夏休み 帰省 コロナ。 夏休み2020 帰省する?自粛継続?アンケート調査結果

夏休みに帰省や旅行を予定している人は? みんなの夏休みの過ごし方

夏休み 帰省 コロナ

下記クリックで好きなところに移動• 2020お盆休みコロナの影響でどうなる? 2020年のお盆休みはいつからいつまで? 大きく2パターンあります。 8月8日(土)〜16日(日)までとれる9連休の人• コロナウイルスによって全国各地の夏のイベント・お祭りも中止に…。 2020お盆休みコロナの影響・帰省できる?できない? 各都道府県内の移動ではなら帰省はできるが… 2020年5月現在、緊急事態宣言が実質的に緩和された状態になりました。 一部都道府県を除き、県内移動ならOKといった風潮になっています。 そのため、県内での帰省は十分できる可能性が高いです。 ただし逆を言えば「県境を越える移動の自粛解除」はまだ先が見えず、• 北海道 など、「お盆休みだからこそ長距離移動できる」と考えている人たちの多い都市では自粛解除の発令次第となりますが、経済的理由で緩和が加速されて帰省できる可能性は上がってきてます。 しかし、お盆の帰省ともなると、新幹線・飛行機の予約、場合によっては宿泊先の確保も必要になるので6月いっぱいに新型コロナウイルスに関する動向が見えない限りは「帰省は難しい」と考えておく方が良いのかもしれません。 お盆も「オンライン帰省」の可能性 家ではもう「今年はもう何も出来ないだろう」と言う話が出てて「お盆もオンライン帰省」「オンライン忘年会」「リモート紅白」「オンライン初詣」…と言う話になってますけど、各位今から対策を練っておいて下さい。 — かけぽん kakeponponpon 解除されても問題は山積みなんだよな。 通年でもお盆休みの帰省混雑状況はすさまじいものがあります。 冬から今現在まで、移動を控えていた人たちの混雑ラッシュは例年以上のものになると予想されます。 そのため「無理かも…」と考えている人も多いです…。 2020お盆休みの旅行やレジャーはどうなる? 別の意味でお盆休みの旅行は難しい? お盆休みに年末のリベンジ旅行行こうと思ったら……. コロナウイルスの終息を見越して(キャンセル料を払うことも念頭において)チェックするのもありなのかも?と思います。 宿泊先のホテルや観光地の励みにもなりそうですよね…いつもと違ってキャンセル料も宿やホテルへの応援と思えば悔しくもないかも… 大手を振って堂々と旅行できる日が待ち遠しいですね! 夏休み短縮・なくなったのでお盆休みが厳しい… お子さんがいる家庭では、コロナ自粛による休校により、小中学校・高校の夏休みがほとんどなくなる…ということも。 例年通りの夏休みの日程が組めない分、今までのお盆休みのようにはいかない家庭も多いようです。 まとめ:2020お盆休みは異例のことだらけ! 2020年6月現在、コロナ自粛の風潮はだいぶゆるくなっている分、東京を中心に日々の感染者集が増大したり、第二波、第三波の可能性にいつもおびやかされている状態です。 レジャーや観光を受け入れる側のコロナ対策、体制次第では、旅行できる可能性が出てきました。 しかしながら、「withコロナ」といわれているように、どう新型コロナウイルスと付き合っていくのか?感染した場合の個人個人の対策はとれるのかどうか?が問われる時期になってます。 人気記事!• 最近テレビショッピングで見かけるようになった「アセチノディープコア」が本当に効果があるのか、実際に購入した感想... 66,917 views• 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」!大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方を紹介し... 60,377 views• 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... 57,346 views• TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつで書類送検されました。 今後の活動、特に長年取り組んできたDASH... 43,229 views• 話題の「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法について調べてみました。 話題!「体育座りの鶴」のソーシャルディ... 42,039 views• 38,453 views• 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。 前田さんの総資産や収入等につい... 38,218 views.

次の

【2020】コロナの影響で夏休みはどうなる?

