目の下 たるみ。 目の下のたるみを改善!原因を解消する即効性のある3つの方法

【医師監修】目の下のたるみ解消エクササイズの解説|表情筋トレーニング・ツボ押し

目の下 たるみ

EMSは、治療にも使われている方法だから安全だよ! ・医療分野では、脳血管障害などで自分の意志で運動ができなくなってしまった人のリハビリとして使用されています。 ・スポーツの分野では、オリンピック代表選手が用いて、高い効果が得られたことから注目され、以降筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。 引用: このように、人体は電気的な性質を持っているので、EMSは安心して使えます。 EMSの電流は体の働きを高めたり、回復させる働きもあるので、 顔の表情筋を鍛えるには最適な方法なのです。 目の下のたるみは老けてみられる!?解消すると…… シニアに見える!?目の下のたるみ 上の画像は「おばあちゃん」と検索して出てきた写真とイラストです。 一目で「シニア」という印象を持ちますよね。 それは、 顔全体に入ったシワと、目元のたるみのせいでしょう。 目の下のたるみは、ほかにもネガティブなイメージを持たれてしまいます。 目の下のたるみが解消すると若々しい印象に! ハリが戻り、血色が良くなった顔は、 健康的で若々しい印象になります。 さらに、目の下のたるみが無くなると、表情が豊かに見えて笑顔を素敵にする効果も出てくるでしょう。 「体調はどう?」「寝不足なの?」などと声をかけられていた人は、今までとの会話の違いにビックリするかもしれません。 「コミュニケーションが取れるようになり、人間関係が良好になった!」なんてこともあります。 毎朝、鏡の前で付いていた ため息も無くなりますよ! 目の下のたるみは加齢と大きな関係がある 目元にハリが無くなって、 目の下がたるむ大きな原因は2つです。 目元の筋力が衰えるとたるむ 目の周りを覆っている筋肉を「眼輪筋(がんりんきん)」といいます。 眼輪筋は、眼球を支えている脂肪が前に出てこないように押し留めたり、まぶたの開閉をサポートする筋肉です。 この眼輪筋の筋力が衰えてくると、「不完全瞬目」というドライアイの原因になる症状が現れたり、目の下のたるみとなってしまいます。 肌のハリや弾力が無くなってたるむ 肌は、内部にあるコラーゲンやエラスチンなどの組織に支えられて、ハリや弾力を保っています。 しかし、乾燥や紫外線のダメージ、そして加齢によってコラーゲンやエラスチンなどは衰えてしまうのです。 ハリや弾力が無くなると、シワやたるみが現れて「老け顔」になっていきます。 美容液やジェルを顔全体に塗る 保湿クリームや乳液、美容液を顔に塗っておくと、肌に美容成分が入りやすくなり、美顔器の動きが滑らかになります。 肌に負担をかけずに美顔器を動かすために、美容液やジェルを顔全体に塗ります。 美容液やジェルは、手持ちの物の中でたるみを引き締める効果が高いものを使うと、たるみ解消へと早くたどり着けるでしょう。 美顔器を顔の中心から外へ動かす 美顔器の動きの基本は、中心から外・下から上です。 目の下のたるみを解消したいときは、顔の中心から外側に向かって美顔器を動かします。 このとき、頬骨から下部分を主に引き上げるイメージで行ってください。 目の部分はデリケートなので、注意しながら避けてくださいね。 美顔器と一緒に購入できる専用ジェルなどがあればいいですが、無い場合は成分で決めてください。 肌悩み 効果的な美容成分 シワやたるみ プラセンタ・コラーゲン・エラスチン など シミやくすみ ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・アルブチン など 乾燥 セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン など 力の入れ過ぎは効果が半減する 「肌悩みを早く解消させたい!」と思うあまり、美顔器に力を入れ過ぎてしまうのは「美顔器あるある」の一つです。 実は、力の入れ過ぎはNG。 強く美顔器を押し当ててしまうと、美容液やジェルが取り除かれて 肌に直接摩擦が伝わり、シワやたるみを加速させてしまうのです。 必ず、肌と美顔器の間に美容液やジェルがある状態をキープして、ゆっくり優しく動かしましょう。 使用時間が長い・回数が多いのは逆効果 目の下のたるみを解消する目的で使う美顔器は、EMSなどで表情筋を鍛えるものなので、使用頻度が高いと肌が疲れてしまいます。 これを「オーバートリートメント」といい、 肌に加わった刺激により、炎症などを引き起こしてしまうことがあるんです。 必ず使用時間を守り、ベストコンディションを保ってください。

