アークス キャンペーン。 (終了しました)【アークスグループ限定キャンペーン】「BOSS」をケースで買って、商品券や「RARAポイント」をゲットしよう♪ |東北エリアキャンペーン・イベント情報|サントリー

「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」のデジタルキャンペーンを支援。

アークス キャンペーン

nttpc. ntt. 1枚で何回も楽しめる、新しいデジタルカード 2017年12月9日、秩父宮ラグビー場で行われたシャイニングアークス VS キヤノンイーグルス戦のご来場の皆様に、新しいシャイニングアークスカードが配布されました。 これはシャイニングアークスのファンマーケティングの一環として実施されたものです。 カードを集める楽しさと、限定のデジタルコンテンツを視聴して楽しめる、今までにない新しいタイプのデジタルカードとして当日は配布開始時間前から多くのファンの皆様の行列が続き、即日配布終了となりました。 シャイニングアークスファンに新たな顧客体験を提供 配布されたシャイニングアークスカードをスマートフォンの画面にタッチすると、シャイニングアークスの人気選手の動画コンテンツが視聴可能となります。 アプリのインストールを必要とせず、通常ブラウザで表示させたページに配布されたカードをタッチするだけの簡単操作です。 さらに動画コンテンツは、今回専用に撮り下ろしされた人気選手たちのスペシャルインタビュー動画を多数ラインナップ。 視聴にはカードのタッチが必須となっており、SNSなどでURLをシェアしてもカードがなければ視聴できません。 自分の好きな選手のカードで、その選手のスペシャルインタビューを視聴できるという、かつてない新たな顧客体験の提供に成功しました。 スポーツチームの新たなファンマーケティング施策として これまでスポーツチームの一般的なプレイヤーカードは配布がゴールであり、そこからの発展が難しいツールでした。 しかし、今回のシャイニングアークスカードは、スマートフォンの画面にタッチして、継続的にコンテンツを楽しむことができる新たなデジタルデバイスです。 チーム・選手側からも、ファンに対して動画コンテンツを定期的に配信可能となります。 シャイニングアークスのファンと選手のコミュニケーションを劇的に変化させ、他チームとの差別化を強化し、ファンマーケティングを一層強化できるデバイスとして期待されています。 ADDIXは、今後もNTTPC、Touchcardと協業してスポーツチームのファンマーケティングの強化・改革に取り組んでいきます。 動画コンテンツの視聴には専用カードが必要です。 季節の販促や、イベント実施に活用が可能です。 【株式会社ADDIX 会社概要】 会社名:株式会社ADDIX 代表者:代表取締役 酒井大輔 所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階 事業内容:デジタルビジネス、デジタルトランスフォーメーション、デジタルマーケティング、デジタルサービス 関連会社: 株式会社 2. 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

