梅雨明け 過去。 関東の梅雨明けはいつ?過去30年のデータを調べて分かった事実とは

屋久島の『梅雨は入り』と『梅雨明け』はいつ?6月に旅行するメリット・デメリット

梅雨明け 過去

平年の九州北部・南部の梅雨入り時期はいつ? 平年の九州北部・南部の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 気象庁のデータを調べてみると、• 平年の九州北部の梅雨入りは6月5日ごろ、梅雨明けは7月19日ごろ• 平年の九州南部の梅雨入りは5月31日ごろ、梅雨明けは7月14日ごろ となっています。 2020年 九州北部の梅雨入り時期を予想! 気象上で九州地方北部というと、福岡県・長崎県・佐賀県、そして大分県と宮崎県の一部を指しているみたいです。 予報によっては、山口県の一部を含んでいることも。 かなり広い範囲をカバーすることとなる九州地方北部について、2020年の梅雨入りの時期を予想しちゃいましょう! 気象庁発表による1951年から2018年までの過去68年間のデータによると、九州地方北部が最も早く梅雨入りしたのは1954年の5月13日ごろ、逆に一番遅い梅雨入りだったのが1967年の6月22日ごろとなっています。 5月上旬の梅雨入りも6月下旬の梅雨入りも一回のみであるうえ半世紀ほど前のことですから、2020年も九州北部が5月上旬&6月下旬に梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 九州北部の梅雨入りの平年時期は6月5日ごろ。 また、グラフから僅かですが梅雨入り時期が年々早くなってきている事が見てとれます。 これらのことから考えると、 2020年の九州地方北部の梅雨入りは早ければ5月27日から6月10日の間くらいになるでしょう。 2020年 九州北部の梅雨明け時期を予想! では次に、2020年の九州北部の梅雨明けの時期について考えていきたいと思います。 2020年の九州北部の梅雨明けは遅くなる確率が高そうです、、、。 気象庁発表による過去68年間の九州北部の梅雨明けの時期のデータを見てみると、最も梅雨明けの早かったのは1994年の7月1日ごろ。 逆に最も梅雨明けの遅かったのは2009年の8月4日ごろとなっています。 どちらも68年のデータの中では極端な数値となっていますので、2020年も7月上旬に梅雨明けする可能性はかなり低いでしょう。 また、8月にまで梅雨明けが遅れることもないかと思われます。 ちなみに、気になる九州北部の梅雨明けの平年時期は7月19日。 梅雨明けが例年通りか早めならば初日から快晴の夏休みを楽しめたのですが……。 2018年から続くエルニーニョ現象が発生しており、気象庁の調査によるとエルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨明けが遅い傾向にあります。 これらのことを考えると、 2020年の九州地方北部の梅雨明けの時期は7月15日から7月27日の間くらいになるのではと考えられます。 九州地方北部の梅雨期間の傾向は? 梅雨入りや梅雨明けの時期も気になりますが、九州地方の経済の中心地でもある福岡県を擁する九州地方北部では、経済が冷え込む長梅雨は御免蒙りたいところ。 そんな九州地方北部における2020年の梅雨期間の傾向について、考えていきたいと思います。 それでは早速、気象庁から発表されている九州地方北部の過去68年間のデータを見てみたいと思います。 過去68年間の九州地方北部において、梅雨の期間が一番長かったのは1954年のこと。 その期間、なんと80日間! グラフを見ても分かる通り、突き抜けていますよね!データを見る限りでは、2020年も梅雨の期間が80日を超えることはまずないでしょう。 60日を超えるようなことも可能性としてはかなり低そうです。 逆に梅雨の期間が一番短かったのは1978年と2017年のの23日間。 なお、梅雨の期間が30日を切った年は過去68年間でわずか6回。 九州北部の梅雨の期間が長くなってきていること、更には九州地方北部の梅雨期間の平均が43日となっていることを考えあわせると、2020年も30日たたずに梅雨が終わるということは、まずないと思われます。 以上のことから、2020年の九州地方北部の梅雨は40日から55日間程度となりそうです。 