ボウイ 解散 理由。 BOØWYが解散ライブ映像『1224』の“空白の40秒”で埋めた最後の真実

BOOWY解散の理由を高橋まことがあっけらかんと暴露してしまうあたり何といい人だろう

ボウイ 解散 理由

伝説のバンド「BOOWY」の結成秘話 「BOOWY」の結成秘話は1980年に さかのぼる。 氷室京介は、レコード会社の意向で バンド「スピニッヂ・パワー」の ボーカルとしてデビューしたが音楽性の 違いにより脱退する。 悪い事は続き、その当時付き合っていた 彼女とも別れてしまい、故郷に帰る 決意をしたが、その彼女のプレゼント、 「RCサクセション」のライブチケットを 握りしめて最後の音楽の思い出作りに ライブに出かけた。 そこで氷室京介はモチベーションを 取り戻し、彼は故郷群馬の旧知の仲で、 彼自身「ライバル」と呼ぶ布袋寅泰を 六本木の喫茶店「アマンド」に呼び出し バンド結成の話を持ち掛けた。 これが1980年代に斬新なビジュアルと、 ポップでありながらシャープなエッジの 効いたサウンドでミリオンセラーを記録 した「BOOWY」の結成秘話である。 そのBOOWY結成時の布袋寅泰が語った 秘話によると、故郷の群馬時代の 氷室京介は硬派の印象だったが、上京後 当時流行のニューウェーブ系の服装に 変化していて驚いたと話している。 そして1981年、バンド名を「暴威」と 名づけ、5月11日に新宿ロフトで 観客13人を前にデビューライブを行い、 高橋まことが加入する。 1982年にバンド名をBOOWYと変更し、 音楽性の変化によるメンバー変更を経て 1985年にシングル 「ホンキー・トンキー・クレイジー」、 1986年にシングル 「わがままジュリエット」を発売し、 同年にアルバム 「BEAT EMOTION」、1987年に 「PSYCHOPATH」でミリオンセラーを記録 して、BOOWYはトップバンドに のし上がった。 バンドの結成秘話にはビートルズなら ジョンとポールの様な二人の才能の 出会いから始まるストーリーが多いが、 同時に周囲に不仲ではないかという 憶測を生み、結成当時とは変わって しまったとのゴシップの秘話もまた 少なくない。 BOOWY解散時の秘話に氷室京介と 布袋寅泰の不仲が取り上げられる事も あるが、その真相はどうなのか? スポンサード・リンク BOOWYの解散理由は? 1986年12月16日の長野市民会館での ライブ後、布袋寅泰はBOOWYの解散を 提案した。 アルバム「JUST A HERO」でBOOWYの 音楽の完成形を見た事や、 「BEAT EMOTION」がオリコン1位を獲得 した事で、以前から「1位を取ったら 解散」と冗談交じりに話していたが、 それが現実になった事により、 ここで初めてBOOWYの解散理由が 高橋まことら他のメンバーとの 共通認識になったのである。 