ケツ毛 かゆい。 お尻の穴がかゆいのはなぜか、その理由と対処法を専門医が解説

けつ毛がかゆい原因と対策について徹底解説!

ケツ毛 かゆい

大事なところですし、肌が弱いところでもありますので、剃る際は十分な準備と知識が必要になります。 いろいろな方法を試した結果、処理しやすい方法を見つけました! この記事では、男の陰毛・ケツ毛(尻毛、Oライン)の簡単な剃り方を紹介します。 道具の準備 まずは必要な道具から揃えます。 デリケートな部分を処理するので、肌に直接触れるアイテムは妥協してはいけません。 価格も数百円ぐらいしか変わらないので、良いものを選びましょう。 処理に必要なものは、• ボディーシェーバー• カミソリ• シェービングジェル• 保湿クリーム• カガミ・新聞紙 です。 ボディーシェーバー いきなりカミソリで剃ろうとしても、長い毛を処理すと目詰まりを起こしてしまってうまく剃れないので、ボディーシェーバーを使うと楽です。 僕が使用したのは「」です。 オススメする理由は2つ。 肌を傷つけにくい 「キレてなーい!」でおなじみのセーフティーワイヤーがついていて、横滑りしても肌を傷つけません。 刃が4枚なので少ない操作で剃れる カミソリで肌を痛める理由のひとつは、何度も同じところを剃ることにあります。 切れ味の悪いカミソリだと一度で剃れず、何度も同じところを剃り、肌を痛めてしまうのです。 シックの4枚刃なら、剃る回数を減らすことができ、3度以上同じ場所を剃る必要はほとんど無いでしょう。 ハイドロシリーズに注意 シックの製品には最上位のハイドロシリーズがあります。 ジェルが刃についていて、ジェルなしでもスムーズに剃れるという製品です。 次の項目で紹介しますが、デリケートゾーンはちゃんとしたジェルを使ったほうが良いです。 刃に余計なジェルがついていると剃り味が落ち、同じ場所を剃る回数が増え肌を痛める可能性があるため、ハイドロシリーズは選ばないようにしましょう。 これでも十分で問題なかったですが、デリケートなところを剃るので道具は良い性能のものを使ったほうが安心ですよ。 シェービングジェル カミソリの滑りを良くし、肌を守るために使います。 シェービングフォームだと肌の起伏や毛の量などが見えにくくなるので、シェービングジェルを選びましょう。 オススメは、ヒアルロン酸が入っていて刃の滑りを良くしながら肌も潤してくれる「」です。 あとは剃った毛を受け止める新聞紙です。 毛は排水口に流すとつまるので気をつけましょう。 陰毛・ケツ毛の剃り方 道具の準備ができたらいよいよ剃ります! おおまかな毛の処理 まずは長い毛をカミソリで剃れるところまで一気に短くします。 場所は人目につかない場所で、剃った毛が風で飛ばず、落ち着いて処理できる場所で行いましょう。 床に新聞紙を2枚横並びに敷き、2つの間に更に一枚敷きます。 これは毛を受け止める面積を増やし、毛の散乱を防ぐためです。 順番としては、カガミを使用するケツ毛(お尻の穴周りのOライン)からはじめると効率が良いのでケツ毛から処理しましょう。 逆の順番にすると、剃った毛を処理しないとカガミを置けないからです。 用意した新聞紙の真ん中にカガミを置き、ズボンを脱いでカガミをまたぐような感じでしゃがみます。 いわゆるうんこ座り 乾いたままの毛の方が処理しやすいので、そのままでOKです。 お風呂に入って濡らしたりすると処理しづらくなってしまうので、乾いたままので行いましょう。 カガミの真上にお尻が来るようになると、剃った毛がカガミに落ちてしまうので、お尻が見える位置を調整しながらカガミの角度を変えます。 