スラッグ アプリ。 ‎「METAL SLUG ATTACK」をApp Storeで

【メタルスラッグアタック】リセマラ当たりランキング!最強キャラ等について紹介してみた【METAL SLUG ATTACK】

スラッグ アプリ

最近よく耳にする 「ビジネスチャット」。 世界中で広く使われているビジネスチャットが 「Slack」です。 そんなスラックと日本人ならだれもが利用している LINE。 インターネットの普及により、リモートワークという新しい働き方もかなり浸透してきており、仕事でLINEを使っている人も多いのではないでしょうか。 でも、LINEだと、どんなやり取りをしているのか管理できないし、なによりプライベートがなくなっている…!と悩んでいる声もよく聞きます。 リモートワークにも重要なツールであるSlackと、普段から使っているLINEの違いについてお伝えします。 Slackとはビジネスを中心としたチャットツール Slack スラック は2013年に公開され、その直後から24時間で、約8000ユーザーの登録数を獲得するところから始まり、今なお、急速に世界中で普及し、利用者を増やし続けている アメリカ発のコミュニケーションツール です。 ちなみにこのSlack、実は 無料 で始められます。 社内SNS用にどのビジネスチャットを使おうか、お悩みの場合には、まずは比較のために、無料でご利用されてみることがオススメです。 さて、そんな気軽に始められるSlackですが、他のチャットツールと比較して、どのような強みがあるのでしょうか。 オフィスを離れてやりとりする時に便利なのがチャットツールやグループトーク。 グループトークはChatWork、Facebookのメッセンジャー、LINEでももちろん使え、 複数人でやりとりできるので、ビジネスシーンでも大活躍します。 とくにSlackにしかない魅力のひとつは機能の多さです。 標準的な機能に加え、 絵文字のカスタマイズや既存サービスとの連携ができ、またリアルタイムでやりとりが容易という特徴があります。 Slackそのものの機能がわかったところで、他のSNSツール、例えばLINEと比較してみましょう。 LINEはSNSにカテゴライズされるものの、日記やコメント公開より、連絡ツールとして主に利用されています。 Slackでは個人のトークルームも監視できる LINEでグループトークを作成した場合、メンバーのアカウントがメンバーリストに表示されます。 そのメンバーリストにあるアカウントにアクセスし、友達申請することでプライベートでのやりとりが可能になります。 その時は 別のトーク部屋が作成されるので、元の部屋を作成した管理者でも関与することはできません。 Slackでは、アカウントが管理者であれば、 プライベートメッセージをダウンロードすることができます。 その際誰がダウンロードしたかも記録に残るようになっています。 一見LINEのような手軽さがないので使いにくい印象を与えますが、このシステムはビジネスシーンで使うものだからこそ役立ちます。 ビジネス上で行き違いがあった場合などは、調査が必要になります。 そういった時、個人アカウントのみでやりとりした情報を別の責任者が追うのは困難です。 Slackはビジネスシーンで使用することを想定されたツールのため、このような形になっています。 またメッセージダウンロードを行うにはデジタル署名をして、Slackに承認される必要があります。 セキュリティは堅いツールと言えるでしょう。 Slackは退職した社員のアカウントを管理者が削除できる 先ほども述べた通り、LINEでは管理者が個人のつながりを把握することはできません。 一方で、Slackはビジネスツールですから、アカウントの持ち主ではなく、管理者がアカウントを削除することができます。 もちろん、アカウントを削除したところで、その社員のメッセージや送信済みファイルが見られなくなることはありません。 Slackは送った情報を訂正できる! 「しまった!間違った情報を送ってしまった!!」 ついつい、社内相手だからと気を抜いて 送ってしまったメールに、意外と致命的な誤記載があるのは、よくあることではないでしょうか。 そして、それを訂正するためにまたメールを作ることになり、時間と手間をとられ、、、 さらには、相手にその訂正版を見てもらえず、ミスコミュニケーションまで発生したり……。 実は、この点がビジネスチャットでは非常に気が利いています。 というのも、Slackを始めとするビジネスチャットでは、 後から送ったメッセージの修正・削除が可能だからです。 具体的にいうと、何か間違ったメッセージを送ってしまっても、あなたがすぐに気づき、メッセージを正しく修正(もしくは削除)したら、 修正の直後に、全てのデバイス PCでもスマートフォンでも が、正しい情報に修正されるのです。 ちなみに、相手が仮にメッセージを読み始めていたとしても、メッセージの修正直後、すぐに最新版に更新されます。 すぐに、どのデバイスで見ても、最新の情報に修正されるということ。 LINEでもメッセージを削除することはできますが、編集することはできません。 長い文章をまた入力し直す…といった非効率なことはしないで済みますね! これはビジネスの場において、 円滑なコミュニケーションとスムーズな業務遂行の実現につながると言えます。 