タンクレストイレ 後悔。 徹底比較!タンクレストイレのメリット・デメリット

タンクレストイレってどんなもの?メリット・デメリットについて|生活110番ニュース

タンクレストイレ 後悔

Contents• リクシルのトイレを勝手に評価してみます 決して、リクシルの悪口を言いたいわけではないのですが。。。 』ただこれだけです。 そのほかの水回りは全てTOTOを選んだのですが、なぜかトイレだけリクシルっていう。。。 トイレと言えばTOTOなのに。 もし、『リクシルかTOTOか選んでいいよー』って言われていたら、間違いなくTOTOのトイレを選んでいたと思います!! なんの根拠もないですが、トイレはTOTOの方が良さそうだから。。。 w リクシルのトイレ3つの不満ポイント! では、私が思う不満ポイントをいくつか紹介したいと思います。 ちなみに、我が家のリクシルのトイレは【ベーシアVX】という種類です。 toukatu. ) これ、トイレとしては致命的かと思うのですが。。。 w 我が家の使い方が悪いのか、よく詰まります。 引っ越してきてから、6回くらいは詰まったかと思います。。。 w これだけ聞くと『ただ単に使い方が悪いんじゃない!!』って思われるかもしれませんが、そんな事はない!!と言える理由が2点。 なるべく小分けで流している• お隣さんも何回か詰まった話を聞いた(ワンコは居ません) お隣さんも同じ事になっているのがポイントですよねー!! ワンコのせいじゃないっぽいです。 トイレ掃除は小まめにしたい派なのですが、リクシルのトイレって便器の淵に変な溝があって。。。 これが結構深い溝で。。。 トイレブラシで掃除してもそこだけは掃除出来ている気がしません。 わざわざ歯ブラシとか出してきて掃除しないといけないのは、とっても面倒臭い!!!! なんの為の溝なのか分かりませんが、以前住んで居たマンションのトイレ(TOTO)では、そんな事思った事がなかったので、なんとも痒いところに手が届かないモドカシイ感じです。 なんかもっと、シュっとしたデザインには出来なかったのかな??と思ってしまいます。 w) もっと広いトイレなら、オシャレで素敵な手洗い器スペースを作るのが理想的ですが。。。 お隣の奥様ともリクシルのトイレについて愚痴ってたのですが。 お隣の旦那さん(私の友達)は水回りのお仕事をしているので『そのうちTOTOのタンクレスに変える』とか。。。 そのタイミングに便乗して、絶対に我が家のトイレも一緒に変えてもらおうと狙っています。 』と思う今日この頃です。 【追記】トイレの詰まりはリクシルが悪いわけではない?! これ、現在の我が家のトイレです* 未だにトイレに不満がないわけではありませんが。。 水回り業者さんに色々と話を聞いた結果、トイレの詰まりはリクシルに問題があるわけではなさそうです! とはいえ、その他のTOTOやPanasonicなどのメーカーのトイレは使っていないので、比較をできているわけではありませんが、トイレの詰まりの原因は他にあるっぽいです。 w そりゃー大量の水で流す方が勢いよく流れますよ。 いや、この説が結構濃厚ですね。 最近は小分けで流すようにしています! 小分けで流せばもちろん詰まらないわけで、今までは大量に流しすごていたのかな。。 と反省。 でも2回に分けて流してたら、節水の意味。。 lixil. lixil. 古いモデルのトイレ• まだ詰まったことはないのですが、ごくたまに「コポっ」と音が… あれ?詰まった?というような音がして慌てて覗き込むことがあります。 こちらを拝見して、そういうことなのかと思いました。 同じくトイレ掃除は大変です。 