パパ活 運営会社。 【2020年最新】反響続々!本気で稼ぐ30代向けパパ活アプリの決定版!

パパ活の相場がヤバい!パパ活女子160人にメッセ→条件確認した結果

パパ活 運営会社

パパ活を始めてみたいな!と思っている方は、パパの探し方がわからず困っているかもしれません。 なるべくなら、お金に余裕のある優しいパパを見つけたいですよね。 そんな女性にオススメなのが、 パパ活相手が探せるサイトやマッチングアプリ。 一般的な出会い系サイトよりも、リッチな男性がたくさん登録しているのが特徴です。 なかには 食事だけで1万円ももらえる安全に稼げるもありますよ。 これから 登録男性の年収が高く、安全なサイト順に、最新のパパ活アプリ・サイトをランキング形式でご紹介。 理想のパパを見つけたい方はぜひ、参考にしてくださいね。 パパ活できるサイト・アプリTOP8!ここなら理想の相手に出会える それではさっそく、 パパ活にオススメのサイト・アプリをオススメ順にみていきましょう。 男女とも登録するにはスタッフとの面談が必要で、 出会い系のように気軽に誰でも登録できないところが他と違う特徴です。 とくに男性の入会審査は厳しく、身元確認が取れなければ登録ができないような仕組みになっています。 なのでクラブの秩序や高級なクオリティが保たれ、安心してパパを見つけることができるんです! また男性は年会費を払って登録するので、 お金に余裕があるパパばかり。 年会費は 30,000円~300,000円ほど。 それとは別でサービス利用料などもかかるため、年収が高いハイスペックな男性しか利用できないようになっています。 ユニバース倶楽部は、お金持ちのアッパー系のパパと繋がりたい方にオススメのサイトです。 身元証明済みかつ、高い会費を払っている余裕のある男性たちなので、 食事デートでお話しするだけで5000円~10000円がお礼としてもらえちゃうんです。 もちろん、意気投合したり、恋愛感情をお互いに抱けば、交際することもできます。 それを男性が見てアプローチするのが、基本の流れ。 でもプロフィール写真が暗めだったり、 映りが悪かったりすると男性から連絡するらもらえないことも多いんです。 あなたの魅力を最大限に引き出してくれますよ。 さらに衣装やメイクも用意してくれるので、いつもとは違った雰囲気に仕上げることも! 上の動画はユニバース倶楽部の撮影場所。 ワクワクメールの ココが気になる… パパ活専用のサイトではないので恋愛目的の男性もチラホラ… パパ活というキーワードがメディアなので広がり、パパ活を目的とする女性がとても多くなりました。 パパ活専用のサイトでは、男女のバランスが女性に傾き、条件のいいパパを取り合っているのが現状です。 そんなときにオススメなのが ワクワクメールを活用すること。 ワクワクメールはマッチングアプリの老舗です。 パパ活専用のサイトではないのですが 会員は800万人以上いるため、パパ活専用のサイトよりもパパ候補が多いです。 サイト内の掲示板にはアダルト禁止のものもあり、 カラダの関係は考えていない女性にピッタリ。 また掲示板のカテゴリーには他にも 『一緒にごはん』や 『まずはメル友から』など、あなたの求めている交際タイプを選んでパパを見つけることができます。 ユニバース倶楽部のようにマッチングを代行するサービスはありませんが、気軽にパパを探すならワクワクメールが適していますよ。 『夢を持った女性』『夢を応援したい男性』をマッチングする、というコンセプトなのでパパ活に好意的な男性が集まっています。 ラブアンのオススメポイントは、 なんといってもライバルが少なく、パパがすぐ見つかりやすいところです! 今は『パパ活』という言葉がメディアなので大々的に取り上げられ、 運営が長いサイトや有名なサイトではライバルが多くなかなかいい男性と巡り合えないのが実情…。 パパ活サイトで有名なペイターズやシュガーダディは、 月額5,400円~10,000円ほど。 ですがラブアンは 最大月額14,800円と、他よりも高めなんです。 そのため 年収1,000~2,000万円程のハイクラスな男性が、たくさん登録しています。 パパ活を行う上で、重要なのがマッチングサイトの会費。 高い会費を払ってパパ活サイトに登録している分、男性はマッチングすることに真剣です。 料金が高ければ高いほど、 心から女性をサポートしたいと思っている男性が多いという証になるんですね。 