アクセル ワールド 24。 小説 アクセル・ワールド 第01

アクセル・ワールド24

アクセル ワールド 24

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

アクセルワールド イラスト

アクセル ワールド 24

デブな中学生・ハルユキもその一人だった。 彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。 季節は秋。 そんな彼のもとに、「お兄ちゃん」と呼ぶ見ず知らずの小学生・トモコが現れる。 季節は春。 二年生となったハルユキたちの前に、奇妙な新入生が現れる。 その躍進を担っていた銀翼が、もげようとしていた。 謎の組織《加速研究会》とのバトル中、ハルユキは突如復活した《災禍の鎧(クロム・ディザスター)》の浸食を受ける。 彼は未だ、その呪縛からは逃れられなかった。 事態を重く見た《純色の七王》は、《加速世界》の最高意志決定機関である《七王会議》を開く。 しかし、破格の力を得たタクムの前に、為す術もなく倒れる。 体力ゲージが残り数ドットとなったハルユキだが、謎の山吹色のアバターの誘(いざな)いを起点に、《加速世界》最強の強化外装をジェネレートする。 新入生のバーストリンカー・能美征二による策略によって、かつてない危機に陥ってしまったハルユキ。 ハルユキからチケットを受け取った女の子たちと、それを知った黒雪姫の視線によって、盛大な火花が散らされている中。 文化祭は、みんなの頑張りをかたちにし、賑やかに進んでいた。 ニコを守ると約束したハルユキは、戒めを解かれた大天使メタトロンの加護を受け、ブラック・バイスを追跡する。 そんな重大な局面で待っていたのは、高級ホテルのプールで水着姿になる黒雪姫で!? しかし会談が開始される直前、思いがけない人物が乱入してくる。 そのアバターは、黒雪姫と同じく、真っ黒な姿で、二本の剣を携えていた。 絶対不可侵であるはずのそこには、何故か陽気に二人を迎える黒の剣士、グラファイト・エッジの姿が!? 加速世界にあまたの悲劇と混乱をもたらしてきた謎の組織《加速研究会》。 その表の顔は、六大レギオンの一角として港区エリアを支配する白のレギオン《オシラトリ・ユニヴァース》だった。 しかしそこで待ち構えていたのは、加速世界から退場したはずのバーストリンカー、オーキッド・オラクルによる心意攻撃《領土戦の無制限フィールド化》だった。 無制限フィールドにおける戦いは熾烈を極めた。 白のレギオンと《加速研究会》の繋がりを突き止めるべく、全勢力を以てして挑んだ黒のレギオンだったが、結果としては、手がかりを得ることが出来ずハルユキらの敗北に終わる。 しかし、一枚のリプレイカードが土壇場で起死回生のプランを生み出す。 しかしその代償は大きかった。 黒雪姫と四人の王は、白の王ホワイト・コスモスの仕掛けた罠により、無限エネミー・キル状態に陥ってしまう。 属性攻撃無効。 接近不可能な超難敵《太陽神インティ》を討つべく、六大レギオンの総力が結集する。 それは、インティが放つ《炎熱ダメージ》無効の強化を施された《ルシード・ブレード》、そしてその所有者たるシルバー・クロウだった。 この無謀極まる作戦成功のために、ハルユキは謎多き《オメガ流合切剣》の習得を決意する。 「今後は儂を《師範》と呼べ」 だがオメガ流の使い手セントレア・セントリーの正体は、三代目クロム・ディザスター。 かつて青の王に討たれ、加速世界から永久退場したはずの存在で!?

次の

アクセル・ワールド24 —青華の剣仙—(最新刊)