掃除しやすくなりますよーなんてリクシルの方に言われた気がしたんですけどねww 流せるトイレブラシを使用しているのですが、とてもじゃないけど怖くて直接流すことができません - -; また溝のおかげでこれだけでは綺麗になりませんし… そして全く同じリモコンが付いています。 ホント安っぽいですよねw(傷口に塩を塗るようなコメしてすみません。 ) シルバーのスティックリモコンが付いているトイレが良かったのですが、金額がぐっと上がってしまい止む無く諦めました。 リクシルで淵なしのトイレを見た後だったので、TOTOの淵なし形状のトイレは淵があるように思いました。。。 また、詰まる理由が少ない水で流すからという理由が原因なら、TOTOの方が詰まるんじゃないかなと思います。 TOTOネオレストの方が節水だった気がするので お掃除リフトは、リクシルの方が使い勝手はよかったです。 全然あがりませんので手が突っ込めません・・ きれい除菌水も惹かれましたが、その他ノズルのお掃除等色々あってリクシルにしてみました。 個人的に思うのは、リクシルがダメ!というわけではなく、その時の商品次第かな。 というのが感想です。 後になるほどいい商品が出ますので、ダメだと決めつけるのではなく、リフォームの際はたくさん見た方が後悔は少ないと思います。 次は素敵なおトイレに出会えますよう・・・ 2016年9月に新築で、トイレをサティスっていうのにしました。 「しました」と言うか、選択肢がLIXILしか無くて、特別な希望も無かったので、ハウスメーカーの提案をそのまま採用。 でも、本当に本当に後悔しています! 安っぽいし、掃除がし辛い! 取り外せる部品を外して消毒しているのに、温風が臭い!! 大体、「温風なんて必要?!」って感じですよ。。 掃除の際は、本当にフラストレーション溜まりまくりです。 何が腹立たしいって、ノズルの脇にある脱臭か何かに使ってる、網みたいなチップを引き抜いて洗う時、中々外せない。 手袋では外せないから素手で爪を立てても至難の技で、こんな何て事ない作業に時間掛かるし、爪は痛めるしで最悪なんです。 ボタン押してから水が流れるまでの時間も掛かるし、自働洗浄にしていないのに、勝手に水は流れるしで、良いところが一つもない。 折角のマイホームなのに、これのせいで快適に過ごせてないです。 だからここにきて、思わず書き込みしてみました。 長文失礼しました。 結構な良いランクのトイレじゃないですか?? タンクレスですし、羨ましい。。。 w 温風が臭いって、それは是非メーカーに 文句問い合わせを。。。 しかし、トイレのせいで快適に過ごせないなんて勿体ないです。。。 思い切って、トイレ変えちゃいましょう!!w 初めまして。 今うちは、新築のクロスを決め終わったところです。 うちの標準もLIXILです。 壊れたときに交換できるものを希望したので、タンクありになりました。 独身時代に賃貸のトイレに自分で温水便座をつけていて、引っ越しの時にはそれをつけはずししていました。 便座も10年もつかどうかの代物。 壊れたときに、賃貸同様自分で交換できる方がよいと思うのです。 一応対応可能というので、Panasonicにも行きました。 そこには1種類だけ、自分で交換できるタンクレスがありました。 帰って、ハウスメーカーの人に伝えると、タンクレスは水圧が、、、と。 2階のトイレにと思ったので、よりおすすめされませんでした。 1階のトイレは使用頻度が高く、朝から詰まるのも困るので、やはりタンクレスはやめました。 リフォームの際の参考になれば。 でも数年たつと、きっとトイレの進化もすごいのでしょうね。

