かもめ。 かもめエンジニアリング株式会社

カモメ

かもめ

全長45cm。 成鳥では灰色の背・翼の上面、白色の腹・尾、翼の先に黒っぽい斑点模様があります。 日本には冬鳥として全国の海岸、河口、港など海で見られます。 カモメは海と航海を象徴する鳥で、おぼれ死んだ水夫の魂が姿をかえたものといわれます。 むやみに殺すことは不吉であり、家の窓にカモメがぶつかると良くないことが起こるとされています。 カモメの仲間は世界で40余種、それぞれの特徴からセグロ(背黒)カモメとかとかの名前がありますが、「カモメ」という名の種はこれひとつです。 冬の河口などにたくさん群れていて、何でも食べてしまう「海辺の掃除屋さん」です。 しかしこの習性が街をきれいにしているのも事実ですし、漁師たちもこの鳥が魚群の上に集まる習性を利用して、魚群探知を行うなど、大切にしています。 むかし、イギリスでは、お人好しでだまされやすい紳士のことをカモメと呼びました。 日本でのカモに当たります。 カモはネギを背負ってきますが、カモメは灯台の窓にもぶつかるほど、だまされやすい鳥だったのでしょう。 / 冬鴎(かもめ) 黒き帽子の上に鳴く 西東三鬼 /.