カガミの角度の変え方は、タオルを下に置くなどちょっとした角度をつけるだけで十分です。 剃りたい場所が見えたら、シェーバーなどを使って慎重に処理していきます。 後でカミソリで剃るので、最大限短くする必要はありません。 安全を確保しながらゆっくり丁寧に処理していきましょう。 特に玉袋部分は柔らかいので注意が必要です。 手でグイッと伸ばしながら、なるべく平らになるようにして処理します。 カガミを使わないと見えない部分が終わったら、カガミをどけて見える範囲を処理します。 子供の頃の景色に移り変わっていきますが、最初の一刀を踏み出すとなかなか楽しくなりますよw 処理が終わったら新聞紙で毛を集めて処分します。 お風呂で毛を柔らかくする 次はお風呂に入って毛を柔らかくしましょう。 シェービングジェルで剃りだしてもよいのですが、毛が硬いと剃る回数が増えてしまうので、熱めのお風呂に入って毛を柔らかくするのが良いです。 カミソリとシェービングジェル、カガミ、保湿クリームを脱衣所に用意し、湯船に浸かります。 十分温まったら湯を出て、風邪を引かないようしっかり全身を拭きましょう。 カミソリで剃る 次はカミソリで毛がほぼ見えなくなるまでしっかり剃ります。 カミソリに毛が詰まるので、流しやすいようにお風呂の洗い場で蛇口から水を流しながら剃るのが良いです。 大まかに剃った時のように、カガミを床に置きます。 お風呂に入った後で濡れていますが、タオルを敷くなりそのまま置いてしまうなりしましょう。 僕はそのまま置いて後でカガミを拭きました。 鏡を置いたらその上にしゃがみ、剃る部分にシェービングジェルを塗ります。 多く付けすぎるとカミソリの刃が肌まで届かないので、付けすぎないようにしましょう。 毛の流れに逆らって優しく剃っていきます。 剃り具合を確認しながら剃る力を強くし、どれくらいの力加減で剃れるのか確認しながら剃りましょう。 刃に毛とジェルが挟まると切れ味が落ちるので、こまめに水道で洗い流しながら剃り続けます。 剃り残しを確認しながらしっかり剃っていきますが、肌を痛めるので同じ場所を何度も剃らないように注意してください。 目で見えないお尻部分が終わったら見える部分を丁寧に剃りましょう。 玉袋部分はしっかり伸ばして慎重に剃ります。 洋式トイレを使うのもあり 鏡をまたいでのうんこ座りは結構キツイです。 洋式トイレに座りながらお尻を拭く要領でカミソリを使うと比較的楽に剃ることができます。 ただし、この方法だと剃れる範囲が狭いのと鏡が使えないので目視できないデメリットがあります。 目視できない分は手で触りながら剃り残しのジョリジョリ感を感じれば剃ることはできるので、剃る体制がキツイ場合は試してみてください。 保湿クリームでしっかり保湿 全て剃り終わったらしっかり洗い流してタオルで拭きます。 拭き終わったらすぐに保湿クリームを塗って、肌を保湿しましょう。 ちょっとベタベタしますが、肌が荒れるよりはマシなので我慢してください。 次の日以降も、お風呂上がりは保湿クリームが必要です。 ちょっとした油断が肌荒れを引き起こすので、毎日塗って用心しましょう。 永久脱毛の準備が整ったら【おすすめクリニック】 お尻の毛を剃っただけではまた生えてくるので定期的に剃らなければなりません。 しかも、生えかけはチクチクして痛く、下手したら肌荒れして用を足す時に大変なことになる可能性があります。 そんなことにならないよう、永久脱毛をして尻毛の処理と肌の悩みからおさらばしましょう。 僕がおすすめする脱毛クリニックは。 実際に通って脱毛しています。

