フレッツ 光 プロバイダ 乗り換え。 プロバイダ乗り換え|フレッツ光のプロバイダはASAHIネット

ドコモ光への転用でプロバイダ変更するべき理由!そのまま使うと損!?|ドコモ光乗り換えガイド

フレッツ 光 プロバイダ 乗り換え

なぜなら、次のプロバイダに申し込むときにどのエリアでどのプランだったのか間違えないためです。 なので契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。 次に 新たに契約するプロバイダの申込手続きをましょう。 電話や公式サイト等から手続きが可能です。 そして 新しいプロバイダの接続設定をに移ります。 契約書などが送られてきたら確認します。 接続IDやパスワードが記載されているので、それを共に接続設定をします。 設定に関してはをご参照ください。 新しいプロバイダでの接続が完了したら、 旧プロバイダの契約を解除しましょう。 プロバイダの会員ページから手続きをするか、コールセンターに電話連絡をして解除します。 フレッツ光のプロバイダ変更はメリットがない 実は現在、 フレッツ光のプロバイダだけ変更してもメリットはほとんどありません。 というのも今は初期費用をあまり掛けずに更にお得になる光回線に移行(転用と言います)が出来るからです。 フレッツ光のプロバイダを変更する際は、以下の光回線を利用することをおすすめします。 スマホセット割が使える光回線に移行しよう 光回線の中には、 スマホとセット割で料金が安くなるプロバイダがあります。 例えばドコモ光はドコモのスマホを持っていれば「セット割」が利用でき、スマホのプランによって変わりますが1台あたり最大 月1,000円の割引が適用されます。 その他にもスマホセット割が使える光回線はいくつかあります。 ドコモ:• ソフトバンク:• au: 3大キャリアのスマホ(携帯電話)を使っている場合は上記の光コラボを選ぶとお得になるのでオススメです。 転用は初期工事費も掛かりませんし、月額基本料金もフレッツ光と同程度かやや安くなるので、スマホとセットで割引が適用される光コラボへ移行すると大幅に月額料金を安く出来るので非常にお勧めです。 回線名称 月額料金 (マンション) 割引特典 5,200円 (4,000円) ドコモとセットで割引 5,200円 (3,800円) ソフトバンクとセットで割引 3,980円 (2,980円) auとセットで割引 フレッツ光から移行する際のおすすめ光回線 上述した通り現在フレッツ光からプロバイダのみを変更するメリットはほとんどありません。 プロバイダ各社は現在自社回線サービスを提供しているのでプロバイダのみの変更が出来ないケースも多いです。 なのでフレッツ光からプロバイダを変更する際は回線の移行を検討しましょう。 オススメは以下の3社。 今利用しているスマホ(携帯)に合わせて移行することをおすすめします。 いずれも フレッツ光を利用していれば工事不要で移行することが可能です。 例えばauひかりやソフトバンク光などは初期工事費が無料になり、旧回線から発生する違約金などの還元も行っています。 乗り換える際におすすめの光回線、申込み特典は下記ページにまとめています。 プロバイダを変更、転用するときの注意点 プロバイダを変更したり、ドコモ光やソフトバンク光などに移行するときには注意しておかなくてはならないポイントが複数あります。 注意点を知ることで、損をすることなくプロバイダを変更できるのでチェックしておきましょう。 旧プロバイダのサービスが使用できなくなる プロバイダを新しいものに変更すると、 これまで使っていた旧プロバイダのサービスは利用できなくなってしまいます。 プロバイダにはメールサービス、セキュリティソフトが無料で使えるサービスなどがオプションでついていることがあります。 プロバイダが提供してくれていたメールアドレスを使用していた方は、乗り換えをする前にGmailなどの無料のメールサービスでアドレスを取得しておき、サイトに登録しているアドレスを変更するといった手続きを行っておきましょう。 プロバイダの違約金に注意 プロバイダの解約は場合によっては違約金が発生することがあります。

