50 代 ショート ヘア。 50代からの髪型、ショートはココがポイント!【丸顔さんへ】

60代70代80代 ショート&ベリーショート髪型カタログ☆薄毛/面長丸顔/手入れが楽なパーマ/くせ毛/おしゃれ女性芸能人/白髪に似合う/シニアも若く見えるヘアスタイル

50 代 ショート ヘア

40代50代の方に似合うショート&ベリーショートをご紹介するヘアカタログです。 面長・丸顔さんに似合う髪型• お手入れが楽なパーマヘア• 薄毛が目立たない髪型• くせ毛の人におすすめの髪型• グレイヘアでもおしゃれで若く見える髪型• 芸能人のヘアスタイル など、いろいろな角度からチェックできるようにヘアカタログを作りました。 ヘアスタイルを考える時に困ることありませんか?• 「どんな髪型にしたらいいんだろう?」• 「わたしに似合うかな?」• 「どんなポイントを押さえればいいの?」 迷った時は、いろいろチェックしてみることです。 アイデアを得るためにこのヘアカタログをご活用ください。 若い人のヘアスタイルも載せていますが、40代50代の方でも同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 若いヘアモデルだからといって40代50代の方ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、最後の方に• 日々のヘアケア• 気をつけておきたいこと• おすすめアイテム なども合わせてご紹介しています。 ぜひ、ご活用くださいね。 かわいい雰囲気のヘアスタイルですが、アシンメトリーの前髪があるので、クールな印象にも仕上がっています。 絶妙なバランスですね。 丸いシルエットが面長さんにピッタリなヘアスタイルです。 アゴラインの長めグラデーションボブ。 面長さんにも丸顔さんにも似合う髪型です。 ひし形シルエットでバランスが良い長さなのと、ななめ前髪で隙間を作っているので、どのタイプにも合わせやすいヘアスタイルです。 後頭部のボリュームを作りながらふんわりとなるように、ブローすることがポイントです。 耳にかけてスッキリさせる部分を作っている所もいいですね。 ゆるふわパーマで動きを出して、ななめ前髪で顔の面積も調整しているヘアスタイルは、面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 顔の面積を調整することには目がいきやすいですが、ヘアスタイルのシルエットもとても大切です。 一様にいえることは、バランスの取れたヘアスタイルは、どのタイプの顔型にも合わせられるということです。 内側も外側もひし形シルエットを目指しましょう。 ボブにパーマのヘアスタイルですね。 丸いシルエットのボブだと丸顔さんには、丸を強調してしまいますが、毛先をちらして動きをつけると面長さんだけでなく、丸顔さんも大丈夫ですよ。 こめかみあたりにボリュームのいちを作っているショートカットです。 ボリュームの位置が絶妙で、両方の顔型に合わせられるヘアスタイルに仕上がってます。 上と同じようなショートカットですが、耳にかけるとマッシュっぽく見えますね。 ヘアモデルさんは丸顔タイプですが、問題なく似合ってますね。 上のヘアモデルさんは面長タイプですが、これまた似合ってますね。 バランスの取れたヘアスタイルは万能です。 面長さん・丸顔さん両方におすすめしたい、前髪なしのボブ。 丸いシルエットのボブでも、前髪なくして顔の形を縦長にしてしまえば、丸顔さんでも大丈夫ですよ。 面長さんは、髪の外側の丸いシルエットがカバーしてくれますよ。 くせ毛や天然パーマの人に似合う髪型 くせ毛や天然パーマの人に鉄板なヘアスタイルなのが、ベリーショート。 短い前髪はカールがあったりうねりやすい人でも、ちょうど収まりよくなりやすい長さです。 また前髪を短くすることで丸みを帯びたフォルムになるので、女性らしいキュートなイメージと、若く見える所がおすすめです。 くせ毛の人や天パの人のメリットとして、こういった髪型はパーマなしで、ワックスだけで仕上げることができますね。 女優の蒼井優さん。 超ベリーショートのレイヤースタイルです。 くせ毛の人はこういったラフな仕上がりにしてしまうと、お手入れがとても楽です。 こういったヘアスタイルのポイントはワックスで動きをつけて仕上げることです。 なにもしないと丸坊主が伸びたように見えるので、そこだけは意識するようにしましょう。 個性的なツーブロックショートです。 くせ毛や天パの人は、サイドや後ろを刈り上げてしまうと、膨らみを抑えてスッキリと見せることができます。 ツーブロックですが全体的にはショートな仕上がりで、くせ毛であちこちに髪がカールしてもパーマをかけたように見せやすいヘアスタイルですよ。 前髪短いベリーショートのレイヤースタイルです。 クセが強い人や天然パーマの人は、思い切ってカールを活かした方がセットが楽になります。 また梅雨の時期や夏日で湿気が多い日でも、カーリーに仕上げていれば、ヘアスタイルが崩れることがありませんね。 こちらはショートカットで動きを出したヘアスタイルです。 ワックスで毛束感を出すようにして、所々毛先をつまみながら外ハネを入れると、くせ毛を活かしたスタイリングができます。 若く見られたい場合は、気持ち前髪を短めにするといいですよ。 同じショートカットでも、逆に大人女性の雰囲気にしたい場合は、長めの前髪にするといいですよ。 くせ毛を上手にワックスでスタイリングした例。 動きが出ていて、まとまりも感じますよね。 前髪を上げているのでスッキリした印象です。 またメガネがインパクトあり、カジュアルな感じを作ってくれていますね。 ベリーショートにワックスで毛束感を出したヘアスタイルです。 前髪もカールしてしまう天然パーマの人は、全体的に動きを出すようにしておくとバランスが取りやすいですね。 ムースだけでなくワックスもボリュームを抑えたりもできるので、くせ毛で広がりやすい人も、まとめるために使うのもいいですよ。 こちらはくせ毛の動きを強調したショートボブ。 天然パーマの人にピッタリです。 ワックスを揉み込みながら毛先を中心につけて、最後にカールのバランスを整えながらカールを作ります。 耳付近は外ハネカールを入れるとワンポイントあっていいですね。 外ハネカールは内巻きにするよりも、顔が引き締まって見えるスタイリングです。 くせ毛で広がりやすいと悩んでいる人はぜひ。 