キャンペーン|株式会社 ラルズ

アークス キャンペーン

本社所在地 〒064-0913 11丁目2-32 設立 事業内容 子会社の管理 代表者 代表取締役副会長 代表取締役 資本金 200億円 (2014年2月末日現在) 発行済株式総数 5,559万1千株 (2014年2月末日現在) 売上高 連結:4,543億91百万円 単体:44億5百万円 (2014年2月期) 純利益 連結:63億75百万円 単体:23億93百万円 (2014年2月末日現在) 純資産 連結:1,100億19百万円 単体:615億46百万円 (2014年2月末日現在) 総資産 連結:1,775億64百万円 単体:740億8百万円 (2014年2月末日現在) 従業員数 連結:4,214人 単体:85人 (2014年2月末日現在) 決算期 2月末日 会計監査人 主要株主 横山清 5. 概説 [ ] 2002年に地場スーパー2社のラルズと福原が経営統合を行い、(旧)株式会社ラルズが株式会社アークスに商号変更してとなった。 その後、ビッグハウスやスーパーアークスといった大型ショッピングセンターを展開しているほか、道内各地のスーパーを次々と傘下に納めており、2009年10月には株式会社札幌東急ストアの全株式を取得してとした(同年11月に社名をに変更)。 この合併によって、グループ連結の売上高は大台の3,000億円を突破し、道内の競合他社から頭一つ飛びぬける形となった。 2011年6月にはに本拠を置く株式会社を経営統合すると発表し、同年10月をもってユニバースはアークスの完全子会社となった。 これによって、初の道外進出を果たしたアークスは売上高にして4,000億円を突破し、国内の食品スーパーでは2位(1位は)、総合スーパーでも7位の企業規模となった。 また、2011年9月には内に店舗を展開しているを子会社化するなど、道内の中小スーパー(50 - 100億円規模)を次々にグループ傘下に収め、さらなる規模拡大が図られた。 2012年9月1日には株式会社(本社:)をにより完全子会社としたほか、2014年9月1日には同様に盛岡市に本社を置くを傘下に置くベルグループをし、完全子会社とした 、さらに2016年3月1日にはジョイスがベルプラスをし、商号をに変更した。 また、併せて同日には道東ラルズが篠原商店を吸収合併し、として新たに発足している。 このほか、2016年2月5日には完全子会社であるがを運営する丸しめ志賀商店(本社:)と同社関連会社を買収し、シガの店舗だけでなく従業員や取引先も引き継ぐ方針を打ち出している。 旧法人名や屋号には「大丸」が含まれているが、「大丸」を冠するほかの小売事業者とは無関係である。 傘下のスーパーマーケットを展開する各企業はに加盟しているが、アークス自体は加盟していない。 沿革 [ ]• 10月 株式会社ダイマルスーパー設立。 11月 商号を 大丸産業株式会社に変更。 8月 商号を 大丸スーパー株式会社に変更。 6月 を導入し、ストアネームを大丸スーパーからフレッティ大丸に変更。 7月 大丸建装株式会社(現在の株式会社エルディ)に資本参加し、子会社化。 2月 有限会社イワイ(現在の株式会社イワイ)に資本参加し、酒類販売事業の子会社化。 3月 道内主要都市で衣料品量販店「金市舘」を運営していた丸友産業株式会社と合併。 商号を 株式会社ラルズに変更。 11月 株式会社イチワ(北海道、後の株式会社)に資本参加し子会社化。 11月 株式会社三島の関連会社である有限会社サンフーズ(北海道、後の株式会社で、株式会社の前身企業)に資本参加し子会社化。 9月 株式会社ラルズ、株式会社ユニークショップつしまとの共同出資により、株式会社北海道流通企画を設立。 5月 株式会社(北海道)に20%資本参加し、関連会社とする。 11月1日 商号を 株式会社アークスに変更し、同時に、により事業を新設の(新)株式会社ラルズに移管して、純粋持株会社へ移行。 また、により株式会社福原を完全子会社として、経営統合。 2月 株式会社ユニークショップつしま(北海道、現在の株式会社)を子会社化。 3月 に上場。 10月株式会社ふじ(北海道旭川市、現在の株式会社道北アークス)と株式交換を行い、子会社化。 2月 東証一部に上場。 3月 株式会社いちまると資本・業務提携を解消。 2月 株式会社エルディと株式会社カインズ(本社:)との業務提携。 10月 本社事務所を札幌市豊平区平岸1条1丁目9-6から、札幌市中央区南13条西11丁目2-32に移転。 10月 株式会社札幌東急ストア(現在の株式会社)の全株式を取得し完全子会社化。 11月 株式会社札幌東急ストアの商号を株式会社東光ストアに変更。 2月3日 に上場。 6月29日 同社は株式会社ユニバースを経営統合すると発表。 9月7日 アークス及びユニバースの2社が、同日にそれぞれ開かれた臨時において、経営統合に対する議案を承認。 同年10月21日付けでアークスはユニバースを同社の事業子会社化することが正式に決定。 10月21日 株式会社ユニバースを完全子会社化。 11月9日 株式会社を完全子会社化。 4月16日 2012年に岩手県盛岡市のを子会社化すると発表した。 5月1日 2012年株式会社ふじを存続会社として株式会社道北ラルズを吸収合併し、株式会社に商号変更をすることを発表した。 7月1日 当初の予定を前倒し、株式会社ふじを存続会社として株式会社道北ラルズを吸収合併し、株式会社道北アークスに商号変更。 