次の

目の下のふくらみの原因はたるみ!すぐにできる簡単なトレーニングや解消法を紹介

目の下 たるみ

なんだか最近、目の下がたるんでない? 電車の窓ガラスに映った自分と目が合うと、最近浮き出てきた目の下のたるみがどうしても目に入る。 皮膚がたるむことや筋肉が衰えることによって、眼球を守っている周りの脂肪が目の下に突出してしまい、目の下がたるんでしまうのです。 しかし、自分の生活習慣の何が皮膚のたるみや筋肉の衰えを促してしまうのか、ハッキリとした答えが分からない人も多いはず。 そこで今回は、目の下のたるみの原因となる生活習慣と目の下のたるみ解消法を美容外科医が解説していきます。 ぜひ、参考にしてみてください。 1 目の下のたるみの原因は『皮膚のたるみ』と『筋肉の衰え』 目の下のたるみの原因は『皮膚のたるみ』と『筋肉の衰え』の二つです。 ですが、皮膚のたるみや筋肉の衰えなどと言われても、その原因が何なのか?というのはハッキリと分かりませんよね。 そこで、実際にどのような習慣が『皮膚のたるみ』と『筋肉の衰え』の原因となってしまうのか、チェックしてみましょう。 皮膚のたるみ 『皮膚のたるみ』が目の下のたるみの原因となる理由は、皮膚には元々、うるおいがあり、弾力があり、ハリがあります。 この弾力、ハリを保つ 線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンが減少するとハリや弾力が失われ、皮膚のたるみの原因となってしまいます。 線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンが減少する原因は、 加齢と紫外線です。 もともと、線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンは 30代から急激に減少していくと言われており、さらに、 紫外線の酸化ストレスにより、分解されてしまいます。 そのため、『30代以上である』や『紫外線対策をしていない』状態は皮膚のたるみの大きな原因となり、さらに睡眠状態に分泌される成長因子には、線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンの生成を促す働きがあるため、 夜更かしは大敵です。 また、ガッツリアイメイクは メイクを落とすときがワナ。 クレンジング力の強い洗顔は肌の乾燥を引き起こしてしまいますが、クレンジング力が弱くてもメイクがなかなか落ちないため、目元を擦ってしまうことで 肌の乾燥の原因に。 同様に目を擦ることで目元の乾燥を引き起こしてしまいます。 『肌の乾燥が気になる』や『しわが増えてきた』は皮膚がたるむ予兆というわけです。 筋肉 の衰え 次に『筋肉の衰え』が目の下のたるみの原因となる理由は、 眼球を支える筋肉が衰えることで、脂肪が前に突出してしまうからです。 もともと目の下には眼球を支える 眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪があります。 この脂肪を支えている筋肉が衰えることにより、脂肪が前に突出し、目の下のたるみとなってしまいます。 加齢により、この筋肉は衰えていきますが、この衰えを促進する習慣が、 PCやスマホの使いすぎ、下を向いて本を読む習慣です。 この悪習慣に心当たりがある方は、 コリ、むくみ、姿勢の悪さなどにも心あたりがあるのではないでしょうか。 筋肉が使わない楽な姿勢になっていることでさらに姿勢が悪くなり、ますます筋肉が衰えて行きます。 そうすると脂肪の燃焼が滞り、 顔がむくんでいると感じる人も多いはず。 さらに弱った筋肉が血行を悪くし、 コリとなります。 そのため、コリやむくみを感じる方は、 筋肉が弱っている(衰えている)サインになります。 2 目の下のたるみ解消法 原因を見てみると思い当たることもいくつかあったのではないでしょうか?でも既にできてしまった目の下のたるみ、せっかくなら解消したいですよね。 目の下のたるみを解消する方法は、自分で簡単にできる目の周り体操&ツボ押しやスキンケア、そして美容外科で行う、目の下のたるみ治療が挙げられます。 2-1 目の周り体操&ツボ押し 目の下のたるみが軽度な場合の解消法が 目の周り体操&ツボ押しです。 これは筋肉の衰えが原因である場合と比較的症状がまだ軽い場合に効果が期待できる方法になります。 目の周りの筋肉を鍛えることが目的となるため、1回では改善されないので、繰り返し、行うことが重要です。 (個人差があります。 ) 目の周りの筋肉は 眼輪筋といって他の筋肉と同様、動かすことで筋肉は鍛えられます。 