アフターピル 効果 時間。 アフターピルの効果がある確率は?72時間以内に服用を。過ぎたらダメ?

【失敗談】アフターピルで失敗しないために今から知っておくべきこと

アフターピル 効果 時間

アフターピルには正しい服用法があります。 効果を最大限に引き出すためには早めの服用が重要なポイントになります。 効果のある時間はどんどんと過ぎていってしまうため、早めに服用すればするほど妊娠確率は下がります。 アフターピルは正しい用法と用量で服用しないと安全性が確保できません。 重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあるため、効果が出ないからと言って、説明を無視して何度も服用するのはやめましょう。 正しく効果のある時間内にしっかり服用することが、妊娠確率を下げる安全で安心な方法です。 この記事では、安全にアフターピルを効果的に飲む方法と、最も効果のある時間を解説しています。 アフターピルが効果のある時間はどれくらい? アフターピルの効果がある タイムリミットは72時間です。 避妊に失敗したセックス後から、時間が経過すればするほど妊娠確率は増えてしまいます。 避妊失敗後、12時間以内にアフターピルを服用すれば99. 5%の確率で妊娠は防げます。 その後は徐々に妊娠阻止率は減っていき、24時間以内に服用すれば阻止率は98. 5%、36時間以内なら98. 2%、48時間以内なら97. 4%、60時間以内なら96. 9%、72時間以内なら95. 9%となります。 阻止率で見ると大して誤差はないように感じますが、12時間以内にアフターピルを服用した場合とタイムリミットである72時間以内に服用した場合では、妊娠確率は3. 6%も変わります。 アフターピルの効果を最大限に高めるためには、 避妊に失敗したらなるべく早く服用することです。 アフターピルの服用方法には「ヤッペ法」と「LGN法」がありますが、どちらも方法の違いによる効果の差よりも、時間の方が大切です。 アフターピルの効果は絶対ではないため、服用後も生理が来ないようであれば市販の妊娠検査薬で念のため妊娠していないかどうかをチェックしましょう。 不安なことがあれば病院へ相談に行くのも良いでしょう。 アフターピルの副作用は? 先にも書いたとおり、アフターピルの服用方法には「ヤッペ法」「LGN法」の2種類があります。 アフターピルは服用することで体内の ホルモンバランスが崩れるので副作用が起こります。 特に、フラバノール錠を使うヤッペ法では副作用も多く、服用にはいくつか注意が必要です。 もともと、フラバノール錠はアフターピルとして使われるための薬ではありません。 フラバノールは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが成分となっています。 中用量ピルであるフラバノールは、本来月経異常や生理不順、不妊治療に使われます。 このフラバノール錠を服用してホルモンバランスを崩して、排卵を遅らせたり着床を防いだりする効果を期待する方法がヤッペ法です。 ヤッペ法でフラバノールを服用すると、副作用としてまず吐き気に襲われます。 その後頭痛や不正出血をするなど、妊娠初期に似た症状が出ます。 服用後2時間以内におう吐してしまうと、せっかく飲んだ薬まで吐き出してしまうので効果がなくなってしまいます。 妊娠確率が上がってしまわないためにも辛いかもしれませんが、最低でも服用後2時間はおう吐を我慢しましょう。 