循環 器 内科 と は。 面谷内科・循環器内科クリニック

おおはた内科循環器クリニック

循環 器 内科 と は

生活習慣病の予防指導から先進医療の血管再生療法まで 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)・不整脈・心臓弁膜症・心筋症・肺高血圧や末梢動脈疾患など各種血管病を対象に診療を行います。 また、高血圧症や高脂血症などの心臓病の原因となる生活習慣病の診療や禁煙外来など循環器疾患の予防および管理も行っています。 診療体制 当科は外来棟2階の11・12・13・17・18診察室(および禁煙外来)で診察を行います。 当院では、外来診療は原則予約制となっていますので、かかりつけの医療機関から当院に診療申込書をファクスしてもらうことにより初診予約を取ることができます。 対象疾患 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、肺高血圧や末梢動脈疾患などの各種血管病。 高血圧症や高脂血症などの心臓病の原因となる生活習慣病の診療や禁煙外来など循環器疾患の予防および管理。 難治性末梢性動脈疾患(閉塞性動脈硬化症やバージャー病)や難治性虚血性心疾患など。 得意分野 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する冠動脈形成術、不整脈の薬物療法・非薬物療法を行います。 心臓弁膜症・心筋症・肺高血圧や末梢動脈疾患などの診断も行っています。 また、難治性末梢性動脈疾患(閉塞性動脈硬化症やバージャー病)など、従来の方法では治療困難な患者さんに福音をもたらす先進医療である血管再生療法も行います。 診療実績 年間約800件の心臓カテーテル検査、約200件の冠動脈形成術(カテーテル治療)、約30人の急性心筋梗塞患者の急性期治療、約400件の不整脈のカテーテルアブレーション治療、約40件のバルール肺動脈形成術を行っています。 専門外来 虚血性心疾患、不整脈、心不全、禁煙などの各種専門医が外来に当たっています。 また、ペースメーカーを埋め込んだ患者さんには、定期的に機械の状況をチェックする「ペースメーカー外来」を行っています。 先進医療・研究 再生医療、特に血管再生医療については基礎および臨床研究実績があります。 実際に血管再生療法の臨床を行っています。 複雑な不整脈に対する高度なカテーテルアブレーション治療も行っています。

