オリックス銀行カードローン。 価格.com

カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンでおまとめをしようか迷っていませんか? オリックス銀行カードローンは少し前までおまとめローンの代表格でしたが、最近になって審査が非常に厳しくなったのでまとめたいなら「違うカードローンを使うべき」です。 このページでは銀行でカードローン担当を経験してきた筆者が、オリックス銀行カードローンのユーザー100人のアンケートに基づいて以下の流れで紹介していきます。 本ページを読んでいただけば、オリックス銀行カードローンをおすすめしない理由から代わりに申し込むべきカードローンをご理解いただけます。 おまとめローンとしては「おすすめできない」 おまとめローンとは以下のように、複数のカードローンを一社にまとめる仕組みを指します。 おまとめをすると以下のようなメリットやデメリットがあります。 メリット デメリット• 毎月の返済が1回になるので管理が簡単!• 毎月の返済の負担が減る• 利率が低くなる可能性大!• 支払い総額が高くなる可能性がある• 審査が厳しい• 詐欺にあったという声も! そもそもあなたはおまとめをすべきなのかが気になる方は「」を参考にしてみましょう。 カードローンのメリット・デメリットをご理解した上で、あなたが本当にローンをまとめるべきかご理解いただけます。 オリックス銀行カードローンのおまとめの評価 オリックス銀行カードローンはおまとめローンとしては残念なからおすすめできません。 総合pt 3. 申し込んでも通らないので、正直おすすめできません。 金利 1. スピード 3. 審査 1. オリックス銀行は、 そこまで金利が低くなくいい条件で借りられるわけではないのに、審査に通りにくいのでおすすめしません。 最近、銀行のおまとめローンは審査が難しくなりましたが、「」は口コミなどをみても審査が厳しくなりすぎておらず「穴場」とも言われいています。 これらに関して、後ほど紹介していきますが、まずはオリックス銀行をおすすめしない理由から解説していきます。 オリックス銀行をおすすめしない2つの理由 ユーザーからの口コミや昨今の状況などから、以下の面でオリックス銀行はおまとめ先としておすすめできません。 審査が厳しい• 金利がやや高い 2-1. 審査が厳しい オリックス銀行は2017年の春からおまとめのユーザーを歓迎しなくなりました。 そしてそれには理由があります。 今までオリックス銀行だけでなく、銀行は消費者金融以上に簡単に高額なお金を借りられたので、銀行からたくさん借りてお金を返せない人が続出するようになりました。 そして金融庁や総理大臣からも改善を求められた結果、各銀行はおまとめローン(カードローン)の審査を厳しくしたのです。 これらは以下のようにニュースにもなりました。 引用: こんなことがあり、2017年春あたりから銀行のカードローン、特におまとめローンは審査が非常に難しくなりました。 オリックス銀行に関しては 前までホームページに「おまとめ歓迎」と記載されていたのに2017年5月にそれが消えました。 ちなみに、このニュース以降、当サイトで実施したアンケートでもオリックス銀行カードローンの審査の通過率は21人中3人と、全く通らなくなっていることがわかりました。 2-2. 金利がやや高い これって失敗なんですかね、、 オリックス銀行カードローンは銀行の中では金利が少し高めです。 特に100万円未満の場合だと最大で17. 90万円借り換えの時の金利 オリックス銀行カードローン 12. まとめ 以上の2つの理由ことから私はオリックス銀行でおまとめをすべきではないと考えています。 銀行は基本的におまとめに対して厳しくなりました。 どうしてもおまとめローンをしたい方は、「」のような 穴場と呼ばれている銀行を使ってみましょう。 どちらも審査が厳しくなさすぎず、オリックスよりも金利などの条件が良いと評判です。 では次の章でこれらを詳しく解説していきます。 おすすめのおまとめローンはイオン銀行カードローン ではオリックス銀行カードローンの代わりに申し込むべき「」を紹介します。 3-1. イオン銀行カードローン 「」は、イオングループの銀行「イオン銀行」のカードローンです。 今までも無理な貸し出しを行って来なかったことから、 他行のように厳しすぎる審査にはなっておらず、十分借りることができます。 