天然パーマの人がボブする際には、あえて内巻きにせず、カールを作り、外ハネ・内巻きどっちになってもいいので、動きを作るヘアスタイルにすると楽でいいですよ。 40代50代向け おしゃれ&お手入れが楽なパーマ 40代50代大人女性にはぴったりな、色気を感じるふんわりパーマのショートカット。 パーマをかけて、セットする時にワックスなどで、エアリーなカールを出すように仕上げます。 カールがキレイに出ているのでボサボサには見えないですね。 マッシュっぽいショートボブにくせ毛風のパーマをかけて、うねりと外ハネを取り入れているヘアスタイルです。 ボブは重くなりがちですが、パーマをMIXすることで動きが出て、働き盛りの40代50代女性にはぴったりではないでしょうか。 メガネがあるとアクセントになりますね。 ショートカットに動きが出るように強めのパーマをあてています。 ざっくり乾かした後、ワックスで揉み込むようにしてカールを戻す感じに仕上げます。 40代50代の人はもう少し落ち着いた色がおすすめです。 頭頂部にレイヤーを入れたグラデーションボブです。 パーマは乾かすとふんわりするぐらいのボディパーマです。 えり足はすっと沿うようにレイヤーが入れてあるので、トップのボリュームが強調されます。 後頭部の丸みが出てくるので、絶壁が気になる人はぜひ。 大き目のパーマで動きを付けたショートカットです。 長めの前髪と大きなうねりで、大人女性にピッタリのヘアスタイルです。 モデルさんは髪多めだとは思いますが、ウェーブが出ているので、そこまで多く感じにくいですね。 耳が見えるのも軽く感じるポイントです。 ショートカットにゆるふわパーマをかけたヘアスタイル。 程よい長さとナナメ前髪で小顔効果もあるので、面長さん丸顔さんどちらにもおすすめですよ。 こちらはボブにゆるふわパーマのヘアスタイル。 前髪を作らず、パーマもあり、七三分けにしているので、丸顔さんでも似合う髪型ですよ。 ショートにゆるふわパーマです。 40代50代の大人女性の方にピッタリなヘアスタイルですね。 ショートカットでパーマがあるのでトップのボリュームも出しやすく、シルエットも調整しやすいので、丸顔さん・面長さんどちらでも似合う髪型です。 片耳に髪をかけているのでパーマがあってもスッキリとした印象です。 前髪に隙間を作ることもポイントですよ。 薄毛が目立たないおしゃれな髪型 薄毛の方にはレイヤーショートは鉄板です。 ワックスで頭頂部のボリュームを作りながら、ハネさしたりしながら全体的なバランスを整えます。 こちらはもう少し長めのショートカット。 ゆるめのパーマをかけてふんわりしやすいようにしておきます。 ワックスを軽くつけてクシュクシュっと揉み込むようにセットしたらOKですね。 頭頂部の薄毛が目立ちやすい人は、トップにもう少しレイヤーを入れるようにするといいですよ。 上と似たようなショートカットですが、こちらはややマッシュっぽい印象があります。 ゆるめのパーマをかけたり、ワックスでふんわり仕上げることは同じですが、髪が長くなってくると頭頂部が目立ちやすいので、薄毛があまり進んでいない人向けヘアスタイルです。 縁の濃いメガネをかけると、一気にカジュアル感が増しますね。 こちらはトップのレイヤーを増やしたショートカット。 パーマをかけて、外ハネ作りながらセットします。 外ハネを多めにセットするとイメージを変えることができます。 甘めの印象が好きでない人にぴったりです。 こういったクールでボーイッシュな感じがある髪型は、白髪交じりでも、白髪多めのグレイヘアでも似合いますよ。 こちらはショートカットにレイヤーを増やして、頭頂部の動きを出しやすくしたヘアスタイル。 目に髪がかかる長さの場合は、隙間を作って軽く見せることがポイントです。 重くて厚い前髪は、若作りに見えてしまいます。 滝川クリステルさんのショートレイヤーボブ。 ボブがベースですが、全体的にレイヤーをたっぷり入れてあります。 薄毛の人もこれぐらいレイヤーを入れておくと、ボリュームも作りやすいし、他の部分とも馴染ませやすくていいですね。 パーマをかけてふんわり仕上げることが、目立たないポイントですよ。 ショートカットで動きを出したヘアスタイル。 パーマなしでワックスのみでもセットできます。 薄毛の人は前髪にも隙間を作ることがコツです。 重くて分厚い前髪は頭頂を目立たさせていまいますからね。 メガネをかけて視線の位置をずらすのも、いいアイデアですね。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 サイドをタイトにしながら、トップは逆に毛先を散らして動きを作ります。 グレイヘアの場合は、こういったエッジが効いたヘアスタイルが見栄えがするのでおすすめですよ。 ショートカットに短いアシンメトリーの前髪を作ったヘアスタイル。 白髪があると印象がぼやけてきやすいので、短い前髪で印象を引き締めます。 短い前髪は見た目も若く見えるので、グレイヘアにもピッタリですね。 こちらは上とは逆の、長い前髪のショートカットです。 サイドから大きな流れを作りクールな感じに仕上げます。 前髪に白髪が固まっている人とか、ポイントカラーに見えるのでいいですね。 ここでも前髪はあまり重くなりすぎないように気をつけましょう。 前髪を全部下ろしたショートカット。 おでこが見えるように隙間を作ります。 トップにはレイヤーを入れて、ワックスでふんわり仕上げます。 グレイヘアはクールな感じ以外だと、動きを出すようにした方がベターです。 前髪なしのショートグラデーションボブ。 毛先にはパーマをかけています。 クールでエッジが効いたヘアスタイルですので、グレイヘアにもピッタリです。 片方は耳にかけて、スッキリと見せるのがいいですよ。 シャープなイメージのショートレイヤーボブ。 顔が引き締まって見えるのでグレイヘアでも見栄え良く仕上がるヘアスタイルです。 ショートカットで動きをラフに出したヘアスタイル。 グレイヘアで髪が長くてラフな仕上がりだとボサボサに見えますが、ショートだといい感じに仕上がりますよ。 おしゃれな女性芸能人・女優さんのヘアスタイルもチェック 辺見えみりさんのショートカット。 ゆるめのパーマで動きを付けたヘアスタイルです。 ナナメ前髪と毛先のカールでバランスがいいショートカットですね。 オールマイティーに万人におすすめできる髪型です。 松嶋菜々子さんのレイヤーボブ。 レイヤーを多めに入れた軽いボブに、シャープになりすぎないようにパーマで動きをプラス。 こういった動きのあるボブもいいですね。 内田有紀さんのショートカット。 