Slackはメッセージ入力中、相手の動きが見える 「あれ?この文章、なんか書きかけっぽいなぁ、、、」 チャットツールを利用するのは人間ですから、よく間違えて 書きかけのメッセージを送ることがあります。 例えばこういった場合、LINEだと、相手がその後、書き直しの文章を書いているのか、気づいていないのか、動きが見えませんよね? そして確認のメッセージを送ってみると、即既読がついて、「あ、なんだ向こうも訂正中だったか……」と後からわかったり。 これがプライベートでの出来事であれば、それもコミュニケーションのうちで済みますが、ビジネスで活用する場合は、余分な手間になったり、円滑な業務遂行やコミュニケーションの阻害要因となりえます。 Slackを利用すると、こうした問題が起こりません。 なぜなら、 リアルタイムで相手が文章を書いているか、何もしていないかの確認ができるからです。 コミュニケーションでいうところの、自分が発言する番かどうかが、ひと目でわかるわけですね。 小さな機能ではありますが、正しい情報をスピーディーに行う必要のあるビジネス上では、大きな効果と言えます。 このように、ユーザーのストレス要因や不要な労力を減らし、円滑なコミュニケーションを実現できている点にも、『快適』『便利』と、世界中がうなる理由が感じられますね。 Slackは 連携機能に優れており、Twitterなどと連携することでチャンネルに各SNSを設定することができます。 Slackの人気が大きな理由のひとつにこの連携機能があります。 簡単に言えば、 SNSやメールなどの通知をSlackにまとめることができます。 チャットツールを使う人の中にはSkypeを使用している人もいるでしょう。 Skypeも連携が可能です。 データを共有する人はDropboxとの連携ができるのも嬉しいポイントです。 Slackが連携できる外部サービスは300種類以上! 外部サービスとの連携はSlack最大の強みです。 他のビジネスチャットと比べてもその連携できるサービスは圧倒的に多いです。 全社員がSlackを使っているとは言っても、その中身は誰1人として同じものはないかもしれません。 たとえば… Slackを使って気になるキーワードをリサーチ マーケティングでは、どうしても自社の評判を調べるためにエゴサーチをしなければならないもの。 そのエゴサーチもSlackを使えば 自動で 簡単に調べることができるのです! 使い方はとっても簡単。 参加するときも、 「Board the train」をクリックするだけ! お昼を誘うことに少し気を遣ってしまう… という方にも楽しくお使いいただけると思います! 詳しい設定方法は、 をチェックしてみてください。 ビジネスチャット チャットツール としてSlackが人気な理由は遊び心! SlackはLINEに比べてビジネスシーンで役立つ機能がたくさん備わっていることがわかっていただけたかと思います。 しかし、セキュリティ面は、ほぼ全てのビジネスチャットに備わっている機能です。 では、なぜSlackが世界で一番の利用者を集めているのでしょうか? それは、Slackは カスタマイズの自由度が高く、 円滑なコミュニケーションが取れるからだと思います。 SNS連携の自由さはもちろん、チャットルームを自由にカスタマイズしたり、 遊び心満載なスタンプが使えるのはSlackだけです! Slackのチャットルームをオシャレにカスタマイズ Slackではチャットルームをカスタマイズすることができます。 LINEのトークも背景を変えたり、きせかえすることは可能ですが、Slackではその自由度はかなり高くなります。 カラーコードを指定することで 好みの色へと変更したり、テーマを選んで手軽にデザインを変更できます。 絵文字の自作も可能なので、自分らしく使いこなしたい人に好評です。 Slackは絵文字のラインナップも盛りだくさん。 「とにかく用件をやりとりしていただけなのに……なーんか相手がわかる」 そもそも、特に日本人は対面だと、最初は人見知りや相手の顔色伺いから始まりやすいですよね? 特にビジネスの場合、社内とはいえ、 初対面の相手とのやりとりは緊張したり、一線引いたやりとりになったり、言いたいことが全て伝えきれない場合も……。 ところがSlackは、この気遣いを大事にするシャイな日本人の特性をうまくフォローしてくれます。 実際、slackで仕事のやりとりをし始めると、その途中で自然とスタンプやツッコミ表現を使うタイミングが出てきます。 それを、気軽にやってみることで、意外と高確率で相手もそれに呼応してくれたりするんです。 (というか、いつの間にか自然と出てしまっている場合の方が多いですね。 こうして次第に、 文字での単なる用件の対話から、個性を表現し合うコミュニケーションが生まれていくというわけですね。 会社によっていろいろな色やルールがあるとは思いますが、少なくともスタンプのタイミングやツッコミのセンスが自然と出るため、ハートフルなヒューマンコミュニケーションのきっかけになることは間違いありません。 『快適』『便利』である上に、『楽しい』『面白い』という個性を活かせる人間の遊び心をくすぐる機能も充実しているからこそ、多くのユーザーが愛さずにはいられないのかもしれないですね。