当サイトでのアンケートでも、「他はダメだったけど、イオン銀行ならまとめられた」という声が多数ありました。 また、オリックス銀行では17. イオン銀行には別に「」というサービスもありますが、基本的に書類の提出が全てWEB上で簡単にできてしまう「」の利用がおすすめです。 カードローンでもおまとめには十分対応していますし、金利もほぼ変わりません。 運営会社 金利 3. 審査に通る可能性を飛躍的に上げる3つのポイント おまとめローンの審査に通るためには、以下の3つのポイントを守りましょう。 4-1. 申し込みは1社ずつ あなたがおまとめローンに申し込んだという情報はほぼ全ての貸金業社で共有されます。 そして、短期間のうちにあまりに多くの申し込みをしていると、「この人はよほど切羽詰まっているのか」「他社も落ちたこの人は本当に大丈夫?」という疑問を持たれ通るはずだった審査も落ちやすくなります。 そのため、申し込みは一気に複数社に行うのではなく、 通りそうなところから1社1社申し込みを行なっていくことをおすすめします。 4-2. 申し込み時にミスをしないように 申し込み時申告した内容に誤りがあるとそれが原因で落ちる可能性があります。 嘘の申告をしてしまうことはもちろん、うっかりミスで誤った情報を使って申し込んでしまうと「虚偽の申告」と捉えられて一発アウトになる可能性があります。 特に、おまとめローンの時に注意すべきなのが、他社からの借り入れ状況です。 複数社から借り入れを行っていて、どこからいくら借りているかわからなくなってしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと整理をした上で申し込みをすることが重要です。 4-3. きちんとおまとめローンと申告をする オリックス銀行カードローンは利用目的を選べるため、きちんと「借り換え」を選択しておきましょう。 普通の目的だと「この人こんなにたくさんの会社から借金してるけど大丈夫か…? 」と思われてしまいますが、おまとめローンであれば「まとめたいんだな」と事情を理解してもらえます。 ポイントは申し込みのタイミングで「おまとめローンです」と伝えることで、今のローンをまとめたいということを前提で審査をしてくれます。 さいごに オリックス銀行カードローンでのおまとめに関して、紹介してきましたが、いかがでしたか。 オリックス銀行カードローンは銀行の中でも審査が最近厳しくなったのでおすすめできません。 しかし、それでもオリックスに申し込みたいという方はオリックス銀行の公式ページ「」から行いましょう。 ただし、おまとめの審査に通りにくい、金利が高いなどの理由で私はオリックス銀行への申し込みあhおすすめしていません。 おまとめをしたいのであれば、審査が過度に厳しくなっていない「」でおまとめをすべきと考えています。 以上のカードローンも視野に入れることをおすすめします。 あなたが最高の形でおまとめできることを心から祈っています。

次の

オリックス銀行カードローンの増額(増枠)審査の秘密。限度額を引き上げたいならゼッタイ見て。

オリックス銀行カードローン

カードローンは、大きく分けると 銀行カードローンと 銀行以外の消費者金融や信販会社が提供しているカードローン(ノンバンクカードローン)があります。 基本的に、サービスとしては同じものです。 決められた融資限度額内で何度でも借入できて、分割で返済していくことができるというものですね。 しかし銀行カードローンとノンバンクカードローンでは、 金利や審査基準、融資限度額などさまざまな点で違いがあります。 今回は、銀行カードローンのおすすめをランキング形式で紹介していきたいと思います。 信用性の高い金融機関となれば、やはり銀行カードローンを選ぶのが理想的です。 しかし銀行と言っても、全国にたくさんありますから、どこが良いのか迷うところ。 現在問題となっている銀行カードローンの過剰貸付の話も絡めながら、銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットについてお話していきます。 まずは、おすすめの銀行カードローンをランキングで見ていきましょう! 銀行カードローンとは? 銀行カードローンは、 都市銀行や地方銀行、ネット銀行など、銀行が個人に対して行う消費者信用による貸付のことを言います。 消費者金融カードローンと同様に、 無担保・無保証人でお金を借りられるところがほとんどです。 