糖を分解して、エタノールと二酸化炭素を生成し、エネルギーを得る代謝プロセス:糖蜜やさとうきびなどの糖質と、トウモロコシ、さつまいも、じゃがいもなどのでんぷん質が原料)によって製造されており( 主成分は発酵アルコールなので安全などと表記している製造者もいるがエタノールの事なので優位性はない)、イソプロパノールより幾分毒性が低いと言われています。 補足 日本では、純粋なエタノールに対して酒税法によって課税される為コストが上がってしまいます。 税金を軽減する為にエタノールに第二級アルコールの一種である2-プロパノールを添加したり(飲用に転用できないように不適な臭気や味を加える)、2-プロパノールやベンザルコニウム塩化物などとの合剤にした製品もあります。 アルコール除菌や消毒の仕組み アルコール剤を有効な濃度で使用すると細菌などのタンパク質を変性(タンパク質の高次構造が不可逆的な変化を起こして活性を失ったり不溶性になったりする現象)させたり溶菌(細菌の細胞が細胞壁の崩壊を伴って破壊され、死滅する現象)などの殺菌作用をあらわします。 さらにある程度水が存在する状況ではアルコールが細胞膜を変性すると共に透過したアルコールが菌の内圧を高めて溶菌などの作用をあらわし、高濃度で使用するとタンパク質の構造水などの脱水作用が生じる事で変性作用が強く現れます。 したがって、 アルコールと水分のバランスが良い70~80%の濃度が最も殺菌効果が高いと報告されています。 最適濃度については諸説あり、濃度が70%の時にアルコールと水の分子組成が1:1となる事で疎水基が平面上に並んで広い疎水面を作り、細胞膜を破壊してタンパク質を溶出させるので殺菌効果を示すという新しい解釈もあります。 日本薬局方の消毒用エタノールの濃度は76.7〜81.1V/V%となっている。 Price(1950)は10〜20%では10分間以上作用させないと殺菌効果がなく、60〜90%では最初の数秒間で強力な殺菌力を発揮するが、90%以上ではかえって殺菌作用が弱くなることを実験で確かめている。 Morton(1950)のブドウ球菌に対するエタノール濃度(水分量)と殺菌効果の成績からも60〜90%が効果的であることが証明されており、エタノール、プロパノール等のアルコール類では、無水のものより適量の水分を含有したほうが有効であるとする説が相当多い。 Luthi(1954)は70〜90%のエタノールの抗カビ性を調査した結果、Penicillium tardumの胞子に対して90%濃度が最適効果があったと報じている。 Block(1977)はエタノールの至適濃度は70V/V%であり、この濃度は細胞に対する透過性が大で、細胞のタンパク変性を生じやすいと称している。 高島ら(1980)はエタノールの至適濃度を70%程度と認めながら、カビの種類によってはそれ以下でも有効なことを確認している。