次の

v6プラスサービス|プロバイダ【かもめインターネット】

かもめ

トリゴーリンを演じる(マールイ劇場、2008年) 第1幕 ソーリンの湖畔の領地、湖に面した屋外に急設された舞台の前。 アルカージナが愛人のトリゴーリンとともに久しぶりに滞在している。 コスチャが恋人のニーナを主役に据えた劇の上演を準備している。 メドヴェージェンコがマーシャに言い寄るが、マーシャはつれない。 コスチャはソーリンに母への鬱屈した思いや芸術の革新の必要性について語る。 「必要なのは新しい形式です。 それがないくらいなら、何にもない方がましです」 両親の厳しい監視の目を抜け出してきたニーナが到着する。 コスチャは二人きりになるとニーナにキスする。 ポリーナとドールンが連れ立って現れる。 ポリーナはドールンに色目を使うがドールンはやり過ごす。 さらにアルカージナやトリゴーリンなど一同も姿を現し、観客が揃う。 折よく月も顔を出し、いよいよコスチャの劇が幕を開ける。 「人も獅子も鷲も鸚鵡も、生きとし生けるものはみな、悲しい循環を終えて消えてしまった。 もう何十万年もの間、大地は生命を宿すこともない…」 しかしアルカージナはコスチャの試みをまじめに受け取ろうとせず、芝居の趣向を揶揄する。 度重なる嘲笑にコスチャはかっとなって芝居を中断し、いたたまれなくなって姿を消す。 ニーナは芝居を続けなくてよくなったらしいことを確認すると一同の前に現れる。 一同はニーナを喝采で迎え、アルカージナはぜひとも女優になるべきだとそそのかし、トリゴーリンに引き合わせる。 やがて一同が去り、ドールンが一人残っているところにコスチャが現れる。 ドールンはコスチャの劇に可能性を感じたことを話し、創作を続けるよう励ます。 感激して涙ぐむコスチャだが、ニーナが家に帰ったことを聞かされると打ちひしがれる。 コスチャを探していたマーシャが現れて家に帰るよう言い聞かされるが、コスチャは邪険にはねつけて去っていく。 マーシャはドールンにコスチャを愛していることを打ち明ける。 第2幕 真昼の屋外。 アルカージナ、ドールン、マーシャが話している。 厳しい両親が旅行に出て束の間の自由を手にしたニーナがソーリンなどとともに現れる。 アルカージナは外出用の馬車をめぐって支配人のシャムラーエフと口論になり、アルカージナは泣き出してモスクワへ帰ると言い出す。 ポリーナは相変わらずドールンに言い寄っている。 一人になったニーナのもとに銃を持ったコスチャが現れ、撃ち落としたかもめをニーナの足元に捧げる。 「今に僕はこんなふうに自分を撃ち殺すのさ。 」コスチャは芝居の失敗の後に心変わりしたニーナを詰るが、ニーナは冷たく突き放す。 トリゴーリンが現れるのを見たコスチャは立ち去る。 ニーナは名声への憧れをトリゴーリンに語る。 「有名ってどんな心地がするものなんでしょう? ご自分が有名であることをどうお感じになります? 」それに対しトリゴーリンは作家として生きることの苦渋に満ちた感慨を吐露する。 「昼も夜も、一つの考えが頭から離れないのです。 書かなければならん、書かなければならん、書かなければ…。 何というすさんだ人生でしょう」 トリゴーリンはふと撃ち落とされたかもめに目を止めると、新しい短編の題材を思いつき手帳に書きとめる。 「湖のほとりにあなたみたいな若い娘がかもめのように自由で幸せに暮らしている。 ところがふとやってきた男が退屈まぎれにその娘を破滅させてしまう。 このかもめのように」 アルカージナが現れ、モスクワへの出立を取りやめたことを告げる。 第3幕 ソーリン家の食堂、昼前。 コスチャは自殺未遂をした後、トリゴーリンに決闘を申し込む騒ぎを起こしている。 アルカージナはニーナとトリゴーリンを引き離すためにトリゴーリンとともにモスクワへ帰る算段をしている。 食事をするトリゴーリンに、マーシャがメドヴェージェンコと結婚する決意をしたことを打ち明ける。 「この恋を胸から根こそぎ引き抜いてみせますわ。 」 トリゴーリンが食事を済ませるとニーナがロケットを贈る。 ロケットには彼の著作のタイトルとページ数、行数が書かれている。 トリゴーリンは書棚に自分の本を探しに行く。 コスチャはアルカージナに包帯を取り替えてもらいながら打ち解けて話すが、話題がトリゴーリンのことに移ると途端に激しい口論になってしまう。 泣き出すコスチャとなだめるアルカージナ。 アルカージナはコスチャに決闘は思いとどまるよう諭す。 トリゴーリンは本の該当の場所を探し当てる。 「もしいつか私の命が必要になったら、いつでも差し上げます。 」トリゴーリンは滞在を引き延ばそうとするが、アルカージナはうまく丸め込んでその日のうちに発つことを承諾させる。 モスクワに発とうとするトリゴーリンに、ニーナは自分もモスクワに出て女優になる決心をしたことを告げる。 トリゴーリンは自分のモスクワでの連絡先を教える。 二人は長いキスを交わす。 第4幕 2年後、ソーリン家の客間。 現在はコスチャの書斎として使われている。 コスチャは作品が首都の雑誌に掲載されるようになり、気鋭の作家として注目を集めるようになっている。 メドヴェージェンコがマーシャに家へ帰って赤ん坊の面倒を見なければ、とさとすがマーシャは取り合わない。 ポリーナは今もコスチャへの思いを捨て切れずにいる娘を不憫に思い、仲を取り持とうとするがコスチャの機嫌を損ねてしまう。 マーシャは母の余計なお節介を詰る。 「胸の中に恋が芽生えてきたら、捨ててしまうだけのことよ。 」 コスチャはドールンに尋ねられニーナのその後を話して聞かせる。 ニーナはトリゴーリンと一緒になり、子供をもうけたもののトリゴーリンに捨てられ、子供にも死なれてしまっている。 女優としても芽が出ず、今は地方を巡業して回る日々を過ごしている。 「手紙にはいつもかもめと署名してあるんです。 彼女は今この近くにいますよ。 」 ソーリンの容体が悪くなったために呼び寄せられたアルカージナがトリゴーリンとともに訪ねてくるが、ソーリンは小康を得ていて一同はロトに興ずる。 シャムラーエフがトリゴーリンにコスチャが撃ったかもめを剥製にするよう頼まれていたことを話題にするが、トリゴーリンは思い出せない。 やがて一同は食事のために部屋を出ていくが、コスチャは一人残り仕事を続ける。 かつて新しい形式の必要を訴えていたコスチャは、今では自分が型にはまりつつあることを感じとる。 「問題は新しいとか古いとかいう形式にあるのではなくて、形式になんかとらわれずに書く、魂から自由にあふれ出るままに書くということなんだ。 」 そこへ巡業で近くまで来ていたニーナが訪ねてくる。 病的に張りつめた様子のニーナは何度も「私はかもめ」と繰り返し、トリゴーリンとのいきさつをほのめかす一方で、その度に「私は女優」と言い直す。 「大切なのは名誉でもなければ成功でもなく、また私がかつて夢見ていたようなものでもなくて、ただ一つ、耐え忍ぶ力なのよ。 私は信じているからつらいこともないし、自分の使命を思えば人生もこわくないわ。 」片やコスチャは今も信じるべきものを見つけ出すことができずにいる。 「僕には信じるものもなく、何が自分の使命なのかもわからずにいるんだ。 」 何か食べるものを、というコスチャの申し出を断り、懐かしむように2年前の失敗した芝居のセリフをひとしきりそらんじてみせると、ニーナはコスチャを抱き締め、外へ駈け去っていく。 コスチャはしばらくの沈思の後に自分の原稿を尽く引き裂き、部屋の外へ出て行く。 食事を終えた一同が部屋に戻るとシャムラーエフが完成したかもめの剥製を見せるが、それでもトリゴーリンは思い出せない。 やがて外で一発の銃声が鳴り響く。 調べに出て戻って来たドールンは「エーテルの薬瓶が破裂した」と説明して怯えるアルカージナを落ち着かせたあと、トリゴーリンに小声で「コンスタンティントレープレフが自分自身を撃った」と告げる。

