じん せん かい びょう いん。 河合神社

新型肺炎で傷つけないで

じん せん かい びょう いん

九字(くじ)は、道家により呪力を持つとされた9つの。 とのが著した『』内篇巻17「登渉篇」 に、抱朴子が「 入山宜知六甲秘祝 祝曰 臨兵鬥者 皆陣列前行 凡九字 常當密祝之 無所不辟 要道不煩 此之謂也」と入山時に唱えるべき「六甲秘祝」として、「 臨兵鬥者皆陣列前行」があると言った、と記されており、以後古代のによって行われた。 これが日本に伝えられ、、等で主に護身のためのとして行われた。 詳しくはを参照のこと。 この文句を唱えながら、手で印を結ぶか指を剣になぞらえて空中に線を描くことで、災いから身を守ると信じられてきた。 ただし『抱朴子』の中では、手印や四縦五横に切るといった所作は見られないため、所作自体は後世の付加物であるとされる()。 また、十字といって、九字の後に一文字の漢字を加えて効果を一点に特化させるのもある。 一文字の漢字は特化させたい効果によって異なる。 種類 [ ] 臨兵闘者 皆陣列前行 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ぜん・ぎょう。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣列べて(ねて)前を行く」。 九字の元祖で、人によっては最も強力な九字とされる。 臨兵闘者 皆陣列在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣列べて(ねて)前に在り」。 臨兵闘者 皆陣烈(裂)在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣烈(裂)れて(きて)前に在り」。 臨兵闘者 皆陳列在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・ちん(じん)・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陳列べて(ねて)前に在り」。 天元行躰神変神通力 読みはてん・げん・ぎょう・たい・しん・ぺん・じん・つう・りき。 朱雀・玄武・白虎・勾陣(陳)・帝久(帝公、帝正、帝台、帝后、帝禹)・文王・三台・玉女・青龍 読みはすざく・げんぶ・びゃっこ・こうちん・ていきゅう・ぶんおう・さんたい・ぎょくにょ・せいりゅう。 初出は鎌倉時代の反閇について書かれた文献。 この文献では帝の後の一文字が読めないため、あらゆる仮説が出されている。 が用いる。 青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・文王・三台・玉女 陰陽道が九字を取り入れた際に字を四神、神人、星神の名に置き換えたもの。 青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳(空陳、空珍)・南斗(南儒)・北斗・三台(三態)・玉女(玉如) 読みはせいりゅう・びゃっこ・すざく・げんぶ・くうちん・なんじゅ・ほくと・さんたい(さんだい)・ぎょくにょ。 中国で用いられ、日本にも伝えられた。 令百由旬内 無諸衰患 読みはりょう・ひゃく・ゆ・じゅん・ない・む・しょ・すい・げん。 読み下しは、「百由旬の内に諸の衰患無からしむ」。 由旬は古代インドでの単位で、一由旬で牛車の一日分の行程を表わす。 初出は法華経陀羅尼品第二十六。 病魔等を払う九字として紹介される。 阿耨多羅 三藐三菩提 読みはあ・のく・た・ら・さん・みゃく・さん・ぼ・だい。 大乗仏教がを定める文、Anuttara samyaksaMbodhiに当てた字群。 三を二回使っているため、これを九字とするのには異議が唱えられている。 九字を取りあげた作品 [ ]• 1981年 - で演ずるが無刀取りをしているときに唱える• 1999年 - の拠り所として登場• 2003年・2005年 - 伊賀忍者の拠り所として登場 TVドラマ• - 主人公である安部清明が怨霊を浄霊する時に唱える。 - 主人公が除霊をする時に唱える• (1985年 - 1989年) - 主人公が除霊をする時に唱える ゲーム• 1998年 - 2010年 - このゲームの世界観を表現する上でのコンセプトの一つとして、シリーズを通して表記または要素として使用されている• 火の魔装機神、グランヴェールを駆るホワン・ヤンロンが火風青雲剣を発動するときに唱える アニメ• - 主人公の一人火野レイ(セーラーマーズ)の敵の攻撃時に唱える• - 精神統一し幻術を防ぐための呪文として登場するが、間違えて「かんぴょう豆腐かにオムレツぜんざい」と唱えてしまう• 脚注 [ ] [].

