サンデン 株価。 サンデンホールディングス[6444]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

【サンデンホールディングス】[6444] 過去10年間の株価

サンデン 株価

区分 主要製品 主要製造/販売会社等 1 自動車機器事業 自動車用空調システム及び コンプレッサー 自動車用熱交換器 カーエアコン用コンプレッサー 空調室内ユニット エンジン用熱交換器 空調用熱交換機 サンデン・オートモーティブクライメイト システム株式会社 サンデン・オートモーティブコンポーネント 株式会社 SANDEN INTERNATIONAL U. ,INC. SANDEN INTERNATIONAL EUROPE LTD. SANDEN MANUFACTURING EUROPE S. SANDEN MANUFACTURING POLAND SP. Z O. SANDEN INTERNATIONAL SINGAPORE PTE. LTD. SANDEN THAILAND CO. , LTD. SANDEN VIKAS INDIA LIMITED. 天津三電汽車空調有限公司 重慶三電汽車空調有限公司 2 流通システム事業 店舗用ショーケース 店舗設計・施工・メンテ ナンス 飲料・食品自動販売機 冷蔵ショーケース 冷凍ショーケース 店舗用省エネ制御システム 清涼飲料自動販売機 コーヒー自動販売機 商品自動販売機 自動販売機用金銭処理・通信機器 サンデン・リテールシステム株式会社 SANDENVENDO AMERICA INC. SANDEN INTERNATIONAL EUROPE LTD. SANDENVENDO EUROPE S. 上海三電冷机有限公司 3 その他 住宅用暖房・給湯・ 環境機器 電子デバイスシステム 車両販売 エコキュート 暖房・換気システム 遠隔監視 双方向性モデム サンデン・リビングエンバイロメントシステム 株式会社 サンデン・エンバイロメントプロダクツ株式会社 株式会社ホンダカーズ高崎 SANDEN INTERNATIONAL EUROPE LTD. SANDEN MANUFACTURING EUROPE S. SANDEN INTERNATIONAL AUSTRALIA PTY,LTD なお、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することになります。 事業の系統図の概要は次のとおりであります。 2019年3月31日現在 セグメント区分 主な製品・システム・サービス 自動車機器事業 カーエアコンシステム、カーエアコン用コンプレッサー及び各種自動車部品 流通システム事業 自動販売機各種、冷凍・冷蔵ショーケース各種、大型オープンショーケース各種 2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。 報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。 3.当連結会計年度より、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を適用したため、前連結会計年度については遡及適用後の数値を記載しております。 【関連情報】 前連結会計年度 自 2017年4月1日 至 2018年3月31日 1.製品及びサービスごとの情報 製品及びサービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。 2.地域ごとの情報 1 売上高 単位:百万円 日本 アジア 欧州 米州 合計 内、中国 内、ポーランド 39,866 17,997 10,896 15,846 10,178 3,725 77,436 3.主要な顧客ごとの情報 特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがない為、記載を省略しております。 【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】 前連結会計年度 自 2017年4月1日 至 2018年3月31日 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。 当連結会計年度 自 2018年4月1日 至 2019年3月31日 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。 【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】 前連結会計年度 自 2017年4月1日 至 2018年3月31日 1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】 当社グループにおきましては、2017年5月に公表した前中期経営計画に沿って諸施策を推進し、その実行による成果が着実に出てきております。 しかし、2018年度において、米中通商問題、欧州環境規制及び米国の中東制裁に加え世界経済の減速等により、多額の特別損失の計上を始めとした業績の悪化が顕在化し、当社を取り巻く経営環境は前中期経営計画の前提とした時より、一段と厳しい状況になってまいりました。 