参考:Lower Lid Elevator Place your index fingers under your lower lids. By using only the muscle power of your lower lids, lift the weight of your fingers without wrinkling your brow area. Hold the pose for at least one second, and repeat 20 times. Perform the routine twice a day. 2-2 スキンケア(化粧品) スキンケアでは、 皮膚のたるみが原因となる目の下のたるみ解消に効果的な方法です。 皮膚のたるみは、 肌の保水力が減ってしまっていることが原因で起こります。 そのため、肌の保水力を上げる必要がありますが、特に 真皮層の保水力を上げることが肌のハリや弾力に影響します。 真皮層は線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンは皮膚の中で生成されるものですが、前章でも説明した通り、 加齢により、生成する力は衰え、紫外線などの外部からの刺激により、線維芽細胞・コラーゲン・エラスチンを分解されてしまうので、日焼け止めを使用し、紫外線対策を行うことが大切です。 また、コラーゲン・エラスチンを分解されるのを防いでくれるスキンケアも販売されています。 リンクルショット メディカル セラム POLAから販売されている『リンクルショット メディカル セラム』の有効成分である『ニールワン』は、まさにこのコラーゲン・エラスチンが分解されるのを防ぐことができる成分として、日本で唯一、薬部外品有効成分として認められています。 3 目の下のたるみ治療 上記で紹介したマッサージ及びスキンケアのセルフケアは、確実に効果が出るかというと、そうではありません。 今ある目の下のたるみを治すためには、美容外科的手術を行うことがセルフケアを行うよりも断然効果を実感することが期待できます。 当イセアクリニックでは、目の下の脂肪を手術で取り除く方法と切らない施術を用いて目の下のたるみ治療を行っています。 目の下の脂肪を手術で取り除く方法 目の下の脂肪除去手術(下眼瞼脱脂術(経結膜法)) 目の下の脂肪除去手術は下眼瞼脱脂(経結膜法)と言われ、 目の下の粘膜を切開し、脂肪を取り除きます。 下瞼の裏を切開するので、傷跡が表に出ず、脂肪を取り除くため、症状を改善する治療効果が期待できる手術です。 当イセアクリニックで行った場合の施術時間は 30分程度で、金額は税抜249,800円(両目)となります。 目の下のクマ・たるみによって顔全体が暗い印象になってしまうことがありますが、 それらが改善されると、表情が明るく、若々しくはつらつとした印象になります。 イセアクリニックでは、幅広い年齢層の患者様がご相談にいらっしゃいます。 もちろん男性の方もお気軽にご相談ください。 当院は目の下のクマ・たるみ治療において『切りたくない』『外科手術が怖い』という悩みをもっている方に向けて、メスを入れない治療「切らずにトライ」プランをご用意しています。 「切らずにトライ」プランは現状の美容医療で行える治療プログラムで高い効果を期待できるプランです。 『一度で確実に効果を出したい』『通えない』という方には、外科手術の治療方法もご提案いたします。 詳しくは目の下のクマ・たるみの専門サイトをご覧ください。 「あなたが、これまでよりも明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を持てるようになる」 「あなたが、これまでよりも 明るく積極的に、 幸せな人生を切り開く自信を 持てるようになる」 これこそがイセアが目指す美容医療のゴールです。 これこそがイセアが目指す 美容医療のゴールです。 「整形したいと考えているが、どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 「整形したいと考えているが、 どう選んだらいいのかわからない」 「信頼できる美容整形や美容皮膚科の 情報を知りたい」 「美容医療の最新情報を知りたい」 「本当に自分に必要な美容医療を見極めたい」 美容医療は様々な不安を抱え、検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を提供していきます。 美容医療は様々な不安を抱え、 検討される方がほとんどです。 このような患者様のために、 安心・親切・信頼・親身を心がけ、 お悩みひとつひとつに寄り添った情報を 提供していきます。