銀行カードローンの特徴としては、消費者金融と比較すると低金利のカードローンが多いという点でしょうか。 消費者金融の上限金利は18. 0%のところが多いですが、銀行カードローンは15. 0%前後のところが多いです。 もう少し詳しく銀行カードローンの特徴についてお話していきたいと思います。 借入限度額• 審査 この3つのファクターに分けて、銀行カードローンの特徴を解説していきます。 消費者金融と比較すると金利が低めに設定されています。 下限金利はもちろん、上限金利も消費者金融のカードローンと比較すると低金利となっている場合がほとんどです。 銀行カードローンを利用する人の多くは、やはりこの低金利という部分に魅力を感じている人が多いのではないでしょうか。 金利が低いということは、その分 返済時に発生する利息が少なくて済むということになります。 つまり 返済負担を軽減することができるわけですね。 大体、銀行カードローンの上限金利は 14. 0%~15. 0%程度である場合がほとんどです。 一方、消費者金融カードローンの多くは、上限金利が 18. 0%程度となっています。 消費者金融カードローンは、借入限度額の上限が500万円程度に設定されているところが多いです。 一方、 銀行カードローンは、800万円~1,000万円程度まで設定されているところが多いという特徴があります。 高額融資を希望する人にとっては、消費者金融よりも銀行のカードローンを利用した方が期待が持てるというわけですね。 もちろん 銀行カードローンだからといって、必ずしも希望した額を融資してもらえるわけではありません。 審査の結果、融資しても問題ないと判断されないことには高額融資もないことを覚えておきましょう。 これまでお話したように、銀行カードローンは低金利であったり高額融資に対応していたりと借入の条件が良いですね。 審査に通れば良い条件で借入ができる分、審査は厳しく行なっているようです。 そもそも消費者金融と銀行では、審査基準や貸付対象者の特徴に違いがあります。 消費者金融カードローンは安定継続収入のある方が貸付対象• 銀行カードローンは返済能力の高い方が貸付対象 ざっくりまとめると、消費者金融と銀行の審査では、こういった違いがあると言えます。 審査が厳しいということは、審査に通過する確率が高くないと考えられます。 お金が必要な人にとっては、審査はできるだけ厳しくない方が良いと考えるかもしれません。 しかし審査を厳しくすることによって、 申込者は少ない負担できちんと返済していける金額を借入することができます。 ところが、消費者金融の総量規制が施行されてから、カードローンの市場は銀行へと大きく流れていきました。 銀行では、現在、過剰貸付に対する自主規制が進められているのをご存知でしょうか。 消費者の年収や返済能力を顧みない融資を行なった結果、 それが債務者たちを自己破産やそれに伴う自死に追いやる一因になったとバッシングを受けるようになりました。 これが現在問題視されている 銀行カードローンの過剰貸付です。 現在では、各行が自主規制を行い事態の沈静化に動いているため、 審査はより厳しいものになっていると言えるでしょう。 銀行カードローンの過剰貸付を規制する動きが出ています。 2017年4月、金融庁が銀行カードローンの過剰貸付が問題だとして、各銀行に指摘が入りました。 それを受けて銀行では、カードローンの審査をより厳しくするなど規制する動きが出ています。 例えば、現在の借金を借り換えによって低い金利に抑えたいと思っても、銀行では難しくなってきています。 消費者金融のおまとめローンであれば「総量規制例外貸付」なので、借り換えをするとなれば消費者金融を利用するしかありません。 下記では、銀行カードローンのメリット・デメリットを記載しておりますが、先ほど説明した銀行カードローン過剰貸付の規制がされているという点を踏まえてお読み頂ければ幸いです。 銀行カードローンのメリット・デメリット ここからは、銀行カードローンのメリット・デメリットについてお話していきます。 先ほどの話に出てきた 過剰貸付に対する銀行カードローンの自主規制もメリット・デメリットにかかわってくるポイントになるでしょう。 ここからは、現在問題となっている 『銀行カードローンの過剰貸付』の話と絡めながら、メリット・デメリットについてお話していきたいと思います。 