こうした状況において、当社グループが今後も持続的な成長を遂げていくためには、更なる構造改革の実行、事業収益力の改善、事業成長、資本強化も含めて財務基盤の再構築を図ることが、重要な経営課題であると認識しております。 <中期経営計画 SCOPE 2023(スコープ2023)> 当社グループは、2023年度を最終年度とした中期経営計画(名称:SCOPE 2023)で、以下の経営目標を掲げ、その達成に向けた活動を展開しております。 従いまして、当社はステークホルダーとの信頼関係の構築・強化に努め、社会・環境・経済の全ての面においてバランスの取れた経営を行い、全てのステークホルダーに対する社会的責任を果たすと同時に、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に努めてまいります。 当社は上場会社であるため、当社に対して投資していただいている株主の皆様には、当社のかかる考えにご賛同いただいた上で、その意思により当社の経営を当社経営陣に委ねていただいているものと理解しております。 かかる理解のもと、当社は、当社の財務及び事業の決定を支配する者の在り方についても、最終的には、株主の皆様のご判断によるべきであると考えております。 従いまして、当社株式の大量の買付行為がなされた場合にそれに応じるべきか否かは、最終的には株主の皆様の意思に基づき行われるべきであると考えます。 しかしながら、わが国資本市場における大規模な買付等の中には、株主及び投資家の皆様に対する必要十分な情報開示や熟慮のための機会が与えられることなく、あるいは当社の取締役会が意見表明を行い、代替案を提案するための情報や充分な時間が提供されずに、突如として株式の大量の買付行為が強行されるものも見受けられます。 当社は、このような当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損する恐れのある大規模な買付行為や買付提案を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると判断いたします。 B.会社支配に関する基本方針の実現に資する取組み 当社は、多数の投資家の皆様に中・長期的に当社への投資を継続していただくために、当社の企業価値及び株主共同の利益を確保・向上させるための取組みとして、次の施策を実施しています。 企業価値向上への取組み 第2.事業の状況 1経営方針、経営環境及び対処すべき課題等に記載の通りです。 C.不適切な支配の防止のための取組みの概要 当社は、2017年6月22日開催の当社第91期定時株主総会において、上記会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させるための取組みとして導入した、当社株式の大量取得行為に関する対応策 以下「本プラン」といいます。 の継続について、株主の皆様にご承認いただいております。 a 本プランの目的 本プランは、当社株式に対する大規模な買付行為や買付提案が行われた際に、株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすような買収を防止すること、株主に株式の売却を事実上強要するおそれがある買収を防止すること及び株主が当該提案を判断することが困難な場合に買収者に情報を提供させたり、あるいは、当社取締役会が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらしたりするため、必要な情報と検討時間及び交渉力を確保すること等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させることを目的としております。 b 本プランの概要 本プランは、当社が発行者である株券等につき株券等保有割合が20%以上となる買付その他の取得、株券等所有割合が20%以上となる公開買付け等を適用対象とし、これらに該当する買付等を行おうとする者が現れた場合に買付者等に事前の情報提供を求めること、所定の発動事由に該当する買付等である場合には買付者等の有する当社の議決権割合の希釈化を目的として新株予約権の無償割当てを実施する場合があること等、本プランの目的を実現するための必要な手続等を定めております。 本プランに従い、新株予約権の無償割当てが実施されないことが決定された場合には、当該決定時以降、買付者等は当社株式の大量買付等を行うことができます。 この場合、株主の皆様において買収提案に応じるか否かをご判断いただくことになります。 一方、買付者等が本プランに定められた手続に従うことなく当社株式等の大量買付を行う場合や、当該買付等が本プランに定める発動の要件を充たし、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすおそれがあることが合理的根拠に基づき明らかであると判断されるような例外的な場合には、当社は、買付者等による権利行使は原則認められない等の行使条件及び当社が買付者等以外から当社株式と引換えに新株予約権を取得できる等の取得条項が付された新株予約権を、その時点における当社を除く全ての株主に対して、新株予約権無償割当ての方法で割り当てます。 本プランに従って新株予約権の無償割当てがなされ、その行使又は当社による取得に伴って買付者等以外の株主の皆様に当社株式が交付された場合には、買付者等の有する当社の議決権割合は最大50%まで希釈化される可能性があります。 