また、ラブアンでは男性のプロフィールに信憑性を持たせるため、 『本人証明』『年収証明』などのタグが設置されています。 出会いの目的やスケジュール、デート内容・場所などから男性を探せて、 確実にパパが見つかると評判。 また、 初回のメッセージでデートの日時や場所、内容を指定できるから、面倒なやりとりは必要ありません。 「せっかくマッチングしたのに、相手がパパ活目的じゃなかった…」 「なかなか予定が合わなくて、結局デートしないままバイバイ!」 他のサービスではよくあるこんなケースが、MITSUMITSUでは起こりにくいです。 また、 希望するお手当を設定できたり、あらかじめ空いている日を表示できたり…。 会員数が少ないぶんライバルが少ないので、パパをゲットしやすいのがメリットです。 さらにMITSUMITSUの男性会員は、 半数以上が年収1,000万円以上のアッパー層! 年収5,000万円以上の男性もいて、お金持ちパパを狙っている方にぴったりですよ。 ただ関東を中心に会員が増えているので、 地方在住だと出会いにくいかも…。 パパ活専用のサイトではありませんが、 登録している男性の平均年収は2000万とハイスペック。 ちゃんとお小遣いをもらえるのかな…と心配な方は、patoに登録してみてくださいね。 方法はpatoに友だちと登録して飲み会の募集に応募するだけ。 パパ活に興味がある女性も一人だと不安な方が多いかもしれませんが、友だちと参加できるサイトだと安心ですね。 世の中にはたくさんのマッチングアプリがありますが、パパ活ができると謳っているのはpatersだけです。 パパ活サイトと紹介しているだけあり、お金持ちの男性を効率よく見つける機能が目立ちます。 例えば、 年収額でパパを検索できたり、男性の所得証明書を確認できたり。 こんな機能はほかのマッチングアプリにはあまりないですよね。 登録している男性の平均年収は2000万ごえ! 男性会員の平均年収はなんと、 平均2000万以上。 お金にかなり余裕のある、紳士たちばかりが登録をしています。 男性利用料は 1ヶ月10000円・3ヶ月24800円・6ヶ月42800円と、ほかのマッチングアプリよりも高額ですし、 この利用料からみても、 経済的に余裕のある男性が多く登録しているとわかりますね。 ちなみに女の子は無料で登録ができるので、ご安心ください! 人気なサイトだけにライバルが多いのが気になるところ ひとつ気になるのが、会員の男女比。 男性2割に対して女性は8割とかなり偏っています。 なので条件がいいパパは、すぐに相手が見つかってしまうんです。 これからメディアに取り上げられると、さらにリッチなパパを求める女性会員が多くなり競争率が高くなります。 出会い系やマッチングアプリを使ったことがある方は、こんな風に思っているかもしれません。 そんな方にオススメなのが、 シュガーダディ。 都合のいい日程と場所をカレンダーに入力するだけで、 自動的にマッチングしてくれるシステムがあるんです。 スケジュールは3か月先まで埋めることができるので、予定も立てやすいですよ。 ペイターズに比べると男性会員の年収は落ちますが、手軽にパパ活をしたい方にオススメのサイトです! イククルの ココが気になる… パパ活専用アプリではないため堂々と募集できない 本気の恋愛を求めている男性も多め パパ活専用じゃないけど男性の会員数が多くすぐにパパと出会える イククルは 累計登録数1000万人を記録している、人気のマッチングサイト。 パパ活専用のサイト・アプリではありませんが、一般的な出会い系サイトより年収が高い男性が集まっているのが特徴です。 イククルのオススメポイントは 年収検索や趣味検索、タイプであることを気軽に伝えられる機能など、検索機能が充実しているところ。 掲示板や「いいね!」ができる日記なども含め、 マッチング率を高めるコンテンツが盛りだくさんなんです。 掲示板や日記などで、 堂々とパパ活の相手を募集できないのがのネックと言えます。 また純粋に恋人を探している会員が多めなのも気になるところ…。 ただ男性の会員数は上位2サイトよりも多いため、 ほかのパパ活アプリを使っているけど、なかなか理想のパパに会えない… そんなときはイククルを活用してみてください! でも、先ほども記載のとおりイククルは パパ活を応援するサイト・アプリではないところが難点。 