次の

新築のトイレは本当にタンクレスでいいの?トイレの設置で失敗しないための注意点。

タンクレストイレ 後悔

こんにちは!ゆとりフォームさっぽろです。 トイレのリフォームをお考えのみなさん! 一体型トイレにしようか、分離型トイレにしようか迷っていませんか? 今回はそんな一体型と分離型のトイレについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。 ぜひ、リフォームの参考にしてみてくださいね! トイレの一体型と分離型とは?まずは特徴や違いを知ろう 「一体型」と「分離型」、トイレのリフォームを考えたことのある方なら一度は聞いたことがあるかと思います。 そもそも2つは何が違うのでしょうか? 一体型トイレとは? トイレは大きく分けて「タンク」「便器」「便座」という3つのパーツから成り立っています。 トイレによってはこの3つに「ウォシュレット」も加わります。 「一体型トイレ」というのは、それらのパーツが全て一体となっているトイレを指します。 すべてのパーツが一体化しているため、全体的に凹凸が少なく、スッキリとした印象を与えるトイレです。 近年よく見かけるようになったタイプで、スタイリッシュでお洒落なトイレ空間にマッチします。 分離型(組み合わせ型)トイレとは? 「分離型トイレ」は「組み合わせ型トイレ」とも呼ばれます。 トイレの「タンク」「便器」「便座」それぞれのパーツが別々に組み合わさっているタイプです。 従来からあるトイレの形で、今でも多くのトイレで分離型が採用されているため、多くの方にとって一体型よりも馴染みのあるトイレと言えます。 一体型トイレと分離型トイレの他に、近年利用者が増えている「タンクレストイレ」という種類があります。 その名の通りタンク部分がなく、連続で水が流せるのが特徴のトイレです。 タンクレストイレに関しては「 」で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね! 「一体型トイレ」「分離型トイレ」それぞれのメリット・デメリット ここからは一体型トイレと分離型トイレ、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。 埃がたまりやすい隙間があまりないので、全体的なお掃除は分離型トイレに比べると簡単です。 トイレは毎日使う場所だからこそ、清潔にしておくのが大切! 掃除のしやすさという点は、トイレ選びの際にも重視したいポイントですね。 分離型トイレと違い、パーツとパーツの継ぎ目もないので、視覚的にもごちゃごちゃしません。 近年増えてきている一体型トイレは、スタイリッシュでスッキリとした空間を演出するのに一役買ってくれます。 スッキリおしゃれなトイレ空間を目指したい方にとっては、一体型トイレが向いていると言えます。 全てのパーツが一体となっているため、一部分が故障しただけでも全体を取り替えなければなりません。 便座だけ、ウォシュレットだけ直したい、ということができないので注意が必要です。 一般的に、トイレの無料保証期間は1年〜2年と言われています。 保証期間内の故障であれば、修理の負担に関してはあまり気にしなくても大丈夫ですが、それ以降は修理費用が発生することを覚えておきましょう。 ただし、有償保証で保証期間を延ばせる場合もあります。 例えば「自動便器洗浄の機能はほしいが、便座のフタの自動開閉機能はいらない」といった場合、どうしてもフタの自動開閉機能が付いてきてしまうということも。 逆にフタの自動開閉機能のないものを選ぶと、便器の自動洗浄機能が付いていなかったり…と、自由に機能を選択できません。 自分には必要のない機能を除くことができないため、その分費用を抑えにくいこともあります。 機能に過不足のない、理想の一体型トイレと出会うことができれば気にならないデメリットでもありますが、こだわりのある方にとっては選択が難しいかもしれません。 一体型トイレの場合は、一部分の故障でもトイレ全ての交換が必要です。 対して分離型はそれぞれのパーツが独立しているため、故障したパーツのみ修理をしてもらえばOK! トイレ全体を交換することに比べると、一部分のみ交換できるというのは金銭的な負担も時間的な負担も少なく済みます。 数年経ってから「違う便座に変えたい!」という場合に対応できるのもメリットです。 そのため必要のない機能にお金をかける心配がありません。 逆に「ここだけはこだわりたい!」というポイントがあれば、そこだけにお金をかけて、他を抑えるということも可能です。 最低限の機能で良ければ価格もかなり抑えられるので、低コストなリフォームを希望する方にもおすすめです。 その隙間に埃がたまりやすく、掃除が必要になります。 ただし、最近は掃除のしやすい分離型のモデルも次々と発売されています。 掃除のしやすさを重視したい場合は、掃除のしやすさに特化した機種を選ぶのもおすすめです。 分離型トイレは複数のパーツが組み合わさっているため、どうしてもスッキリした印象になりにくい傾向があります。 従来からのトイレというイメージもあり、一体型トイレに比べるとスタイリッシュなトイレ空間を作るのが難しく感じることも。 分離型トイレでスタイリッシュな空間を目指すなら、壁紙やトイレマットなど、トイレ本体以外の部分で工夫をしてみると良いかもしれませんね! まとめ 今回は一体型トイレと分離型トイレのそれぞれの特徴についてご紹介しました! 簡単にまとめると以下の通りです。 【一体型トイレのメリット】掃除がしやすい・スッキリ見える 【一体型トイレのデメリット】部分的な修理ができない・機能の組み合わせができない 【分離型トイレのメリット】故障の際の負担が小さい、機能の組み合わせの幅が広い 【分離型トイレのデメリット】掃除がしづらい、スタイリッシュな空間を作りづらい 一体型と分離型のトイレは、一方のデメリットをもう片方のトイレが克服し合っている関係です。 デメリットに目を向けるのも必要なことですが、一体型・分離型の選択に限っては、自分にとってどちらのトイレのメリットが大きいかを考えることが重要かもしれません。 しっかり情報を集めて、後悔のないトイレリフォームを実現してくださいね! にお気軽にご相談ください! お得なチラシ情報もぜひご覧くださいね!.