なお、当社は、非適格者から金銭を対価として本新株予約権を取得することは予定しておりません。 当社は、本プランに従った新株予約権の無償割当ての実施若しくは不実施又は取得等の判断については、当社取締役会が最終的な判断を行いますが、当社取締役会の恣意性を排除し、その判断の客観性・合理性を担保するため、当社経営陣から独立した委員による独立委員会を設置し、その公正で中立的な立場からの判断を経るものとしております。 また、当社取締役会は、これに加えて、本プラン所定の場合には、株主意思確認のため株主総会を招集し、新株予約権の無償割当て実施に関する株主の皆様の意思を確認することがあります。 当社は、こうした手続の過程について、適宜株主の皆様に対して情報の公表又は開示を行い、その透明性を確保することとしております。 c 有効期間 本プランの有効期間は、2017年6月22日開催の当社第91期定時株主総会終結後3年以内に終結する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までとしております。 ただし、有効期間の満了前であっても、当社株主総会又は当社取締役会により本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランは当該決議に従い廃止されるものとします。 なお、本有価証券報告書提出日現在における独立委員会の委員は以下のとおりです。 尾﨑英外 当社社外取締役 木村尚敬 当社社外取締役 牛山雄造 当社社外取締役 湯本一郎 当社社外監査役 松木和道 当社社外監査役 D.不適切な支配の防止のための取組みについての取締役会の判断の概要 当社取締役会は、本プランが、「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」の要件を完全に充足していること及び経済産業省に設置された企業価値研究会が2008年6月30日に発表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容も踏まえたものとなっていること、株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること、株主総会での承認により発効しており、株主意思を重視するものであること、独立性の高い社外者のみで構成される独立委員会の判断を重視し、独立委員会は必要に応じて独立した第三者専門家の意見が取得できること、発動につき合理的な客観的要件を設定していること、デッドハンド型買収防衛策及びスローハンド型買収防衛策ではないこと等の理由から、本プランが会社支配に関する基本方針に沿い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を損なうものではなく、かつ、当社経営陣の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。 2 【事業等のリスク】 当社グループの事業とその他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項は次のとおりであります。 当社グループは、これらのリスク発生の可能性を充分認識したうえで、リスクの回避及び発生した場合に最小限にすべく対処しております。 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。 1 経済状況 当社グループは、全世界に自動車機器事業の主要製品であるカーエアコンシステム及びカーエアコン用コンプレッサー、また流通システム事業における自動販売機及び冷凍・冷蔵ショーケースを販売しておりますが、その需要は、製品を販売している国や地域のさまざまな市場における経済状況の影響を受けます。 特に、当社の自動車機器事業は主として北米、欧州、アジア、中国に事業展開しており、それぞれの地域における自動車市場の動向が、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 2 為替相場の変動 当社グループは、全世界で自動車機器を初めとした事業を展開しており、多通貨取引が発生します。 特に、主要取引通貨である米ドル及びユーロの為替変動やアジア及び中国地域等における通貨変動が起きた場合には、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 また、在外連結子会社及び持分法適用会社の財務諸表は、当社の連結財務諸表として円換算しておりますが、換算時の為替レートによっては、財務諸表を構成する資産の価値に影響を及ぼす可能性があります。 3 原材料・部品の市況変化 当社グループは、自動車機器事業及び流通システム事業を中心に、製品、システムの製造・販売等を行っておりますが、調達においては、市況の変化による原材料・部品等の品不足や価格高騰等により製造コストが引き上がる場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 4 自然災害 当社グループの製造拠点、営業拠点等が、地震等の自然災害によって多大な損害を受けた場合、生産活動の停止や配送の遅延等により、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 5 新製品開発 当社グループは、自動車機器事業及び流通システム事業等において、市場動向やその変化について充分な予測に基づき、先進技術を開発して製品に展開し、世界各拠点で事業展開しておりますが、予測との乖離が生じ新製品開発と市場投入が円滑に進まない場合には、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 6 国際的活動及び海外進出に潜在するリスク 当社グループは、自動車機器事業及び流通システム事業等において、北米、欧州、アジア、中国の23カ国に進出し、開発、生産及び販売拠点を有し、事業活動を実施しております。 