掲示板や日記などで、 堂々とパパ活の相手を募集できないのがのネックと言えます。 また純粋に恋人を探している会員が多めなのも気になるところ…。 ランキング1位のpatersと比べても、そこまで変わらないですね! またまだ知っている女の子が少ないので 条件のいい男性の競争率が低く、すぐに出会えるところもハッシュマッチを使うメリット。 老舗の出会い系サイトのようにたくさんの男性を見つけることはまだできませんが、上位サイトに登録していい人がいなかったらこちらを活用してください。 ですが今回ご紹介したパパ活に最適なサイトやアプリを使うことで、 理想的なハイスペックなパパに出会うことができるんです! とくにユニバース倶楽部は 男性の会費が高額ですし、質の高いリッチなパパを見つけられますよ。 またユニバースの審査は厳しく、スタッフと面談してから登録になるので、 ほかのサイトよりも男性の質が高い傾向にあります。 なので安心して活用してくださいね。 まだ迷っている方、ここで決められずにいると、パパ活を始めるきっかけを逃してしまい、このまま時間だけが過ぎてしまいます…。 あのときパパ活していたら、 もっと余裕がある生活だったのに…こんなことが心のどこかに引っかかってしまうかもしれません。 今、ほんの少し勇気を出すことで、 欲しかった洋服もブランド物のバック、海外旅行もすべて手にすることができますよ。 やりたいことや欲しいものを我慢しない、自由な生活をおくっている自分の姿を想像してみてください。

次の

パパ活アプリのペイターズ(paters)とは?ペイターズについて詳しく解説!

パパ活 運営会社

パパ活をしている女性の中には、「予想よりパパ活で稼げない……」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?せっかく男性と会ってお小遣いを稼ぐのですから、もっと効率的に稼ぎたいと考えるのは当然ですよね。 さらにパパ活では、ドタキャンやストーカー被害のトラブル、肉体関係の強要など、さまざまな不安が付きまといます。 ここでは、パパ活の実態ともっと安心できる環境で、高収入を得られるお仕事についてご紹介します! パパ活で稼いでいる人の例 パパ活とは、男性とデートをする代わりにお手当と呼ばれる報酬を受け取る活動のことを指します。 最近では、ドラマのテーマになったり、ニュースで取り上げられたりと話題のパパ活。 パパ活をしている女性は、実際いくらくらい稼いでいるのでしょうか?パパ活をしている女性を対象に取ったアンケートを元に、月に稼げる金額や1カ月の収入などを見てみましょう。 月にいくら稼げるの? パパセツ編集部が行ったアンケートによると、パパ活で月に稼いでいる金額は、46%の人が1~5万円程度の金額しか稼いでいないことがわかりました。 稼げるイメージの強いパパ活ですが、思ったよりも少なく感じる人が多いのではないでしょうか? 1回のデートでいくら貰えるの? 1回のデートでもらえる金額は、1万円以下が40%、1万円~3万円が44%を占めています。 ちょっとしたお小遣いにはちょうどいい金額ですが、ブランド品のバッグや財布が欲しい!と考えている方にとっては、もう少し稼ぎたいですよね。 月に何回パパに合う? パパに会う頻度は、月に1回程度が35%、2週間に1回が31%という結果になりました。 パパ活女子が増え、パパになってもらえる機会が減ったことや、パパと予定を合わせるのが難しいということが影響していると考えられます。 パパ活に向いている人 パパ活をするのに向いている女性には、次のような特徴があります。 社交性がある人• 相手を喜ばせるのが好きな人• 気を遣える人• 行動や仕草が美しい人• パパがお金を払ってあげたいと思える人 パパ活では男性の話を盛り上げて幸せな時間を過ごしてもらうことが重要です。 そのため、社交性が高く、大人の男性と楽しく話せる女性はパパ活にぴったりな性格といえるでしょう。 さらに、パパの多くは何も目的が無くお金を稼ぎたい女性では無く、夢を追いかけていたり、将来に対して明確な目標があったりする女性を支援したいと考えています。 パパ活のリスク 一見、男性と楽しくデートをするだけでお金が稼げて簡単な仕事に思える「パパ活」ですが、そこにはリスクも存在します。 肉体関係に発展する恐れがある パパ活では肉体関係を条件にしてお手当を受け取ってはいけません。 