以上がBOOWYの解散理由についての 記述である。 またBOOWYはメジャーになった事と 引き換えに「商業的アイドル」の 不本意なレッテルを貼られた事も 解散理由として語られる事が多い。 明らかに売れ線を狙ってポップな要素を 盛り込んだ曲で売り出すバンド、そして 斬新な取り組みをした結果売れたバンド を一緒くたに「産業ロック」と揶揄する 風潮は1970年台後半の洋楽シーンに 台頭したTOTOやボストンがデビューした 頃から存在した。 ミリオンセラーを記録する程売れた結果 人気が先行した事により、 「産業ロック」の言葉に象徴される 商業的なバンド、もしくはアイドルの レッテルを貼られる事には布袋寅泰も 耐えられなかったと述べている事も、 BOOWYの解散理由を裏付けている様だ。 しかし元メンバーの高橋まことが 2007年4月に発売した著書「スネア」の 中で書かれている解散理由は次の様な 内容である。 布袋寅泰は妻である山下久美子の バックで演奏する事も並行して行って いたが、そこにBOOWYのメンバーである ベースの松井恒松、そしてドラムの 高橋まことまで誘われる事となり、 これはまずい事になったと考えた 高橋まことが氷室京介にその事を伝え、 それをきいた氷室京介が 「来月解散しよう」と言った事が 解散理由という事だった。 宝島社の本の内容と高橋まことの本の 内容には一見隔たりがある様だが、 BOOWYとして成功し、やれる事は殆ど やったとの思いが、この恬淡とした 終結宣言にも表れていた様に見える。 実際に、氷室京介はその内容の発言を 音源に残しており、宝島社の本と 高橋まことの本との両本の記述に 合致しており、どちらが信憑性があるか ここでは論じられない。 だがここで忘れてならないのは 氷室京介は布袋寅泰は最高のギタリスト であると思っている事と、布袋寅泰は 氷室京介の為にBOOWYのスポークスマン を買って出ていたという信頼関係だ。 BOOWYの解散理由には色々な角度からの 推測があるが、バンドには必ずその活動 において終着点があり、解散後にも それぞれのメンバーの進路がある事も 忘れてはならない。 スポンサード・リンク まとめ BOOWY結成秘話で布袋寅泰が 呼び出された際、彼はその時の 高等遊民の様な生活ぶりを 聞いていると知って殴られると思った 事を明かしている。 しかしBOOWY内ではお互いに信頼し合う 関係であり、BOOWYで二人の才能が開花 した事が以後の活動に大きなプラスと なった。 高橋まことが本で著した内容も、二人の 信頼関係があるから、BOOWYの 解散理由を阿吽の呼吸で判っていた という事の証拠だろう。 yahoo.