各国、各地域での事業活動において次のようなリスクが内在しており、事象として発生した場合、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 〔各国の法規制の改正や変更、政治情勢及び経済状況の変化、戦争その他の不安要因による社会的混乱、労働争議、海運ストライキ等〕 7 価格競争 当社グループを取り巻く事業環境は、自動車業界のみならず、自動販売機業界等においても価格競争は大変厳しくなっており、自動車メーカー、飲料メーカー等から価格引下げ要請が年々強くなってきております。 当社グループの商品は、品質・コスト・技術等において競争優位に立つものと考えておりますが、このような事業環境の中で資材、部品の供給も含め、常に競争優位に立てるという保証はなく、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 8 販売先の業績依存 当社グループは、世界中の自動車メーカーや飲料メーカーに販売しております。 そのため、販売先の業績等の、当社の管理が及ばない理由により、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 9 知的財産保護の限界 当社グループは、創業以来独自に技術を開発しノウハウを蓄積してまいりました。 蓄積された独自技術やノウハウは、特定の地域において、法的制限により知的財産権を完全に保護ができない可能性や、また、第三者が当社の知的財産を使用して類似した製品を製造することに対しても、完全には抑制できない可能性があり、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 10 製造物責任 当社グループ独自の全社経営品質改革「Sanden Total Quality Management(STQM)」に基づく品質管理への取組みを継続的に実施しております。 しかしながら、製品の予期できない欠陥等により、大規模なリコールや多額の製造物賠償責任が発生し、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 11 法的規制等 当社グループは、事業展開する国、地域で、事業や投資に関する許認可、輸出制限、租税、環境規制をはじめとする各種の規制の適用を受けております。 これらの規制の改正や新たな規制の導入は、当社の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。 年月 事項 1943年 7月 三共電器株式会社として、ベークライト成型による無線通信機用部品及びマイカコンデンサー、ペーパーコンデンサー製造のため資本金198千円をもって群馬県伊勢崎市寿町20番地に創立 1948年 3月 自転車用発電ランプの生産を開始 1958年 6月 アイスクリームストッカー、冷凍・冷蔵ショーケースの生産開始 1961年 10月 噴水式ジュース自動販売機の生産を開始 1962年 8月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場 1963年 7月 ポット式石油ストーブの生産開始 1964年 12月 三共電器株式会社営業部門を分離独立し、三共販売株式会社を設立 1973年10月 サンデン販売株式会社に商号変更 1970年 6月 ミッチェル社(米国)とカーエアコン用コンプレッサーの技術提携 1971年 3月 カーエアコン用コンプレッサーの生産開始 1973年 4月 伊勢崎市の八斗島工業団地内に八斗島工場 現 八斗島事業所 を新設し、カーエアコン用コンプレッサーの生産を開始 8月 株式が東京証券取引所市場第一部に指定。 同時に「三共」の商標を「サンデン」に改称 1974年 1月 ミッチェル社からカーエアコン用コンプレッサーの世界販売権を取得 11月 海外法人SANKYO INTERNATIONAL U. ,INC. 現 SANDEN INTERNATIONAL U. ,INC. を米国に設立 11月 三共インターナショナル株式会社 1982年10月1日 サンデンインターナショナル株式会社に商号変更 を設立 1977年 12月 海外法人SANKYO INTERNATIONAL SINGAPORE PTE. LTD. 現SANDEN INTERNATIONAL SINGAPORE PTE. LTD. をシンガポールに設立 1980年 3月 ミッチェル社が所有するカーエアコン等に利用するコンプレッサーの特許権を取得 4月 海外法人SANKYO INTERNATIONAL U. LTD. 