なぜなら、「対価を受け取って不特定多数の相手と肉体関係を持つこと」は処罰を課せられる行為だからです。 もし、男性と肉体関係を持ってしまったらそれはパパ活ではなく「売春」や「不倫」となり、罰せられる恐れがあります。 トラブルに発展する恐れがある 肉体関係を持たないパパ活をしている場合でも油断は禁物です。 支払うと言った対価を受け取れなかったり、デートの途中で逃げられたりしたときの金銭の補償は誰もしてくれません。 他にもデート中に暴力や暴行を受けてしまったり、パパがストーカー行為を働くようになってしまったりしても誰もトラブル解決に介入してくれないのです。 自分の身に起こることは、全て自分で対処しなければならない、それがパパ活の大きなリスクといえるでしょう。 パパ活体験者の声 パパ活を行っていた、パパ活女子が実際に体験したお話です。 高額なお手当をもらえるからといって、良いことばかりでではなく、リスクがあることをしっかりと覚えておきましょう。 家に着くまでこっそり後ろをついてこられていたみたいで、家に着いて鍵を開けようとした瞬間に後ろから「家ここだったんだ?」と声をかけかけられました。 それまでいい人だったので急に怖くなって急いで引っ越ししました。 パパ活よりもリスクが少ないチャットレディがおすすめ リスクを考えると、パパ活にチャレンジするのは怖いですよね。 それでは、安全に高収入を稼げる方法などあるのでしょうか。 パパ活のほかに「男性と接してお金を稼ぐ方法」といえば、水商売などのイメージが強いものですが兼業で夜の仕事をするのは体力的にもしんどいですよね。 そこで、おすすめしたい仕事がチャットレディです。 チャットレディなら、パパ活で考えられるリスクのほとんどを回避して、お金を稼ぐことができるのです。 チャットレディとは? チャットレディとは、パソコンからチャットに接続し、男性と会話やビデオを行って報酬を受け取る仕事です。 必要なものは、インターネットに接続できるパソコンと、マイク、Webカメラだけ。 もちろん、パソコンがない人や自宅で仕事ができない人は運営会社が用意しているブースまで出勤してお仕事することも可能です。 女性が得られる報酬は、男性が課金したポイントによって変わるので、通話が長くなれば長くなるほど、受け取れる報酬も増えていきます。 楽しく男性と話すだけでお金が稼げるなんて夢のようですよね。 メリット チャットレディには、この仕事ならではのメリットがたくさんあります。 直接会わなくて良い パパ活とは異なり、チャットレディは直接相手の男性と会う必要がありません。 パソコン越しに言葉を交わすだけなので、直接暴力を振るわれてしまったりセクハラを受けたりするトラブル会うことがないのは、嬉しいポイントですよね。 金銭トラブルがない 男性が支払う料金と女性が受け取る報酬の間は、運営会社が仲介しています。 「たくさん働いたのに、男性がお金を振り込んでくれない!」などの金銭トラブルもなく、働けば働いた分だけ確実にお金を手に入れられる仕組みとなっています。 実力次第では、2時間で10万円以上稼げることも。 多くのチャットレディ運営会社では日払いや週払いにも対応しています。 数日後、急にお金が必要!なんて時でも、すぐにお金が手に入るのはとてもありがたいですよね。 いつでも働ける パパ活は、一からパパを探さなくてはいけませんが、チャットレディは専用サイトにアクセスするだけで始められます。 自分が働きたい隙間時間にログインするだけで仕事ができるので、本業や子育てに忙しい女性でも安定した収入を得られるでしょう。 もちろん、店舗にあるチャットルームも24時間使えるので、生活スタイルに合わせてチャットができます。 年齢制限がない チャットレディに、年齢制限はありません。 「男性と接する仕事は若くないと稼げないのでは?」と思っている方が多いのではないでしょうか?パパ活は、大学生や20代前半の若い女の子とデートしたいと考えている人が多い傾向にありますが、チャットレディに登録している男性の中には、40代の落ち着いた女性と話したいと考えている方もいます。 年齢制限がないチャットレディのサイトには全国からたくさんの男性が登録しているので、そう言った幅広い趣味嗜好の人も集まりやすくなっています。 だからこそ、40代以上の女性でも長くお仕事を続けられるのです。 デメリット メリットがたくさんあるチャットレディのお仕事ですが、もちろん、忘れてはいけないデメリットも存在します。 