次の

肛門周り(尻毛、ケツ毛)脱毛|【公式】メンズリゼ

ケツ毛 かゆい

大事なところですし、肌が弱いところでもありますので、剃る際は十分な準備と知識が必要になります。 いろいろな方法を試した結果、処理しやすい方法を見つけました! この記事では、男の陰毛・ケツ毛(尻毛、Oライン)の簡単な剃り方を紹介します。 道具の準備 まずは必要な道具から揃えます。 デリケートな部分を処理するので、肌に直接触れるアイテムは妥協してはいけません。 価格も数百円ぐらいしか変わらないので、良いものを選びましょう。 処理に必要なものは、• ボディーシェーバー• カミソリ• シェービングジェル• 保湿クリーム• カガミ・新聞紙 です。 ボディーシェーバー いきなりカミソリで剃ろうとしても、長い毛を処理すと目詰まりを起こしてしまってうまく剃れないので、ボディーシェーバーを使うと楽です。 僕が使用したのは「」です。 オススメする理由は2つ。 肌を傷つけにくい 「キレてなーい!」でおなじみのセーフティーワイヤーがついていて、横滑りしても肌を傷つけません。 刃が4枚なので少ない操作で剃れる カミソリで肌を痛める理由のひとつは、何度も同じところを剃ることにあります。 切れ味の悪いカミソリだと一度で剃れず、何度も同じところを剃り、肌を痛めてしまうのです。 シックの4枚刃なら、剃る回数を減らすことができ、3度以上同じ場所を剃る必要はほとんど無いでしょう。 ハイドロシリーズに注意 シックの製品には最上位のハイドロシリーズがあります。 ジェルが刃についていて、ジェルなしでもスムーズに剃れるという製品です。 次の項目で紹介しますが、デリケートゾーンはちゃんとしたジェルを使ったほうが良いです。 刃に余計なジェルがついていると剃り味が落ち、同じ場所を剃る回数が増え肌を痛める可能性があるため、ハイドロシリーズは選ばないようにしましょう。 これでも十分で問題なかったですが、デリケートなところを剃るので道具は良い性能のものを使ったほうが安心ですよ。 シェービングジェル カミソリの滑りを良くし、肌を守るために使います。 シェービングフォームだと肌の起伏や毛の量などが見えにくくなるので、シェービングジェルを選びましょう。 オススメは、ヒアルロン酸が入っていて刃の滑りを良くしながら肌も潤してくれる「」です。 あとは剃った毛を受け止める新聞紙です。 毛は排水口に流すとつまるので気をつけましょう。 陰毛・ケツ毛の剃り方 道具の準備ができたらいよいよ剃ります! おおまかな毛の処理 まずは長い毛をカミソリで剃れるところまで一気に短くします。 場所は人目につかない場所で、剃った毛が風で飛ばず、落ち着いて処理できる場所で行いましょう。 床に新聞紙を2枚横並びに敷き、2つの間に更に一枚敷きます。 これは毛を受け止める面積を増やし、毛の散乱を防ぐためです。 順番としては、カガミを使用するケツ毛(お尻の穴周りのOライン)からはじめると効率が良いのでケツ毛から処理しましょう。 逆の順番にすると、剃った毛を処理しないとカガミを置けないからです。 用意した新聞紙の真ん中にカガミを置き、ズボンを脱いでカガミをまたぐような感じでしゃがみます。 いわゆるうんこ座り 乾いたままの毛の方が処理しやすいので、そのままでOKです。 お風呂に入って濡らしたりすると処理しづらくなってしまうので、乾いたままので行いましょう。 カガミの真上にお尻が来るようになると、剃った毛がカガミに落ちてしまうので、お尻が見える位置を調整しながらカガミの角度を変えます。 カガミの角度の変え方は、タオルを下に置くなどちょっとした角度をつけるだけで十分です。 剃りたい場所が見えたら、シェーバーなどを使って慎重に処理していきます。 後でカミソリで剃るので、最大限短くする必要はありません。 安全を確保しながらゆっくり丁寧に処理していきましょう。 特に玉袋部分は柔らかいので注意が必要です。 手でグイッと伸ばしながら、なるべく平らになるようにして処理します。 カガミを使わないと見えない部分が終わったら、カガミをどけて見える範囲を処理します。 子供の頃の景色に移り変わっていきますが、最初の一刀を踏み出すとなかなか楽しくなりますよw 処理が終わったら新聞紙で毛を集めて処分します。 お風呂で毛を柔らかくする 次はお風呂に入って毛を柔らかくしましょう。 シェービングジェルで剃りだしてもよいのですが、毛が硬いと剃る回数が増えてしまうので、熱めのお風呂に入って毛を柔らかくするのが良いです。 カミソリとシェービングジェル、カガミ、保湿クリームを脱衣所に用意し、湯船に浸かります。 十分温まったら湯を出て、風邪を引かないようしっかり全身を拭きましょう。 カミソリで剃る 次はカミソリで毛がほぼ見えなくなるまでしっかり剃ります。 カミソリに毛が詰まるので、流しやすいようにお風呂の洗い場で蛇口から水を流しながら剃るのが良いです。 大まかに剃った時のように、カガミを床に置きます。 お風呂に入った後で濡れていますが、タオルを敷くなりそのまま置いてしまうなりしましょう。 僕はそのまま置いて後でカガミを拭きました。 鏡を置いたらその上にしゃがみ、剃る部分にシェービングジェルを塗ります。 多く付けすぎるとカミソリの刃が肌まで届かないので、付けすぎないようにしましょう。 毛の流れに逆らって優しく剃っていきます。 剃り具合を確認しながら剃る力を強くし、どれくらいの力加減で剃れるのか確認しながら剃りましょう。 刃に毛とジェルが挟まると切れ味が落ちるので、こまめに水道で洗い流しながら剃り続けます。 剃り残しを確認しながらしっかり剃っていきますが、肌を痛めるので同じ場所を何度も剃らないように注意してください。 目で見えないお尻部分が終わったら見える部分を丁寧に剃りましょう。 玉袋部分はしっかり伸ばして慎重に剃ります。 洋式トイレを使うのもあり 鏡をまたいでのうんこ座りは結構キツイです。 洋式トイレに座りながらお尻を拭く要領でカミソリを使うと比較的楽に剃ることができます。 ただし、この方法だと剃れる範囲が狭いのと鏡が使えないので目視できないデメリットがあります。 目視できない分は手で触りながら剃り残しのジョリジョリ感を感じれば剃ることはできるので、剃る体制がキツイ場合は試してみてください。 保湿クリームでしっかり保湿 全て剃り終わったらしっかり洗い流してタオルで拭きます。 拭き終わったらすぐに保湿クリームを塗って、肌を保湿しましょう。 ちょっとベタベタしますが、肌が荒れるよりはマシなので我慢してください。 次の日以降も、お風呂上がりは保湿クリームが必要です。 ちょっとした油断が肌荒れを引き起こすので、毎日塗って用心しましょう。 永久脱毛の準備が整ったら【おすすめクリニック】 お尻の毛を剃っただけではまた生えてくるので定期的に剃らなければなりません。 しかも、生えかけはチクチクして痛く、下手したら肌荒れして用を足す時に大変なことになる可能性があります。 そんなことにならないよう、永久脱毛をして尻毛の処理と肌の悩みからおさらばしましょう。 僕がおすすめする脱毛クリニックは。 実際に通って脱毛しています。