現 SANDEN INTERNATIONAL EUROPE LTD. をイギリスに設立 10月 SANKYO INTERNATIONAL U. ,INC. が、カーエアコン用コンプレッサー生産工場を設立 1982年 10月 SANKYO INTERNATIONAL SINGAPORE PTE. LTD. が、カーエアコン用コンプレッサー生産工場を設立 商号を「サンデン株式会社」に変更 1987年 7月 物流部門を独立させ、サンデン物流株式会社を設立 8月 電算部門を独立させ、サンデンシステムエンジニアリング株式会社を設立 1988年 5月 海外法人SANDEN OF AMERICA INC. を米国テキサス州ワイリー市に設立し、米欧における自動販売機の生産・販売拠点として「THE VENDO COMPANY」の株式を100%取得 1989年 8月 SANDEN INTERNATIONAL U. ,INC. が、米国テキサス州ワイリー市においてカーエアコン用コンプレッサーを生産する第2工場を稼働 1990年 7月 埼玉県本庄市に研修施設として「サンデンコミュニケーションプラザ」を開設 1994年 5月 フォード社(米国)とカーエアコン用コンプレッサーの製造に係る技術援助契約を締結 1995年 4月 海外法人SANDEN MANUFACTURING EUROPE S. Sをフランス タンテニアックに設立 1996年 10月 米国環境保護庁より「オゾン層保護貢献賞(EPA賞)」を受賞 1997年 4月 子会社「サンデン販売株式会社」及び「サンデンインターナショナル株式会社」を吸収合併 1998年 10月 全社的品質管理を評価する「デミング賞実施賞」を受賞 1999年 7月 国内の全営業拠点でISO 14001を取得 年月 事項 2000年 6月 中国におけるカーエアコン用コンプレッサーの生産・販売拠点として、中国上海易初通用機器有限公司との合弁会社である上海三電汽車空調有限公司を中国上海市に設立 9月 自動車空調システムを生産する天津三電汽車空調有限公司を設立 2002年 4月 群馬県勢多郡(現 前橋市)にサンデンフォレスト・赤城事業所完成 10月 「日本品質管理賞」受賞 2004年 2月 合弁会社 上海三電貝洱汽車空調有限公司(現 華域三電汽車空調有限公司)を中国に設立 カーエアコン用コンプレッサーを生産 4月 SANDEN MANUFACTURING POLAND SP. Z O. をポーランド ポルコヴィッツに設立 5月 自動車空調システムを生産する瀋陽三電汽車空調有限公司を設立 9月 連結子会社の上海三電汽車空調有限公司の株式25%を合弁会社 上海三電貝洱汽車空調有限公司(現 華域三電汽車空調有限公司)へ売却 2005年 3月 連結子会社 SANDENVENDO AMERICA INC. を米国ダラスに設立 6月 第3回世界投資会議で「欧州最優秀投資賞」を受賞 12月 連結子会社 上海三電冷机有限公司を中国に設立。 冷蔵ショーケースを生産 2006年 6月 サンデンフォレスト内に物流加工センターを建設 10月 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. とSANDEN INTERNATIONAL SINGAPORE PTE. LTD. が「デミング賞実施賞」受賞 11月 「第3回日仏投資賞」受賞 2007年 5月 愛知県豊橋市に豊橋工場を新設し、カーエアコン用部品の生産を開始 6月 日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」で最高ランクを取得 2008年 9月 群馬県伊勢崎本社内に「サンデングローバルセンター」を開設 連結子会社 蘇州三電精密零件有限公司を設立し、カーエアコン用コンプレッサーのダイキャスト工場を建設 サンデンフォレストでの継続的な環境教育が評価され「第5回朝日企業市民賞」受賞 2010年 3月 連結子会社 重慶三電汽車空調有限公司を中国に設立。 自動車空調システムを生産 8月 連結子会社 上海三電環保冷熱系統有限公司を中国に設立。 CO 2コンプレッサーを生産 2011年 10月 SANDEN VIKAS INDIA PRIVATE LIMITEDが「デミング賞」受賞 2012年 8月 連結子会社 SANDEN VIKAS PRECISION PARTS PRIVATE LIMITEDをインド ニューデリーに設立 10月 サンデンフォレスト・赤城事業所が「グッドデザイン賞」受賞 11月 日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」で2度目の最高ランクを取得 2013年 2月 連結子会社 SANDEN MANUFACTURING MEXICO S. DE C. をメキシコに設立 4月 サンデンフォレスト・赤城事業所が「2013年 緑化推進功労者 内閣総理大臣表彰」受賞 2014年 5月 会社分割による持株会社体制移行のための分割準備会社7社を設立 2015年 1月 重慶華恩実業有限公司を重慶三電汽車空調有限公司に吸収合併 4月 持株会社体制へ移行し、商号を「サンデンホールディングス株式会社」に変更 10月 SANDEN MANUFACTURING POLAND SP. Z O. にエアコンHVACラインを新設 2016年 2月 SANDEN MANUFACTURING POLAND SP. Z O. また、内部留保資金につきましては、株主価値最大化の実現に向け、企業体質を強化しつつ、グローバル事業拡大に向けた商品競争力の強化、次世代の技術開発投資、新規事業分野の開拓等の先行投資への活用を予定しております。 