次の

古泉循環器内科クリニック

循環 器 内科 と は

IgG抗体(保有)検査の臨床的有用性は未確立ですが、既感染(抗体保有)の有無を確認することによりいままでの感染防止対策を見直す参考になります。 さまざまな抗体検査がありますが、精度・臨床的有用性が検討中です。 当院はCLIA法の外注検査で、結果報告まで2-3日要します。 電話、ウエブにてご予約ください。 なお、「息切れ」「倦怠感」「発熱」などの症状があり、新型コロナウイルス感染を疑う場合には、「帰国者・接触者相談センター」に電話ください。 福利厚生俱楽部(リロクラブ) 健診 メニュー登録 すずかわ循環器内科は、関連学会・団体作成の感染拡大予防ガイドラインに沿って、法定健診、雇用時健診、区民健診(6月以降)、一般健診・生活習慣病健診等各種健診を実施しています。 ningen-dock. pdf 風邪症状、発熱のある方は、体調が回復してから受診ください。 なお、福利厚生俱楽部(リロクラブ)の「健診」にメニュー登録されました。 雇用者家族健診の際、会員の皆さんはご利用ください。 新型コロナウイルス感染症 帰国者・接触者相談センター等に相談する目安 報道にもありますように、帰国者・接触者相談センター等にご相談する目安が改定されました。 少なくとも以下の条件に当てはまる方は、すぐにご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 国内外の症例の下記の特徴などから改定されたものと思われます。 ・肺炎を発症(呼吸困難、倦怠感、高熱等)し、急激に状態悪化する場合がある。 ・特に、高齢者、基礎疾患のある重症化しやすい方では、軽い症状から急激に状態悪化する場合がある。 ・症状は軽いが長く続く場合、感染しているケースがあり、感染拡大の一因になっている。 緊急事態宣言の延長 緊急事態宣言が5月31日まで延長され、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が更新されました。 勤務先への通勤を除き外出自粛が延長されています。 医療機関の受診は、健康維持のため自粛から除外されていますが、外来の混乱を避けるため医療機関の役割分担、予約診療、オンライン診療を含めより一層の感染拡大防止対策が必要です。 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合には、引き続き「帰国者・接触者相談センター」を介して、「発熱外来」の受診が、院内感染防止、PCR検査の実施、重症患者に重点をおいた入院医療の提供の観点で適切です。 症状が軽く、新型コロナウイルス感染症の可能性が低い場合には、自宅にて安静・療養あるいは、かかりつけ医の(オンライン)受診が指示される場合がありますが、状態が変化し下記のような肺炎の症状がある場合には速やかに再度かかりつけ医あるいは、「帰国者・接触者相談センター」に連絡が必要です。 ・強いだるさ(倦怠感)、安静時の息切れ(会話が困難) ・呼吸困難、呼吸数・脈拍の増加 ・胸の圧迫感、痛み ・新たな意識混濁、チアノーゼ(唇が紫色) 感染症対策とオンライン診療 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議4・22情報分析・提言にて、感染拡大防止のための「人との接触を8割減らす10のポイント」の一つとして、オンライン診療があげられています。 患者さんには初診を含めオンライン診療もご検討いただきたく、電話にてご相談も承ります。 電話相談、オンライン診療にて、診察、検査が必要な場合には受診をお願いいたします。 情報通信機器を用いた診療(オンライン診療) 東京都における新型コロナウイルスの感染拡大状況をふまえ、院内感染を含む感染防止のため情報通信機器を用いた診療(オンライン診療)に対応します。 オンライン診療の限界、不利益をご理解の上、当院ホームページ「オンライン診療」を参照いただき、専用アプリよりご予約ください。 なお、オンライン診療開始後であっても、オンライン診療が望ましくないと判断される場合には対面診療に移行させていただきます。 ご理解をお願いいたします。 杉並区(仮称)発熱外来センター 新型コロナウイルス感染症対策で緊急事態宣言が行われ、皆さんにおかれましてはご心配・ご不安のなか過ごされていることと思います。 報道にありますように昨日杉並区長記者会見「新型コロナウイルス感染症対策に係る補正予算案」にて 区内4基幹病院に併設する(仮称)発熱外来センターの設置についても概要の紹介がありました。 現在杉並区では、次の症状があり新型コロナウイルス感染症を疑われる方は、 杉並区帰国者・接触者電話相談センター 03-3391-1299 または 新型コロナ受診相談窓口 03-5320-4592 (平日5時以降、土・日・祝日) に相談いただき、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、(仮称)発熱外来センターを紹介されています。 ・風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いている。 (解熱剤を飲み続けなければいけないときを含む) ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 なお、当院では院内感染を含め感染防止の観点から、情報通信機器の準備ができ次第ウエブ予約にて 定期受診の患者さんの情報通信機器を用いた診療(オンライン診療) 定期受診の患者さんの、定期以外の疾患について初診オンライン診療 初診患者さんのオンライン診療 のご要望につきましても「厚生労働省保健局4月10日事務連絡」に沿って対応します。 詳細は後日ご案内します。 高齢者肺炎球菌予防接種 令和2年度 肺炎球菌予防接種「予診票」が杉並区より届いておられる方は、電話あるいはWEB診療予約より予約のうえ、体調の良い時に受診ください。 永福町 すずかわ循環器内科では、平日・日曜午後に予防接種・健診・検査等時間帯を設定し、利便性と院内感染予防を図っています。 以下の方が今年度の定期接種対象者です。 65歳:昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれの方 70歳:昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれの方 75歳:昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれの方 80歳:昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれの方 85歳:昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれの方 90歳:昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日生まれの方 95歳:大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれの方 100歳:大正9年4月2日~大正10年4月1日生まれの方 60歳~64歳:昭和31年4月2日~昭和36年4月1日生まれで心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級相当の方 令和元年度 高齢者肺炎球菌予防接種 風しん抗体検査・第5期定期接種 連日新型コロナウイルス感染症の報道があり、ご心配、ご不安のことと思います。 引き続き手指消毒、密空間を避けるなど感染予防にご留意ください。 さて、令和元年度 高齢者肺炎球菌予防接種、 風しん抗体検査・第5期定期接種は、接種期限が延長され2021年3月までになりました。 該当する方は、体調の良い時にWEBあるいは電話で予約の上受診ください。 新型コロナウイルス感染が疑われる場合 新型コロナウイルス感染症関連のニュースが引き続き報道され、ご心配・ご不安のことと思います。 