ドヒドイデ育成論。 ドヒドイデの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

【ポケモンUSUM】ドヒドイデの育成論・対策まとめ【ウルトラサンムーン】

ドヒドイデ育成論

初投稿です! よろしくお願いします! 3月のランクマッチにて、マスボ級に昇格できるか否かがかかった大事な試合で活躍し、僕を勝利へ導いてくれた「ひとでなし」を紹介します。 至らぬ点が多数あると思います。 コメントでご指摘いただければ幸いです。 この育成論ではHABCDSなどの略称を用います。 個体値は全て理想個体を前提としています。 ダメージ計算はポケマス様を使用しました。 概要 ドヒドイデと言えば、受けポケモンのイメージが強いと思われますが、今回は「ひとでなし」というドヒドイデ固有の特性に注目した、アタッカー型ドヒドイデを紹介します。 マイナー型ポケモンを使ってみたい!という方に特にオススメです。 耐久型のような汎用性がある型ではなく、天敵も多く運用が難しいですが、ハマれば強い型です。 特性 ひとでなしとは?• 「どくびし」要員(例) ・... どくびしが相手のパーティーに刺さる場合が一番この型のドヒドイデが活躍します。 あくタイプなのでのいたずらごころ無効。 不利対面、または初手で積み技を使ってくる相手だと初手吹き飛ばしが安定的します。 襷等 ・... 高耐久、どくびしがつかえます。 ついでにステロも撒けます。 (どくびしとステロ両方撒けるのはガラルでデスバーンだけです。 相手の手持ちにどくタイプがいる場合は、交代でどくタイプのポケモンが出てきたときに、どくびしが消えてしまうので注意!• ひこうタイプ、特性がふゆうのポケモンにどくびしは効果がないので注意!• どくびしは、二回重ねて撒くことができ、一回目のどくびしを踏んだポケモンは普通の『どく』状態となります。 二回目のどくびしを踏んだポケモンは『もうどく』状態となります。 「どくどく」要員(例) ・... 特性 かがくへんかガスにより、マジックミラー持ちのやを『どく』状態にすることができます。 おきみやげで退場して、ドヒドイデへのダメージを抑えることもできます。 どく技が効かない、どく、はがねタイプのポケモンを特性 ふしょくにより『どく』状態にできます。 うそなきで相手のDを二段階下げてを安全に着地させることもできます。 タイプが優秀で、の弱点である、エスパー、じめんタイプの攻撃を無効化できます。 どく技無効のどく、はがねタイプでも、 みずびたしで相手をみずタイプにしてからどくどくを入れることができます。 どくタイプが使う「どくどく」は 必中になります。 (相手がそらを飛ぶ、あなをほる、シャドーダイブ中でも『もうどく』状態にすることができます。 特性 ノーガード状態と同じ。 相手の手持ちにどく技が通りやすいかどうかよく考えてから選出します。 はがね、ひこうタイプのポケモンが多いなら選出を控えてください。 何もできないで負けてしまいます。 立ち回り この論のドヒドイデは、相手のポケモンが『どく』『もうどく』状態になってから真価を発揮するので、基本的に、相手を『どく』状態にするポケモンと組ませて選出します。 基本的な動き(理想)は以下の通りです。 まず、上記で述べた、相手を『どく』状態にさせるポケモンを出します。 相手を『どく』状態にします。 死に出し等でドヒドイデを出しダイマックス(相手が『どく』状態ならダイマックスする前にトーチカを挟むのもアリ。 相手の攻撃を耐えてじゃくてんほけん発動。 暴れる。 あくまでも理想の動きなので、相手の選出や技構成に臨機応変に対応しなければなりません。 の流れもできなくはないです。 (環境で、ダイマックス技をはじめとした非接触技が多く使われているのでうまく決まらないことが多いですが。 相手のポケモンにどくびしが刺さる場合が一番理想的です。 三縦も夢じゃありません。 と組ませるのがオススメです。 (ドラドイデ戦法と呼んでいます。 ) 三体目のポケモン候補 こちらのパーティーにどくタイプのキャラが多くなるので、地面技、エスパー技、またドヒドイデを見て、電気技を持ったポケモンを呼びやすくなります。 それらの技を無効化または半減にできる ひこう、あく、じめん、でんきタイプのポケモンをパーティーに組み込むのをオススメします。 性格 低いC種族値を補う為、の下をとりたい為、れいせいです。 特性 育成論のコンセプトなのでひとでなしです。 持ち物 じゃくてんほけんです。 ドヒドイデの足の遅さと、ダイマックスした時の高耐久により安定して発動できます。 