銀行カードローンのメリット 銀行カードローンのメリットとしては、 高額融資が可能という点。 利用する銀行カードローンにもよりますが、消費者金融と比較して 借入限度額も大きいところが多いです。 もちろん少額融資希望の方でも利用できます。 他にも 収入の少ないパート・アルバイトや主婦でも利用できるというメリットもあります。 消費者金融だと専業主婦の方に収入がない場合は、配偶者の収入証明書と同意書があれば利用できますが、銀行はそれらが不要なので 夫にバレずに利用できるというわけです。 そして銀行カードローンの大きなメリットとしては、 消費者金融と比較すると低金利のところが多いという点。 できるだけ金利を抑えて借りたいという人には、銀行カードローンがおすすめです。 借入限度額が高いので高額融資が可能• 収入の少ないパート・アルバイトや主婦でも借りられる• 消費者金融と比較すると低金利 銀行カードローンは、消費者金融と比較すると 借入限度額が高く高額融資にも対応してくれています。 ただいきなり高額を借入できるわけではありません。 銀行側も貸付する際は、 きちんと審査を行なって申込者に返済能力があるかを確認した上で、返済に困らない借入限度額で融資します。 また銀行カードローンは、 収入の少ないパート・アルバイトや主婦の方でも利用することができます。 その際、収入証明書の提出等を求められる場合があります。 給与明細書や 源泉徴収票など、収入が分かる書類が必要になるかもしれませんので、事前に用意しておくようにしましょう。 銀行カードローンのデメリット 銀行カードローンは、低金利や利用限度額が良いなど借入の条件が良い分、 審査が厳しい傾向にあります。 審査の通りやすさでいえば、やはり消費者金融の方が上です。 他にも消費者金融と比較すると、 審査に時間がかかる場合が多いです。 中には、迅速な対応をしてくれる銀行カードローンもあるのですが、 即日融資を希望するのであれば、消費者金融の方が可能性は高いと言えます。 また銀行によっては、 普通預金口座の開設が必要となるところもあります。 逆に言えば、 元から使用している口座の銀行が提供しているカードローンであれば、手続きの手間が省ける可能性もあります。 審査が厳しいところが多い• 消費者金融と比較すると審査に時間がかかる• 普通預金口座の開設が必要になる場合がある デメリットに関しても、 過剰貸付の問題が影響を及ぼしていると考えられます。 元々、 銀行カードローンは消費者金融カードローンと比較すると審査が厳しいと言われていました。 実際、 過剰貸付という問題に発展しているわけですから、融資は積極的に行なっていたと言えるのではないでしょうか。 これまで銀行カードローンは、申込者の年収や返済能力に関係なく高額融資などを行なってきたという現実があります。 審査はきちんと行なっていたとはいえ、 そもそもその審査のやり方などに問題があったという他ありません。 そこで今回の自主規制ですから、いよいよ本格的に審査は厳しくなっていくことでしょう。 それに伴って 審査の時間もより一層かかるようになると考えられます。 お金に困っている消費者へ返済に困るほどのお金を貸してしまっては、債務者も債権者も双方に良いことはありません。 今後の銀行カードローンの動向には、注目しておきたいところです。 今回の過剰貸付による銀行の自主規制は、あくまで健全な貸付を行うために必要な措置です。 もちろんこのまま過剰貸付を行なっていると、消費者金融の総量規制ように法的措置を取られる可能性があるため、それはなんとしても避けたいという銀行側の意向もあるでしょう。 いずれにせよ、過剰貸付は銀行側にも借入する側にも良い方向に向かうことはないと言えるので、『希望通りの金額を借りられない!』と悲観することはありません。 カードローンは、あくまで返済できる金額内で利用するようにしましょう。 三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローンは、 三大メガバンクの1つに数えられる大きな銀行で、その 信用性の高さが1つの魅力となっています。 金利は、 年4. 0%~14. 5%と 銀行カードローンの平均値よりも少しばかり低いといったところでしょうか。 借入限度額は、 10~800万円となっています。 三井住友銀行の審査を行うのは、保証会社であるグループ会社の 『SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)』と『三井住友銀行』です。 