新型コロナウイルス感染が疑われる場合には、厚労省・自治体より案内がありますように「帰国者・接触者相談センター」に電話でご相談ください。 相談センターから「地域のかかりつけ医」受診を指示された場合には、事前に電話をいただき受診をお願いいたします。 院内感染予防のため、 恐れ入りますが、処置室にて診察させていただきます。 なるべく各診察時間帯終了30分前に受診ください。 院内でも、マスク着用、手指のアルコール消毒をお願いいたします。 ご面倒をおかけしますが、院内感染予防のためどうぞよろしくお願いします。 なお、当院では医療従事者のマスク着用、頻回の手指アルコール消毒、ドアノブ、医療機器のアルコール消毒、室内換気などの院内感染予防対策をしております。 杉並区ホームページ 杉並区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-3391-1299 受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く) 上記以外の時間は、以下に相談してください。 ご利用ください。 3月15日(日) 午前一般外来のみ開院 3月15日 午前の一般外来 9:00-11:30 のみ開院し、午後の健診・検査などは休診します。 ご不便をおかけし申し訳ありません。 杉並区【任意】風しん抗体検査と予防接種費用助成 永福町のすずかわ循環器内科は、3月1日より杉並区 任意風疹抗体検査と予防接種助成制度の契約施設になりました。 当院では、院内感染防止の観点で、健診・検査等予約診療時間帯に予防接種の時間を設定しています。 また、勤務により平日受診しづらい方も受診し易いよう日曜日午後にも予約診療時間を設定しています。 city. suginami. tokyo. pdf 当院ホームページWeb予約サイトよりご予約のうえ受診ください。 肺炎球菌ワクチン 永福町のすずかわ循環器内科は、3月1日より杉並区 高齢者肺炎球菌定期予防接種助成 契約施設に登録されました。 今年度接種対象で未接種の方は、予診票をご持参のうえ今月中に予約・接種をおすすめします。 以下の方が今年度の定期接種対象者です。 65歳:昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生まれの方 70歳:昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれの方 75歳:昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれの方 80歳:昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生まれの方 85歳:昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生まれの方 90歳:昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生まれの方 95歳:大正13年4月2日~大正14年4月1日生まれの方 100歳:大正8年4月2日~大正9年4月1日生まれの方 101歳以上:大正8年4月1日以前生まれの方 60歳~64歳:昭和30年4月2日~昭和35年4月1日生まれで心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級相当の方 予診票は昨年3月該当する方に郵送されております。 お手元に届かない方は、区内5か所の保健センターまたは区役所地域福祉係の窓口でお受け取りください。 ご本人のほか、ご家族、ご友人など、代理の方でも申請できます。 「日常生活で気を付けること」「こんな方はご注意ください」を抜粋しております。 日常生活で気を付けること まずは手洗いが大切です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触った ものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能 性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、 より一層注意してください。 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 こんな方はご注意ください 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 風邪の症状や37. マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 杉並区「帰国者・接触者電話相談センター」 電話番号:03-3391-1299 受付時間 :平日9:00~17:00(土日祝日を除く) 東京都「帰国者・接触者電話相談センター」 電話番号:03-5320-4592 受付時間 :平日17:00~翌9:00 および土日祝日の終日 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 新型コロナウイルス感染症について連日報道があり、ご心配のことと思います。 既にご存じかとは思いますが、下記厚労省より現在の注意事項です。 mhlw. ・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 ・ 高齢者 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受 けている方 ・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウ イルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。 杉並区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-3391-1299 受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く) 上記以外の時間は、以下に相談してください。 city. suginami. tokyo. html なお、当院では職員の手指消毒、マスク着用、ドアノブ等の消毒など感染対策を実施しております。 新型コロナ感染症について 注意事項です 中国湖北省武漢市を中心に、世界中で新型コロナウイルス感染症が発生し、日本国内でも感染が確認されています。 公衆衛生の観点から、下記の症状のある方は、来院前に必ず杉並保健所「杉並区帰国者・接触者電話相談センター」あるいは東京都「帰国者・接触者電話相談センター」にご相談ください。 3月15日 休診 3月15日休診いたします。 Web予約 本日よりご利用ください 本日より2月5日開院日以降のWeb予約可能です。 どうぞご利用ください。 なお、「風しん抗体検査と予防接種」「高齢者肺炎球菌予防接種」の杉並区助成には3月以降対応いたします。 また、「杉並区健診・がん検診」は来年度より対応いたします。 新規開院のお知らせ 令和2年2月5日 水 新規開院。 院長ご挨拶 GREETING 皆さんこんにちは。 院長の鈴川満雄です。 この度心筋梗塞、脳卒中、心不全など循環器疾患の予防を中心に皆さんのかかりつけ医としてお役に立ちたいと考え自宅一階にて医院を開業いたしました。 人生百年といわれる時代となりましたが、人は血管から老いると言われています。 高血圧、糖尿病、脂質異常症など動脈硬化のリスクファクターを包括的に管理し、心筋梗塞、脳卒中、心不全など循環器系の生活習慣病の予防、健康寿命延伸のお手伝いをします。 また、心身より健康な毎日をより長く過ごしていただけるよう、ご家族のかかりつけ医として健康相談、種々の健診・検診、予防接種、痛み、発熱、動悸、めまいなど様々な症状の鑑別診断・治療・二次医療へのご紹介、介護との連携など地域の皆さんに寄り添い医療ニーズにお応えします。 院長 鈴川 満雄.