ぶっぱ ドヒドイデはBとDの種族値が高く、HP種族値が低いのでHPに努力値を振ることによって最も固くなります。 ぶっぱ B... あまり S... 個体値0無補正(S実数値45)の下をとる調整です。 厳選の際には、「まあまあ」「ダメかも」ならどちらでも大丈夫です。 ・実際対面したことがあったので記載しときます 先制あくびされると面倒くさいの上を取る調整もあるのですが、以上以下にするには、Sの個体値を「まあまあ」の中でも11〜15にしなければならず、気の遠くなるような厳選になります。 は先発で出されることが多いのであまり考えなくても良いかもしれませんが、念のため。 H252、D92〜236だと乱数1発になります。 それ以上は確2です。 環境に物理アタッカーが多く、はHBに振ることが多いため大概大丈夫です。 参考までに。 技構成• 確定枠 【 ひとでなし発動、C+2】この型の理想時のダメージ計算です。 ダイストリーム H4 チョッキ(230. タイプ有利だと、「ひとでなし」が発動していなくても弱点保険さえ発動させてしまえば、殴り勝つことも可能です。 被ダメ ダイマックス時 A252 じしん(38. 1%) A252 ダイアース(36. 、ミストメイカー(状態異常にならない。 )、ラムの実、、めんえき(どく状態にならない。 )、 等のポケモンは『どく』状態にするのが難しい、また『どく』状態にすることができても、明確な打点がないので厳しいです。 おわりに ここまで読んでいただきありがとうございます。 フェアリータイプ対策としてはがねタイプがチームに組み込まれることが多いので、ひとでなしドヒドイデがハマる機会が少ないかもしれませんが、ハマると破格の強さなのでぜひ使ってみはどうでしょうか。 コメントにて助言ご指摘、感想などぜひ宜しくお願いします。 エンニュートのふしょくで飛行タイプにどくを入れると書いてあったり、かがくへんかガスでふゆうを無効にしてどくを入れると書いてあったりと、どくびしを前提に話しているのか否かが分かりにくいです。 あとは、どく前提ならどくびしが撒けるか否かがこの育成論の最も重要な部分だと思うので、どく要員についてもっと掘り下げるといいかもしれません。 物理受けドヒドイデ対策が先発どく要員にそのまま刺さることも考えられます。 具体的には、エスパーや地面といった弱点技、挑発やアンコールといった耐久メタ技です。 特にデスバーン以外は弱点が被っているので弱点持ちが選出されやすく ドヒドの保険発動はしやすくなるものの 先発対面してしまったらドヒドイデを受け出すことも出来ないので、退き先として飛行タイプや悪タイプを3匹目に入れるのもいいかもしれないですね。 理想の動き以外は臨機応変にと記載がありますが、かなり運用が難しいように思えたので、理想を作り出す手段や理想以外の状況を例示するのも有用なのではと思った次第です。 ご指摘と助言ありがとうございます。 それからチョッキドリュウズに対するダイストリームのダメージ計算もひとでなしの発動の有無で2倍以上に差が出るのはおかしいと思います。 ダメージ計算の確認をお願いします。 急所時は不利なランク変化無効という効果もあるのでそれも書いておくとより魅力が伝わると思います。 固有特性のひとでなしドヒドイデは使いたいと常々考えていたので参考にさせていただきます。 下手すれば全抜きも狙える面白い育成論だと思いました... が、書かれている通り天敵がめちゃくちゃ多いですね...。 毒、鋼、飛行、浮遊全般に加えて、ピンポイントなところではミストメイカー、めんえき、ラムの実とかでしょうか。 次に、毒タイプの使うどくどくについてです。 毒タイプのどくどくは命中100ではなく必中です。 具体的には、そらをとぶ や シャドーダイブ等にも当たるという仕様があります。 最後に、候補技としてベノムトラップはどうでしょう? より毒への依存度が高くなってしまいますがその分効果は強力なので、一考の価値はあると思います。 長文失礼いたしました。 ご指摘ありがとうございます。 急所にあたるとあいての能力上昇を無視できることを加筆しました。 助言ありがとうございます。 トーチカをどくびしに変えてランクマッチに潜ってみましたが、このドヒドイデはHにしか耐久を振っていないので案外脆く、(メガネのボルトチェンジで乱数一発です。 )どくびしを撒く余裕がありませんでした。 できるだけ体力が満タンの状態でダイマックスしたいので、どくびしを撒くのは他のポケモンにやらせたほうが良いかと思います。 れいせい完全に見落としていました、 特に上をとりたいポケモンもいなかったたのでれいせいに修正しました。 ありがとうございます。