次の

徹底比較!タンクレストイレのメリット・デメリット

タンクレストイレ 後悔

このページの目次• タンクレストイレのメリットとデメリット タンクレストイレには以下のようなメリットとデメリットがあります。 メリット デメリット ・トイレ空間が広くなる ・掃除の手間が少ない ・デザインがスッキリしている ・連続で水を流せる ・価格が高い ・手洗い器が付属していない ・水圧が弱くて設置できない場合がある ・ウォシュレット部分の交換が困難 タンクレストイレのメリット タンクレストイレには4つのメリットがあります。 トイレ空間が広くなる タンクが付いていないためタンクレストイレは従来のトイレに比べて空間を広く使えます。 これにより、 広々とした空間を演出できるため気分良くトイレを利用できるでしょう。 他にも、トイレ空間が広くなることでキャビネットなどを設置しやすくなり、トイレ用品をたくさん置けるようになります。 タンクレストイレは従来のトイレと比べると奥行きが10cm以上、高さが30cm以上も小さいため、便器を交換するとトイレ室の広さを実感しやすくなるでしょう 掃除の手間が少ない タンクレストイレはタンクがないぶん、掃除の手間が省けます。 タンクは凹凸が多くて洗いにくいこともあるため、 トイレを毎日掃除するような人にとっては作業時間が大きく短縮できるでしょう。 また、タンクレストイレは便器自体も滑らかなデザインをしていることが多く、全体的に掃除がしやすい設計となっています。 デザインがスッキリしている タンクレストイレの多くは曲線を中心として凹凸が少ないデザインをしています。 サイズもコンパクトでスタイリッシュな商品が多いため、 センスがあるトイレ空間を演出できるでしょう。 タンク付きトイレでもデザイン性が高い商品はあります。 しかし、タンクレスのスリムさには及ばないため、トイレのデザインにこだわる場合はタンクレストイレが向いているでしょう。 連続で水を流せる タンク付きのトイレは、一度タンクに水を貯めなければ十分に流せません。 一方でタンクレストイレは 水道から直接流しているため連続で水を流すことが可能です。 今までありがちだった、急いで流したいのになかなか水がたまらなくてイライラすることがなくなるでしょう。 タンクレストイレのデメリット メリットが多いタンクレストイレですが、4つのデメリットが存在します。 価格が高い タンクレストイレは従来の商品に比べて価格が高いです。 タンクレスにすることで必要な機能が増えることが原因でしょう。 同じ機能のタンク付きとタンクレスを比べた場合、1〜5万円程度の価格差が生まれることが多いです。 また、タンクレストイレには最新機種が多く、他の商品に比べて機能が豊富な場合がほとんどです。 最新機能を豊富に備えているとなれば、従来の商品より10万円以上も高値となるのは当然と言えるでしょう。 手洗い器が付属していない タンクレストイレには手洗い器が付属していません。 手洗い器はタンクの上部に設置するため、タンク自体がなければ手洗い器が設置できないのです。 タンクレストイレで手洗い器を設置する場合は、 トイレ空間の内外に別で置かなくてはいけません。 このため、せっかくタンクレスにしたのにトイレ空間が思ったより広くならない可能性があります。 水圧が弱くて設置できない場合がある タンクレストイレはタンク内に水を貯めるわけではないため水道の水圧頼みで洗浄しています。 このため 高層マンションの上層階のように水圧が低い住居ではタンクレストイレが設置できないケースがあります。 