お仕事をしていく上でデメリットを把握しておけば、それに対する対策も行えるので以下のポイントを押さえておきましょう。 スクショを取られる恐れがある チャットレディで一番のデメリットは、ビデオチャットをするときにスクリーンショットを取られてしまう恐れがあることです。 周りに秘密にしていても、スクショが拡散されるとチャットレディで働いていることがバレてしまうかもしれません。 しかし、男性会員さんには、スクショやネット上での拡散は禁止されています。 また、チャットレディのチャットルームでは通話だけの会話を楽しんだり、プロフィールに顔を表示しない設定を選んだり、身バレを防ぐ方法が用意されています。 スクショによる拡散行為を避けたい場合には、これらの設定を活用しましょう。 待機時間が多くなってしまう恐れ チャットレディは基本的に、女性がチャットルームに待機して男性がチャットルームの一覧から、好きな女性を選んで入室し会話を楽しむスタイルです。 そのため、時には待機時間が長く時給換算するとあまり稼げなかったなんてことになってしまうかもしれません。 そんなときは、プロフィールを魅力的な内容に更新したり、常連客にメールを送ってみたりすることで、男性の興味を集めることができます。 努力の積み重ねで待機時間がないどころか、男性が待ってでも話したいと思う人気チャットレディになることも不可能ではありません。 チャットレディはいくら稼げる? 実際にチャットレディで働いている場合、だいたいどれくらい稼げるものなのかは誰もが気になるポイントですよね。 実際にチャットレディで働いている人の情報を見てみましょう。 Cさん(30代前半) チャットレディ歴:4年目 年齢:34歳(専業チャットレディ) 出勤回数:週5回(20日) 月収:110万円 Cさんは34歳の女性で、専業チャットレディとして働いています。 常連も多くついているベテランチャットレディのため、出勤時間は常連の男性との事前約束を活用して、週に5日程度、調節しながら決めています。 1回の収入だけでなく、ボーナスが加わって月収はなんと平均110万円にもなるのだとか。 専業で働いていても、これだけ稼げれば将来も安心ですよね。 パパ活とチャットレディの違い パパ活とチャットレディどちらも男性と接することで収入を得る仕事ですが、この2つにはいくつもの違いがあります。 チャットレディ パパ活 勤務形態 好きな時間に出勤できる パパと予定を合わせて決める 年齢 30代・40代でも活躍できる 若い方が有利 報酬額 2時間で10万円も可能 1回1万円程度が相場 収入の安定さ 常連さんを増やせれば安定 月極パパを見つけられれば安定 リスク スクショを撮られる恐れ 詐欺やストーカーなどの恐れ このように、パパ活とチャットレディには大きな違いがいくつもあります。 どちらで働いた方が安全な環境で安定した収入を得られるかよく考えてから、決めるようにしましょう。 チャットレディ利用者の声 もともとパパ活をしていたのですが、インターネットでチャットレディという仕事を見つけて、興味半分で応募してみました。 実際始めてみると、パパ活の時にあった悩みがほとんど解消された上に、私には仕事が合っていたようで安定した収入が稼げるようになってとても助かっています。 パパ活をしている時は、やっぱりパパにドタられたり、肉体関係を提案されたりしてそれを上手く交わすのがすごく面倒だったんです。 チャットレディは男性と直接会うわけではないし、「会ってデートしてほしい」という申し出は規約違反なのですぐに断ることができます。 「断って稼げなくなったらどうしよう」と不安に思いながら相手からの嫌な提案を断るのはストレスがすごかったので、今は気が楽ですね。 あと、以外にイメージされていないことなんですけど、パパ活はパパのスケジュールに振り回されがちなんです。 デートの時間は長時間なので、1日潰れてしまうのもちょっと不便でしたね。 チャットレディは自分が働きたい時に働いて、短時間で報酬を稼げるので、自分の時間を有意義に使いながらお金が稼げるようになったと思っています! チャットレディを始める時は不安がいっぱいでした。 まず、会社に面接に行くのが怖かったですね。 普通の飲食店やサービス業のアルバイトをしたことはあるんですが、やっぱりチャットレディと言う形態がイマイチ分かっていなかったので、怖い人が出てきたらどうしようと思っていました(笑)実際、スタッフの方に会うととても親切で丁寧な対応をしてもらえました。 