次の

【ケツ毛脱毛完全ガイド】男女別!ケツ毛の処理方法を詳しく解説

ケツ毛 かゆい

「年中ケツの穴(VIOライン)周辺がかゆいなぁ。。。 そもそもの原因ってなに?正しい対処法も熟知しておきたい。 年を取る前にVIOだけは脱毛しておいた方がいいってホント?」 と、こんな悩みに答えます。 ケツの穴って痒くなりだすと人前で掻きにくいですよね! そもそもケツ穴が痒くなっても、通勤中の電車の中や職場では大っぴらに掻けませんよね。 それに、いくら衣服の上からといっても、ケツの穴をボリボリ掻くのは衛生的にもアレだし、もちろん見た目的にもよろしくないですし。 それは腋などでよく知られている「アポクリン腺」との関わりがあります。 成熟した大人はアポクリン腺から分泌されるニオイを発生させますが、縮れ毛はそのニオイ物質を汗と一緒に効率よく拡散させると言われているため、腋や乳首、生殖器などに生えるのです。 毛の太さの問題(硬さ) 続いて、毛質についてですが、細い毛よりも太い毛の方がかゆみを誘発します。 その理由については、以下の記事で詳しく説明しています。 <<>> 毛の長さの問題(トリミング) ケツ毛の成長期は1~2年続きますが、これは髪の毛やヒゲに次ぐ成長力です。 言い方を変えると、1~2年はケツに滞在し続け、その間は伸び続けることになりますので、「ハサミやカミソリを使って」トリミングするという処理もあります。 オレもやっている!でも…。 大抵の処理方法は埋没毛を誘発したり、太い毛先を鋭く尖らせたりしてしまうので、処理直後から生え始めるとチクチクしますので、安易な処理は自分を苦しめるだけなんですよね。 ケツ毛は毛の量が増えやすく、成長期も長いため、太く・しっかりした毛が生えやすい環境です。 そのため、表面的にクリームやカミソリで処理したとしてもガンガン生えてきますので、このような処理を続けてもかゆみの原因がなくなるということはないんです。

次の