アヘン コカイン マリファナ。 ✅ ♪アヘン、コカイン、マリフアナ、ヘロインたまにやってパーになってやらんふりしてたまにはやらないか~PUFFYのヒットナンバー「アジアの純真」の替え歌で、白いジャ…

なぜオランダでは大麻(マリファナ)が合法なのか?

アヘン コカイン マリファナ

製造方法の違い• コカイン:灌木の葉から麻薬成分を溶出• 覚醒剤:完全な化学化合物• 使用後の持続時間の違い• コカイン:20分~30分• 覚醒剤:3時間~12時間• 使用原料の違い• コカイン:コカノキという灌木の葉• 覚醒剤:麻黄( マオウ・エフェドラ )• 刑事罰則の違い• コカイン• 単純:1年以上10年以下の有期懲役• 営利:1年以上の有期懲役500万円以下の罰金の併科あり• 単純:7年以下の懲役• 営利:1年以上10年以下の懲役300万円以下の罰金の併科あり• 麻薬特例法の罰則【 コカインが法律で規制されている 】• 違反内容:業としての覚せい剤輸入、輸出、製造、譲渡、譲受• 刑事罰:無期又は5年以上の懲役及び1,000万円以下の罰金• 薬物犯罪収益等の取得・処分事実の仮装又は隠匿• 5年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこの併科• 薬物犯罪収益等の取得・処分事実の仮装又は隠匿を目的とする予備行為• 2年以下の懲役又は50万円以下の罰金• 薬物犯罪収益等の収受• 10年以下の懲役• 規制薬物としての輸入、輸出• 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金• 規制薬物としての譲渡、譲受、所持、受交付• 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金• 薬物犯罪収益等の隠匿・収受の実行又は規制薬物の濫用の公然、あおり、唆し• 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金• 覚醒剤• 覚せい剤取締法の罰則• 覚せい剤• 単純:1年以上の有期懲役• 営利:無期若しくは3年以上の懲役又は情状により1,000万円以下の罰金を併科• 単純:10年以下の懲役• 営利:1年以上の有期懲役又は情状により500万円以下の罰金を併科• 覚醒剤の原料• 単純:10年以下の懲役• 営利:1年以上の有期懲役又は情状により500万円以下の罰金を併科• 単純:7年以下の懲役• 営利:10年以下の懲役又は情状により300万円以下の罰金を併科• 体内から抜けるまでの時間の違い• コカイン:血液48時間・尿4日・髪の毛90日• 覚醒剤• アンタフェタミン:血液12時間・尿3日・髪の毛90日• yuko-lawyer. businessinsider. ビジネス・インサイダーが纏めているコカインと覚醒剤の比較だけでなく、 他の危険薬物ヘロイン等の体内残留期間の比較の一覧表も以下に作成してみたので参考にされたい。 例えば ヘロインが血液から抜けるまでに12時間だが、尿( 小便 )は4日、髪の毛には90日残る。 なお、違法薬物が体内から抜けるまでの 時間の一覧表は、以下の記事画像を参照させて頂いた。