次の

プロバイダの変更(切り替え)の方法と手順!Wi

フレッツ 光 プロバイダ 乗り換え

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるデメリットって? どうも、ヒロです。 NTTのフレッツ光からドコモ光など光コラボレーションへの乗り換えを 検討している人も多いんじゃないでしょうか。 フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えでは、基本的に工事不要ですし、 フレッツ光の契約期間中であっても違約金が発生しません。 また料金も安くなる可能性が高いですし、光コラボレーションはプロバイダ料込みなので 支払いが一本化されて通信費の管理がしやすくなるメリットもあります。 さらにドコモ光であれば、 ドコモスマホと一緒に使うことでセット割が適用されてスマホ代まで安くなります。 このようにフレッツ光からドコモ光などの光コラボレーションへの乗り換えに関する サイトでは、メリットばかりが強調されていますよね。 では逆に、 フレッツ光からドコモ光に乗り換えることによるデメリットは無いんでしょうか? 何事もメリットがあればデメリットもあるので、ドコモ光に乗り換えることで生じる デメリットももちろんあります!・・・と言いたいところですが、実はほとんどありません。 ネットの口コミなどでは ・料金が高くなることがある ・通信速度が遅くなる ・プロバイダを変えざるをえない場合がある ・サポートの電話が繋がらない などがフレッツ光からドコモ光への乗り換えで生じるデメリットとして挙げられています。 確かにいずれも事実ですが、1つずつ詳しく見ていくと、 デメリットと言えるほどじゃないことが分かりますよ。 フレッツ光からドコモ光で料金が高くなる!? 一般的に、フレッツ光からドコモ光などの光コラボレーションに乗り換えると、 料金が安くなると言われています。 ほとんどケースは料金が安くなるんですが、条件がいくつか重なると、 フレッツ光よりもドコモ光の方が料金が高くなることがあるんです。 フレッツ光の料金は、NTT東日本管内で利用する場合 ・一戸建て・・・5,000円 ・集合住宅・・・4~7戸 4,250円 8~15戸 3,650円 16戸以上 3,250円 となります。 NTT西日本管内だと ・一戸建て・・・4,300円(3年目以降4,110円) ・集合住宅・・・6~7戸 3,950円(3年目以降3,720円) 8~15戸 3,250円(3年目以降3,080円) 16戸以上 2,850円(3年目以降2,680円) です。 これはフレッツ光の利用料金だけで、ここにプロバイダ料が上乗せされますから、 ・一戸建て・・・5,000~6,000円 ・集合住宅・・・4,000~5,000円 ぐらい支払うことになります。 対してドコモ光の料金は ・一戸建て・・・5,200円(または5,400円) ・集合住宅・・・4,000円(または4,200円) で、こちらはプロバイダ料込みの金額です。 (フレッツ光・ドコモ光ともに2年契約による割引のみ適用) 全体的に比較すると、ドコモ光の方が月数百円程度安くなるんですね。 ところが ・NTT東日本管内、集合住宅内で16戸以上フレッツ光利用 ・NTT西日本管内、一戸建てもしくは集合住宅で8戸以上フレッツ光利用 という条件下では、フレッツ光の方が安くなる可能性があります。 これらの条件に加えてプロバイダを「BB. excite」にすると、 ドコモ光よりもフレッツ光の方が安くなります。 exciteの料金は月額500円ですから、 先の条件の集合住宅では料金が4,000円未満、 一戸建てでは5,000円未満になり、フレッツ光の方が安くなるんですね。 exciteのプロバイダとしての評判はあまり良くない ドコモ光よりフレッツ光が安くなる条件の肝は、 「プロバイダをBB. exciteにする」ということです。 excite以外のプロバイダだと、月額1,000円前後なので、 先の条件下でもフレッツ光の方が高くなってしまう可能性が高いんですね。 実はこの「プロバイダをBB. exciteにする」というのは、結構高いハードルだったりします。 