その後は、食欲不振やだるさ、吐き気やおう吐の症状が続きます。 副作用は数時間〜24時間程度続き、1週間程あれば薬の成分は全て分解され体外に排出されてしまいます。 気になる安全性ですが、アフターピル服用後は後遺症が残ることも無く、 将来出産をする時にもなにも影響はないので安心してください。 タバコを吸うと副作用が強くなるので注意 プラバノール錠を服用した時には、タバコは吸えません。 副作用が大きくなる可能性がありますので、 フラバノールを飲む時にはタバコを吸わないように注意しましょう。 また、ヤッペ法で緊急避妊を行う場合は、最初に薬を服用してから12時間後に必ずもう一度薬を服用しましょう。 しっかり12時間後にもう一度服用しないと妊娠確率が増えるので気をつけましょう。 アフターピルはこのように、 安全性は高いのですが副作用を伴う薬です。 アフターピルがあるから避妊をしないでセックスをしてもいいということにはなりません。 あくまで緊急時のみ服用するようにしましょう。 アフターピルを飲んですぐにまた避妊をしないでセックスをすると効果がなくなってしまうので、その点も注意しましょう。 セックス中にゴムが破けた、安全日を間違えていた、中出しされてしまった、そんな避妊に失敗してしまったセックスの後に飲む避妊薬です。 日常的に服用するピルとは違い、セックスの後に緊急で服用するのでアフターピルと言われています。 性交後24時間以内に服用することで約98%の妊娠を防げると言われており、早めに服用することが成功率を高めるポイントと言えます。 アフターピルは副作用が強いこともあり、正しく服用することが大切です。 説明通りにアフターピルを飲むことで効果があるので、正しい飲み方を覚えておきましょう。 アフターピルを手に入れる方法 アフターピルを手に入れるためには2つの方法があります。 まず1つ目はことです。 アフターピルを取り扱っている産婦人科やレディスクリニックで処方してもらうことができます。 避妊に失敗してしまった時にすぐに駆け込めばアフターピルを処方してもらえるので、急いでいる時には病院で処方してもらいましょう。 ただし、保険が効かない自費診療となるで注意点しましょう。 保険証が無くても診療できますが、念のため持っていくようにしましょう。 費用は1〜2万円程度と高額な点も注意しましょう。 処方してもらえる量は1回の避妊に必要な分のみですので、その点も事前に覚えておきましょう。 2つ目の方法は、ことです。 通販では購入してから手元に届くまで数日〜一週間程度かかります。 急ぎではないけど、常備しておきたい時にはおすすめの方法です。 コンドームを使った避妊であっても約2割は失敗してしまうため、男性がコンドームを常備するように女性もアフターピルを常備しておくのが良いでしょう。 誰かにバレる心配もないので、その点も安心です。 通販でアフターピルを買う注意点としては、服用方法を間違えないことです。 服用方法を間違えると効果がないだけでは無く、副作用で辛い思いをすることになります。 しっかり服用方法を確認して、間違いのないように正しくアフターピルを飲みましょう。 通販で購入できるアフターピルは、現在病院で処方されるノルレボ錠と、そのジェネリック医薬品が主流です。 必要な個数を購入できるのも通販のメリットです。 ただし、安全性を考えて海外のサイトや怪しいサイトでの購入は避けましょう。