9月1日 株式会社ジョイスを完全子会社化。 5月14日 同年に岩手県盛岡市の株式会社を子会社化すると発表した。 9月1日 株式会社ベルプラスを完全子会社化。 2月5日 ラルズがを運営する丸しめ志賀商店を買収。 3月1日 ジョイスがベルプラスを吸収合併。 商号をに変更。 道東ラルズが篠原商店を吸収合併。 と商号変更。 6月 - ドラッグストア業界2位である()と合弁会社であるサンドラッグエースを設立。 12月25日 株式会社、株式会社と資本業務提携を締結。 9月1日 - 宮城県仙南地方を中心に食品スーパーを9店舗展開している伊藤チェーンを株式交換により子会社化。 グループ企業 [ ] スーパーアークス月寒東店(2011年12月)• 株式会社() - 札幌市を中心とした道央圏で展開。 食品スーパー(スーパーアークスなど)、衣料品・生活用品店(ラルズプラザ)、ショッピングセンター(パストラル)を有する。 2002年に旧ラルズ(商号変更後にアークスとなった)から小売事業等を譲渡されたもので、法人としては2代目。 株式会社(北海道札幌市) - 元はの株式会社札幌東急ストアで、2009年にアークスの子会社となり株式会社東光ストアへ商号変更。 株式会社(北海道) - 北見市を中心とした道東圏で展開。 グループ内の事業調整で一部福原と店舗を入れ替えている。 2016年に株式会社篠原商店を吸収合併した株式会社道東ラルズから商号変更。 株式会社(北海道) - ・を中心に食品スーパーを展開。 グループ内の事業調整で一部道東アークスと店舗を入れ替えている。 このほか、旅行代理店、温泉施設運営を行っている。 しかりべつ湖ホテル福原()• 株式会社(北海道) - 2012年に株式会社道北ラルズを吸収合併した株式会社ふじから商号変更。 株式会社(北海道) - 函館市を中心とした道南圏で展開。 株式会社() - で展開。 株式会社() - 東北で展開。 2016年に株式会社ベルプラスを吸収合併した株式会社ジョイスから商号変更。 株式会社伊藤チェーン() - 宮城県で展開。 2019年に株式交換により完全子会社化。 - ビルメンテナンス、保険代理業務、事業(を運営)、事業()を展開する。 また2018年9月に福原から旅行事業の移管を受け「アークストラベル」の名称で旅行業を運営。 株式会社サンドラッグエース(北海道札幌市) - とアークスの合弁会社で、事業を展開。 持株比率はサンドラッグ6:アークス4。 2016年にエルディとドラッグ・ユー(ユニバースの完全子会社)からドラッグストア事業を継承している。 株式会社イワイ - 北海道のアークスグループ店舗の酒販部門を担当する事業子会社。 かつてのグループ企業• 株式会社(北海道室蘭市) - 2008年に株式会社ラルズへ吸収合併される。 株式会社(北海道旭川市) - 2012年に株式会社ふじへ吸収合併される。 株式会社道北アークスの前身。 株式会社(北海道網走市) - 2016年に株式会社道東ラルズへ吸収合併される。 株式会社道東アークスの前身。 株式会社(岩手県盛岡市) - 2016年に株式会社ジョイスへ吸収合併される。 株式会社ベルジョイスの前身。 アークスRARAカード [ ] 詳細は「」を参照 ラインナップ• RARAカード 現金カード。 RARAプリカ 汎用型リロードタイプの。 1,000円単位で1回につき最大29,000円チャージして最大50,000円まで蓄積して利用。 提携先は。 RARAクレジット。 提携先は系クレジット会社各社(北海道地区ではなど6社、東北地区では 青森 と 岩手 が対象。 なおベルジョイスの各ブランドが出店し、宮城県をエリアとしている発行のカードは対象外 )。 RARA JCBカード を搭載した。 提携先は。 クレジット利用でポイント率も上がる。 提携先は・。 脚注 [ ] []• :2011年6月29日(2011年6月30日閲覧)• 株式会社アークス 株式会社ベルグループ 2014年3月28日. 2014年4月2日閲覧。 日本経済新聞. 2014年3月28日. 2014年4月2日閲覧。 株式会社アークス 2015年11月17日. 2015年11月19日閲覧。 リアルエコノミー. 2015年11月18日. 2015年11月19日閲覧。 リアルエコノミー. 2016年1月7日. 2016年2月10日閲覧。 日本経済新聞. 2016年1月7日. 2016年2月10日閲覧。 プレスリリース , 株式会社アークス, 2016年2月2日 , 2016年2月10日閲覧。 :2011年9月7日(2011年9月8日閲覧)• : 2012年5月1日(2012年5月4日閲覧)• 日本経済新聞. 2016年4月13日. 2016年4月30日閲覧。 リアルエコノミー. 2016年4月13日. 2016年4月30日閲覧。 株式会社アークス・株式会社バローホールディングス・株式会社リテールパートナーズ 2018年12月25日. 2018年12月26日閲覧。 日本経済新聞社. 2018年12月25日. 2018年12月26日閲覧。 リアルエコノミー. 2019年5月17日. 2019年5月19日閲覧。 :1ページより(ベルジョイス 2017年1月20日) 関連項目 [ ]• - ホームセンターの「カインズ」のフランチャイズ。 - DPEの「パレットプラザ」のフランチャイズ。 外部リンク [ ]•