黒髪ショートが多いイメージですが、こういった茶髪のショートも似合っていますね。 最近では明るい白髪染めでも、これぐらいの色をキレイに出せますよ。 渡辺満里奈さんのタイトにまとめたショートカット。 落ち着いた感じで大人女性にはピッタリですね。 短い前髪がアクセントになっています。 地毛より少し明るいぐらいの色も、上品な仕上がりです。 竹内結子さん。 ショートボブにパーマで動きをプラス。 竹内結子さんは前髪なしのシャープなヘアスタイルをよくされているという印象です。 パーマがあることで華やかさがありますね。 同じく竹内結子さん。 外ハネショートカットを耳にかけてタイトにしています。 えり足に外ハネがあるので、動きを感じられていいですね。 キャリアウーマンタイプの人にピッタリのヘアスタイルです。 米倉涼子さんのボブ。 毛先にゆるいカールを作り、柔らかい印象のボブです。 石田ゆり子さんのショートレイヤーボブ。 外ハネと短い前髪で、活発さと若々しさがある印象です。 真木よう子さんの外ハネショートカット。 フェミニンさとクールな感じが合わさった仕上がりです。 かわいい雰囲気の人も、クールなイメージの人も両方いけそうですね。 吉瀬美智子さんのショートカット。 芸能人の方は外ハネをする人も多いですね。 明るくてアクティブ、若く見えるからでしょうか。 ななめ前髪に外ハネは相性がいいのでおすすめです。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 以上、今回は「40代50代のおすすめショート&ベリーショート」についてご紹介しました。 あまりたくさん載せると見づらいので代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

40代50代60代髪型ミセスにおすすめ!前下がりショートボブ

50 代 ショート ヘア

ショートのヘアカタログ。 大人こなれショート&ショートボブから丸顔さんにおすすめの小顔効果抜群ショート、40・50代にハマるショート、パーマスタイル、ベリーショートのヘアアレンジなどたっぷりとご紹介します。 ・サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。 ・上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。 ・前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。 ・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。 ・ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色。 ・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。 ・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。 ・さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ・ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出する。 ・動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぐ。 ・前髪は、眉下くらいでカット。 ・8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 ・トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ・ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイル。 ・ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 ・カラーは、9レベルのシアーベージュ。 ・グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラー。 ・耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイント。 ・襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てる。 ・前髪は目にかからない長さでカット。 ・フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカット。 ・全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残す。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。 ・トップと正面にレイヤーを入れ、丸さとふんわりした立体感を出しやすく。 ・襟足は長めに残さずすっきりさせ、丸いシルエットを強調。 ・また襟足はくびれさせるとクールに見えがちなので、丸みを出すグラデーションカットに。 ・前髪はかなり深めからフルバングで取り目の上ギリギリでカット。 ・サイド表面の毛流れと自然と繋げる。 ・カラーは8トーンのアッシュグレージュ。 ・落ち着いたカラーですが透明感があるので重たくなり過ぎず、ふんわりした質感を演出しやすい。 ・バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させる。 ・輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 ・カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 ・サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げる。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出す。 ・襟足はすっきりまとまるようにカット。 ・カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 ・退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラス。 ・輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできする。 ・トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 ・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。 ・カラーは、9トーンのフォギーベージュ。 ・ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。 首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。 ・後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。 ・耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。 ・トップには動きが出るようレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。 ・カラーは10トーンのベージュブラウン。 ・赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。 ・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていく。 ・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。 ・カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 ・くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。 ・前髪はリップラインからサイドに繋げてカット。 ・長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 ・トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなる。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 ・にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見える。 ・また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えない。 ・サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカット。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイント。 ・カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 ・程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出す。 ・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 ・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットする。 ・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 ・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 ・バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。 ・顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 ・全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 ・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。 ・前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 ・カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ・表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。 ・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 ・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。 ・正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 ・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。 ・短くても軽く見えず上品な印象に。 ・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットする。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 ・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできる。 ・襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。 ・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残す。 ・カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 ・赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 ・後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 ・襟足は首に沿うようにカット。 ・前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 ・顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 ・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 ・落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 ・サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 ・前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 ・カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 ・耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 ・前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げる。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 ・トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。 ・カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ・ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。 ・そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカット。 ・トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットを。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 ・赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ・ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えない。 ・あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすい。 ・また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。 ・ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れる。 ・前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 ・カラーは11トーンのシナモンベージュ。 ・退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラスする。 ・目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 ・フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。 ・後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。 ・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。 ・カラーは8トーンのオリーブアッシュ。 ・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 ・ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流してスタイリング。 ・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。 ・顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 ・後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。 ・カラーは7トーンのカシスブラウン。 ピンク系のカラーは最近のトレンドです。 ・ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。 ・24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかける。 ・顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。 ・スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かす。 ・パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成。 ・耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 ・低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 ・レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 ・表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ・ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなる。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 ・落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 ・パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まるスタイルが完成。 ベリーショートヘアでも簡単!アレンジテク 大人っぽ前髪アレンジ 【使用アイテム】 ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980 【How to】 <STEP1> ・大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから、前髪を持ち上げるようにしっかり揉み込む。 <STEP2> ・前髪をざっくりと7:3分けにして、7側の髪を上向きにねじる。 ・その際、生え際の髪を少し残しておくと、こなれた印象に。 <STEP3> ・ねじった前髪の毛先近くをアメピンで固定。 ・コーディネートに合わせて、カジュアルな日はカラータイプを、フェミニンな日は黒いアメピンを選ぶのがおすすめ。 <STEP4> ・逆サイドの髪は、こめかみ上で内側にねじってアメピンで固定。 ・同様に生え際の髪を少し残しておく。 <STEP5> ・仕上げにトップ部分を少し引き出してねじり目をゆるませる。 ・高さとルーズ感を出すことで、こなれた感がアップ。 完成! ピンを使っておしゃれにアレンジ 【使用アイテム】 ミルボン|ニゼル ジェリー M 90g ¥1,800(サロン専売品) 【How to】 <STEP1> ・ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。 <STEP2> ・9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。 完成! スタイリッシュに!アシメシルエットアレンジ 【How to】 <STEP1> ・トップの根元に、コームで逆毛を作る。 ・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。 <STEP2> ・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。 ・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。 完成! *価格はすべて税抜きです。

次の

50代女性も参考にしたい…最旬髪型|ひし形ショート・セミロング・パーマなどおすすめヘア

50 代 ショート ヘア

60代70代80代女性に似合う「ショート&ベリーショートの髪型」をご紹介するヘアカタログです。 など、いろいろな角度からチェックできるようにヘアカタログを作りました。 ヘアスタイルを考える時に困ることありませんか?• 「どんな髪型にしたらいいんだろう?」• 「わたしに似合うかな?」• 「どんなポイントを押さえればいいの?」 迷った時は、いろいろチェックしてみることです。 アイデアを得るためにこのヘアカタログをご活用ください。 若い人のヘアスタイルも載せていますが、60代70代80代の方でも同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 若いヘアモデルだからといって60代70代80代の方ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、最後の方に• なども合わせてご紹介しています。 ぜひ、ご活用くださいね。 面長・丸顔両方のタイプにおすすめできる、アシンメトリーのショートヘアです。 こちらも内外両方のWひし形ヘアスタイルです。 サイドをスッキリととさせ、アシンメトリーの前髪でメリハリをつけています。 60代70代80代は前髪やサイドの髪で顔を隠すのはあまりおすすめできませんが、アシンメトリーなら髪が顔にかかっていても大丈夫です。 むしろ、とてもおしゃれになりますね。 トップが立ち上がりやすいように、全体的にショートのレイヤーベースです。 頭頂部をふんわりと立ち上げるように乾かすとOKです。 こちらも面長・丸顔両方に似合う髪型です。 バランスの良いショートカット。 やや丸みを感じるフォルムですが、前髪をななめにして隙間を作っているので、面長さんだけでなく丸顔さんにも似合う髪型です。 60代70代80代の方はこれぐらいの前髪の長さが、顔がスッキリと見えるのでおすすめですよ。 ショートレイヤーボブ。 全体的に軽い仕上がりのボブですね。 面長さんには髪の外側の丸いシルエットがカバーしてくれて、丸顔さんには内側のななめ前髪がカバーしてくれます。 レイヤーを入れた軽いボブなので、頭頂部が薄くなりつつある薄毛の方にもいいと思いますよ。 こちらはレイヤー少なめのショートボブ。 センターパートで分けた前髪なしのヘアスタイルです。 髪の丸いフォルムと内側のひし形シルエットで面長をカバーするのに最適です。 賀来千香子さんのハイレイヤーボブ。 短い前髪とトップから全体につながるレイヤーが特徴的なボブです。 面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 ゆるふわパーマをかけてもいい感じに仕上がりそうですね。 外人さんの動きがあるショートカット。 程よい長さのショートカットで顔を輪郭を出しすぎないのと、ななめ前髪で顔出し部分も調整できるので、面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 あまり大人しくまとめてしまわずに、写真ぐらいに動きを強調する方が顔の形をカバーしやすくできますよ。 ワックス、もしくはパーマがおすすめです。 ショートからミディアムレングスのグラデーションボブ。 丸顔さん面長さん両方に。 パーマで横に流しやすくしてあるのと、前髪を横分けにして顔出し部分を調整しているのが、バランスを取りやすいポイントですね。 ボブに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 面長さんに。 片方を耳にかけて、まん丸まん丸していまわないのが60代70代80代の方にはおすすめです。 短い前髪があるとキュートで若く見えるようになりますね。 ショートカットに控えめなアシンメトリーの前髪ヘアスタイル。 面長さん丸顔さん両方に。 ポイントはワックスを使ってふんわり仕上げることです。 (丸顔さんは特に) こういったショートはグレイヘアでも似合う髪型ですね。 くせ毛や天然パーマの人に似合う髪型 くせ毛のベリーショート カットです。 こういったベリーショートもクセがあることで、ぺったんこにならずに動きを感じることができます。 外ハネはヘアスタイルに躍動感が出るので、アクティブな感じに見えていいですね。 60代70代80代はとにかくペタンとしないようにすることがポイントです。 直毛の人はピンパーマかけてもいいですね。 髪の毛が広がりやすいくせ毛におすすめしたいのが、ショートカットに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 顔周りのをスッキリとさせているので、広がりを感じにくくなります。 