しかしながら、2019年3月期決算において、多額の貸倒引当金の計上等により親会社株主に帰属する当期純損失となったため、2019年3月期の期末配当金につきましては、誠に遺憾ながら無配とさせていただきます。 2020年3月期の配当につきましても、株主の皆様には大変申し訳なく存じますが、内部留保により財務基盤強化を進める必要があるために、無配とさせていただく予定です。 当社としてはこのような厳しい経営環境を踏まえ、経営体制を刷新すると共に、経営基盤再構築に向け「構造改革の実行」と持続的成長を実現するための「協創」の実行を柱とする、新たな中期経営計画「SCOPE 2023」を掲げ、財務体質の強化並びに企業価値の向上に努め、復配を早期に実施するべく最大限の努力をしてまいります。 1985年4月 当社入社 2008年7月 経営企画室長 2009年6月 取締役兼執行役員 経営企画室長 2012年6月 取締役兼常務執行役員経営 企画、経理、財務、総務管掌 2013年6月 常務取締役 2015年6月 取締役兼常務執行役員 経理本部長 2015年7月 取締役兼常務執行役員 経理本部長 SANDEN OF AMERICA INC. 代表取締役社長 2016年6月 取締役副社長 2017年6月 取締役副社長 企画、管理、財務、経理管掌 2018年4月 代表取締役 副社長執行役員 企画、財務、経理、管理、開発・モノづくり戦略管掌 2019年6月 代表取締役 社長執行役員 現任 注 3 17,100 代表取締役 副社長執行役員 自動車コンプレッサー事業統括 伊東 次夫 1956年9月26日生 1980年4月 三菱自動車工業株式会社入社 1997年7月 米国三菱自動車販売株式会社 副社長 2002年8月 The US Business Initiatives,Inc. 社長 2012年8月 ITOCHU Automobile America Inc. 副社長 2014年12月 当社入社 2015年1月 コンプレッサー事業部事業部長 2015年4月 サンデン・オートモーティブコンポーネント株式会社 代表取締役社長 現任 2017年6月 専務執行役員 グローバルコンプレッサー事業統括 2018年6月 取締役 専務執行役員 グローバルコンプレッサー事業統括 2019年6月 代表取締役 副社長執行役員 自動車コンプレッサー事業統括 現任 注 3 3,100 1978年5月 General Electric Co. Research Engineer 1985年8月 KPMG Peat Marwick Senior Management Consultant 1988年5月 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. Plant Maneger 2009年10月 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. 代表 2010年10月 当社執行役員 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. 代表 兼 SANDEN MEXICANA, S. DE C. 代表 2013年6月 専務取締役 2015年6月 取締役兼専務執行役員 2016年6月 取締役副社長 2017年6月 取締役副社長 グローバル事業管掌 2017年10月 取締役副社長 グローバル事業管掌 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. 会長 2018年4月 取締役 副社長執行役員 グローバルコンプライアンス管掌 SANDEN INTERNATIONAL U. , INC. 2.監査役四方浩氏、湯本一郎氏及び松木和道氏は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。 3.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間 4.2016年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から4年間 5.当社は、業務執行機能の強化及び経営の効率化を図るため執行役員制度を導入し、社長執行役員1名(西勝也)、副社長執行役員2名(伊東次夫、マークウルフィグ)、専務執行役員1名(近藤唯志)、常務執行役員3名(小林英幸、高橋博史、下村卓)及び執行役員5名(秋間透、高橋純也、寺尾博己、菊池利之、橋本善夫)を選任しております。 当社における社外取締役は、取締役会、経営会議その他の重要な会議等において意見を述べることにより、客観性、中立性の観点から当社経営に対する監督を行うとともに、専門的な見地から助言を行うことにより経営の妥当性を確保する役割と機能を有しております。 当社における社外監査役は、客観性、中立性の観点から実効的な監査を行い経営の適法性と適正性を確保する役割と機能を有しております。 当社は、社外取締役又は社外監査役の選任に当たり、経営に対する適切な監督及び実効的な監査を行うことを可能とするため、客観性、中立性の観点から、本人及びその出身会社等との人的関係、資本的関係、取引関係その他の関係を考慮し、当社からの実質的な独立性が確保されていることを重視しております。 