次の

【通販モノタロウ】

除 菌 アルコール 78

こんにちは! 気温も急激に上昇して、春本番を通り越したような陽気ですね!エクシールの鈴木です。 気温が上がってくるこれからは食中毒の発生しやすい季節。 また今の時期、新型コロナウイルス対策として「アルコールで除菌したい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 注意しなければならないのは、 単に「アルコール」成分を使えば菌やウイルスが全て死滅するわけではない、ということです。 今回の記事では食品工場では必須の「 アルコール除菌」について、よくある間違いや正しい使い方・使い道についてご紹介していきます。 是非この機会にチェックして、今一度工場や家庭内の衛生管理、除菌対策について確認してみましょう。 コロナウイルスに対する食品からの感染はあるのか? 食品工場において心配なのは、 食品から感染が広がらないか?ということですよね。 厚生労働省のHPでは、以下のように記されています。 新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。 2020年2月21日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。 )を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。 製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。 WHOは、一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には、交差汚染予防のために注意すること、としています。 また同時に、飲食店や小売スーパーなどの事業者に対しては、 接触感染を予防するためには、手がよく触れるところ、たとえば、ドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタン、テーブルやカウンター、共用で使うもの(トングやメニュー等)などについて、消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることが有効です。 特に小さなお子さんが来店する機会が多い施設については、こまめな清拭をお願いします。 アルコールはどんな場所を除菌するのに向いているの? 食品工場や食品を扱う店舗で用いられる除菌消毒は、主に3種類あります。 アルコール除菌だけしていればよいというわけではなく、それぞれの消毒方法に向き不向きがありますので、それを把握して用途によって使い分けていきましょう。 他二つの除菌方法はこまめに行うことが出来ないため、手軽で効果的な除菌ツールとして食品現場では広く使われています。 ただし、使い方が悪いと効果が大きく損なわれてしまうことや、 ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスには効かないことには注意が必要です。 アルコールによる消毒剤は、エンベロープを持つウイルスに効果的とされる一方で、膜のないノンエンベロープウイルスはアルコールに強く効果が期待できないと言われています。 エンベロープを持つウイルスとしては、インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスなどが、 エンベロープを持たないウイルスとしてはノロウイルス、アデノウイルス(プール熱等)が挙げられます。 アルコールスプレーでの除菌ではノンエンベロープウイルスにダメージを与えられません。 しかし家庭でのウイルス予防に使用する手指用のアルコールジェルの中には、配合により、このノンエンベロープウイルスにも効果があるように作られている商品もあるようです。 アルコールで手指の除菌を行う際は、手のひら、手の甲の他、指先や指と指の間(指の根本)、親指の周りを入念にこすり合わせ、乾くまで揉み込んでください。 原液を希釈して水溶液を使い、まな板などの調理器具やダスターをつけ置きした後、十分に流水ですすいで使用します。 使用開始前や終了後にしっかり除菌するのに使われ、作業時間中のこまめな除菌はアルコールスプレーで行います。 厚生労働省のHPでは、 新型コロナウイルスの感染予防としての消毒剤にも、次亜塩素酸ナトリウムが有効との情報が出ています。 ただし、 次亜塩素酸は人体への消毒用ではないので、直接手で触ったり、スプレーしたりしないでくださいね。 