怖そうな人は全然いなくて、女性スタッフも男性スタッフも気さくで優しそうな人ばかりだったので、不安が和らぎました。 チャットレディ自体も、初めてやる仕事だったので「どんなことをすればいいのか」が全然わからなくて、そこも不安でした。 でも、実際働き始めるとスタッフの人が仕事内容を丁寧に教えてくれて、その際のちょっとしたコツやテクニックはもちろん、機材の使い方やトラブルの対応例なども細かく伝えてくれたので違和感なく仕事を始められたと思います。 いざ仕事をしてみると、男性と文字で会話をするだけなので意外に緊張感を感じず楽しく仕事ができました。 一人で始める仕事は不安も多く、始めるに二の足を踏んでしまっていましたがスタッフのサポートがとても心強く、手助けしてもらえることがこんなに励みになるのか、と驚いています。 お店の選び方 では、実際にチャットレディとして働くには、どこを選べば良いのでしょうか。 選ぶときのポイントについて見ていきましょう。 サポートがしっかりしているところ 「初めてチャットレディをする」という人は、やり方や稼ぐコツなどを丁寧に教えてくれる会社を選びましょう。 どんな仕事でも、最初の研修や教育が行き届いているところは長く働きたいと思えるものですよね。 運営スタッフが丁寧な研修をしてくれるところや、質問にすぐに答えてくれるところを選べば、幸先の良いスタートダッシュが切れるはずです。 セキュリティ対策 運営会社に対してチェックしておきたいのは、最初の対応だけではありません。 特に注目したいのは「セキュリティ対策」です。 本名や電話番号、口座番号などお金を稼ぐのに必要な情報が万が一、サイトから流出してしまったら大問題ですよね。 サイトの運営状況をよくチェックして、セキュリティへの意識が高い会社を選ぶようにしましょう。 ボーナスの支給はあるか 優良な運営会社では、女性の働きによってボーナスを支給する制度を設けています。 自分の努力に対して会社が評価してくれるという事実は、収入が増える喜びだけではなく、認められたという喜びも得られるでしょう。 会社を選ぶ時には、そういった特典があるかどうかも比較してください。 サポートの充実している【アリス】がおすすめ! チャットレディを運営している会社はいくつかありますが、その中でも「アリス」がおすすめです。 アリスの場合は、なんとチャットレディとして働きながら社会保険に加入することが可能。 個人事業主というくくりになってしまうチャットレディにとって、安定した会社の社会保険に加入できるのは生活を守る強い味方です。 確定申告のサポートがある また、チャットレディ一本で生計を立てている女性の場合には、収入によって定められた税金を計算するための「確定申告」を行必要がありますが、専門的な知識が必要なので難しい、と後回しにしてしまう人も少なくありません。 確定申告を正しく行わないと脱税していると判断され、多額の追徴課税を請求される恐れがあります。 アリスなら、難しい確定申告のやり方をスタッフがサポートしてくれるので、安心ですね! サービスの充実 さらにアリスでは、自宅の環境ではチャットレディとして働けないという人に対して無料でチャットルームを提供しています。 女の子らしく清潔な個室で仕事ができ、さらにメイク道具や衣装も無料で貸し出してくれるので男性へのサービスにも幅が広がり、さらに収入がアップするかもしれません。

次の

運営会社

パパ活 運営会社

「現代の闇」と言われているパパ活!では10人に1人がパパ活の経験があるという調査結果がでていたりします。 そんなパパ活を斡旋しているサイトやアプリが沢山あるなか、 業界最大手「ユニバース倶楽部」のマーケティングコンサルをフリーランスとして受けていました。 今月で業務終了になるため、 実名でリアルな業界裏話と実際の体験談を公開してみようかなと思います。 そのため会社名や、アプリ名は基本記載しない意向です。 そして全てあくまで個人の見解です! 1:筆者のプロフィール 大学卒業後、イギリスのLeicester大学院に進学。 進学後「なんか違うなー」と軽い気持ちで退学+現地の広告代理店に就職、約2年後に日本帰国後株式会社ベガコーポレーションにて越境EC「DOKODEMO」のマーケティングを行う。 