社外取締役尾﨑英外氏は、トヨタ自動車株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社等における幅広い企業経営の経験による経営戦略・経営管理の見識・能力を有しており、当社経営に反映し、経営基盤を強化するために選任しております。 本人及び出身会社と当社との間に特別の利害関係はなく、当社からの実質的な独立性が確保されていると判断しております。 なお、同氏は当社株式を2,200株保有しております。 社外取締役木村尚敬氏は、企業経営の経験と事業戦略・経営管理体制構築に携わり、ガバナンス体制強化についての豊富な見識・能力を有しており、当社経営に反映し、経営基盤を強化するために選任しております。 社外取締役牛山雄造氏は、自動車業界における幅広い企業経営の経験を有し、海外戦略企画・海外営業・生産管理の分野において高い見識・能力を有しており、当社経営に反映し、経営基盤を強化するために選任しております。 本人及び出身会社等と当社との間に特別の利害関係はなく、当社からの実質的な独立性が確保されていると判断しております。 なお、同氏は当社株式を10,000株保有しております。 社外監査役四方浩氏は、日本銀行及び金融機関における企業経営等に関する幅広い知識と経験を有しており、当社監査役として適切な監査、助言等が期待できるため選任しております。 同氏は、当社の主要取引金融機関である株式会社群馬銀行に2015年まで代表取締役会長として勤務しており、現在は同銀行の相談役として勤務しております。 同行は当社との間に金融取引がありますが、複数の取引金融機関のうち同行への依存度は突出したものではありません。 社外監査役湯本一郎氏は、金融業における企業経営に携わったのち、製造業において10年にわたり企業経営に携わっており、当社監査役として適切な監査、助言等が期待できるため選任しております。 同氏は、当社の主要取引金融機関である株式会社みずほ銀行と合併した株式会社みずほコーポレート銀行に2006年まで常務執行役員として勤務しておりました。 株式会社みずほ銀行は当社との間に金融取引がありますが、複数の取引金融機関のうち同行への依存度は突出したものではないこと、退任後13年が経過していることから同行の影響を受けるおそれはなく、当社からの実質的な独立性が確保されていると判断しております。 社外監査役松木和道氏は、総合商社における長年にわたる企業法務の豊富な知見と経験、また製造業における企業経営を有しており、当社監査役として適切な監査、助言等が期待できるため選任しております。 本人及び出身会社と当社との間に特別の利害関係はなく、当社からの実質的な独立性が確保されていると判断しております。 各社外監査役は、内部監査結果の聴取、会計監査人との情報交換等を通じ、内部監査、会計監査及び内部統制部門と相互に連携しております。 名称 所在地 資本金 又は 出資金 百万円 主要な事業 の内容 議決権に 対する 所有割合 関係内容 営業上の取引 役員の 兼任 有無 その他の 関係 サンデン・ オートモーティブ クライメイトシステム 株 (注)2 群馬県伊勢崎市 1,985 自動車機器 100. (注)2、3 TINTENIAC FRANCE 千EUR 33,184 自動車機器 その他 100. Z O. (注)2、3 POLKOWICE POLAND 千PLN 152,000 自動車機器 100. (注)2、5 BASINGSTOKE HAMPSHIRE UK 千EUR 26,285 自動車機器 流通システム その他 100. (注)3 CASALE MONFERRATO ITALY 千EUR 1,449 流通システム 100. ,INC. (注)2 WYLIE TEXAS U. 千USD 18,000 自動車機器 100. DE C. (注)2、3 SALTILLO COAHUILA MEXICO 千USD 66,785 自動車機器 100. DALLAS TEXAS U. A 千USD 10,000 流通システム 100. A 千USD 3,445 流通システム 100. (注)2 WYLIE TEXAS U. 千USD 78,000 自動車機器 100. (注)3、4 HARYANA STATE INDIA 千INR 296,250 自動車機器 50. LTD. SINGAPORE 千SGD 6,000 自動車機器 100. LTD. (注)3 SINGAPORE 千SGD 9,625 自動車機器 100. BHD. (注)3 SHAH ALAM SELANGOR DARUL EHSAN MALAYSIA 千MYR 5,600 自動車機器 100. (注)3 CALAMBA LAGUNA PHILIPPINES 千USD 3,138 自動車機器 流通システム 99. SANDEN INDONESIA (注)3 JAKARTA INDONESIA 百万IDR 5,197 自動車機器 100. LTD. CONDELL PARK NSW AUSTRALIA 千AUD 1,500 自動車機器 流通システム その他 100. ,LTD. (注)3 AYUTTHAYA THAILAND 千THB 100,000 自動車機器 95. 2.特定子会社に該当しております。 3.議決権の所有割合の 内は、間接所有割合で内数であります。 4.持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため連結子会社としたものであります。 5.