次の

【メタルスラッグアタック】リセマラ当たりランキング!最強キャラ等について紹介してみた【METAL SLUG ATTACK】

スラッグ アプリ

この記事の内容• Slack連携の最大のメリット サービスのリリースからわずか5年でDAU 日間アクティブユーザー数 が1,000万人を超え、日本でもベンチャー企業を中心にDAU50万人を誇るSlack。 そのSlack人気の理由の一つは柔軟な外部ツールとの連携にあります。 Slackは単体でも便利ですが、ツールを連携しておけば、 様々なアプリに散在している情報を統合することがで、時間のロスがなくなえり効率よく仕事ができます。 ツールを連携し終えると、「Slackさえ開けば、自分の知りたいことはほとんどのことは確認できる」という状態にできます。 まさに「オールインワンSlack」。 業務の効率も飛躍的に高まります。 Slack連携できるおすすめツール8選 今回はSlackと連携できる300種類以上のツールの中から以下の8種類のおすすめツールを紹介します。 他にも 売上の予測や営業のプロセスをレポート化して分析することもできるので、営業の管理・共有・分析に役立てることができます。 S ensesは機能の一つとしてSlack連携があります。 売上の予測や営業のプロセスをレポート化して分析することもできるので、営業の管理・共有・分析に役立てることができます。 SensesはSlackと連携することで、案件が新しく登録された際、進捗があった際、しばらく放置されている際にslack上に自動で通知することが可能です。 そのため、営業マネージャーはSFAで こまめに 案件を確認しなくとも、状況を把握することができます。 営業活動を効率化させたいと思っている方はぜひ連携させて欲しいツールです。 上記のように、Sensesの案件の動きやアラート、アクションの情報をSlackに通知することができます。 「月」とか「日」とか「曜日」をいちいち入力するのも本当に面倒ですよね。 それに同席者の日程も一緒に調整するとなった時の煩雑さと言ったら…。 NotiaはGoogleカレンダーとのシームレスな連携によって、Gmail上での日程調整を、驚くほど簡単かつスマートにしてくれます。 メール作成画面からカレンダーのアイコンを押して、自分や同席者の空いている日程を選択するだけで、候補日程リストを自動作成し、メール文面に書き出してくれます。 この日程調整機能だけでも助かりますが、その他にもメール業務を効率化するための機能がいくつか備わっているようです。 例えば、以前にやり取りをしたことがある人から送られてきたメールの対応漏れを通知してくれたり、自分の送ったメールが相手に開かれているかを確認できたりします。 Slackと連携することで、メールの対応漏れの通知や開封通知をSlack上で通知してくれるようになります。 1日のスケジュールを教えてくれたり、アポイントとの10分前になったら通知をしてくれるように設定できたりできます。 Googleカレンダーにスケジュールさえ入れておけば、あとはSlackの画面を見ているだけでスケジュールを確認できるので便利ですよ。 GoogleDriveとSlackを連携させておくと、GoogleDriveに簡単にアクセスをしてファイルを保存したり、保存してあるファイルを使えるため作業効率が上がります。 