夏休み 帰省 コロナ

インバウンド(外国人観光客)の回復は当分は見込めない。 今、欧州をはじめ、ロックダウンや自粛が緩和される動きがあるが、国際線の航空便が通常運行に戻るのはまだまだ時間がかかるだろう。 国内観光に関しても、5月または6月に緊急事態宣言が解かれたとしても、社業や学業などの遅れを取り戻すために、今年の夏休みが例年より短くなるケースは少なくないと予想される。 夏休み以外でも長期休暇は取りにくくなり、旅行支出の縮小につながることは間違いないだろう。 さらに、「新しい生活様式」においては「帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に」と記されており、県を超えて遠出の旅行などは控えようという流れは続くものと思われる。 つまり、当面の間は各地の観光客は激減し、また一人当たりの観光消費額も例年より大きく縮小することになることが予想される。 しかし、それでは観光地は大きなダメージを受けることになり、旅館やホテル、土産物店、観光施設などの倒産や廃業が相次いでしまう危険がある。 そうした中で、観光地を復活させるための方策はないものだろうか。 インバウンドおよび県外観光客が見込めない時だからこそ、近隣の地区の観光客を動員するような施策をとることを提言したい。 すなわち「域内観光」を活性化させることだ。 域内観光は、日帰り、または一泊程度の短い観光であり、旅行単価は大きくはない。 しかし、工夫次第で多くの集客を見込めるというメリットもある。 しかし、域内観光の場合、近隣であるだけにその地域の特徴を知っている人が多い。 だからこそ、表面的な魅力で呼ぶのではなく、参加者が濃い内容の体験をしてその感動を実感し、SNSなどを通じて他者に伝えるのがよいのではないか。 ただし、「体験」といっても収穫体験などの実益につながるものから、本格的なものまでさまざまである。 例えば、北関東3県。 弊社の地域ブランド調査で常に「魅力度」や「観光意欲度」が低いという結果にヤキモキする人も少なくないが、実は関東居住者による観光意欲度があまり高くない。 実際に、北関東の3県民に話を聞くと、県内の観光にはあまり行っていないという声が返ってくる。 そこで、観光活性化の目玉の取組みとして、この夏に1回以上は、必ず隣町に観光に行くということを普及させてみてはどうだろうか。 同様に、例えば、茨城県民は栃木県や群馬県に行くようにする。 もちろん、栃木県民は茨城県や群馬県に行く。 そして群馬県民は、茨城県や栃木県に行くというようにする。 つまり、自分の住んでいる県内1か所と、隣県に1回行くというわけだ。 こうすれば、各県とも年間1000万人の観光集客に結びつく。 住民とすれば、近隣なので支出は抑えられるし、日程も選びやすいだろう。 宿泊費、食費、土産物購入費、体験費用などの合計で1人当たり1万5000円の支出につながったとすると、1500億円もの消費効果につながる。 ただし、当然ながら「行きたい」「来てよかった」と思われるような魅力の創出は不可欠である。 私が知っている限り、北関東には非常に多くの「知られざる魅力」が眠っている。 地元民や隣県の人が過小評価している(あるいは認知・意識していない)だけなのだ。 もちろん、3密を避けたり、ソーシャルディスタンス、衛生面に気を付けるなど、感染拡大につながらないような行動は忘れないでもらいたい。 このような取組みは、すべての県で取組むとともに、例えば東北、北陸、中部、近畿、山陰、四国、九州など広域連携として取組んではどうだろうか。 また、複数の市町村単位での地域連携という方法もある。 このような取組みは本来、コロナ対策に関係なく、各地の観光活性化策として取組むべきことだったと言えるかもしれない。 すぐにでも始められる取組みであるだけに、各地で具体的な「域内観光の活性化戦略」を立案し、実践に移すなど、今回の観光危機を契機に本気で取組んでみてはいかがだろうか。 日本人のGWや夏休みの旅行自粛で、最も不満が大きいのは「帰省」ができないことではないだろうか。 年に1回か2回のくらいしか故郷に戻れない帰省を、毎年とても楽しみにしている人は多いだろう。 弊社の調査でも「帰省」ができないことに対する不満は大きかった。 こうした帰省者に対し、単に帰省するだけではなく、それを機に、その土地を観光するということを推奨してはどうだろうか。 帰省する人は、地元に対する愛着が大きい人が多いはず。 だからこそ、「あなたの地元の観光地を復興させるために、帰省観光しませんか?」と打ち出してはどうだろうか。 また、帰省先に親や親戚がいない人もいるだろう。 また、しばらく帰省していない人もいるだろう。 そうした人に対し、これを機に「里帰り観光」をすることを県人会などを通じて広く訴えかける。 福井県出身の私の場合も、久しぶりに福井に帰って、県内の観光地に行ってみると、新たな発見がたくさんあることに驚く。 小さいときに訪れた土地であれば、その変わりように驚き、懐かしさに打たれ、新たな発見に感動する。 こうした驚きや感動は、SNSなどでの発信につながりやすく、自分の周りの人(非関係人口)に伝染することになれば、それが将来的な観光の拡大につながるのは間違いない。 さて、移住した人口を指す「定住人口」でもなく、観光に来た人口を指す「交流人口」でもないもので、地域や地域の人々と多様に関わる人口のことを「関係人口」という。 帰省していない人でも、生まれ育った地域、両親の出身地や働いたことのある地域など、生涯を通じて様々な形で関わりを持つ地域(ふるさと)に対しては愛着が強く、こうした観光危機の時には、応援、貢献したい気持ちを持っている人は多いことだろう。 そのような人に対して、「これを機に、ふるさとを訪ねてみませんか?」と語りかけてはどうだろうか。 政府では、内閣官房、経済産業省、国土交通省、農林水産省が共同で、Go Toキャンペーン(仮称)として、新型コロナウイルス感染症の拡大が収束した後の一定期間に限定して、官民一体型の消費喚起キャンペーンを実施することを明言している。 具体的には、キャンペーン期間中の旅行商品を購入した消費者に対して、割引・ポイント・クーポン券等を付与するというもの。 これは、直接的な消費意欲の拡大につながる可能性はあるが、ややもすると、既存の人気観光地に集中してしまう可能性が大きい。 参加する事業者にとっても、北海道や沖縄をはじめ、人気観光地や単価が高い観光地の方が一見メリットが大きく見え、旅行商品も打ち出しやすいだろう。 そもそも、魅力的な旅行商品がない地域であれば、このキャンペーンの恩恵を授かることはできない。 そのためにも、このキャンペーンが始まる前に、復興のための旅行商品を作り出すことは必要であろう。 もちろん、魅力的な観光資源が乏しい地域であっても、食や自然、歴史、体験などを活用し組合わせることで、他の地域にはない独自のものが作れる可能性は多いにある。 日頃は「忙しい」ことを理由に、こうした情報や観光コンテンツの整備に取組んでいない地域(だから人気が出ない)、これを機にこうした魅力創出に取組むべきではないだろうか。 (文責:田中章雄・ブランド総合研究所社長).