2019年2月に方向性の違いにより独立を決意し越境EC「」を設立&全部自社開発、またフリーランスで広告運用代行、マーケティング、コンサルをするようになり現在に至る。 (現在は広告代理店、越境EC、ジュエリー通販の2社の代表かつ1社の役員です。 ) 名前:JUN KOJIRI 年齢:28歳 職業:フリーランスのマーケター、3社の役員 Twitter: 広告代理店HP: 2、本名で裏事情を公開の理由!信ぴょう性大事! 「パパ活業界、夜系」は本名ではなく営業ネームでの情報発信で本名を使わないことがよくあります。 これは誰かからヘイトを貰う可能性もあり、従業員のリアル生活に支障をきたすこともあるからです。 じゃあなんで今回は実名で公開しているのか?というと・・・ 本名じゃない時の信ぴょう性って微妙だなって思って実名で公開をすることにしました。 3、経歴に傷!案件受ける理由!推奨はしていない! フリーランスで広告運用をしていると、ホスト、キャバクラ、風俗、パパ活など夜の仕事のマーケティングやサイト制作の案件相談がよくあります。 特にやってくれる人が少ない業界だから・・・・よく回ってきます笑 よく言われるのが、 なぜそんな案件をやるのか?経歴に傷がつくし、反社の可能性もあるから危険じゃないの?と聞かれます。 でもマーケティングをする上で業界って関係ないのかなって思ってます。 もちろん、「情報商材、マルチ、法律に違反するもの」は絶対しませんが法律に則っている会社であれば公平に仕事を受けたいなと思っているからです。 要は、仕事は仕事、好き嫌いではないんです。 ちなみに反社チェックは絶対します。 そして、マーケティングをしているからといって僕はパパ活自体を推奨はしていません。 4、パパ活とは?ズバリ大人の関係でしょ? 最近、ネットでもテレビでも話題のパパ活ってなに?というお話です。 パパ活とは 18歳〜38歳ぐらいまでの女性と、年収1000万以上の30代後半〜70歳ぐらいまでの男性が 「金銭的な支援」を前提にする交際のことです。 含みをもった、 「金銭的な支援(別名:お手当)」を前提にする交際とはどういうことかというとホントに人によって様々でディープなところからライトなところまで様々です! ライトなパパ活:「お食事やデート」をするだけのパパ活 ディープなパパ活:「大人の関係」が前提のパパ活 そんなライトな関係とディープな関係があるパパ活だけど、実際は8割ぐらいはディープな関係じゃないかな?って僕は思ってます。 というのも最初はデートだけといってお金を稼いでいくうちに感覚が麻痺していく女の子が多い印象です。 5、パパ活のお手当相場はどれくらいなのか これはあくまで僕の個人調べです。 パパ活のお手当相場はパパとの関わり方によって、またパパ活女子とパパ(おじさん)の 完全に個人間のやり取りで、本人たちの交渉のみで値段は決められていきます。 しかしながら、ほとんどの人が下記の金額ぐらいなのではないのかな?と思います。 ディープな大人の関係:3万〜5万円 ライトな食事のみの関係:0. 5万〜1万 よくネットで出回ってるパパに1000万貰った!100万貰った!なんて僕は嘘だと思ってます!笑 けど、ディープな関係で10万20万ぐらいもらってる人はたまにいるみたいです。 1、どういう人がパパ活をしているのか? パパ活をしている人ってどんな人が多いの?という点についてを記載していきます。 あくまで個人的な解釈です!笑 【男性編】 パパ活をしているいわゆるパパの多くは 「40代〜50代の寂しいお金持ち」が多いのかなという印象です。 既婚をしている人の割合が多く、ある程度の収入(1000万以上)がある裕福層の男性が風俗では飽きて、素人の女の子と遊びたいという気持ちからはじめる人が多いのかなと感じます。 大半が経営者や高所得の役職者であり、会社員のサラリーマンとは違い家族にも友達にも相談が出来ない。 孤独との戦いをしている人が殆どを締めているのではないかなと思います。 やりたいだけではなく、 心の寂しさを埋めるためにパパ活をしている人が多いです。 【女性編】 女性の場合は3通りぐらいあります。 1つ目はもともと夜系の仕事をしている人、2つ目は生活費に本当に困っている人、3つ目が遊ぶお金が欲しいからやっている人と様々です。 なかにはSEXが好きで、お金も貰えるの最高じゃん?って人もいますが超少数派! そして夜の仕事ではなくパパ活をやる理由は「簡単に出来てしまうこと」だけではなく、 「私は夜の仕事をしていない!