アクセル ワールド 24

時代的には親と子供くらいの1世代分の差で繋がっている。 SAOの少し未来がアクセルワールド。 SAOのSTL技術がアクセルワールドのニューロリンカー、ひいては 加速世界の土台技術になっている。 ニューロリンカーを開発したレクトとカムラは、それぞれ アスナと黒雪姫の実家という共通点がある。 心意の概念が両作品で登場する。 さらに 黒雪姫の心意技はキリトがよく愛用するソードスキルと繋がっている。 フラクトライトという単語が両作品で登場する• 黒雪姫の魂はもしかしたら キリトとアスナの子供の魂かもしれない それぞれ詳しく解説していきます。 両作品の時系列を整理(アクセル・ワールドはSAOの未来世界) まずは、SAO~アクセルワールドに連なる一連の歴史を以下の年表に整理してみました。 時系列 イベント 作品 2022年~ 2024年11月 アインクラッド編。 フルダイブ型VRマシン「ナーヴギア」発売。 SAO 2025年1月 フェアリィ・ダンス編。 次世代フルダイブ型VRマシン「アミュスフィア」発売。 SAO 2025年12月 ファントム・バレット編。 SAO 2026年1月 マザーズロザリオ編。 SAO 2026年4月 オーディナルスケール編。 ARマシン「オーグマー」発売。 SAO 2026年6月 アリシゼーション編。 『ソウルトランスレーション STL 』技術が生まれる。 SAO 2026年7月 ユナイタルリング編。 アスナと神邑樒が出会う。 SAO 2030年 人工子宮が実用化・マシンチャイルドという概念が生まれる AW 2031年 量子接続通信端末「ニューロリンカー」第一世代機をレクトとカムラが発売。 AW 2032年 黒雪姫誕生。 AW 2033年 有田ハルユキ誕生。 AW 2046年 アクセルワールド本編開始。 AW まずはこの歴史上のSAOとAWの年代感を理解すると、つながりを把握しやすいですね。 そもそもこの両作品、そんなに離れてないんですよね。 アクセルワールドの時代 2046年 では、キリトやアスナは大体38歳くらいですね。 黒雪姫やハルユキの親くらいの年齢と捉えるとわかりやすいと思います。 「黒雪姫の魂はアスナとキリトの子供ではないか?」という説もあるくらいで、これは別項にて別途詳しく考察しています。 それとこの一連の流れで注目すべき点は、「技術の進歩」がきちんと繋がっているんですよね。 ナーヴギア(VR)• アミュスフィア(VR)• オーグマー(AR)• ソウルトランスレーション(魂接続)• ニューロリンカー(VR・AR・魂接続) 特に劇場版のオーディナルスケールで、AR技術登場を違和感なく組み込んだのは見事ですね。 アクセル・ワールドでは当然の如く存在しているVR・AR技術の双方を、WEB版ではVRしか登場していなかったSAOと無理なくつなぎ合わせてしまいました。 SAO時代に登場した技術の集大成が、アクセル・ワールドの「ニューロリンカー」だったんですね。 巨大企業レクトとカムラの共通点の考察 ニューロリンカーの第一世代機は巨大企業『レクト』と『カムラ』によって2031年に発売されたことがアクセルワールド内で明らかになっています。 また、ニューロリンカーは初期段階では「ソウルトランスレーションテクノロジー」と呼ばれており、 ニューロリンカーはSAOアリシゼーション編に登場したSTL技術が元になっているということですね。 さらに巨大企業『レクト』とは、 アスナの父親が経営していると言われるあのSAOのレクトでしょう。 そして『カムラ』の方は、黒雪姫の肉体上の母親の実家が経営者一家であり、姓が神邑ということが判明しています。 つまりアクセルワールドの ニューロリンカーを作った『レクト』と『カムラ』は、両作品のヒロインの実家の経営会社であるという共通点があります。 心意と必殺技の共通点 SAOとアクセル・ワールドの共通点として、どちらにも心意システムが登場しています。 SAOではアリシゼーション編のアンダーワールドにおいてだけ、強いイマジネーションによって戦闘での威力が上乗せされるなど事象のオーバーライドが起こりました。 そしてこれを心意と呼び、心意をマスターしたキリトは、自分の服をアインクラッド時代の黒衣に変化させたり、生身で空を飛んだりします。 これと同じ心意がアクセル・ワールドの加速世界でも登場します。 加速世界においては別名インカーネイトシステムとも呼ばれ、限られたリンカーしかその存在を知らない裏技的存在です。 