次の

夏休みはいつから?なくなる?【2020】コロナの小学校への影響を確認!|ヒトトキ#

夏休み 帰省 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの日常生活はイレギュラーな事態となっています。 夏休みに関しても、学生は夏休み期間が短縮となり、社会人は在宅勤務を継続、移動にも未だ制限があり、過去に経験のない日々を過ごすことになるでしょう。 例年は多くの人が里帰りをする夏休みですが、今年はどのような過ごし方を予定しているのでしょうか。 今年の夏休みは帰省よりも「近場のお出かけ」「お墓参り」へ 株式会社日本香堂が、「『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査」を実施。 2020年の夏休みの過ごし方を聞いたところ、ショッピングや外食など「近場に出かける」が最も多く%69. 4%、「お墓参り」が51. 2%で、お盆の代名詞ともいえる「帰省」はわずか37. 3%という結果に。 移動条件と緩和したと感じる回答もあれば、外出を自粛しようと思っている人や迷っている人といった「慎重派」も多い結果となりました。 出典:株式会社 日本香堂「『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査」 帰省を自粛しつつも家族とコミュニケーションをとるには? 例年の夏休みは帰省をしている人も、今年は控える人が多いことが予想されますが、帰省する代わりに、人々は何をするのでしょうか。 「電話やメールでいつもより頻繁にコミュニケーションする」が最多で51%、「画像や動画を用いていつもより頻繁にコミュニケーションする」が38. 5%、「帰省土産の代わりに名次ストやお盆の供え物を贈る」が34. 8%、「帰省を迎えてもてなす代わりに郷里の特産品や土産物を送る」が32. 8%、「帰省自粛により会えない子どもや孫に『お盆玉』(小遣いやギフト)を送る」が21. 3%と続き、帰省を控えて物理的距離を近づけることができなくなっても、会えない家族との「心の距離」を近づけたいと考える様子が伺えます。 出典:株式会社 日本香堂「『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査」 まとめ 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため「社会的距離 ソーシャルディスタンス 」をとることが求められています。 今年の夏休みは、そのために行動を制限されることが多いかもしれません。 しかし、今回の調査結果により、心の距離 エモーショナルディスタンス 」は離れないように努力しようと考えている人々の心が伺えました。 みなさんも、この夏は家族とのコミュニケーションをどのように育むか、考えてみてはいかがでしょうか。 【調査概要】 「『コロナ自粛による生活者意識の変化』に関する調査」 調査対象:全国の成人男女1,036名 実施期間:2020年6月23〜24日 実施機関:株式会社 日本香堂 ニュース提供元:PRTIMES 情報提供元:株式会社 日本香堂•

次の