またショートカットは余分なボリュームが出ている部分をカットして削っていくことができるので、フォルムを調整しやすいことも、くせ毛にはピッタリですね。 60代70代80代は前髪がうっとおしく感じやすい世代でもありますので、思い切ってこれぐらい短くしてしまうと、おしゃれ感アップ&若く見えるのでいいですね。 カールやうねりが強く広がりやすいくせ毛におすすめなのが、ベリーショートで動きを強調したヘアスタイル。 前髪はありますがあえて下ろさず、トップの動きに合わせて流すようにスタイリング。 サイドはソフトに刈り上げてスッキリとしています。 くせ毛や天然パーマでカールがある人は、わざとカールを出すのも特徴を活かせるのでおすすめです。 ムースを使ってカールを戻すのもいいですが、ワックスで少しボサボサに仕上げるのも抜け感があっていいですよ。 70代80代で白髪率多いグレイヘアの人は、ムースを使ってほぐし感を減らす方が好感持てる仕上がりになりますよ。 くせ毛でうまいことセットしにくい場合は、パーマでもっとくせ毛を強めるのも1つの方法です。 これぐらいのショートボブ&強めパーマはシニア女性の方にもおすすめです。 ムースを使って、この写真よりも散らさないようにまとめながら、仕上げましょうね。 ゆるいくせ毛の人はこういったショートカットがおすすめです。 通常ならパーマをかけてこういう風にしますが、くせ毛を活かしてワックスで仕上げるといいですね。 60代70代80代向け おしゃれ&お手入れが楽なパーマ 60代70代80代におすすめしたいボブは、こういった頭頂部にレイヤーを入れたヘアスタイルです。 髪が細くペタンとしやすいトップも、レイヤーを入れてゆるめのパーマをかけることでふんわりと立ち上げられますね。 前髪をアシンメトリーにして顔をスッキリと見せているところも好印象で若く見えるポイントです。 アシンメトリーを取り入れると一気におしゃれ感アップになりますね。 黒髪部分がいい感じに残っていて、ハイライト&ローライトっぽく仕上がってますね。 ボリュームが出にくい世代はパーマで動きをプラスすると華やかになりますね。 ワックスなしでも大丈夫なパーマヘアです。 前髪の長さはもう少し短めにしてもいいと思いますよ。 賀来千香子さんといえば、短い前髪にふんわりしたパーマをかけてるイメージがあります。 レイヤーを入れたボブにしっかり目のパーマをかけたらこういった仕上がりにすることができます。 (前髪はパーマなしにしましょう。 ) 髪を乾かす際には手で少し引っ張りながらブローすると、ボリュームと動きが出てくるようになります。 引っ張りながら乾かすだけなので、お手入れが楽ですよ。 ペタンとしてボリュームが出ない人にピッタリのパーマヘアです。 レイヤーボブに根元からパーマしたヘアスタイルです。 60代70代80代は髪が細くなってボリュームが出ないのも大きな悩みです。 それには根元からパーマをかけて、ボリューミーに仕上げると、そういった問題も解決です。 ただ乾かすだけだとチリチリになりますので、ムースをカールを戻してあげることがポイントです。 髪を片耳にかけるとスッキリして見栄えが良くなりますよ。 ショートカットにパーマで動きをつけたヘアスタイルですね。 ワックスで毛束感を出したり外ハネを入れたりすると、髪に躍動感が生まれ、活発で若々しい仕上がりになります。 短い前髪というのも若く見えるポイントです。 上と同じような長さのショートカットですが、前髪を短く&厚めにカットして、おでこに沿わすようにセットします。 頭頂部付近にのにゆるめのパーマをかけています。 前髪と合わせて丸いシルエットを作るためですね。 上のショートとは打って変わって、可愛らしい仕上がりです。 好みで上下のヘアスタイルを使い分けるといいですね。 60代70代80代向け 薄毛が目立ちにくいおしゃれな髪型 まずは基本から。 ベリーショートでトップのボリュームを出しやすくしたヘアスタイル。 全体的に髪が短いので、薄毛部分と他との差が減るので、薄毛が目立ちにくい髪型です。 ベリーショートにゆるめのパーマをかけたヘアスタイル。 ピンパーマでもOK。 カールを作ることで頭頂部にもボリュームを出しやすく、またペタンコだと地肌が透けて見えるので、そういった部分もカバーできるのでいいですね。 サイド・後ろを刈り上げたツーブロックショート。 パーマで外ハネもプラス。 刈り上げ部分が薄毛を目立たないようにしてくれますし、パーマをかけたレイヤー部分がボリュームもカバーしてくれます。 短い前髪のアシンメトリーショート。 レイヤーを入れてふんわりとセットしている所がいい感じです。 白髪が多い人は崩す量を控えめにすると、もう少しまとまって見せることができます。 それでも前髪のアシンメトリーが効いてるのでおしゃれな仕上がりになりますよ。 前髪が超短いベリーショート。 前髪をおでこに沿わすように流しています。 トップにはゆるめのパーマで動きをプラス。 ペタンとしやすい人も乾かすだけでふんわり立ち上がるヘアです。 ショートボブにゆるいパーマをかけてくせ毛風に仕上げています。 こちらも短い前髪で可愛らしい仕上がりが特徴です。 70代80代のグレイヘアの人がこういった髪型していると、とてもおしゃれですね。 ショートカットにゆるめのパーマで流れと外ハネをつけたヘアスタイルです。 60代70代80代の方にはもう少し前髪短い方がいいかもしれませんね。 ヘアカラーはハイライト&ローライトでこういった仕上がりになっていますが、白髪交じりのグレイヘアの方でヘナ染めをすると、こういった仕上がりに自然となる人もありますよ。 マッシュっぽい雰囲気を感じるショートボブです。 耳上あたりにボリュームの位置がありますが、レイヤーも入れてあり、重すぎない仕上がりです。 ワックスを使ってふんわり仕上げるのがポイントです。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 サイドや後ろを刈り上げているので、白髪があってもスッキリとして見えて、清潔感を出すことができます。 グレイヘアだとヘアスタイルもぼやけた感じになりやすいですが、アシンメトリーの前髪といった工夫を取り入れると、グッとおしゃれ感アップになりますね。 前髪や全体的に横に流れをつけたベリーショート。 ベリーショートはグレイヘアでも活発的で若く見えるヘアスタイルですね。 前髪はおでこに沿わすように仕上げています。 丸みがある仕上がりは女性らしいフォルムでキュートな感じになりますね。 こちらも前髪がないベリーショートカット。 