次の

かもめ/浅川マキ

かもめ

ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 予算 [夜] ¥20,000~¥29,999 [昼] ¥20,000~¥29,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ ランチ:サービス料なし・チャージ料なし ディナー:サービス料10%・チャージ料なし 席・設備 席数 150席 (大広間80名 中広間40名 個室2~12名 ) 個室 有 (2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可、20~30人可、30人以上可) 全室完全個室 全室より庭園をご覧頂けます 全室洗面所完備 掘りごたつ式個室有 椅子テーブル式個室有 貸切 可 (50人以上可) 禁煙・喫煙 全席喫煙可 お客様のご希望により分煙可 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 駐車場 有 専用駐車場10台 近隣にコインパーキングあり 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、座敷あり、掘りごたつあり、プロジェクターあり、電源あり、車椅子で入店可 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、ワインにこだわる 料理 魚料理にこだわる 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 ロケーション 景色がきれい、隠れ家レストラン、一軒家レストラン サービス 2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可 お子様連れ 子供可 (乳児可、未就学児可、小学生可)、お子様メニューあり、ベビーカー入店可 ドレスコード カジュアル フォーマル ホームページ 公式アカウント オープン日 1928年 備考 名古屋の街並み保存地区に指定されている「白壁」に1000坪の敷地を有する、昭和3年創業の名古屋を代表する緑豊な老舗料亭です。 都心とは思えない閑静で風雅さを持ち、回廊、庭、茶室、そして大小10室の座敷は昔ながらの数寄屋造の趣を今に伝える佇まいです。 伊勢湾、三河湾、濃尾平野の地元は元より全国各地から選りすぐりの食材・珍味を取り寄せ、日本料理本来の美しさと醍醐味を心行くまで堪能して頂ける尾張名古屋の味処で御座います。 掘りごたつやイス・テーブルの御部屋も御座いますので、ご年配の方や外国の方にも気楽にご利用頂けます。 名古屋城、徳川美術館、文化のみち、川上貞奴邸などのご見学に便利でございます。 お店のPR このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 料亭か茂免 関連ランキング:懐石・会席料理 清水駅、尼ケ坂駅、東大手駅.

次の