タンクレストイレを購入する際は、まず水圧が足りるのかどうかを業者に確認してもらいましょう。 ウォシュレット部分の交換が困難 タンクレストイレは、おしりを洗浄する機能がトイレと一体化しているケースが多いです。 従来のトイレであれば便座を取り替えるだけで交換できたウォシュレットなどが、タンクレストイレの場合は 業者を呼んで修理を依頼しなくてはいけません。 作業が難しいため工事費用も従来のトイレと比べて高額となるでしょう。 オススメのタンクレストイレ商品を比較! タンクレストイレで有名なものとして、以下の3種類があります。 TOTO の「ネオレスト」シリーズ• LIXIL の「サティス」シリーズ• Panasonic の「アラウーノ」シリーズ 上記トイレの性能や価格を比較して、好みに応じたタンクレストイレを選びましょう。 各メーカーのタンクレストイレの価格 各メーカーのタンクレストイレの価格や特徴は以下のようになっています。 商品名 価格 カラー 排水方式 特徴 TOTO 「ネオレスト」 279,000円〜 (DH1グレード) 4色 床排水・壁排水 除菌や清潔さに徹底的にこだわった商品 LIXIL 「サティス」 244,000円〜 (S5グレード) 6色 床排水 男性小用時に使える泡クッションが特徴 Panasonic 「アラウーノ」 154,000円〜 (Vグレード) 1色 床排水・壁排水 機能を最低限に絞った格安商品 TOTOの「ネオレスト」シリーズの特徴 「ネオレスト」シリーズは、除菌や清潔さに徹底的にこだわったタンクレストイレです。 最新タイプのNXグレードは商品価格が570,000円以上と非常に高額です。 しかしTOTOはウォシュレットの生みの親だけあって、おしり洗浄機能では常に除菌や抗菌をして清潔さを維持することに徹底しています。 色の種類はLIXILの「サティス」シリーズより少ないものの、 性能を重視する人にとっては第1候補にあがると考えられるトイレが「ネオレスト」シリーズです。 なかでも、 男子小用時の汚物ハネを抑制する「泡クッション」は「サティス」シリーズにしか存在しない機能です。 色の種類も豊富で、価格もTOTOの「ネオレスト」シリーズより5〜10万円ほど安いです。 TOTOの「ネオレスト」シリーズが高価過ぎて、そこまでの性能が必要ないと感じる人に向いているトイレと言えるでしょう。 性能はTOTOの「ネオレスト」シリーズやLIXILの「サティス」シリーズには及びませんが、タンクレストイレを安価で購入できるという大きなメリットがある商品です。 最安値の商品がTOTOやLIXILよりも100,000円近くも安いため、性能にこだわらずとにかくタンクレストイレがほしいという人に最適のトイレでしょう。 メリット デメリット ・トイレ空間が広くなる ・掃除の手間が少ない ・デザインがスッキリしている ・連続で水を流せる ・価格が高い ・手洗い器が付属していない ・水圧が弱くて設置できない場合がある ・ウォシュレット部分の交換が困難 有名なタンクレストイレにはTOTOの「ネオレスト」シリーズ、LIXILの「サティス」シリーズ、Panasonicの「アラウーノ」シリーズがあります。 清潔さと機能性を重視する場合は「ネオレスト」シリーズ• 男性の小用が多い場合や、安めのタンクレスがほしいなら「サティス」シリーズ• とにかく安いタンクレストイレがほしい場合は「アラウーノ」シリーズ が向いているでしょう。 必要な機能や予算と相談して後悔しないトイレ選びを行ってください。

次の