次の

かいはりきゅうせいこついんの評判 大口 駅近4分 お灸/鍼灸院

じん せん かい びょう いん

解説 さまざまなところから人を多く集めて、難しい問題などを解決しようとすることのようです。 また、機械の力を使わないで、人の力で、事を行うことのようです。 もとの意味は、とにかく多くの人を集めて、敵を圧倒しようとする戦いのやり方のようです。 新型コロナウイルスと戦う医療の現場は、人海戦術に近い状態ではないかと思います。 重要語の意味 人海=「じんかい」と読み、多くの人の集まり。 海の水のように多くの人が集まること。 戦術=「せんじゅつ」と読み、戦いなどに勝つための方法。 目的を達成するための方法。 海=うみ。 ものが多く集まるところ。 戦=たたかい。 あらそい。 術=てだて。 大勢=「おおぜい」と読み、たくさんの人。 動員=「どういん」と読み、ある目的のためにさまざまなところから人や物を集めて動かすこと。 仕事=「しごと」と読み、目的に応じてやらなければならないこと。 多い=「おおい」と読み、数がたくさんある。 集める=「あつめる」と読み、2人以上の人をひとつのところによせる。 難しい=「むずかしい」と読み、明確な答えがなくやっかいである。 解決=「かいけつ」と読み、むずかしい問題などを整理して終わらせること。 機械=「きかい」と読み、人の力を使わないで目的の事をするためのしかけのようなもの。 事=「こと」と読み、仕事や行事など。 とにかく=とにもかくにも。 いずれにしても。 圧倒=「あっとう」と読み、強い力で相手に勝つこと。 戦い=「たたかい」と読み、困難なことをのりこえようと努力すること。 新型コロナウイルス=人間の住んでいる世界に新しくあらわれた未知のウイルス。 感染力が強く健康弱者に肺炎を引き起こすウイルス。 COVID-19。 医療=「いりょう」と読み、医学の技術で病気を治すこと。 いわれ(歴史)と重要度 不明。

次の

索引「じん」

じん せん かい びょう いん

九字の切り方 九字の切り方収め方 煩悩や魔障一切の悪魔を降伏退散させ、災難を除く呪力があるとされる修法が、九字である。 「臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前」を唱えながら、刀印(とういん)を結んで九字を切るか、諸印契を結印しておこなうものである。 九字を切ることで、五陰魔、煩悩魔、死魔及び一切の悪魔、魔民を切断するというような調伏的要素をもつ。 つまり九字は護身法であるとともに、有力な調伏法としても活用されている。 邪鬼は陰気にたよるものとされ、それを破断するのが九字である。九字の九は、陽の最高の満ち数であるから、それによって陰を降伏させうると考えられたものである。 また九字ではなく、十字を切る場合もある。 九字は流派によっての差異があるので、ここに掲げたのはその一つと言うことをご承知おき下さい。 図をクリックすると大きく表示されます。 戻るときはプラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。 結ぶ印 唱える九字 臨(りん);独鈷印 (とこのいん) 左右の手を内縛 下記参照)して、二指 人差し指、以下このように言う)を立て合わせて「臨」と唱える。 兵(ぴょう);大金剛輪印 (だいこんごうりんのいん) 内縛して二指を立て、中指を伸ばして二指の上を越えて合わせる。 親指は揃えて「兵」と唱える。 闘(とう);外獅子印 げじしのいん) 者(しゃ);内獅子印 (ないじしのいん) 皆(かい);外縛印 (げばくのいん) 陳(じん);内縛印 (ないばくのいん) 烈(れつ);智拳印 (ちけんのいん) 在(ざい);日輪印 (にちりんのいん) 前(ぜん);隠形印 (おんぎょうのいん) 以上のように九印を結んで九字を唱えたのち、 左の 人差し指と中指を伸ばし小指を曲げ、親指の指先で曲げた指の爪を押す。 右手も同じようにする。 右手の伸ばした指を左に出来た穴に差し込む 右の指は・剣。 左はさや)。 この状態で、不動明王の真言を三回唱える。 「 ノウマクサンマンダ バザラダンセンダ マカロシャダ ソワタヤ ウン タラタ カン マン」・・・・三回 刀印 左の指もこのようにする) この図は親指がおかしいので 左の写真のように爪を押さえる事 手刀のおさめ方 次に右の指を抜いて、左手は印のまま腰に当て、 右手の刀で九字 臨兵闘者皆陳烈在前)を唱えながら、四縦五横に切る。 九字を戻す法 必ず、忘れないように戻しておくこと) 右の剣を元のように左のさやに収めて、 「オン アビラウンケン ソワカ」 三回 「オン キリキャラ ハラハラ フタラン バソツ ソワカ」 三回 「オン バザラド シャコク」 一回 これらを唱え終わったら、「弾指 (たんじ)」 指をはじき鳴らすこと)する。 この後、右の剣を抜いて、印を終る。 2、九字は邪を払うための簡単な技法です。 上記のように手で刀を模した印「刀印」を作り、その印によって空間を 「臨兵闘者皆陳烈在前」 りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん の掛け声と ともに縦横に「切り」邪を払う。 この際、刀印があたかも真剣のような光をもって、邪を切り倒すのを強く 念じなければならない。 刀印は邪を払う破邪の真剣です。 これを強く感じ、空間を気合とともに切り裂くとき、邪悪な気配は退散し、清浄な光の筋がそこに神聖な気配を漂わせるのであ る。 [PR].

次の