連結子会社のうち、売上高 連結会社相互間の内部売上高を除く。 の連結売上高に占める割合が10%を超えている会社は下記のとおりです。 名称 所在地 資本金 又は 出資金 百万円 主要な事業 の内容 議決権に 対する 所有割合 関係内容 営業上の取引 役員の 兼任 有無 その他の 関係 旭産業 株 埼玉県本庄市 96 自動車機器 30. ,LTD. SINGBURI THAILAND 千THB 100,000 流通システム 49. 2.議決権の所有割合の 内は、間接所有割合で内数であります。 区分 当期首残高 百万円 当期末残高 百万円 平均利率 % 返済期限 短期借入金 45,011 51,513 1. 94 - 1年以内に返済予定の長期借入金 18,299 23,704 1. 35 - 1年以内に返済予定のリース債務 2,018 2,175 1. 67 - 長期借入金 1年以内に返済予定のものを除く 56,134 47,939 1. 59 2020年~2025年 リース債務 1年以内に返済予定のものを除く 6,113 5,974 1. 34 2020年~2029年 その他有利子負債 - - - - 合計 127,577 131,308 - - 注 1.平均利率は期末借入金残高に対する加重平均利子率を記載しております。 2.長期借入金及びリース債務 1年以内に返済予定のもの除く の連結決算日後5年間の返済予定額は下記のとおりであります。 会社名 銘柄 発行年月日 当期首残高 百万円 当期末残高 百万円 利率 % 担保 償還期限 サンデンホールディングス㈱ 第一回無担保 (銀行保証付及び適格機関投資家限定) 注 1 2017年 5月31日 2,000 500 1,500 500 0. 17 無担保社債 2022年 3月31日 サンデンホールディングス㈱ 第二回無担保 (銀行保証付及び適格機関投資家限定) 注 1 2017年 9月21日 1,700 212 1,487 425 0. 17 無担保社債 2022年 9月21日 サンデンホールディングス㈱ 第三回無担保 (銀行保証付及び適格機関投資家限定) 2018年 3月26日 1,000 1,000 0. 86 無担保社債 2023年 3月24日 サンデンホールディングス㈱ 第四回無担保 (銀行保証付及び適格機関投資家限定) 注 1 2018年 3月30日 2,000 2,000 280 0. 20 無担保社債 2023年 3月31日 サンデンホールディングス㈱ 第五回無担保 (銀行保証付及び適格機関投資家限定) 注 1 2018年 9月28日 - 1,350 300 0. 25 無担保社債 2023年 9月29日 合計 - - 6,700 712 7,337 1,505 - - - 注 1.「当期末残高」欄の 内書 は、1年内償還予定の金額であります。 2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額.

次の

サンデンホールディングス(株)【6444】:リアルタイム株価チャート

サンデン 株価

ただしここの社員は、 賞与は当然の権利と捉えている、 2020-06-24 23:50:16 コシジロイソヒヨドリ ここのカークーラーは素晴らしいと思います。 2020-06-24 22:47:25 poyo 夏のボーナス無しの通達が出たらしいよ。 買収や資本提携などの明るい報道はあり得ますよ。 2020-06-24 12:57:16 株主 ここの中期計画、事業戦略は某コンサル会社に丸投げした結果を全て正しいと考えて、 それを鵜呑みにして経営した事が今の苦境に陥った原因かもしれない。 2020-06-23 22:00:48 のりたま わかっていることは織り込まれているようなので、コロナの影響を今期どう見通すかが売り買いのカギになりそうですね。 EVに向けて開発も進んでいるのなら、コロナを逆手にとってウイルス除去できる製品とか作ってほしいですね。 2020-06-19 16:31:48 okada11 株主資本を溶かして行く。 株価はそれを織り込んで PBRは0. 34倍。 割安を示しているのではなく、 今後の赤字見通しを示す。 違うかな?.

次の

サンデンホールディングス (6444) : 決算情報・業績 [SANDEN HOLDINGS]

サンデン 株価

ただしここの社員は、 賞与は当然の権利と捉えている、 2020-06-24 23:50:16 コシジロイソヒヨドリ ここのカークーラーは素晴らしいと思います。 2020-06-24 22:47:25 poyo 夏のボーナス無しの通達が出たらしいよ。 買収や資本提携などの明るい報道はあり得ますよ。 2020-06-24 12:57:16 株主 ここの中期計画、事業戦略は某コンサル会社に丸投げした結果を全て正しいと考えて、 それを鵜呑みにして経営した事が今の苦境に陥った原因かもしれない。 2020-06-23 22:00:48 のりたま わかっていることは織り込まれているようなので、コロナの影響を今期どう見通すかが売り買いのカギになりそうですね。 EVに向けて開発も進んでいるのなら、コロナを逆手にとってウイルス除去できる製品とか作ってほしいですね。 2020-06-19 16:31:48 okada11 株主資本を溶かして行く。 株価はそれを織り込んで PBRは0. 34倍。 割安を示しているのではなく、 今後の赤字見通しを示す。 違うかな?.

次の