とは言え、九州地方北部は一年を通して降水量は少なめの傾向となっているので、激しい雨が続くようなことはないでしょう。 2020年 九州南部の梅雨入り時期を予想! 次に2020年の九州地方南部の梅雨入りについて大予想しちゃいましょう! 九州地方南部に含まれるのは鹿児島県まるごとと、熊本県と宮崎県の南部。 ちなみに熊本県の県庁所在地の熊本市は北部となりますが、宮崎県については宮崎市が九州地方南部に含まれています。 それでは、気象庁から発表されている過去68年間のデータから、九州地方南部の梅雨入りの時期を予想していきましょう。 九州地方南部のデータにおいて、もっとも梅雨入りが早かったのは1956年の5月1日ごろ。 たった1年でこれだけの差があるなんて、当時の住民の方も驚いたでしょうね! しかし、どちらも極端すぎる数値です。 よほどのことがないかぎり、2020年も5月上旬や6月後半に梅雨入りするようなことはないでしょう。 では、2020年の九州地方南部の梅雨入りの時期はいつごろなのでしょうか? 九州地方北部では梅雨入りの平年時期は5月31日ごろ。 グラフを見てみると年によって多少前後はありますが、平均を表す線がほぼ真横になっていることから、傾向は遅くも早くもなっていないということが見てとれます。 これらのことから、 2020年の九州地方南部の梅雨入りの時期は5月24日から6月7日の間になると予想されます。 昨年(2019年)よりも1日早く、ほぼ平年と同じ時期の梅雨入りです。 九州地方南部、特に鹿児島県は「台風銀座」という異名を持ち、日本一の台風の上陸数を誇る土地柄でもあります。 地元の人はもちろん、観光客にとっても台風に備えるため、梅雨明けの時期には注目するところなのではないでしょうか? 早速ではありますが、気象庁のデータをもとに2020年の九州地方南部の梅雨明けの時期を予想していきましょう。 過去68年間の九州地方南部の梅雨明け時期のデータで、もっとも梅雨明けが早かったのは1955年の6月24日。 実は6月に梅雨明けしたのは、この一回のみとなっています。 ですので、2020年も6月に梅雨明けすることはまずないと考えて良いと思います。 逆にもっとも梅雨明けが遅かったのは1957年の8月8日。 8月に梅雨明けしたのは1957年と1954年の2回のみとなっているため、2020年は8月に梅雨明けすることもまずないでしょう。 ちなみに、九州地方南部の梅雨入りには大きな影響を及ぼさなかったエルニーニョ現象ですが、梅雨明けには影響大! 気象庁の調査によるとエルニーニョ現象が発生した年の九州南部の梅雨明けは、46%の確率で遅くなる傾向となっています。 九州地方南部の梅雨期間の傾向は? 九州地方北部の梅雨は1ヶ月半ほど続く傾向にあるようですが、南部における梅雨の期間はどのくらいになのでしょうか? また梅雨の時期にどのような傾向があるのでしょうか? ここからは2020年の九州地方南部の梅雨期間について予想していきたいと思います。 まずは九州地方南部の梅雨の期間のデータについて、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータをチェックしてみましょう。 グラフを見てみると、九州地方南部において梅雨の期間が一番長かったのは北部と同じ1954年の80日間となっています。 逆に梅雨の期間が一番短かったのは1964年の21日間です。 その差、2ヶ月近くと大きな差がありますが、梅雨の期間が60日以上となったのは僅か7回しかないうえ、30日未満の年も5回とかなり頻度が少ないことを考えると、2020年の九州地方南部の梅雨の期間が60日を超えることも、30日未満となる可能性はかなり低いと考えられます。 さらに、九州南部の梅雨期間の平均日数は44日間となっていることから、2020年の九州地方南部の梅雨の期間は45日から55日の間くらいとなると予想されます。 北部よりも少し長いと思っておくと良いでしょう。 また、気象庁の過去のデータを見てみると、降水量は九州南部の方が北部よりも多いようです。 まとめ 2020年の九州地方は、梅雨明けは北部も南部も遅れる傾向にあります。 ただし、南部は夏に降水量の多い太平洋側気候南海型なので、梅雨が明けても雨には注意してくださいね。