プロミスといえば、対応スピードの早さが魅力の1つ。 三井住友銀行カードローンは、そんなプロミスと三井住友銀行が審査を行なっているため、 銀行カードローンの中でも比較的対応が早いと評判です。 三井住友銀行カードローンはローン契約機が便利! 三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしては珍しく ローン契約機を設置しています。 ローン契約機のメリットは、と 三井住友銀行の普通預金口座がなくても早く対応ができるという点です。 ローン契約機で手続きすれば、 その場でカードを発行することができます。 提携ATMを利用することでスムーズに借入の手続きを行うことが可能となっています。 みずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローンは、やはり メガバンクということで 非常に信用性が高いと言えます。 初めての人でも、安心して借入することができますね。 また借入限度額に関しても、 10万~800万と業界ではトップクラスの金額となっています。 高額借入を希望する人には、おすすめできる銀行カードローンです。 金利に関しては、 2. 0%~14. 0%と銀行カードローンのメリットを存分に感じさせます。 低金利なので、返済負担も抑えながら借入することが可能となっています。 WEB完結申込なら来店・郵送不要! みずほ銀行カードローンでは、 WEB完結申込なら24時間いつでも申込することができるので、忙しい人でも気軽に利用することができます。 また文字通りWEB完結なので、 申込や契約の際にわざわざ店舗まで足を運ぶ必要もありません。 人に知られたくないという人にもおすすめです。 他には、 審査通過後の書類等の郵送がない点もみずほ銀行カードローンの良いところですね。 つまり 郵送物からカードローンを利用していることを家族などに知られるリスクがないということです。 ジャパンネット銀行 カードローン ジャパンネット銀行 カードローンの魅力の1つとしては、借入限度額が 1,000万円までと高額融資に対応している点かと思います。 一方、金利に関しては、 1. 59%~18. 0%と大手消費者金融とほぼ同じなので、金利という点においては特に大きなメリットは感じません。 ジャパンネット銀行 カードローンに申込する際は、 同時にジャパンネット銀行口座を開設する必要があります。 キャッシュカードがないと借入することができません。 キャッシュカードが手元に届くまで、 郵送で1週間前後かかるので、そのあたりのことも頭に入れて申込すると良いでしょう。 反対に元々ジャパンネット銀行の口座を持っている人は、スムーズに借入を行うことができるはずです。 初回申込者は30日間無利息サービスが適用 銀行カードローンで珍しいのが、この 30日間無利息サービスを実施しているという点。 大手消費者金融では、無利息サービスを行なっているところもいくつかありますが、銀行カードローンでは少ないため、ジャパンネット銀行 カードローンの魅力の1つになっていると言えます。 銀行カードローンでお得に借入したいと考えている人は、 30日間無利息サービスのあるジャパンネット銀行 カードローンを利用するのもおすすめです。 オリックス銀行カードローン オリックス銀行カードローンの魅力は、やはり 融資限度額が最高800万円と高額融資が可能という点です。 高額融資を希望する人には、おすすめの銀行カードローンですね。 ただその分、金利に関しては、 1. 7%~17. 8%と 銀行カードローンにしては若干高めの設定となっています。 ただ 下限金利は、消費者金融と比較すると低いですね。 借入残高が10万円以下であれば返済金額は3,000円で済みますので、返済負担もそれほど大きくなく返済していくことができるのではないでしょうか。 オリックス銀行カードローンは口座開設不要! オリックス銀行カードローンは、 口座開設不要で利用できるカードローンとなっています。 これは、銀行カードローンとして珍しく、オリックス銀行の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。 銀行カードローンは、 申込をする際に口座開設が必要となるケースが多いです。 