GoogleDriveを使えば、メールでは添付できないような重たいファイルでも簡単に共有できるため快適です。 また、GoogleDriveのファイルにアクションがあった場合に通知を受け取ることができるので、共有したファイルを他のメンバーが確認したどうかを把握できたり、不正なアクセスにいち早く気付けたりできます。 in」ビデオ会議ツール 数年前に比べるとビデオ会議を行う機会も増えてきたと思います。 Appear. in(アピアーイン)はおすすめのビデオ会議ツールです。 通話や映像の品質が良いので、高品質なビデオ会議を行うことが可能です。 また、Appear. inは会員登録が不要なので、誰でも手軽に利用できます。 SlackとAppear. inを連携させることで、SlackからAppear. inを起動できるようになります。 「ビデオ会議をしたい」と思ったら、SlackからAppear. inを立ち上げられるので、スムーズに会議を開始できます。 自分のタスクだけでなく、「誰が何をやるのか?」ということを管理できます。 TrelloとSlackを連携させておくとSlack上でタスクを管理できるようになります。 なので、Trelloで新しいタスクが追加された時にSlackで通知を受け取ったり、SlackからTrelloにタスクを追加することできたりします。 そのため、タスク管理の手間が大幅に減りました。 Slackを開けば、Trelloを開く必要がほとんどなくなるため2つのツールを行ったりきたりしなくても済みます。 豊富な機能がマルケトの特徴です。 具体的にどんなことができるのかというとステップメールや動画の配信によって、見込み客の育成が可能です。 また、セミナーやイベントへの誘導や営業支援システムとの連携もできます。 そのほか、マーケティングの効果を可視化してくれる機能もあります。 SlackとMarketoを連携させておくことで、Marketoからの通知をSlackで素早く受け取れるため、スムーズにマーケティング施策を実行できます。 全世界で45,000社以上が導入しているツールです。 ZendeskとSlackを連携させておくことで、Slack上でZendeskからの通知を受け取れるので、素早い対応が可能です。 これにより自社製品HPからのお問い合わせをSlackで受け取り、Slackから返信することが可能になりに素早く応えることができるようになるため、サポートの質の向上が実現できます。 「カスタマーサクセス」という言葉とともに注目されている顧客サポート領域の強化におすすめのツールです。 Slack にこの記事で紹介したおすすめのツールを外部連携をしておけば、日々の業務の効率も大幅に上がります。 また自分だけでなく周りの同僚や部下にも Slack の使い方を教えることができれば、周りの業務効率も上げることができるため会社全体の生産性を上げることができます。 最初は少し「連携するのが面倒」「連携させなくてもお気に入りから外部ツールを使えばいい」と思うかもしれません。 しかし、一手間かけてでも Slack とツールを連携させておくと快適です。 ぜひ Slack の機能をフル活用してみてください。

