外出 自粛 要請 大阪。 大阪府の外出自粛要請期間はいつからいつまで?ランニングや公園はいいの?

大阪 外出自粛要請で戎橋も黒門市場もガラガラ…「体力あるし大丈夫」危機感薄い若者も― スポニチ Sponichi Annex 社会

外出 自粛 要請 大阪

安倍晋三総理は4月7日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、緊急事態宣言を発令した。 埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に4月7日~5月6日の1カ月間、外出自粛を強く要請する。 緊急事態宣言の全文は以下の通り。 安倍総理 基本的対処方針等諮問委員会において、新型コロナウイルス感染症については、肺炎等の重篤な症例の発症頻度が相当程度高く、国民の生命および健康に対して重大な被害を与える恐れがあり、かつ、感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ、急速な増加が確認されており、医療提供体制もひっ迫してきているとされました。 このような状況について、全国的かつ急速なまん延による国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したと判断し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づき、緊急事態宣言を発出いたします。 緊急事態措置を実施すべき期間は、本日、令和2年4月7日から5月6日までの1カ間とし、実施すべき区域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県および福岡県の7都府県となります。 なお、感染拡大の状況等から措置を実施する必要がなくなったと認められる時は、すみやかに、緊急事態を解除することといします。 この後の記者会見で、国民の皆様には、改めて私から詳しくご説明いたしますが、緊急事態を宣言しても海外で見られるような都市封鎖を行うものではなく、公共交通機関など必要な経済社会サービスは、可能な限り維持しながら、密閉、密集、密接の三つの密を防ぐことなどによって感染拡大を防止していく対応に変わりはありません。 他方で、緊急事態措置の実効性を高め、爆発的な感染拡大を防ぐためには、今般、改訂を行った基本的対処方針に基づき都道府県からの外出自粛要請等への全面的なご協力や社会機能維持のための事業の継続など国民の皆様、お一人お一人に十分なご協力をお願いする必要があります。 もっとも重要なことは、何よりも国民の皆様の行動変容、つまり、行動を変える。 専門家の試算では、私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には、感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます。 効果を見極める期間も含め、ゴールデンウイークが終わる5月6日までの1カ月間に限定して、国民の皆様には、7割から8割削減を目指し、外出自粛をお願いします。 政府においては、この国家的な危機にあたり、国民の命と健康のことを第一に、都道府県とも緊密に連携しながら、感染拡大の防止に向けた取り組みを進めて参ります。 各位にあっては、今後とも基本的対処方針に基づき、対策に全力を挙げてください。

次の

大阪 外出自粛要請で戎橋も黒門市場もガラガラ…「体力あるし大丈夫」危機感薄い若者も― スポニチ Sponichi Annex 社会

外出 自粛 要請 大阪

大阪府の吉村洋文知事は27日夕、新型コロナウイルスの感染が急増する懸念があるとして、今週末は不要不急の外出を自粛するよう府民に求めた。 先週末は兵庫県との往来自粛を求めたが「危険な状況にある」として対象を拡大。 兵庫県や首都圏の5都県も外出自粛要請をしており、週末は2大都市圏で市民の行動が大きく制限される。 この日、大阪府はプロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)を含めて、過去最多となる計20人の感染を発表した。 18人は現段階で感染経路が不明。 感染経路の分からない人は72人となり、集団感染が起きたライブハウスに関係する感染者数を上回った。 そのため「この週末はできるだけ不要不急の外出を控えていただきたい」と求めた。 20日から22日の先週末の3連休は、大阪府と兵庫県間の不要不急の往来を自粛するように求めていた。 感染者が27日までに両府県で計586人、4月3日までに計3374人に急増するという厚生労働省のクラスター班の専門家が作成した試算を根拠にしていた。 実際、両府県で感染者は増えたが、26日時点で大阪府で156人、兵庫県は120人と、試算より大幅に少ない。 吉村知事は「兵庫県の陽性者は(ここ数日)1日1、2件で推移している。 大阪だけ陽性者が増えているので、大阪の皆さんに(自粛を)お願いした」と話した。 兵庫県の井戸敏三知事も27日の会見で、19日から31日までとしていた不要不急の外出や、大阪など人口密集地との往来の自粛要請を、4月7日まで延ばすと明かした。 大阪府の要請は、兵庫県や26日に東京都や神奈川県、千葉県など首都圏の5知事が共同要請した外出自粛と同様のものだ。 いずれも13日に成立した改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくものではない。 (増田勇介、森下裕介).

次の

外出自粛・休業要請 大阪が解除の独自基準「大阪モデル」検討

外出 自粛 要請 大阪

新型コロナウイルスに伴う休業要請に応じて大半の店が営業を自粛したが、中には要請に従わなかった店も存在した。 緊急時における「営業の自由」とは。 5月初旬、大阪・ミナミ。 大阪府の時短営業の要請に従い、多くの飲食店が店を閉じる午後8時、雑居ビルにある一軒のショットバーが店を開けていた。 「閉めようかと迷うことも一切ないですね」 カウンター席が5席だけの店内で、男性店主(33)が言った。 コロナの感染が拡大する中、一日も休業していない。 店の入り口は開けて換気はしているが、接客中にマスクも着けない。 「地球上で最後の店になっても営業は続けますよ」 少しおおげさに聞こえた。 なぜ、そこまでこだわるのか。 何度か店に通い、少しずつ尋ねていくと、その理由がわかった。 「客いる限り、店は閉めない」 高校時代から周囲と趣味が合わず、友だちはいなかった。 会社員時代の元上司に勧められ、30歳でバーを開いた。 1日1人しか客が来ない日も続いた。 だが、同じビルの他店から流れてくる客が次第に増えた。 バーという小さな空間では、うまく人間関係が築ける気がした。 「この場所に救われた。 来てくれるお客さんがいる限り、店は閉めない」。 コロナ禍前から1年365日ほぼ休みなしで営業を続けているという。 店主の生き方は理解できた。 ただ、こうも思った。 今、抗(あらが)う相手は休業を要請する行政だけではない。 新型コロナという感染症だ。 客や従業員が感染して死者が出たら、どうするのか。 「冷静にみて、うちの客層と同….

次の