返済する時は、 その口座から自動引き落としされるという流れになります。 その点、オリックス銀行は、 口座開設が不要です。 もちろん カードローンの契約後も口座を開設しなくて良いので手間がかかりません。 ちなみにオリックス銀行は、 『指定口座から自動引き落し』『オリックス銀行指定の口座へ振込返済』『提携金融機関ATMから返済』という3つの返済方法を選べます。 おすすめ銀行カードローンランキングまとめ おすすめの銀行カードローンをランキング形式で紹介してきました。 ここで紹介した銀行カードローン以外にも、良いサービスを提供している銀行はたくさんあります。 低金利なのか借入限度額なのか審査スピードなのか信用性なのか……。 銀行カードローンに申込する際は、 まず自分が求める条件を洗い出すところから始めてみましょう。 その条件を元に、ランキングなどを利用して自分にマッチした銀行カードローンを見つけてみてください。

次の

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?体験談から読み解く審査の真実

オリックス銀行カードローン

公庫や銀行から借りるには時間がない、という場合でも、ビジネスチャンスを逃さない圧倒的なスピードでのお借り入れが可能です。 お申し込みや必要書類のご提出、ご契約内容の確認は全てWEBから行うため、ご来店不要でご契約が完了します。 不動産などの担保や保証人も不要です。 平日14:30までにご契約内容の同意手続きをしていただいた場合は、当日のお振り込みによるお借り入れが可能です。 そのため、お申し込みから最短で即日お借り入れが可能です。 なお、お申し込みの際は、本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかの写し)、ご年収を確認できる書類の写しが必要になります。 お急ぎの方は、あらかじめ必要書類の写しをお手元にご用意してからのお申し込みをおすすめします。 ご返済について お客さまが計画的に無理なくご返済いただけるようなプランをご用意しています。 無理なく返せる2つのご返済プラン 「VIPローンカードBUSINESS」のご返済方式は、お客さまが計画的に無理なくご返済いただけるよう「新残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額リボルビング返済」の2つのプランをご用意しております。 お借り入れ残高に応じて毎月のご返済額が変わる「新残高スライドリボルビング返済」では、返済によってお借り入れ残高が減った分、毎月の返済負担が少なくなるメリットがあります。 一方、お借り入れ残高にかかわらず毎月一定額をご返済いただいく「元利込定額リボルビング返済」では、毎月のご返済額の変動がないこと、完済までの期間が短く利息負担が小さいことがメリットといえます。 弊社が別途設定する利用可能枠の範囲内で繰り返し借り入れた場合は、お借り入れ残高が変動するため返済期間・返済回数も変動いたします。 ご都合に合わせたご返済日とご返済方法 ご返済には、ご指定の口座からの口座振替、もしくはATM返済がご利用いただけます。 また、ご返済日もお客さまのご都合に合わせてお選びいただけます。 ご契約当初のご返済方法はATM返済となります。 しかし、ATM返済は所定の手数料がかかるため、ご契約後に返済方法を口座振替へ変更されることをおすすめいたします。 また、口座振替と並行しながら提携ATMよりご返済いただくことも可能です。 余裕があるときの一括でのご返済や返済額の増額など、ご契約後の返済方法の変更は随時承っております。 【お借り入れ前にお読みください】 VIPローンカードBUSINESSの商品概要 ビジネスローンでの融資を検討する際には、信頼できるローン会社を選ぶことが重要です。 また、必要なときにスピーディーに対応してくれるか、一括返済や増額返済など資金繰りに合わせて効率よく利用できるかなども重要な検討材料です。 「VIPローンカードBUSINESS」は、ノンバンク系の大手オリックス・クレジットの商品です。 実績はもちろん、いつでも・どこでも利用でき、急な資金調達やご返済方法の変更などにも柔軟に対応している、大変利便性の高い商品です。 ビジネスの頼もしいパートナーとしてご活用いただくためにも、お借り入れの際にはしっかりと返済シミュレーションを行い、計画的にご利用ください。

次の