次の

【メタルスラッグアタック】リセマラ当たりランキング!最強キャラ等について紹介してみた【METAL SLUG ATTACK】

スラッグ アプリ

最近よく耳にする 「ビジネスチャット」。 世界中で広く使われているビジネスチャットが 「Slack」です。 そんなスラックと日本人ならだれもが利用している LINE。 インターネットの普及により、リモートワークという新しい働き方もかなり浸透してきており、仕事でLINEを使っている人も多いのではないでしょうか。 でも、LINEだと、どんなやり取りをしているのか管理できないし、なによりプライベートがなくなっている…!と悩んでいる声もよく聞きます。 リモートワークにも重要なツールであるSlackと、普段から使っているLINEの違いについてお伝えします。 Slackとはビジネスを中心としたチャットツール Slack スラック は2013年に公開され、その直後から24時間で、約8000ユーザーの登録数を獲得するところから始まり、今なお、急速に世界中で普及し、利用者を増やし続けている アメリカ発のコミュニケーションツール です。 ちなみにこのSlack、実は 無料 で始められます。 社内SNS用にどのビジネスチャットを使おうか、お悩みの場合には、まずは比較のために、無料でご利用されてみることがオススメです。 さて、そんな気軽に始められるSlackですが、他のチャットツールと比較して、どのような強みがあるのでしょうか。 オフィスを離れてやりとりする時に便利なのがチャットツールやグループトーク。 グループトークはChatWork、Facebookのメッセンジャー、LINEでももちろん使え、 複数人でやりとりできるので、ビジネスシーンでも大活躍します。 とくにSlackにしかない魅力のひとつは機能の多さです。 標準的な機能に加え、 絵文字のカスタマイズや既存サービスとの連携ができ、またリアルタイムでやりとりが容易という特徴があります。 Slackそのものの機能がわかったところで、他のSNSツール、例えばLINEと比較してみましょう。 LINEはSNSにカテゴライズされるものの、日記やコメント公開より、連絡ツールとして主に利用されています。 Slackでは個人のトークルームも監視できる LINEでグループトークを作成した場合、メンバーのアカウントがメンバーリストに表示されます。 そのメンバーリストにあるアカウントにアクセスし、友達申請することでプライベートでのやりとりが可能になります。 その時は 別のトーク部屋が作成されるので、元の部屋を作成した管理者でも関与することはできません。 Slackでは、アカウントが管理者であれば、 プライベートメッセージをダウンロードすることができます。 その際誰がダウンロードしたかも記録に残るようになっています。 一見LINEのような手軽さがないので使いにくい印象を与えますが、このシステムはビジネスシーンで使うものだからこそ役立ちます。 ビジネス上で行き違いがあった場合などは、調査が必要になります。 そういった時、個人アカウントのみでやりとりした情報を別の責任者が追うのは困難です。 Slackはビジネスシーンで使用することを想定されたツールのため、このような形になっています。 またメッセージダウンロードを行うにはデジタル署名をして、Slackに承認される必要があります。 セキュリティは堅いツールと言えるでしょう。 Slackは退職した社員のアカウントを管理者が削除できる 先ほども述べた通り、LINEでは管理者が個人のつながりを把握することはできません。 一方で、Slackはビジネスツールですから、アカウントの持ち主ではなく、管理者がアカウントを削除することができます。 もちろん、アカウントを削除したところで、その社員のメッセージや送信済みファイルが見られなくなることはありません。 Slackは送った情報を訂正できる! 「しまった!間違った情報を送ってしまった!!」 ついつい、社内相手だからと気を抜いて 送ってしまったメールに、意外と致命的な誤記載があるのは、よくあることではないでしょうか。 そして、それを訂正するためにまたメールを作ることになり、時間と手間をとられ、、、 さらには、相手にその訂正版を見てもらえず、ミスコミュニケーションまで発生したり……。 実は、この点がビジネスチャットでは非常に気が利いています。 というのも、Slackを始めとするビジネスチャットでは、 後から送ったメッセージの修正・削除が可能だからです。 具体的にいうと、何か間違ったメッセージを送ってしまっても、あなたがすぐに気づき、メッセージを正しく修正(もしくは削除)したら、 修正の直後に、全てのデバイス PCでもスマートフォンでも が、正しい情報に修正されるのです。 ちなみに、相手が仮にメッセージを読み始めていたとしても、メッセージの修正直後、すぐに最新版に更新されます。 すぐに、どのデバイスで見ても、最新の情報に修正されるということ。 LINEでもメッセージを削除することはできますが、編集することはできません。 長い文章をまた入力し直す…といった非効率なことはしないで済みますね! これはビジネスの場において、 円滑なコミュニケーションとスムーズな業務遂行の実現につながると言えます。 