「強いイメージ力によって事象をオーバーライドする」という概念は全く同じで、アクセルワールドでは強力な必殺技を始め、フィールドの変遷を引き起こしたり多岐に渡る活用方法が編み出されています。 ここで興味深いのが ヒロイン・黒雪姫の使う心意技の名称がキリトがアインクラッド時代に愛用したソードスキルと同じ名前ということです。 代表的なのが• ヴォーパルストライク(片手剣重単発技)• スターバーストストリーム(2刀流16連撃技) あたりですね。 黒雪姫の心意技はグラフから伝授されたものなのでここが直接つながるわけではないのですが、これを見るとグラフもまたSAOに関係のある人物の可能性が出てきます。 加速世界はアンダーワールド SAO が元になっている アクセルワールドに登場する「加速世界」はSAOの「アンダーワールド」が元になっていると考えられます。 ニューロリンカーはソウルトランスレーション技術が元となっていること• 現実世界と比べて内部時間が1000倍に加速可能という共通点• どちらの世界にも「心意」が存在している これらの事実から、「加速世界」とは「アンダーワールド」をより進化させた世界なのかなと。 加速世界で登場する心意システムが、SAOではアンダーワールドでしか使えないのは、 加速世界の元になっているのがアンダーワールドだからなんでしょう。 フラクトライトという単語が登場する SAOのアリシゼーション編で登場するフラクトライトという単語。 これは「揺れ動く光」という意味の、 フラクチュエーティング・ライト(Fluctuating Light)の略称なんですね。 人間の脳神経細胞内のマイクロチューブル内に存在する光量子であり、作中ではフラクトライトが人間の魂の本質とされています。 これがアクセル・ワールドでは7つの神器のうち、最後の神器の名前『 ザ・フラクチュエーティング・ライト(THE Fluctuating Light)』として登場しています。 帝城地下深くに存在することだけは確認できていますが、その正体は全くの謎。 手に入れるには四神の門と八神の社を突破する必要がありますが、 この封印を解くことが加速世界の根源に至ることにつながると言われています。 SAOから考察すると『フラクチュエーティングライト=魂』ですから、アクセルワールド最大の謎・7番目の神器も魂の本質に迫るものなんでしょうね。 個人的には加速世界のNPC(メタトロンとか)は人工知能とは思えない感情を有していますし、 NPC達の本質はアンダーワールド人のようなフラクトライトなのかもしれないなと考えてます。 しかも加速世界の技術的な元になったのはアンダーワールドですし。 黒雪姫はアスナとキリトの子供? 最後に『黒雪姫の魂はアスナとキリトの子供』説について、これはけっこう信憑性が高いかもしれないと思っています。 まず黒雪姫は人工子宮によって産み出され、赤ん坊のうちに魂の上書きコピーの実験によって生まれた子供です。 そのため黒雪姫の肉体上の母親は<神邑>一家であることは判明しているんですが、 魂の両親が未だ不明です。 そして『その魂の両親とはキリトとアスナかもしれない』という伏線が次々に判明しています。 年齢的にも違和感がないことが分かった。 (黒雪姫誕生年にアスナは25歳、キリトは24歳であることが判明)• 黒雪姫の母親の実家<カムラ>とアスナの実家<レクト>は共同してニューロリンカーを発売したという繋がりが判明• その後カムラ側がソウルトランスレーション技術を応用した魂の上書きを実の娘で実験• 黒雪姫はキリトと同じ技を使っている• SAO21巻にて神邑樒と名乗る同級生の女の子がアスナに接触した なんだか物語が進むにつれて無関係だと思う方が不自然なくらいになってきたなあと・・・(笑) 黒雪姫の出自はSAOとアクセルワールドの繋がりを語る上で欠かせない事実と言えそうです。 まとめ 現時点で判明しているSAOとアクセルワールドの繋がりをまとめて整理してみました。 要点をまとめると• 時代的には親と子供くらいの1世代分の差で繋がっている。 SAOの少し未来がアクセルワールド• SAOのSTL技術がアクセルワールドのニューロリンカー・・・ひいては加速世界の土台技術になっている• ニューロリンカーを開発したレクトとカムラは、それぞれアスナと黒雪姫の実家という共通点がある• 心意の概念が両作品で登場する。 フラクトライトという単語が両作品で登場する• 黒雪姫の魂はもしかしたらキリトとアスナの子供の魂かもしれない ということでした。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の