トップにかけて長くなるようにカットしています。 トップや後頭部に一番ボリュームがでるので、絶壁をカバーして丸みを作りやすいですね。 ワックスで握り込みながらセットします。 ショートカットを横に流し、サイドや顔周りをスッキリとさせたヘアスタイルです。 グレイヘアでも若く見える良い例ですね。 透明感のあるキレイなグレイヘアになっていますが、黄ばみが出ないように工夫することが大切です。 アメリカの女優、メリッサ・マクブライドさんです。 超ベリーショートですね。 グレイヘアでも短い前髪(というか前髪ないですけど)は若々しく見えるポイントです。 多分くせ毛なんでしょうけど、ワックスなどで外ハネさせて動きをつけている所がまたいいですね。 ピンパーマかけてもいいし、なくてもワックスで同じ仕上がりにできますよ。 こちらはうって変わって、80代シニアでもおしゃれに仕上がるパーマヘアです。 ショートボブにスパイラルパーマをかけてセットするとこういった仕上がりにできます。 グレイヘアといえどもボブは重くなりがちなので、前髪は短くして隙間を見せると軽い仕上がりにすることができますよ。 バリカンで刈り上げずに、ハサミでソフトに刈り上げたベリーショートカット。 ワックスで毛束感を少し出した方がおしゃれに仕上げることができます。 ベリーショートというと丸いフォルムをイメージすることが多いと思いますが、こういったツンツン スパイキーなヘアスタイルもアクティブで若く見えるのでおすすめです。 こちらはボブからショートへのビフォーアフター画像です。 ボブの落ち着いた大人女性のイメージもいいですが、ショートにすると若々しく見えるのがよく分かりますね。 ベリーショートに勇気が出ない人は、こういった事例があるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 白髪染めをやめてグレイヘアへのビフォーアフターです。 グレイヘアでもおしゃれに仕上がっていますね。 ボブでも片耳かけてスッキリと、あと髪をあまり遊ばせないようにタイトに仕上げています。 こちらはアシンメトリーのショートカットです。 ファッションも合わさってキレイな仕上がりです。 ショートレイヤーに外ハネや動きを出したヘアスタイル。 髪に動きがあるのと、顔をスッキリして見せているので、若く見えるヘアスタイルです。 顔は面長さんですが、ヘアスタイルのバランスがよいので、前髪で顔の面積を減らさなくても全然大丈夫です。 むしろ顔を出している方が若々しく見えますよね。 前髪も超短いベリーショートですが、丸みを感じないようにラフに仕上げたショートカットです。 60代70代80代どの世代でも、白髪交じりでも、完全白髪のグレイヘアでも似合う髪型です。 ワックスで崩すように仕上げると更にGOODですよ。 吉瀬美智子さん。 最近ではお手本ヘアスタイルとして、お客様がご希望されることが多いヘアスタイルです。 ゆるめのパーマをかけて少し動きをプラスすると、お手入れも簡単になるし若く見えるのでいいですよ。 短い前髪が特徴的な安田成美さん。 ショートボブにレイヤー入れてパーマで動きを出すとこういった仕上がりにすることができます。 短い前髪はなかなか勇気が入りますが、若々しく見えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 石田ゆり子さんの外ハネを取り入れたレイヤーボブ。 こちらも短い前髪ですね。 年齢を重ねていくと顔周りをスッキリさせると見栄えが良くなるので、美容室でオーダーする時は意識してみてください。 女優の鈴木保奈美さん。 ショートカットに大きめ強めのパーマをかけています。 前髪はパーマなし、もしくはゆるめのパーマが失敗しないポイントです。 乾かしたあとに、ムースかワックスでカールを戻すようにセットするといいですね。 鈴木保奈美さん世代の白髪染めには、割とこういった黒髪に近いダークブラウンも最近は多いですよ。 安田成美さんも同じような色ですよね。 フリーアナウンサー?芸能人?の滝川クリステルさん。 こちらはリアルな黒髪ですね。 ショートカットにゆるめのパーマで、少しだけ毛流れをつける感じです。 アナウンサーもしてるので、セットは控えめですね。 でも外ハネも少し入っているので、おとなしすぎない絶妙なバランスです。 中谷美紀さんのショートカット。 ななめ前髪から隙間が見えるのが60代70代80代にはちょうどいい感じに仕上がりますよ。 これが分厚い前髪だったら若作りになってしまうので要チェック! トップがペタンとする人は、ゆるめのパーマがいいですよ。 女優の松嶋菜々子さん。 ショート~ミディアムレングスのヘアスタイルですね。 パーマをかけて外ハネを作った軽い仕上がりと、六四分けにして顔部分にひし形シルエットを作っています。 面長タイプの人にもおすすめできる髪型です。 阿川佐和子さん。 ショートレイヤーボブですね。 多分ゆるいパーマがかかってます。 ななめ前髪で片方を耳にかけてスッキリとした印象ですが、ボブの丸い感じもあり、女性らしくて若く見える髪型です。 とてもよく似合ってますね。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 薄毛になってから本格的に使用する育毛剤と違って、予防のための育毛剤なら高価なものを使用する必要はありません。 この「ザクローペリ」は続けていきやすい価格なので、毎日のケアを継続的に行うことができます。 薄毛予防には日々のケアを欠かさないことが大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 ヘアカラーの色持ちを良くする• 黄ばんだ髪を色ツヤ良く仕上げる• 黄ばんだ白髪を透明感のあるキレイな白髪にする 髪の見た目は第一印象に大きく影響します。 黄色っぽい髪だとせっかくヘアカラーしていても、良い印象に見えません。 そんな時に活躍するのが黄色を打ち消してくれる「紫シャンプー」です。 これで週1回~週2回シャンプーするだけでキレイに仕上げることができます。 いつものシャンプーをこれに替えるだけなので余計な手間も入りません。 簡単なのに第一印象を大きく変えられるシャンプー、始めてみませんか? 以上、60代70代80代の方に似合うおすすめ「ショートカット&ベリーショート」についてご紹介しました。 あまりたくさん載せると見づらいので代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の