不特定多数の人が触るドアノブやトイレ、蛇口やコピー機、電話機などの除菌に、0. 05%濃度の次亜塩素酸ナトリウムで拭いたあとで、水拭きして拭き取るといった消毒が推奨されています。 消毒を行う際は手荒れ防止に手袋、マスクなどを着用し、換気を行ってください。 塩素系漂白剤に比べ穏やかな作用の漂白剤になります。 酸素系漂白剤についてはこちらの記事でも詳しくまとめてあります。 アルコール除菌剤の特徴や注意点 この項目では、アルコールスプレーを正しく使うための、 アルコール除菌の特徴 や 注意点についてまとめてみたいと思います。 食品についても大丈夫! 食品工場用の除菌用アルコール(詳しくは後項目参照)は食品にかかっても安全なため、直接食品にかけたり、食品の直接触れるコンベアや番重(ばんじゅう)、容器などにも使用することが出来ます。 効果は一瞬!こまめに除菌しよう! アルコールスプレーによる除菌は、吹きかけた瞬間、最初の数秒が最も強力に作用するそうです。 そのため、 除菌力の持続はしないと考えましょう。 こまめにスプレーし、常に除菌された状態にしましょう。 濡れた場所では効果が激減?! シュッシュと吹きかけるだけの手軽なアルコールスプレーですが、実は対象が 水で濡れていると、効果が著しく低下してしまうことが知られています。 これは水分のせいでアルコールの濃度が変わってしまうことが原因で、水拭きなどで汚れをふき取った後は、乾いてから噴霧するようにしましょう。 また同様に、作業場の入口やトイレなどによく設置されている、手に吹き付ける形のアルコール除菌液も、 濡れた手にシュシュっとしても効果はほとんどないと考えた用が良いでしょう。 アルコール濃度は高すぎても除菌力はイマイチ! アルコールの除菌能力は、濃度によって大きく変化すると言われています。 その中でも最も効果が高いとされるアルコール濃度は 70~80%とされています。 最近では商品によっては配合されている添加物との相乗効果で50%代のアルコール濃度でも十分な除菌力を持ったモノもあり、アルコール濃度は60%を超えると 消防法の保管料制限の対象となるため、低濃度のタイプの人気も高まっているそうです。 また、90%以降のアルコールはかえって除菌作用が弱くなります。 アルコールなので火気厳禁! 食品工場では特に注意が必要ですが、アルコールスプレーはその名の通り、アルコールですので、陽が近くにあると引火し、火災になる可能性もあります。 こまめな除菌は大切ですが、使用する場所や保管などには細心の注意を払いましょう。 アルコール除菌の正しいやり方 前の項目でご紹介したような特徴をアルコール除菌は持っています。 それを踏まえたうえで、より効果の高い除菌を行っていきましょう。 包丁やまな板などの調理器具は、洗剤でしっかり 洗ってから十分に乾かして、アルコールスプレーを噴霧します。 スプレー後ふき取る際は、清潔なダスターかペーパーで拭きとります。 大きな調理器具や冷蔵庫、オーブンレンジの中、調理台等を除菌する場合は、きれいな場合はそのままアルコールスプレーをかけたり、アルコールスプレーをかけた清潔なダスターで拭いて除菌します。 少し汚れている場合は、最初に硬く絞ったダスターで汚れを取り除き、その後乾いてから同様の作業を行います。 アルコールスプレーは揮発するので、ふき取りはしなくても大丈夫です。 食品工場でアルコール除菌スプレーを選ぶ際のポイント 食品衛生の分野では、アルコールスプレーの元となるエタノールに食品添加物を配合して作られた、「 食品添加物」の認可を受けたものの使用が望ましいとされています。 食品添加物ですので、食品に直接かかってもOKですし、すすぎも不要となります。 アルコール除菌スプレーを選ぶ際には参考にしてみてくださいね! 足元用の異物混入対策マット(ステップマット)にも専用アルコールスプレーがお勧め! エクシールが製造する、食品工場向け粘着マット「 ステップマット」は、よくあるめくるタイプの粘着マットと異なり「 洗って繰り返し使える」ため、コスト削減にピッタリな異物対策用ツールの一つ。 ホコリやごみの吸着力も紙シートタイプよりも強く、食品衛生管理に欠かせないアイテムだからこそ、いつもきれいな状態で使用したいですよね。 ステップマットは 抗菌剤が配合されており通常の水拭きによるお手入れでも汚れや菌を洗い落とすことは可能ですが、よりしっかり除菌出来るお手入れをしたい!という場合には、 専用のアルコール系クリーナーがお勧めです。 こちらの記事も是非参考にしてみて下さい! カテゴリー• 238• 113• 148• 16 アーカイブ•