次の

アフターピル(緊急避妊)服用後の生理はいつくる?失敗しない飲み方まで解説!

アフターピル 効果 時間

アフターピルとは? アフターピルとは経口で服用する避妊薬です。 普段から服用することで月経をコントロールする低用量ピルとは異なり、高い成分濃度を一度に服用する、緊急避難的に用いるピルです。 他の避妊方法で失敗してしまった時に使用します。 「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンと、「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンが配合されており、 受精卵の子宮内膜への着床防止や排卵遅延などを起こすことによって、妊娠を回避します。 アフターピルはいつまでに飲まなければいけないの? アフターピルには時間の制限があります。 性交後72時間以内の服用で75パーセント以上の効果が、 24時間以内の服用で97パーセント以上の効果が期待できるので、できるだけ早急に服用することが望ましい薬です。 このように数時間の差で大きな差が出る薬なので、避妊に失敗したことがわかれば、少しでも早く医療機関を受診しましょう。 アフターピルには2つの避妊方法がある そんな時間との勝負のアフターピルですが、服用方法が2種類あります。 昔からある「ヤッペ法」と、新しく開発された「ノルレボ法」です。 今日ではノルレボ法が主流であり、ヤッペ法を採用するドクターはほとんどいなくなりました。 理由とともにそれぞれの方法を見ていきましょう。 使用するノルレボ錠は、一般的な低用量ピルとは異なり、黄体ホルモンの「レボノルゲストレル」だけを含有しています。 性交後72時間以内に服用します。 副作用も少なく高い安全性を持ち、避妊効果もヤッペ法に比べて高いです。 ノレルボ法の避妊の成功確率 以下の表は薬が効かなかった確率ではなく、妊娠した確率です。 月の中でそもそも妊娠率がほぼない日もあれば、排卵日付近のとても妊娠率が高い日もあるため、数字はあくまで平均値であることを心に留めておいてください。 性交後の経過時間 妊娠率 12時間以内 0. 副作用は成分の吸収とともに起こる急激なホルモンバランスの変化が原因なので、時間とともに軽くなっていきます。 症状としては、頭痛(12. 3%)吐き気(9. 2%)倦怠感、疲労感(7. 7%)眠くなる(6. 2%)などが挙げられ、他にも胸の張りや腹痛、ニキビといったケースが出ることもあります。 また、ほてりを感じることもありますが、これもホルモンバランスの変化で体が生理前のようになっているため起こります。 過度に心配する必要はありません。 ノレルボ法の料金 ノルレボの処方は健康保険適用外であるため、価格は医療機関によって異なります。 安い病院だと10,000円ほどで購入できますが、高額な病院だと20,000円以上することもあります。 相場は15,000~17,000円の間です。 ノルレボ法に使用されているノルレボ錠についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 ノレルボ法より安価な「ヤッペ法」 ヤッペ法は、ノルレボ法が登場する以前まで主流であった緊急避妊法です。 まずは使用するプラノバール錠について説明しましょう。 この薬は 卵胞ホルモンの配合量が中程度であるため、中用量ピルと呼ばれます。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって生理周期を是正するため、月経困難症や月経周期異常、過多月経などを改善します。 また子宮内膜を維持してはがれにくくするため、通常の月経以外に起こす出血を抑えることもできます。 さらに、女性ホルモンを補うために卵巣の機能を活発にさせ、卵巣機能不全を治療することもできます。 これらの作用により、プラノバールは婦人科領域で広く活用されています。 また、生理が起こる期間を延長できるため、薬の服用と休薬を繰り返すことで生理日を調節し、月経困難症や子宮内膜症などの症状を軽減することもできます。 ヤッペ法の避妊の成功確率 このようなプラノバールを避妊に応用したのがヤッペ法です。 適切に服用した場合、 データ上での妊娠率は3. 安価ですが副作用が気になるため、ノルレボが認可されて以降は、採用する施設は減っています。 ヤッペ法の副作用 主な副作用としては、悪心・嘔吐、食欲不振などの消化器症状があります。 また、重い副作用はほとんどないものの、重大な副作用として血管内で血栓ができて詰まらせてしまう、「血栓症」が知られています。 ヤッペ法はノルレボ法と比べて1錠当たりの含有成分が多いため、どうしても副作用が大きくなってしまうことが避けられません。 保険適用させることも可能な薬なのも相まって、ノルレボに比べて価格は抑えやすいですが、副作用の強さとの兼ね合いでどちらを選ぶかは悩みどころです。 ヤッペ法の料金 避妊目的での処方は保険適用外なので5,000円ほどです。 