パパ活をしているだけ!」とプライドを捨てきれない人が多いからだと思います。 社会人として働き、休みの日や仕事終わりにパパ活をしている人の多くは、お夜の仕事を蔑んでいたりして、 パパ活だから夜の仕事じゃないから、私はそこまで落ちていないと考えている人も多いことを知りました。 そんな人を僕はこう呼んでます「パパ活嬢」! 僕は風俗もキャバクラも立派な仕事だと思うんですけどね。 意外とみんな下にみている人が多いのかな。 2、清楚系女子が一番危ない!清楚系に騙されるな!笑 パパ活をやっている女性はどういう人が多いのか?という点について補足をしていくと、清楚系、綺麗系、真面目系が多いです。 パパ活のマーケティングを行う前は、ギャルとかキャバ系がやっているのかな?と思っていました。 でも意外とそんなことはなく、むしろそういう人は少ないのがパパ活です。 清楚系女子程やっている人が多いことなんのって・・・・絶対経験人数1人とか2人でしょ!みたいな清楚系が実は100人斬りしてます!みたいなのも結構います。 渋谷とか街で見かける清楚系女子、2人に1人はパパ活してる説を僕は提唱したいと思ってます!笑 7、結局、風俗と何が違うの? よく風俗と何が違うのか?という話が出てきます。 筆者の僕も結局そういうことでしょ?と思っていましたが意外と違います。 もちろん人によります。 けどパパ活はあくまで「恋愛」であって「ただやれればいい」というものでは男性からするとないものです。 過去に話題になったのが、一般的な男女の恋愛では「心から温まり、恋が生まれ、体の関係に至る」ものですが、パパ活とは「 お金で表面上の愛と体を買い、後から少しずつ心が温まってくるもの」です。 最初は確かにお手当ありきで、ただの体の関係かもしれないけれど定期的に会っていくにつれて、 「お互いに心もどき」のようなものが手に入り、満たされないものを満たしていく関係です。 女性からしたら、ただお金を貰うATMとの付き合い方かもしれないけれど、男性からすると 「普段の満たされない思いを埋めることができる」関係が作れるのがパパ活です。 風俗でもキャバクラでもきっと手に入れられないもので、あくまでお金が絡んだ恋愛なんです。 8、パパ活はどこでやるのか?交際倶楽部とは? パパ活アプリ・サイト(交際倶楽部)と2種類あります。 今回はPRではないので、一切アプリやサイトは紹介しませんが形式だけ説明をします。 パパ活アプリ・サイトを運営するには2種類の資格があります。 1、インターネット異性事業届 アプリなどオンライン上での出会いのみになります。 いわゆる出会い系アプリです。 一方で、アプリによってはパパ活アプリとかしているものもあり、実はこれってユーザーが勝手にやっているだけでパパ活を推奨しているわけでもなんでもないよ!!!!!というのがアプリ運営者の見解です。 そのため、 「特別な関係が作れるマッチングサービス」と含みを持った言い方をします。 2、東京都デートクラブ条例届 主に交際クラブが上げられます。 初回だけ男女の仲を取り持ってそれ以降は自分たちで自由恋愛してね!というもの。 ここで注意が必要なのはそれ以降の関係に関しては一切関与をしていません。 こちら側も、あくまでユーザーの自由恋愛を手助けしているだけです。 9、アプリと倶楽部とどちらがいいのか? 実際どっちがいいのか?というと難しいところで、アプリは月額1万円ぐらいで初めれるのに対して、倶楽部系は入会金だけで10万円以上かかったりします。 ただし匿名性だったり、アプリと違って不特定多数に情報がさらされるわけではなく、女性・男性ともに当日バックレなどが比較的ないところがいいところになります。 詐欺写メとかもないです。 おすすめについては、うーん、、、TwitterでDM下さい。 最後に 筆者は、風俗に行ったことも、キャバクラに行ったことも一切ありません。 今後も行くことはないですし、普通の純粋な男の子です!笑 パパ活業界のマーケティングを請け負うまでぶっちゃけ言葉すら聞いたことすらなかった!笑 今となっては、いい経験ですがパパ活なんて言葉しらなきゃよかったし純粋に生きてたかったと思いました。 純粋な僕の中では足を踏み入れれば踏み入れる程大切な何かを失っている気持ちが強く感じられました。 実際に体験して、実際に裏事情を知って僕は登らなくてもいい大人の階段を登ってしまったのかなと思ってます。

次の