次の

濃度78.9% アルコール除菌 ウイルス除去 撃滅 のアルコマン AG+ スプレー 100ml

除 菌 アルコール 78

院内感染防止を目的に設計された高い除菌効果に洗浄力も持ち合わせた日常清掃用多目的洗剤です。 床清掃から手すり、ドアノブ、エレベータのボタンなどの接触表面や、鏡、ガラス、トイレ、浴室などあらゆる場所で使用が可能なオールインワン洗剤です。 【用途】病院・特別養護老人ホーム・学校、幼稚園・動物病院・オフィスビル・ホテル・映画館、劇場その他商業施設など。 二度拭きなしで汚れをすっきり落とす。 作業が簡単スピーディー。 テーブル、椅子、キッチン回りの軽い汚れに効力を発揮します。 スプレーして拭き取るだけでOK。 除菌効果も得られます。 【用途】サッシ・ガラス・フローリング床・ビニール床・壁・ドア・たたみ・カーペット・化粧板・戸棚・家具の洗浄【成分】アルキルアミンオキシド、アルキルグリコシド、アルカリ剤、エタノール、泡調整剤、除菌剤、香料、水【内容量 L 】4. 【特許】プラチナシールド技術 除菌・消臭・防カビ対策 プラチナナノ粒子配合で、ウイルス・除菌! ナノプラチナは第三者機関による様々な検査により優れた効果が実証されています。 ナノプラチナでマスクも繰り返し使っても安心! ウイルス・菌の侵入をブロックします。 【用途】マスク 花粉対策 ・衣類・寝具など。 またお部屋の除菌・消臭に。 プラチナの優れた抗菌、抗ウィルス力で家族の安心,安全を守ります。 アルコール、塩素 フリーで肌の弱い方や,赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。 使い捨てのマスクにスプレーしてもご使用いただけます。 【成分】白金・アスコルビン酸・クエン酸・精製水【使用方法】軽く振って、10〜30cm離してご使用ください。 野菜や果物の農薬、雑菌などの汚れを強力に洗い落とし、臭いやヌメリを除きます。 洗浄物 野菜・果物 の変色がなくなり、新鮮さを保ちます。 液体ですので使い易く、しかも泡立ちが少ないので泡ぎれがよく、すすぎがとても楽になります。 生分解性に優れた原料のみを使用しており、りん酸塩を含んでいませんので、河川や湖沼の富栄養化の心配はありません。 【用途】野菜・果物の除菌・洗浄に。 用途に応じ速効または遅効特性の使い分けなど、除菌消毒消臭効果を発揮し様々な分野でご使用いただけます。 サニトークをシュシュとひとふり。 臭いを元からなくします。 【仕様】スプレーガン【その他】臭いが消えなければ使用した後でも返品して頂いて結構です。 【安全性】サニトークは不快な刺激臭や塩素ガスの発生あるいはトリハロメタンやダイオキシン類などの発ガン性物質をほとんど生成しません。 また特異的な殺菌機序を有し、現在までに耐性菌産生の報告は無く従来の消毒液に比較しても安心してお使い頂けます。 WHOは安定化二酸化塩素を安全性A1にランク付けし、日本でも小麦粉の漂白やプールの殺菌剤として認可されるなど安全を保証しています。 【用途】水洗いできる全ての表面に使用できます。 床、テーブル、ビニルレザーの椅子、厨房、トイレ、壁、天井などの拭き掃除および 洗浄、衛生管理を必要とする場所での使用に適しています。 ただし、食器類、しっくいの壁の洗浄には適しません。 金属・プラスチックへの腐食性が少なく、アルコールが使用できない病室などの環境や機器の洗浄・除菌に適しています。 表面改質剤により拭き取り性を高め、拭き取り後の拭き跡が残りにくく、高い光沢性を付与します。 また、汚れの再付着防止効果があります。 揮発性が低く、1枚で広範囲の拭き取りが可能です。 環境にやさしく経済的な詰め替え用もあります。 日本食品分析センターをはじめとする国内外の様々な試験をクリアーし、効果の高さと共に安全性も兼ね備えています。 他にも耐性菌が出にくい・幅広い安定温度・溶出度が極めて低いなどの特性を持ち、様々な場面でご活用いただけます。 幅広い防菌力。 研究者によると一般建築物からは57の菌が高い頻度で検出されるそうです。 カビ守護神はこれら57菌を含む数百種のカビ・最近・藻類に対し硬化試験を実施し、抑止効果を確認しています。 長期の防カビ力。 高い安全性。 耐性菌が生まれにくい。 カビ守護神は複数の有機系防カビ剤と無機系抗菌剤の複合合成剤です。 単一の薬剤と違いひとつの薬剤成分に菌が耐性を持っていても、ほかの薬剤成分が効果を発揮します。 菌が全ての薬剤成分に耐性を持つ可能性はほとんどありません。 有機溶剤や紫外線にも分解・劣化せず、過酷な環境下でも安定した性能を発揮します。 この安定性により、あらゆるものに添加しても変質することがなく、長期にわたる防菌性能を付加する事が可能です。 そのため、製品開発や防菌加工も容易に行えます。 【用途】一般家庭から店舗、事業所、運送、倉庫、医療、介護、工場等。 水を入れたボトルにパックの原液を入れるだけ、「簡単に」「間違いなく」希釈液が作れ、すぐに作業を開始できます。 普通ゴミで廃棄が可能、コスト計算が容易、省スペースなど他にも多くのメリットがあります。 【用途】病院・特別養護老人ホーム・学校、幼稚園・動物病院・オフィスビル・ホテル・映画館、劇場その他商業施設など。 エタノール以外の添加物を最小限に留めているため風味などの影響も僅かです。 エタノールの除菌・防腐効果を期待し食品に直接噴霧、浸透により日持ち向上剤としてもご使用頂けます。 速乾性アルコール除菌剤! 食品に噴霧することにより防腐効果が期待できます。 ご家庭、会社、クリニック、老健施設等での手摺、ドアノブ、テーブル、身の回り、又は給食施設、厨房、食品調理機械類 まな板・包丁・冷蔵庫・スライスカッター 及び食品工場製造ラインなどで総合除菌剤として幅広くご使用頂けます。 【成分】グリセリン0. 指定医薬部外品です。 【用途】手洗いをした後に水気を切ってから、手指に本品を スプレーし、塗り広げて乾かす。 感染症対策に使用する場合は、一定時間ごとに手指に本品をスプレーし、塗り広げて乾かす。 9〜81. 食品に直接噴霧又は浸透させることにより除菌・防腐・防カビ等、保存に最適! 食品添加物規格なので食品にかかっても安心です。 エタノール以外の添加物を最小限に留めているため風味などの影響も僅かです。 【用途】インフルエンザ、細菌等を強力除菌! 食中毒を未然に防止! 身の回りをすばやく除菌! 【成分】乳酸:0.

次の