しかし患者の中にある月経不順などを診察して保険適用で処方してくれるドクターなら、ここからさらに負担が減ることもあります。 アフターピルの購入方法は2つ このように大きく分けて2種類のアフターピルがありますが、アフターピルの購入方法も2種類あります。 実はピルを手に入れる方法としてはインターネットで購入する方法もあるのです。 しかし、日本国内では法律により病院に行かなければピルを処方してもらうことはできません。 ではなぜインターネットなら買えてしまうのでしょうか。 病院と通販サイトを比較しながらそこの部分について詳しくご紹介します。 安全・安心を取りたいなら「病院」 病院でアフターピルを処方してもらうメリット 病院でアフターピルを処方してもらうメリットは、 適切な診断のもとにアフターピルを処方してもらえることでしょう。 アフターピルは副作用が強い薬です。 そのため、医師に説明してもらったのちに服用することが重要です。 病院でアフターピルを処方してもらうデメリット 病院で薬を処方してもらうことに、デメリットはほぼありません。 あえて挙げるなら、 ・通販サイトよりも価格が高いということ ・家から出て病院に行かないといけない この2つです。 病院でアフターピルを処方してもらう場合の費用 前述のとおりノルレボ法で15,000~17,000円程度、ヤッペ法の場合で5,000円程度です。 危険なリスクを取るなら「通販サイト」 通販サイトでアフターピルを購入するメリット 通販サイトでアフターピルを購入するメリットは、 病院よりも安いこと。 しかし、通販サイトのアフターピルは、送料とピル代だけで済むため、病院より安いことがほとんどです。 しかし、通販サイトの中には偽物のアフターピルなどもたくさんあるため、注意が必要ですよ。 通販でアフターピルを購入するデメリット 通販サイトでアフターピルを購入するデメリットは、 安全性が担保されていないことです。 上述したように、通販サイトのアフターピルの中には有効成分などが入っていない、偽物のアフターピルなども販売されているのが現状です。 通販サイトでアフターピルを購入する場合の費用 通販サイトで「ノルレボと同じ成分」と記載されている薬だと、1,000~2,000円程度で購入することができますが、ノルレボそのものの取り扱いは調べた限りではありませんでした。 もちろんこの薬が「ノルレボと同じ効果を発揮する」という保証は、誰もしてくれていません。 アフターピルの購入方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 安全性のことを考えると、病院で処方してもらうのが1番です。 ノルレボのジェネリックなどは、病院によっては ノルレボの7割くらいの値段で処方してくれるところもあります。 しかし、取り扱っている病院はそこまで多くありません。 アフターピルの通販サイトは安全じゃないんですか? 通販サイトはその性質上、すべてが個人輸入サイトです。 個人輸入サイトということで、販路も海外のそれぞれの工場や販売所になります。 サイト側が誠意をもって取引に努めていたとしても、海外の事情が変われば箱だけ一緒で中身が変わることもあり得ます。 また通販サイトの中には初めから商品を送る気のない詐欺サイトや、 違法な薬品を扱っているものも数多く存在します。 そのようなサイトに個人情報を渡したり、送られてきた商品を服用したりすることはとても安全とはいえません。 性交渉から72時間以上経ちましたが大丈夫ですか? 排卵から着床に至るまでに7日程度かかることを考えると、 5日以内であれば避妊できる可能性があるため、服用する価値はあります。 ただし、内服した時点で着床が成立してしまっている場合には、効果がありません。 多くの文献で、性交後72時間以降120時間以内でも効果があると報告されていますが、有効率はもちろん72時間以内の服用と比べて低下します。 データでは63%ほどです。 ただ、最新のピルでは服用後5日以内に飲めば比較的高い効果が見込めるものも登場しています。 これらが検討できないか病院でドクターに相談してみることもよいでしょう。 アフターピルは病院で処方してもらってしっかりと避妊をしましょう アフターピルは普段から服用する低用量ピルに比べて一度の服用で避妊を成立させるため、薬の中に含まれる成分も多いです。 そのため副作用等の危険性も大きい薬です。 また、生殖器に作用する薬ということで風邪やねんざの薬とは異なり、より一層慎重に投与しなければならない分野の薬でもあります。 そんなアフターピルをどこの国でどのようにつくられたかもわからない、誰が責任をもって輸入したかもわからない。 そんなサイトで購入し、自分の既往歴やほかの薬との飲み合わせの危険性もわからないまま飲むことは、とても危険です。 そうして得られる差額は、1万円程度でしょう。 1万円のために一生の健康被害を負うかもしれない、そんな覚悟はお持ちですか? アフターピルは 必ず病院で処方してもらい、安全に避妊をしましょう。