次の

氷室京介と布袋寅泰の溝はあった?不仲だったのか?キスまでライブでしてたのにね

ボウイ 解散 理由

BOOWY解散の理由・真相 BOOWYの解散の理由は当初は謎に包まれていて、様々な事が噂されていた。 ボーカル氷室京介と布袋寅泰が仲が悪い説、メンバーのお金の取り分が不公平だったので、金で揉めた説、氷室と布袋が女を取り合って喧嘩した説など様々だ。 BOOWY解散の理由を氷室京介に聞こうと思っても、怖そうなんで突っ込んで聞けないし、解散のきっかけを作ったと言われている布袋寅泰に聞いてみても、 解散の理由は墓場まで持って行くと、はっきりしないし、松井常松はどこに行ったか分からないし、という中でドラムを担当していた、高橋まことが著書「スネア」に真相が書かれている。 布袋寅泰の行動が引き金 当時布袋寅泰は山下久美子と結婚していた。 山下久美子というのは、今では全く見る機会は無いがシンガーソングライターで、 BOOWYがブレイクする前から有名で一時期布袋は山下久美子のヒモの様な存在であったと言われている。 そんな布袋だったが、BOOWYでの音楽活動が徐々に人気を呼び、 山下久美子以上の人気者になりつつあった。 そんな時山下久美子のツアーに布袋も参加していたのだが、 そのツアーにベースの松井常松も誘われ、その後高橋まことも誘われた。 高橋は氷室に相談なしに3人が他人のツアーに参加するなんてまずいと思って、 氷室京介に相談したところ、「よし、じゃあ来月解散すっか」と言って解散になったのが真相だそうだ。 松井常松と高橋まことは今どうしているのか? 気になっている方は、以下のリンクから確認できます。 BOOWYというバンド ここで、知らない人の為にBOOWYというバンドの成り立ちやメンバーの立ち位置などを紹介しよう。 まずこのバンドのリーダーは氷室京介、群馬県出身、元不良少年で喧嘩のエピソードが結構有名、歌が上手く、この氷室京介がギターの布袋を誘った事からBOOWYが結成される。 年も一歳上だし、怖いしで余り絡んだ事はなかった。 BOOWY結成前は何もせずブラブラしていた。 ベースの松井常松は氷室京介の同級生で群馬時代同じバンドに所属していた昔からの友達、BOOWYの前は別のバンドのベースを担当してプロで活躍していたが、氷室と布袋がバンドを組むというのを聞きつけてBOOWYに合流。 そしてドラムスの高橋まこと、高橋は氷室京介より7歳年上。 高橋だけが昔からの友達ではなく、バンドが行ったオーディションに参加して採用された。 その他にギター、サックスを入れた6人のバンドだった。 そこで布袋寅泰は、バンドの雰囲気を変える事を皆に提案する。 ファッションや曲も、明るい雰囲気に変え、世の中の不満を歌うパンク色の強い曲ばかりではなく、ラブソング中心の楽曲に変更する事を。 結果この方向転換が吉と出る。 しかし、その変化についていけない2人は脱退した。 そして、その後皆が知る事となるBOOWYが生まれたのだ。 ボーカル、ギター、ベース、ドラムと最小単位ながらも、それぞれがしっかりと仕事をする事によって、厚みがあるサウンドになりBOOWYは完成した。 BOOWYの曲はその殆どが、作詞は氷室京介が担当して、 作曲は布袋寅泰が担当している。 アルバムのプロデュースは布袋寅泰が担当し、楽器の演奏、メンバーのファッションも提案し、布袋のアイデアはバンバン当たった。 布袋がBOOWYが売れたのは、俺のおかげ! と思っていたかは分からないが、BOOWYの快進撃は続いた。 人気が出ると出たで違う悩みも出て来た、 アイドルを見る様なミーハーな客がライブの会場に押し寄せた。 当時はとにかく凄い人気でした。 その時ファンだった人も芸能人にも結構います。 客のお目当ては、ボーカルの氷室京介で、氷室に対して黄色い声援を送った。 BOOWYの音楽を聞くというよりも、ただキャーキャー騒いでいる客が兎に角ウザかったと布袋は語っている。 売れれば売れる程、何か違和感の様なものが感じられて、 仲の良かったBOOWYのメンバーも何故かギクシャクする様になったという。 そんなわけで、名実ともにナンバーワンとなったBOOWYだったが、雰囲気は余り良くなく、 解散が決まってからも、音楽活動がしばらく続き、1987年の12月24日の渋谷公会堂のライブで解散を発表した。 氷室も解散すると皆に言ったものの、本当は解散したくなかったという説もあり、 解散を発表したステージで、布袋寅泰が背を向けてなかったら、 解散を撤回していたかもと高橋まことは語っている。 氷室と布袋の関係についてはこちらの記事に書いています。 芸能人の記事のまとめページ 関連記事 関連記事: 関連記事: カテゴリー•

次の

高橋まことがナカイの窓でboowy解散の理由や嫁、子供の現在を語る?