次の

「アークナイツ」,キャリア決済キャンペーンが実施中

アークス キャンペーン

1枚で何回も楽しめる、新しいデジタルカード 2017年12月9日、秩父宮ラグビー場で行われたシャイニングアークス VS キヤノンイーグルス戦のご来場の皆様に、新しいシャイニングアークスカードが配布されました。 これはシャイニングアークスのファンマーケティングの一環として実施されたものです。 カードを集める楽しさと、限定のデジタルコンテンツを視聴して楽しめる、今までにない新しいタイプのデジタルカードとして当日は配布開始時間前から多くのファンの皆様の行列が続き、即日配布終了となりました。 シャイニングアークスファンに新たな顧客体験を提供 配布されたシャイニングアークスカードをスマートフォンの画面にタッチすると、シャイニングアークスの人気選手の動画コンテンツが視聴可能となります。 アプリのインストールを必要とせず、通常ブラウザで表示させたページに配布されたカードをタッチするだけの簡単操作です。 さらに動画コンテンツは、今回専用に撮り下ろしされた人気選手たちのスペシャルインタビュー動画を多数ラインナップ。 視聴にはカードのタッチが必須となっており、SNSなどでURLをシェアしてもカードがなければ視聴できません。 自分の好きな選手のカードで、その選手のスペシャルインタビューを視聴できるという、かつてない新たな顧客体験の提供に成功しました。 スポーツチームの新たなファンマーケティング施策として これまでスポーツチームの一般的なプレイヤーカードは配布がゴールであり、そこからの発展が難しいツールでした。 しかし、今回のシャイニングアークスカードは、スマートフォンの画面にタッチして、継続的にコンテンツを楽しむことができる新たなデジタルデバイスです。 チーム・選手側からも、ファンに対して動画コンテンツを定期的に配信可能となります。 シャイニングアークスのファンと選手のコミュニケーションを劇的に変化させ、他チームとの差別化を強化し、ファンマーケティングを一層強化できるデバイスとして期待されています。 ADDIXは、今後もNTTPC、Touchcardと協業してスポーツチームのファンマーケティングの強化・改革に取り組んでいきます。 動画コンテンツの視聴には専用カードが必要です。 季節の販促や、イベント実施に活用が可能です。 【株式会社ADDIX 会社概要】 会社名:株式会社ADDIX 代表者:代表取締役 酒井大輔 所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階 事業内容:デジタルビジネス、デジタルトランスフォーメーション、デジタルマーケティング、デジタルサービス 関連会社: 株式会社 2. (ツードット) 株式会社 SUGOI(スゴイ).

次の