次の

【ポケモン剣盾】ランクマッチ最高14位達成記念!!最強要塞ドヒドイデ育成考察②【技構成】

ドヒドイデ育成論

ページ:• 投稿者:フルート• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:半熟卵• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:小野芋子• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:じんえふ• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:くえん• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:「 」• コメント 27 みんなの評価 :• 投稿者:ガード•

次の

【ポケモン剣盾】ドヒドイデの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ドヒドイデ育成論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるドヒドイデの育成論と対策について掲載しています。 ドヒドイデのおすすめ技や性格、夢特性やもちものについても記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• ドヒドイデの特徴 非常に高い耐久力 ドヒドイデは非常に耐久が優れているポケモンで、特に物理アタッカーに対する受け性能は群を抜いているといえます。 また、特防もかなり高い部類であるため、相手にしたいポケモンを想定して調整することで両受けのクッション役をすることもできます。 また、専用技のトーチカはまもると同様の効果を有し、直接攻撃した相手をどく状態にするので、接触技で攻撃をする際には注意する必要があります。 相手に積み技を使われてもくろいきりで能力変化をリセットして対策することもできます。 しかし、ドヒドイデは能力変化をリセットするくろいきりを覚えるため、積み技の連打は禁物です。 ねっとうのやけどなどで機能停止させられる前に、上手く相手の行動を予測して積み技を使用するか、でんき技やじめん技を持ったポケモンで倒すことが必要になります。 対策方法 特殊アタッカーで対策する ドヒドイデは覚える技の関係から物理受けの個体が多いため、特殊アタッカーで弱点を突きながら回復が間に合わないほどのダメージを押し付けていくことが有効です。 特にタイプ一致のでんき技で弱点を突け、ねっとうも半減できる ウォッシュロトムが対策として優秀です。 一撃必殺技で対策する ドヒドイデの高い耐久を無視するために一撃必殺技で対策するのも有効です。 ドリュウズははがねタイプのため、ドヒドイデのどくどくやトーチカの効果を受けず、一撃必殺技のつのドリルやじわれを覚えるため、ドヒドイデの対策として優秀なポケモンです。 ちょうはつも有効 ドヒドイデに対してちょうはつを撃つことで、ドヒドイデはじこさいせいやくろいきりなどの変化技を使用できなくなるため、積み技を使用したい場合や交代させることで有利を作りたい場合などにおすすめです。 夢特性のポケモンはワイルドエリアの特定のポケモンの巣から確率入手するしか現状ありませんので、出現場所はしっかりと押さえておきましょう。 ドヒドイデの場合はソフトによって出現場所や光の種類が異なるので注意しましょう。 通信交換も選択肢の一つ なかなか夢特性のドヒドイデが出ないという場合は、トレーナー同士の通信交換を活用するのも一つの手。 ぜひ下記リンク先から ポケモン交換掲示板をご活用ください。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の