次の

田代まさし「アヘン コカイン マリファナ ヘロイン♪たまにやってパーになって♪(PUFFY)」

アヘン コカイン マリファナ

如何でしょうか。 歌詞は大同小異で、田代は薬物の順番を「アヘン、コカイン、マリファナ、ヘロイン」と歌い、ジェニーいとうは「アヘン、ヘロイン、コカイン、マリファナ」でコカインとヘロインの順番が入れ替わっており、田代の歌の「たまに打って」がジェニーいとうでは「束で打って」と歌っているらしきところ以外はまったく同じようです。 また最後に自分で「これテレビで放送できないフレーズでした」と自分の歌った内容を否定してオチをつけるという流れも似ています。 この動画はジェニーいとうさんが西麻布のバー『ポルトベレーザ』でものまねショーをしているところを撮影したもので、アップロードされたのも2014年5月と、まだ田代まさしがコカイン所持で逮捕されて服役していた時期と重なります。 田代まさしその他の歌動画 田代が披露している時期は、おそらくそれよりも遅いと考えられるので、ほぼネタ元なのは間違いないのではないかと思います。 テレビで頻繁に流された最初に挙げた田代まさしの替え歌動画の日付は分かりませんが、例えば下の動画は「田代まさし 2018年8月 宮城県でヤク中ネタ披露」というタイトルなので、やはりジェニーいとうさんの動画の時期より後になります。 (ただし歌唱シーンは公開するのに問題があったようでカットされています) 上の動画内では、田代まさしはお笑い芸人「ヒロシ」の「ヒロシです」のネタのパロディネタを披露しています。 見てみると、事件はどうあれ田代はお笑いが好きだったのは間違いないという感じがします。 私はちょいちょい笑ってしまいましたが、どうでしょうか。 元ネタを歌った物まねタレント「ジェニーいとう」とは? 「ジェニーいとう」さんはプロフィールが「ヘリカルプロモーション」のページに載ってるので、おそらくそこの所属タレントではないかと思われます。 画像:ヘリカルプロモーション ここからwikiやその他プロフィールページ等からまとめたジェニーいとうさんに関する情報をご紹介します。 ジェニーいとうさんは、オカマの物まねタレントさんで、本名・伊藤和幸(いとうかずゆき)、1968年3月14日生まれで現在(記事執筆時)は51歳、出身は高知県、血液型AB型、身長178センチです。 物まねのレパートリーとしては、郷ひろみ、武田鉄矢、サンプラザ中野、中村雅俊、嘉門達夫、ボビー・オロゴン、華原朋美、AKB48、DA PUMPといったものがあるそうです。 テレビ出演歴としては「ものまね紅白歌合戦」や「サンデー・ジャポン」といった番組にも出演したことがあるとのこと。 かなり古い動画ですが、1996年に物まね四天王の栗田貫一さんと物まね対決をしている動画がYouTubeにあります。

次の

田代まさし評判の替え歌はパクリ?元ネタ「ジェニーいとう」歌動画!