ボウイ 解散 理由

伝説のバンド「BOOWY」の結成秘話 「BOOWY」の結成秘話は1980年に さかのぼる。 氷室京介は、レコード会社の意向で バンド「スピニッヂ・パワー」の ボーカルとしてデビューしたが音楽性の 違いにより脱退する。 悪い事は続き、その当時付き合っていた 彼女とも別れてしまい、故郷に帰る 決意をしたが、その彼女のプレゼント、 「RCサクセション」のライブチケットを 握りしめて最後の音楽の思い出作りに ライブに出かけた。 そこで氷室京介はモチベーションを 取り戻し、彼は故郷群馬の旧知の仲で、 彼自身「ライバル」と呼ぶ布袋寅泰を 六本木の喫茶店「アマンド」に呼び出し バンド結成の話を持ち掛けた。 これが1980年代に斬新なビジュアルと、 ポップでありながらシャープなエッジの 効いたサウンドでミリオンセラーを記録 した「BOOWY」の結成秘話である。 そのBOOWY結成時の布袋寅泰が語った 秘話によると、故郷の群馬時代の 氷室京介は硬派の印象だったが、上京後 当時流行のニューウェーブ系の服装に 変化していて驚いたと話している。 そして1981年、バンド名を「暴威」と 名づけ、5月11日に新宿ロフトで 観客13人を前にデビューライブを行い、 高橋まことが加入する。 1982年にバンド名をBOOWYと変更し、 音楽性の変化によるメンバー変更を経て 1985年にシングル 「ホンキー・トンキー・クレイジー」、 1986年にシングル 「わがままジュリエット」を発売し、 同年にアルバム 「BEAT EMOTION」、1987年に 「PSYCHOPATH」でミリオンセラーを記録 して、BOOWYはトップバンドに のし上がった。 バンドの結成秘話にはビートルズなら ジョンとポールの様な二人の才能の 出会いから始まるストーリーが多いが、 同時に周囲に不仲ではないかという 憶測を生み、結成当時とは変わって しまったとのゴシップの秘話もまた 少なくない。 BOOWY解散時の秘話に氷室京介と 布袋寅泰の不仲が取り上げられる事も あるが、その真相はどうなのか? スポンサード・リンク BOOWYの解散理由は? 1986年12月16日の長野市民会館での ライブ後、布袋寅泰はBOOWYの解散を 提案した。 アルバム「JUST A HERO」でBOOWYの 音楽の完成形を見た事や、 「BEAT EMOTION」がオリコン1位を獲得 した事で、以前から「1位を取ったら 解散」と冗談交じりに話していたが、 それが現実になった事により、 ここで初めてBOOWYの解散理由が 高橋まことら他のメンバーとの 共通認識になったのである。 以上がBOOWYの解散理由についての 記述である。 またBOOWYはメジャーになった事と 引き換えに「商業的アイドル」の 不本意なレッテルを貼られた事も 解散理由として語られる事が多い。 明らかに売れ線を狙ってポップな要素を 盛り込んだ曲で売り出すバンド、そして 斬新な取り組みをした結果売れたバンド を一緒くたに「産業ロック」と揶揄する 風潮は1970年台後半の洋楽シーンに 台頭したTOTOやボストンがデビューした 頃から存在した。 ミリオンセラーを記録する程売れた結果 人気が先行した事により、 「産業ロック」の言葉に象徴される 商業的なバンド、もしくはアイドルの レッテルを貼られる事には布袋寅泰も 耐えられなかったと述べている事も、 BOOWYの解散理由を裏付けている様だ。 しかし元メンバーの高橋まことが 2007年4月に発売した著書「スネア」の 中で書かれている解散理由は次の様な 内容である。 布袋寅泰は妻である山下久美子の バックで演奏する事も並行して行って いたが、そこにBOOWYのメンバーである ベースの松井恒松、そしてドラムの 高橋まことまで誘われる事となり、 これはまずい事になったと考えた 高橋まことが氷室京介にその事を伝え、 それをきいた氷室京介が 「来月解散しよう」と言った事が 解散理由という事だった。 宝島社の本の内容と高橋まことの本の 内容には一見隔たりがある様だが、 BOOWYとして成功し、やれる事は殆ど やったとの思いが、この恬淡とした 終結宣言にも表れていた様に見える。 実際に、氷室京介はその内容の発言を 音源に残しており、宝島社の本と 高橋まことの本との両本の記述に 合致しており、どちらが信憑性があるか ここでは論じられない。 だがここで忘れてならないのは 氷室京介は布袋寅泰は最高のギタリスト であると思っている事と、布袋寅泰は 氷室京介の為にBOOWYのスポークスマン を買って出ていたという信頼関係だ。 BOOWYの解散理由には色々な角度からの 推測があるが、バンドには必ずその活動 において終着点があり、解散後にも それぞれのメンバーの進路がある事も 忘れてはならない。 スポンサード・リンク まとめ BOOWY結成秘話で布袋寅泰が 呼び出された際、彼はその時の 高等遊民の様な生活ぶりを 聞いていると知って殴られると思った 事を明かしている。 しかしBOOWY内ではお互いに信頼し合う 関係であり、BOOWYで二人の才能が開花 した事が以後の活動に大きなプラスと なった。 高橋まことが本で著した内容も、二人の 信頼関係があるから、BOOWYの 解散理由を阿吽の呼吸で判っていた という事の証拠だろう。 yahoo.

次の