次の

東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨明け 過去

タイトル• 関東の梅雨明けはいつ? 過去30年のデータを調べて分かった事実とは? 近頃は夏の期間が長く、10月になってもまだ暑さが残っていることもよくあります。 梅雨に関してもやはり同じなのでしょうか? 年々、梅雨明けが早くなったり、あるいは遅くなったりと、変化が見られるようになってきているのでしょうか?そこで、関東地方の過去30年間の梅雨明けデータを調べてみました。 1987年~2016年までの関東地方の梅雨明けの時期 関東地方と一口に言っても面積が広く1~2日程度のズレがあるため、正確な日にちを特定することができません。 ゆえに、「〇月〇日ごろ」という発表の仕方になっています。 1987年:7月23日ごろ• 1988年:7月31日ごろ• 1989年:7月19日ごろ• 1990年:7月18日ごろ• 1991年:7月23日ごろ• 1992年:7月19日ごろ• 1993年: -• 1994年:7月12日ごろ• 1995年:7月23日ごろ• 1996年:7月11日ごろ• 1997年:7月19日ごろ• 1998年:8月 2日ごろ• 1999年:7月23日ごろ• 2000年:7月16日ごろ• 2001年:7月 1日ごろ• 2002年:7月20日ごろ• 2003年:8月 2日ごろ• 2004年:7月13日ごろ• 2005年:7月18日ごろ• 2006年:7月30日ごろ• 2007年:8月 1日ごろ• 2008年:7月19日ごろ• 2009年:7月14日ごろ• 2010年:7月17日ごろ• 2011年:7月 9日ごろ• 2012年:7月25日ごろ• 2013年:7月 6日ごろ• 2014年:7月21日ごろ• 2015年:7月10日ごろ• 2016年:7月29日ごろ こうして見てみますと、年によって梅雨明けの時期にバラつきがあるのがわかりますよね。 驚くことに、7月1日に梅雨明けした年もあれば、8月に入っても梅雨の年がありました。 ちなみに、上記30年間の平均の梅雨明け時期は 「7月21日ごろ」だそうです。 2017年の関東地方の梅雨明けはいつ頃? 過去30年間の平均が「7月21日ごろ」ですので…… さて、気になる今年の梅雨明けですが、一体いつ頃になるのでしょうか? 2016年の関東地方の梅雨明けは7月29日ごろ。 2015年が7月10日頃でした。 前年のデータはあまりあてにならないのが分かりますよね。 データ的に見ると、過去30年間の平均が7月21日頃ですから、その前後の 「7月15日~25日頃」といったところでしょうか。 そうは言っても自然界のことですから、何が起こるかわかりません。 まったく予想外の結果になる可能性もあるわけです。 早く梅雨明けして欲しいのはやまやまですが、やはりその時になってみないとわかりません。 梅雨の天気図マメ知識|梅雨前線と天気図 天気を説明するうえで、よく天気図が用いられるます。 一日の天気の移り変わりや、季節ごとの特徴を図で表したものですが、梅雨時期になると天気図にどのような特徴が見られるようになるのでしょうか? 梅雨時期と梅雨明けしたあとの違いを、実際に天気図で見てみたいと思います。 梅雨前線 出展元:tenki. jp 梅雨前線の時に見られる「梅雨前線」がありませんよね。 すでに梅雨前線は遠ざかり、まだ少し低気圧が残っているものの、日本列島周辺はほぼ高気圧で覆われています。 いよいよ夏本番という時期になると、天気図はだいたいこのようなかたちになります。 梅雨入り、梅雨明けは沖縄からと決まっているの? 5月に入って1週間もすれば、沖縄では早くも梅雨入りが宣言され、そのニュースで多くの人が夏を実感するようになるのではないでしょうか。 沖縄に続いて九州地方、四国地方……という順に梅雨入りしていくものと思いがちですが、実はそうともかぎりません。 九州と四国に関しては、年によって時期が前後することがあります。 沖縄とほぼ同時期に九州が梅雨入りすることもあれば、四国のほうが沖縄のすぐあとに梅雨入りする年もあるのです。 一方、梅雨明けに関しても同じことが言えます。 いちばんに梅雨明けするのは沖縄ですが、その次が九州になるか四国になるか、その年によって違いがあります。 九州または四国で梅雨入り宣言が出されると、そのあとすぐに中国地方が梅雨入りし、あとは近畿地方、東海地方、関東甲信地方…と続きます。 梅雨入りと梅雨明けは沖縄からと決まっていますが、本州は年によって違ってきます。 その年の梅雨前線の長さや停滞する位置によって、九州と四国では梅雨入りの時期が前後することがあるということを覚えておきましょう。 梅雨明けに関するまとめ 「梅雨空に、てるてる坊主、負けそうだ」。 知人が小学生の時に詠んだ俳句だそうです。 梅雨の話をしているとふと教えてくれました(笑)。 たしかに梅雨の時期になると、てるてる坊主も負けてしまいそうなくらいたくさん雨が降りますよね。 今年の梅雨明けは、データ通りに行けば7月15日~25日あたりが有力ですが、どうでしょうか? スカッと晴れ渡った夏の青空を待ちたいと思います。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

梅雨明け 過去

これから梅雨の季節となりますが 、 2020年の東海地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はいつくらいになるでしょうか? ジメジメした梅雨は誰もがいや~な時期ですから、 できれば短いにこしたことはありませんよね! 今回は過去の気象庁の68年分のデータから 今年、2020年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介します! ちなみに、東海地方は、 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し 太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。 三重県などは、秋になると 「台風銀座」と呼ばれるくらい、 台風の通過場所となっています。 梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの? 気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測しますが、 実はそのデータでさえも 何月何日と特定できるものではありません。 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、 公表されている日付も実は明確な確定日ではないのです。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その 真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入り。 また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2020年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみます。 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1951 年の6月28日頃でした。 梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが 、 193年の5月4日は、群を抜いて早いです。 またグラフを見るとわかる通り 東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向が確認できます。 1951年から2019年の69年間の梅雨入りの平年時期は6月8日頃。 また、昨年 2019年 の梅雨入りは6月7日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは6月5日頃でした。 これらのデータから予想すると 2020年の東海地方の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月15日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早まり 梅雨明けの時期が遅くなっていることから 東海地方の梅雨は年々長期化しているようですね。 また、69年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 昨年 2019年 の梅雨明けは7月24日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは7月9日頃でした。 以上のデータを元にして予想してみると 2020年の東海地方の梅雨明け時期は 7月13日頃から7月28日頃の間くらいになりそうです。 東海の梅雨の特徴は? 東海の梅雨は、 1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようです。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようです。 ここ3年間の梅雨時期は、 平年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、 多い時は、全国平均の1. 5倍以上雨が降りますので注意が必要です。

次の