次の

アフターピル(緊急避妊ピル)

アフターピル 効果 時間

東京女子医科大学医学部出身 現在産婦人科医として多方面にて活動をおこなっている。 信憑性ある情報を発信していく。 アフターピルとは、妊娠を避けるために使用する『緊急避妊薬』のことです。 避妊の効果は、服用のタイミングが早いほど高く、遅くなればなるほど低くなります。 この記事では、『アフターピルの効果』について解説しています。 アフターピルの避妊率は?何科で処方してもらう? 1. アフターピルとは?避妊率について アフターピルとは、性交時にコンドームが破けてしまったときなどに、妊娠を避けるために使用する『緊急避妊薬』のことです。 ピルの処方は何科?学生でも処方してもらえる? 『産婦人科』または『婦人科』で処方を受けましょう アフターピルは、『産婦人科』または『婦人科』で購入することができます。 基本的に内診はありません。 問診票の記入をすれば、薬の使用方法についての注意を受けるだけで処方してもらうことができます。 学生でも処方してもらえるの? ピルの購入には年齢制限もなく、親の同意書も必要ありません。 学生の場合、病院によっては通常価格より少し安くした金額で処方してくれるところもあるでしょう。 ピルは保険適用外! ピル自体は保険適用外薬ですので、保険証がなくても購入ができます。 アフターピルの種類と、それぞれの効果 1. アフターピルの種類はおもに3つ アフターピルはおもに、『ノルレボ』『ノルレボのジェネリック薬』と、従来からのピルである『ヤッペ法』の3つになります。 ピルの種類によって何がちがうの? ピルの種類によってちがうのは、効果率・副作用が出る確率・値段です。 ヤッペ法の場合だと、二人にひとりは副作用が起こっていることになります。 どんな副作用が出るの? 副作用としては、頭痛や吐き気が考えられますが、基本的には24時間以内に治ります。 また、薬の影響で 生理が1週間〜10日ほど早まったり遅れたりすることがあります。 1ヶ月近く生理が来ない場合には妊娠を疑う必要があるでしょう。 アフターピルの効果について詳しく解説! 1. アフターピルによる避妊のしくみ。 生理がずれることも アフターピルは、ホルモンを投与することによって受精卵が子宮に着床するのを防ぐ避妊法です。 そのため、生理が1週間〜10日ほど前後にずれることがあります。 多少早まったり遅れたりすることは問題ないでしょう。 アフターピルの効果を確認するには? 基本的には服用後、生理が来たら問題ありません。 アフターピルを飲んで3週間経っても生理が来ない場合は妊娠の可能性もあるので検査が必要です。 薬局などで妊娠検査薬を購入するか、アフターピルを購入した病院を改めて受診するようにしましょう。 アフターピルの服用は72時間以内に!過ぎたら? アフターピルの適切な効果を得るためには、 性行為後72時間(3日)以内に服用するのが基本とされています。 もちろん、1分でも過ぎたからといって効果がないわけではありませんが、服用は早ければ早いほど効果が高いとされています。 100%避妊効果があるわけではない アフターピルは大きくわけて3種類ありますが、それぞれ、少しずつ効果率は変わっています。 そのため、「100%避妊効果がある」とは言い切れません。 服用後に注意すること 1. 副作用が出ることもあります 吐き気・嘔吐・頭痛・胸の張りなどいくつかの副作用が考えられます。 しかし、必ず副作用が出るわけではなく、重度も人それぞれです。 ヤッペ法はもっとも副作用が出る確率が高いため、副作用が気になる方は避けたほうがよいでしょう。 服用後に飲酒もできますが、注意が必要 アフターピルは、アルコールの影響を直接受けることはないため、飲酒は可能です。 しかし、服用から24時間以内は副作用が出やすくなります。 吐き気や嘔吐を引き起こしやすくなることもあるので、 服用後すぐの飲酒は注意が必要です。 まとめ アフターピルは、妊娠を望んでいないのに避妊具が破けた場合や、避妊具をつけずに性交渉をしてしまった場合に、緊急避妊薬として服用する薬です。

次の