宮前警察署 免許。 川崎地区

運転免許更新手続き時の写真について「警察署に隣接する、交通安全協...

宮前警察署 免許

高齢ドライバー事故の増加に伴う、免許証返納 加齢に伴って、身体機能や認知機能が低下して運転に不安を感じるドライバーやその家族の方は多いのではないでしょうか。 高齢者による交通事故も増加していて、社会的な問題に発展してきています。 運転を継続する意思がなく、運転免許証を返納したいという方のために、自主的に運転免許取り消しの申請ができます。 神奈川県警では、運転免許証を自主的に返納して、運転経歴証明書の交付を受れます。 免許証返納の場所 基本的には、管轄地域の警察署か、運転免許センター(横浜市・二俣川)で手続きを行います。 受付は平日の午前8時半〜11時、13時〜16時まで、運転免許センターの2階にある自主返納窓口にて、必ず本人が申請に行く必要があります。 運転免許証も忘れずに持参しましょう。 運転経歴証明書とは 運転経歴証明書は、運転免許証を自主返納した方が対象で、公的証明書として利用できます。 運転免許の有効期間を経過した(失効した)方は申請ができません。 運転経歴証明書は、運転免許証と同じ大きさです。 運転経歴証明書には有効期間はなく、更新制度もありません。 運転経歴証明書では、運転することはできません。 申請場所 ・管轄地域の警察署 ・運転免許試験場または運転免許センター 必要書類等• 運転経歴証明書交付申請書(申請用紙は運転免許センターにあります。 申請用写真 1枚• タテ3. 4センチメートル• 申請前6ヶ月以内に撮影• 無帽、正面、上三分身、無背景• 手数料 1,100円 川崎市(神奈川県)の自主返納による特典 各都道府県の自治体では免許証の自主返納を行うと、バスなどの優待券、タクシーの割引券など様々な特典を受けれるそうですが、現在では神奈川県内は特典は設定されていません。

次の

川崎地区

宮前警察署 免許

高齢ドライバー事故の増加に伴う、免許証返納 加齢に伴って、身体機能や認知機能が低下して運転に不安を感じるドライバーやその家族の方は多いのではないでしょうか。 高齢者による交通事故も増加していて、社会的な問題に発展してきています。 運転を継続する意思がなく、運転免許証を返納したいという方のために、自主的に運転免許取り消しの申請ができます。 神奈川県警では、運転免許証を自主的に返納して、運転経歴証明書の交付を受れます。 免許証返納の場所 基本的には、管轄地域の警察署か、運転免許センター(横浜市・二俣川)で手続きを行います。 受付は平日の午前8時半〜11時、13時〜16時まで、運転免許センターの2階にある自主返納窓口にて、必ず本人が申請に行く必要があります。 運転免許証も忘れずに持参しましょう。 運転経歴証明書とは 運転経歴証明書は、運転免許証を自主返納した方が対象で、公的証明書として利用できます。 運転免許の有効期間を経過した(失効した)方は申請ができません。 運転経歴証明書は、運転免許証と同じ大きさです。 運転経歴証明書には有効期間はなく、更新制度もありません。 運転経歴証明書では、運転することはできません。 申請場所 ・管轄地域の警察署 ・運転免許試験場または運転免許センター 必要書類等• 運転経歴証明書交付申請書(申請用紙は運転免許センターにあります。 申請用写真 1枚• タテ3. 4センチメートル• 申請前6ヶ月以内に撮影• 無帽、正面、上三分身、無背景• 手数料 1,100円 川崎市(神奈川県)の自主返納による特典 各都道府県の自治体では免許証の自主返納を行うと、バスなどの優待券、タクシーの割引券など様々な特典を受けれるそうですが、現在では神奈川県内は特典は設定されていません。

次の

川崎地区

宮前警察署 免許

交通安全 交通事故防止のために 交通事故防止を図るためには、市民一人ひとりが交通ルールを守り、正しい交通マナーを身につけることによって、交通安全意識の高揚に努め、思いやりの心をもって道路交通の場で実践することが大切です。 川崎市交通安全協会では、安全な交通環境作りのため、神奈川県警察、川崎市、地区交通安全協会などの関係機関・団体と連携した、以下の各種の活動を実施しています。 こどもの交通安全 小学校・保育園等において、道路の歩き方や自転車の安全な乗り方等の交通安全指導を行い、正しい交通ルールやマナーを身につけることを目標に、年齢に応じた内容の交通安全教室を開催しています。 自転車の安全な乗り方教室 交通安全教室(園児) 高齢者の交通安全 市内の交通事故件数は減少傾向にあります。 しかし、高齢者の関係する事故は増加傾向にあるため、高齢者を対象とした交通安全教室を開催し、高齢者の交通事故防止活動を推進しています。 高齢者交通安全教室 自転車の交通安全 市内では、自転車利用者が多く、全事故に占める自転車事故の割合は高いものとなっています。 このため、学校、地域等において、自転車利用者のマナーアップや放置自転車の防止を呼びかけ、更には、交通事故の防止に向けた「自転車の正しい乗り方教室」等の交通安全教育や広報啓発活動を推進しています。 親子自転車教室 自転車マナーアップ指導員の活動 また、自転車事故の多発地域において、自転車マナーアップ指導員が自転車利用者を対象に、啓発活動を実施しています。 交通違反・マナー違反の自転車には、指導や警告、イエローカードの交付など自転車利用者のマナーアップを推進する活動を行っています。 二輪車の交通安全 川崎市内の二輪車事故は、近年減少傾向にありますが、全事故に占める割合は約3割強と多く、県下の多発地域でも上位にあります。 事故の多くは、スピードの出し過ぎや路地での出会い頭、交差点での右折時の事故等、一時不停止や安全不安全確認が主な原因としてあげられます。 交通ルールを守ることが事故防止の近道です。 安全運転に努めましょう。 二輪車交通安全講 交通安全運動等 特定日 項目 実施日 内容 県民交通安全の日 毎月 1日 関係機関・団体及び県民が一体となり、県民総ぐるみによる交通安全の徹底を図ります。 チリリンデー 毎月5日 自転車の安全運転に関し、市民のルール・マナーの向上を図ります。 高齢者交通安全の日 毎月15日 関係機関・団体及び県民が一体となり、高齢者交通事故防止気運の醸成をはかります。 ゾーン30日の日 毎月30日 (2月を除く) 県警察が関係機関団体と協力し、生活道路における通学児童の見守り活動、高齢歩行者の保護誘導活動等による交通安全対策を推進します。 シートベルトの日 4月10日 交通死亡事故の抑止に効果的なシートベルトの着用について、市民が一体となり協力に推進します。 交通事故死ゼロを目指す日 4月10日 9月30日 関係機関・団体及び県民が一体となり、交通安全の徹底を図り、交通事故死者数ゼロを目指します。 運転免許証の更新手続き 運転免許証の更新期間は、誕生日の1ヶ月前から誕生日から起算して1ヶ月を経過する日までです。 更新手続きはお早めにお願いします。 警察署や交番等には、証明書申し込み用紙を備えていますが、問い合わせに応じていませんのでご注意下さい。 下表は各協会の所在地等です。

次の