アヘン コカイン マリファナ

こんにちは、ローラです。 ここシドニー、というかオーストラリア全体、大麻=マリファナにはとてもとても寛大です。 はっきり言って、超!緩いです。 日本のように職を失うような大事件では全くありません。 オーストラリアの首都キャンベラでは、2株までの栽培が一人だか一軒だか知らないけども許されているんだとか。 すごくない? その話聞いた時、びっくりしたよ! とにかくそれくらいにオーストラリアはマリファナに寛大なのです。 寛大、そうもう日常すぎるので、私の6年間過ごしているオーストラリア(主にシドニー)生活でも、マリファナエピソードには事欠きません。 以前にしましたが、そもそもここオーストラリアではタバコ1箱でも$25(2500円以上)っていう日本に比べたら考えられないくらい高額、そして常に値上がりを続けているので、手巻きタバコ?と言って、うすーいロールペーパーの内側にタバコの葉っぱを一列に敷いて、それをクルクル丁寧に巻いていって、最後に舌で糊づけしてっていうタバコが、普通のタバコ同様に一般的に嗜好されています。 タバコ1箱2500円以上って世界的にもそうとう高額だと思うので、少しでも安くタバコを吸いたい海外からの留学生はこの手巻きタバコをすぐに習得するのです。 タバコの味が違うとかで、あえてこっちを嗜好する人たちもいるみたいだけど。 そして手巻きタバコにしたって日本に比べると十分以上に高いんだけどね。 (20本くらいが巻けるタバコの葉っぱが入ったパッケージで1500円くらいだった記憶。 詳しくは吸わないからごめん) そしてこの手巻きタバコのやり方は、まさにマリファナを吸うやり方と一緒です。 中身にマリファナを入れるか入れないかの違い。 私の周りだけかもしれませんが、私の知る喫煙者は、ほぼ100%の確率(個人的な印象調べ)でマリファナを吸っています。 そもそも日本に比べると喫煙者自体の数が圧倒的に少ないんだけれどね。 そして、普段はタバコは吸わないけども、週末リラックスするために、もしくはたまのパーティでマリファナを吸う人も別に存在します。 感覚的には、飲酒と同等レベルです。 かつてボンダイに住んでいた頃、親しくなったバイロンベイ出身のパイロットの彼は、隠れた副職としてマリファナの売人をしていました。 あんなに大量のマリファナを見たのは人生初。 ランドセルくらいの大きさのタッパーにそれはそれはたんまり。 彼はそれを0. それを知らなかった頃は、ひっきりなしに鳴る電話とちょこちょこ家を出て行く彼の姿を見ながら、それにしてもせわしない人だなーと思っていましたが、後から真実を聞いて、あーそういうことかと至極納得したものです。 彼いわく、ボンダイはマーケットが大きいから、足がつかないために引っ越しはするけども、ここから離れるつもりはない、そうです。 このボンダイには2年以上住んでいましたが、最初の入居先のオーナーは私たちが夜にビールを飲む感覚で、毎晩マリファナを嗜んでいました。 共有のキッチンには、常にそれが置かれてあり、それにしてもオープンだなーと感心したほどです。 4年近くオーストラリアに住む日本人女性と知り合いましたが、この彼女は超がつくほどのマリファナ人だったそうです。 嗜好していたのは知っていましたが、ただのマリファナ好きイタリア人が引くくらいにしょっちゅうストーン化していたと後から聞いてびっくりしました。 彼女は間もなくして日本に戻りましたが、あれだけどっぷりハマった人が日本で生活するのはさぞかし大変だろうにと思うんだけど、実際どうなんでしょうか。 もう引っ越してしまったんですが、元ハウスメイトの一人も超マリファナ好きで、私の知らない吸引方法(プラスチック容器を使った方法?というのかしら)で嗜んでいた模様。 そうすると強い効果があるらしく、リビングのソファでしょっちゅう寝落ちしていました。 部屋でも栽培を試みていたようで、それだけはやめろと注意されていました。 私の彼コーリーちゃんの兄弟の一人も実は超ポッドヘッド(マリファナ中毒をこう呼んでいるみたい)で、彼女も2歳近い娘もいるのに、ギリギリの収入でしか働かないみたい。 彼の職業、プランマーと言われる配管工は時給$100とかって世界だから、すこし頑張っただけですぐにでも大きなお金を作れるのに。 ある時、一緒に住む彼に聞いてみました。 もし家のバルコニーなりでシェアメイトが吸っていて、近隣がニオイに気づいて(独特なニオイがあります)警察に通報したら、ハウスオーナーとしての責任はどうなるのかと。 すると彼曰く、警察もそんなんじゃ動かない、そう。 たとえ通報受けて訪ねたところでニオイなんて飛んでいるだろうし、見つかったにしてもたかが数千円の罰金&没収だけ。 彼はさらに言いました。 ボンダイに行けば、街中がマリファナのニオイだ、と。 例をあげればキリがないほどに、シドニー、オーストラリアのマリファナ事情はお酒と同じくらいの立ち位置です。 ここまで近いとは正直思っていませんでした。 私にはオーストラリアでのファーム経験がないんですが、日本人のワーホリの方々がファーム行って経験するってパターンは確率的にそうとう高いと思います。 ファームって仕事以外やることないらしいじゃん。 言い過ぎ? そして、マリファナ好きってジョイントっていってみんなでシェアするのが当然と思っているみたいで、なぜか吸う?って聞いてくる。 私はむしろそれを肯定しています。 好きにしたらいいんじゃないかと。 むしろ、ファーム体験同様に日本じゃなかなかできない、というか法律的にとても罪深いものだからね、日本じゃダメ、絶対。 それに、いつかは親になるなら、もしかすると今以上に日本でもマリファナが普通になっちゃうかもしれない将来に、自分が経験していないと何がダメかって言えなくない?とかって思うんだけど、これは話が飛躍しすぎかも。 (それを言ったらいろんな犯罪を経験しないといけなくなっちゃうもんね) 私の知る限りのマリファナの一番こわい部分は、仕事しなくなること、いろんなやる気を奪うことです。 朝からワイン飲んだことありますか? 実はそんな感じだと思っています。 体が重ーくなって、ゆるーくハッピーな、まぁなんでもいっかってなる感じ。 これが続いたらどうなるさ、という意味でマリファナは怖いと感じます。 社会問題になっていますが、この覚せい剤マーケット(種類、程度の差がいろいろあるようですが、私の知識的に覚せい剤とひとくくりで呼びます)もマリファナ同様にかなり身近です。

次の