次の

古泉循環器内科クリニック

循環 器 内科 と は

地域と共に… 当院は昭和55年に松山市古三津の地に開院して以来、地域医療の一部を担ってまいりました。 医療は高度化・専門化し、医療従事者が最新の知識を以て診療にあたるのは当然のことですが、医療の中心にあるのは患者さんご自身であることは変わることがないと考えています。 これからも地域に根差して診療を続けて参ります。 その他必要に応じて各医療機関とも病診連携、診診連携を速やかにとります。 病状、処方内容等によりオンライン診療での対応が困難な場合がありますので、詳細についてはメール、お電話などでお問い合わせください。 その際には1階待合室は足の不自由な方、ご高齢の方等を優先いたします。 以上、ご了承頂きますようお願いいたします。 『7月の休診予定』 7月25日(土)は休診になります。 ご迷惑をおかけしますが、お間違えの無いようお願い致します。 重要なお知らせ 『新型コロナウイルスに対するオンライン診療について』 新型コロナウイルス感染症の拡大に際する特例的な取り扱いとして、初診からのオンライン診療に対応いたします。 病状、処方内容等によりオンライン診療での対応が困難な場合がありますので、詳細についてはメール、お電話などでお問い合わせください。 その際には1階待合室は足の不自由な方、ご高齢の方等を優先いたします。 以上、ご了承頂きますようお願いいたします。 『7月の休診予定』 7月25日(土)は休診になります。 ご迷惑をおかけしますが、お間違えの無いようお願い致します。 お知らせ•

次の