もみあげチャーシュー。 「もみあげチャーシュー」に関するQ&A

まとめサイトワールド~2ch5chまとめのまとめ~

もみあげチャーシュー

・本来は対策本部やグリーンゾーンは船外に置いて、船内はまるまるレッドゾーンにすべきだった。 ・こうなったのは日本にCDC 疫病対策センター のような疫病対策の組織がないことが問題。 ・CDCが常駐的に船に入り意思決定と各所への指示を行い、日々情報収集をして、対策を刷新していくことが必要だった。 ・日本はこういうことが起きると色んなところから短期間、専門家が寄せ集められて個別に対応をしてるが、意思決定は官僚によってなされてる。 ・専門家でない官僚がプランを立てると、グリーンゾーンとレッドゾーンの形などは一応作るが、区分けや運用など甘くなり作用しない。 ・政府は「危機管理の専門家が常駐していた」と言うが、色んな組織の色んな専門家が毎日入れ替り立ち代わり個別に入ってるのでは「常駐」とは言えない。 一貫したプランを持つ対策チームとして存在していない。 ・何よりも専門家に意思決定の権限がない。 最終的にすべて官僚にお伺いを立てなくてはいけない。 国際的に「感染予防チーム」と言われるものとは全く違う。 ・感染対策の実務に関しては完全に専門家に任せるべき。 そこに政治的な思惑とか配慮とかあるべきではないし、横やりなどがないように意思決定のプロセスは明確にしなければいけない。

次の

【悲報】岩田健太郎さん、コロナ動画を削除して逃亡www

もみあげチャーシュー

このとのは頃だったと思う。 俺がまだで、寮を追い出されてしてて 同じの年上のなが時々家に泊まってて、ほどなく別れたけど そのが置いてったのに残ってて、時々見始めたのがだった。 ってクソほど連中がいるなん思ったし、PERに混ざりたくてによく行くようになった。 には神懸かったが毎度毎度まとめられてて、その後ができる切欠ごろのでも、内にのがいて、なん比べて的叩かれてなかったがある。 その頃のっつったら、、、が俺の中でメインだった。 頃までののになるようなことは、んど得ていたし クソみたいにつんもみあがりとかの覧でを叩くのも、あのは楽った。 クソが出来てはクソのほうがく感じて、週一は見てたと思う。 何回かがへる時期を経て、俺もしばらく離れたりしてた。 くらいに、にががらっと変わる時期が来て 時々持て余したヒマを埋めるに、またたまに見るようになった。 それ以前ではへの色が強いがに限らず多く見かける感じだったけど まぁご多分にず、くらいの感じで、もそういうをまとめたりしてた。 偏ったは為にはならんけど、叩きくらいまでは的に楽しんでたと思う。 それの善し悪しは、しらんけど。 どっかか、その叩きの矛先は女叩きになってった。 その根幹はまん呼びがった5だったんだろうし、そのだけ考えればがくしただけなんだろうし 女くらいで楽しめるもあっら、気にならないケースもあった。 でもはさすがにひどすぎる。 このがのを稼いでるとしたら、損失だと考えるようになるくらい、偏ったばかりまとめるようになってって 本当に悲しいというか、むなしいが大きい。 世の中、多くのは娯楽として、をかけずに得られるようになった。 そんな中で、誰かがよく読めることに特化したが生るのは、してやむなもしれないし そういう的なは、形はどうあれ昔し続けている。 だが、かつて単純に娯楽だったそのが、誰かのにされてった、と感じるようなはしたくなかった。 でも、それすらも世の中において当然に起こるのかもしれない。 俺は、懐古的にが昔のような在り方を取り戻すべきとは思わないけど 何染まってった娯楽なら、もうとしての意義を果たすべく育つか でなければ滅びて欲しい。 どちらかと言えば、ほかの的なも含めて、を期待するが強い。 俺の歴なんて、誰に誇るでも、得意げに語るでもないけど という大きな枠は、にであってほしい。 いまのは、そこにだ。 まとのないでない。 とにかく、俺は二度とを見ないだろうし、今してる人がもしいたら、何のために、誰のために娯楽でありを受け入れるのか考えて欲しい。 、のがになるような不ながなくなることを望み。

次の

まとめサイトワールド~2ch5chまとめのまとめ~

もみあげチャーシュー

このとのは頃だったと思う。 俺がまだで、寮を追い出されてしてて 同じの年上のなが時々家に泊まってて、ほどなく別れたけど そのが置いてったのに残ってて、時々見始めたのがだった。 ってクソほど連中がいるなん思ったし、PERに混ざりたくてによく行くようになった。 には神懸かったが毎度毎度まとめられてて、その後ができる切欠ごろのでも、内にのがいて、なん比べて的叩かれてなかったがある。 その頃のっつったら、、、が俺の中でメインだった。 頃までののになるようなことは、んど得ていたし クソみたいにつんもみあがりとかの覧でを叩くのも、あのは楽った。 クソが出来てはクソのほうがく感じて、週一は見てたと思う。 何回かがへる時期を経て、俺もしばらく離れたりしてた。 くらいに、にががらっと変わる時期が来て 時々持て余したヒマを埋めるに、またたまに見るようになった。 それ以前ではへの色が強いがに限らず多く見かける感じだったけど まぁご多分にず、くらいの感じで、もそういうをまとめたりしてた。 偏ったは為にはならんけど、叩きくらいまでは的に楽しんでたと思う。 それの善し悪しは、しらんけど。 どっかか、その叩きの矛先は女叩きになってった。 その根幹はまん呼びがった5だったんだろうし、そのだけ考えればがくしただけなんだろうし 女くらいで楽しめるもあっら、気にならないケースもあった。 でもはさすがにひどすぎる。 このがのを稼いでるとしたら、損失だと考えるようになるくらい、偏ったばかりまとめるようになってって 本当に悲しいというか、むなしいが大きい。 世の中、多くのは娯楽として、をかけずに得られるようになった。 そんな中で、誰かがよく読めることに特化したが生るのは、してやむなもしれないし そういう的なは、形はどうあれ昔し続けている。 だが、かつて単純に娯楽だったそのが、誰かのにされてった、と感じるようなはしたくなかった。 でも、それすらも世の中において当然に起こるのかもしれない。 俺は、懐古的にが昔のような在り方を取り戻すべきとは思わないけど 何染まってった娯楽なら、もうとしての意義を果たすべく育つか でなければ滅びて欲しい。 どちらかと言えば、ほかの的なも含めて、を期待するが強い。 俺の歴なんて、誰に誇るでも、得意げに語るでもないけど という大きな枠は、にであってほしい。 いまのは、そこにだ。 まとのないでない。 とにかく、俺は二度とを見ないだろうし、今してる人がもしいたら、何のために、誰のために娯楽でありを受け入れるのか考えて欲しい。 、のがになるような不ながなくなることを望み。

次の