次の

【医師監修】目の下とまぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージ

目の下 たるみ

[目次]• 目の下のたるみの原因 私たちの身体で、もっとも皮膚の薄い箇所が目元です。 スマートフォンやパソコンの使用などで酷使したり、油分の多い化粧品を塗り重ねたりする部分でもあるため、たるみが生じやすい条件が揃っています。 筋肉の衰えが目の下がたるむ原因に• 真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の減少• 目の周りの筋肉の衰え• 眼窩脂肪のふくらみ• 化粧品の成分や洗顔・クレンジングの摩擦 日本人は、まぶたに脂肪が多くついている傾向があるといわれますが、欧米人に比べて表情を大げさに出すことが少ないため、まぶたの脂肪を支える筋肉を動かす機会が少なく、目の周りの筋肉が衰えがちです。 目元の皮膚がたるむ一番の原因は、この筋肉の衰えです。 本来ならば脂肪を含む皮膚全体を筋肉がしっかりと支えているのですが、加齢などにより筋肉が衰えその力が弱まると、必然的に皮膚はたるんできます。 そして、目の下にたるみが生じるのです。 目元の筋肉は、毎日パソコンやスマートフォンを長時間見続けるなどしてまばたたきの回数が減ることでも簡単に衰えるため、若い人でも注意が必要です。 また、保水機能のあるコラーゲンやヒアルロン酸が年齢を重ねるごとに減少して肌の弾力が失われるのも、たるみが起こる原因のひとつです。 さらに、目の下の脂肪(眼窩脂肪:がんかしぼう)が年齢とともにふくらみ、皮膚をたるませてしまったり、油分の多い化粧品に含まれる流動パラフィンという成分の重みによって皮膚が垂れ下がったり、洗顔やクレンジング時の摩擦が皮膚のたるみを引き起こすこともあります。 目の下のたるみを効果的に改善するには、目の周りの筋肉を動かして内側から鍛える方法がおすすめです。 ただし、むやみに筋肉を動かせばよいというわけではありません。 筋肉の仕組みを理解し、正しいトレーニングを行いましょう。 眼輪筋(がんりんきん)を鍛えるエクササイズ 目の下のたるみを解消したければ、目の周りをぐるりと囲んでいる「眼輪筋」を鍛える表情筋エクササイズが効果的です。 眼輪筋とは顔に20種類ほど存在している表情筋のひとつで、目元に豊かな表情を作り出しているほか、涙液が溜まった袋(涙嚢)を押したり緩めたり、目の周りの血流を促すなど、さまざまな働きをしています。 表情筋を鍛えれば、重い皮膚を支える力を取り戻すことができるようになります。 年齢に関係なく筋肉は鍛えることができるため、今からでも始めてみましょう。 眼輪筋をあらゆる方向から鍛えるために、次の3種類のトレーニングを朝と晩に5回ずつ行ってみましょう。 眼輪筋全体を鍛える• 目を軽く閉じます• ゆっくりと目をギューっと閉じていき、そのまま5秒間キープします• 少しずつ目の力を抜いていきます• 今度は眉を上げて目をパッと開きます• 5秒間キープしてから、ゆっくりと自然な状態に戻します 上まぶた部分を鍛える• 人差し指を眉の上に置いて固定します• そのまま眉をゆっくりと上げていきます• 人差し指は上がってくる眉を下に押さえるようにして動かしません• 上まぶたが伸びるところで5秒間キープします• ゆっくりと元に戻します 下まぶた部分を鍛える• 口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします• そのまま目線を上に向けて目の下を伸ばしていきます• 下まぶたを引き上げるようにして、まぶしい表情をつくって5秒間キープします• ゆっくりと元に戻します 表情筋トレーニングのポイント 筋肉の動きが意識できるようになるまでは、必ず鏡を見ながら行いましょう。 