Slackはメッセージ入力中、相手の動きが見える 「あれ?この文章、なんか書きかけっぽいなぁ、、、」 チャットツールを利用するのは人間ですから、よく間違えて 書きかけのメッセージを送ることがあります。 例えばこういった場合、LINEだと、相手がその後、書き直しの文章を書いているのか、気づいていないのか、動きが見えませんよね? そして確認のメッセージを送ってみると、即既読がついて、「あ、なんだ向こうも訂正中だったか……」と後からわかったり。 これがプライベートでの出来事であれば、それもコミュニケーションのうちで済みますが、ビジネスで活用する場合は、余分な手間になったり、円滑な業務遂行やコミュニケーションの阻害要因となりえます。 Slackを利用すると、こうした問題が起こりません。 なぜなら、 リアルタイムで相手が文章を書いているか、何もしていないかの確認ができるからです。 コミュニケーションでいうところの、自分が発言する番かどうかが、ひと目でわかるわけですね。 小さな機能ではありますが、正しい情報をスピーディーに行う必要のあるビジネス上では、大きな効果と言えます。 このように、ユーザーのストレス要因や不要な労力を減らし、円滑なコミュニケーションを実現できている点にも、『快適』『便利』と、世界中がうなる理由が感じられますね。 Slackは 連携機能に優れており、Twitterなどと連携することでチャンネルに各SNSを設定することができます。 Slackの人気が大きな理由のひとつにこの連携機能があります。 簡単に言えば、 SNSやメールなどの通知をSlackにまとめることができます。 チャットツールを使う人の中にはSkypeを使用している人もいるでしょう。 Skypeも連携が可能です。 データを共有する人はDropboxとの連携ができるのも嬉しいポイントです。 Slackが連携できる外部サービスは300種類以上! 外部サービスとの連携はSlack最大の強みです。 他のビジネスチャットと比べてもその連携できるサービスは圧倒的に多いです。 全社員がSlackを使っているとは言っても、その中身は誰1人として同じものはないかもしれません。 たとえば… Slackを使って気になるキーワードをリサーチ マーケティングでは、どうしても自社の評判を調べるためにエゴサーチをしなければならないもの。 そのエゴサーチもSlackを使えば 自動で 簡単に調べることができるのです! 使い方はとっても簡単。 参加するときも、 「Board the train」をクリックするだけ! お昼を誘うことに少し気を遣ってしまう… という方にも楽しくお使いいただけると思います! 詳しい設定方法は、 をチェックしてみてください。 ビジネスチャット チャットツール としてSlackが人気な理由は遊び心! SlackはLINEに比べてビジネスシーンで役立つ機能がたくさん備わっていることがわかっていただけたかと思います。 しかし、セキュリティ面は、ほぼ全てのビジネスチャットに備わっている機能です。 では、なぜSlackが世界で一番の利用者を集めているのでしょうか? それは、Slackは カスタマイズの自由度が高く、 円滑なコミュニケーションが取れるからだと思います。 SNS連携の自由さはもちろん、チャットルームを自由にカスタマイズしたり、 遊び心満載なスタンプが使えるのはSlackだけです! Slackのチャットルームをオシャレにカスタマイズ Slackではチャットルームをカスタマイズすることができます。 LINEのトークも背景を変えたり、きせかえすることは可能ですが、Slackではその自由度はかなり高くなります。 カラーコードを指定することで 好みの色へと変更したり、テーマを選んで手軽にデザインを変更できます。 絵文字の自作も可能なので、自分らしく使いこなしたい人に好評です。 Slackは絵文字のラインナップも盛りだくさん。 「とにかく用件をやりとりしていただけなのに……なーんか相手がわかる」 そもそも、特に日本人は対面だと、最初は人見知りや相手の顔色伺いから始まりやすいですよね? 特にビジネスの場合、社内とはいえ、 初対面の相手とのやりとりは緊張したり、一線引いたやりとりになったり、言いたいことが全て伝えきれない場合も……。 ところがSlackは、この気遣いを大事にするシャイな日本人の特性をうまくフォローしてくれます。 実際、slackで仕事のやりとりをし始めると、その途中で自然とスタンプやツッコミ表現を使うタイミングが出てきます。 それを、気軽にやってみることで、意外と高確率で相手もそれに呼応してくれたりするんです。 (というか、いつの間にか自然と出てしまっている場合の方が多いですね。 こうして次第に、 文字での単なる用件の対話から、個性を表現し合うコミュニケーションが生まれていくというわけですね。 会社によっていろいろな色やルールがあるとは思いますが、少なくともスタンプのタイミングやツッコミのセンスが自然と出るため、ハートフルなヒューマンコミュニケーションのきっかけになることは間違いありません。 『快適』『便利』である上に、『楽しい』『面白い』という個性を活かせる人間の遊び心をくすぐる機能も充実しているからこそ、多くのユーザーが愛さずにはいられないのかもしれないですね。

次の