指先で筋肉を軽く押さえながら行うと、皮膚がひっぱられるので筋肉の動きがわかりやすくなりますが、強く押しすぎるとシワを作ってしまうので注意しましょう。 また、表情筋も身体の筋肉同様、筋肉痛になります。 痛みや違和感があるときは休むことも大切です。 眼輪筋を鍛えるとともに、目尻から口元に伸びている「大頬骨筋(だいきょうこつきん)」や「小頬骨筋(しょうきょうこつきん)」という2つの頬の筋肉を鍛えると頬全体が上がります。 目の下のたるみが気になる方は、頬のたるみ対策も一緒に行うと効果的です。 目の下のたるみ改善にはマッサージも効果的? たるみを改善しようとマッサージにはげむ女性も多くいます。 しかし、このマッサージには注意が必要です。 目元の皮膚はとても薄くデリケートなため、肌をこするようなマッサージは摩擦を生じ、たるみだけでなくシミやシワといった肌トラブルを悪化させる要因になります。 また、顔は小さな筋肉や血液、リンパが入り組んでいるため、その流れに沿って効果的なマッサージを行うのは容易ではありません。 やり方を間違うと、血管やリンパを刺激してしまい血行障害を起こして、むくみを招くなどのリスクも考えられます。 マッサージを行うときの注意点 マッサージを行うときは、物理的に「肌を引き上げ」ようとするのではなく、滞りがちな血流やリンパの流れをスムーズにすることを意識しましょう。 お風呂上りなど血行のよくなっているときにクリームを肌になじませてから、小鼻の横からこめかみにかけて4本の指を軽く滑らせたり、目の周りの骨に沿って円を描くようにやさしくマッサージしましょう。 くれぐれも以下の点を忘れないようにしてください。 肉の仕組みや血液、リンパの流れを正しく理解する• 肌に摩擦を与えないよう、マッサージ用クリームなどを必ず使用する• 気持ちよいと感じる程度のやさしい力で行う 目の下のたるみを取るツボ押し 目の下のたるみを改善する方法としては、ツボ押しマッサージもあります。 目尻の斜め下の骨のくぼみにある「救後(きゅうご)」や、目の下の骨のすぐ上にある「承泣(しょうきゅう)」などの壺が効果的です。 詳しいやり方は で解説しています。 動画もありますのでぜひ参考にしてください。 ツボ押しを行う際もマッサージ同様、「心地いい」と感じるくらいの力で行うことを忘れないようにしましょう。 目の下のたるみ解消するために意識したい生活習慣 目の下のたるみの原因を解説するとともに、改善方法として表情筋トレーニングを中心にご紹介してきました。 目の周りの皮膚は薄くデリケートです。 たるみを解消するためにも、以下のような生活習慣を心がけましょう。 表情筋エクササイズで眼輪筋を鍛える• 生活では表情を大きく使うことを意識する• 長時間のパソコンやスマートフォン使用、姿勢の悪さなどを改善する• 目の周りのスキンケアやマッサージはやさしい力で行う.

次の