料金が安いのは良いんですが、ネットの口コミを見る限り、 サービス内容についてはあまり良い評判を聞きません。 特に通信速度に関する評判が悪く、夜には1Mbpsを切るという意見が多く見られ、 中には数百Kbpsしか出ないというユーザーも居ました。 さすがに1Mbps以下はスマホでも遅いと感じるぐらいですし、 数百Kbpsとなると「ガラケー並」と言っても良いぐらいです。 exciteが快適に使える可能性もありますが、ネットの口コミを見る限りは BB. exciteを使うことで通信速度が遅くなる可能性の方が高いと思います。 ただでさえ、フレッツ光からドコモ光に乗り換えることで料金が高くなるのは 条件が限られています。 その上こういうプロバイダの利用が「必要条件」となるわけですから、ドコモ光に 乗り換えることで料金が高くなるのはそれほどデメリットでもないことが分かりますよね。 ドコモ光の通信速度は遅い? フレッツ光からドコモ光に乗り換えることで、 通信速度が遅くなると言われることもあります。 確かにドコモ光がサービスを開始した当初の2015年頃は、 ドコモ光は通信速度が遅いともっぱらの評判でした。 これはドコモ光の予測以上に申し込みが殺到し、利用者数に対して設備が貧弱となり、 混雑が発生したことが原因だったんです。 しかしその後ドコモ光は急ピッチで設備増強を行い、現在では設備の貧弱さが原因で 混雑が発生し通信速度が低下することはほとんどありません。 またドコモ光を含めた光コラボレーションは、 フレッツ光の回線を借りてサービスを提供しています。 要するにフレッツ光と同じ回線を使っているわけですから、フレッツ光からドコモ光に 乗り換えたことが原因で通信速度が大きく落ちることは無いんですね。 プロバイダ乗り換えが原因で通信速度が遅くなることはある フレッツ光からドコモ光に乗り換えるのと同時に、 プロバイダも変更することがあるかもしれません。 この場合、回線を乗り換えたことよりも、 プロバイダを変更したことで通信速度が遅くなってしまうことがあります。 インターネットを利用する際には、 プロバイダ設備を経由してデータのやり取りを行います。 プロバイダによってはこの設備が利用者数に対して貧弱で混雑しやすく、 通信速度低下の原因となってしまうことがあるんです。 実際はプロバイダを変更したことが原因なのに、同時にドコモ光への乗り換えも 行っているので、「ドコモ光に乗り換えたことで通信速度が遅くなった」 と思われているだけ場合も多いというわけです。 「v6プラス対応プロバイダ」で通信速度アップ 通信速度が遅いと、ついつい回線が悪いと思ってしまいがちですが、 先にも書いたようにプロバイダが原因となっていることも少なくありません。 フレッツ光にしろドコモ光にしろ、「v6プラス対応」のプロバイダを選ぶことで、 通信速度に対して不満を抱くことは少なくなると思います。 ここでは、長くなるので「なぜv6プラス対応のプロバイダを選ぶと 通信速度に不満を抱かないのか」の詳しい説明は省きます。 難しいことは置いといて、とりあえず「v6プラス対応プロバイダは通信速度が速い」 と覚えておけば良いと思います。 フレッツ光はそのままでも、プロバイダをv6プラス対応のものに変えるだけで、 通信速度が速くなる可能性が高いですよ。 プロバイダ変更で違約金発生? フレッツ光はプロバイダ別のサービスですから、 基本的にプロバイダはユーザーが自由に選ぶことができます。 しかしドコモ光を始めとした光コラボレーションは、プロバイダ込みのサービスですから、 フレッツ光に比べるとプロバイダの選択肢が少なくなっています。 そのためフレッツ光で利用していたプロバイダがドコモ光では利用できず、 プロバイダも乗り換えざるをえないということも十分に考えられます。 フレッツ光からドコモ光に乗り換えでフレッツ光の違約金は発生しませんが、 プロバイダの乗り換えで違約金が発生する恐れがあります。 プロバイダが変わるとプロバイダメールのアドレスも変わってしまいますから、 会員登録などにプロバイダメールを使っている場合は変更の手間も掛かります。 また先の通信速度の件とも関わってきますが、これまでは快適に使えていたのに、 プロバイダを変えると通信速度が遅くなることもありえます。 このようにプロバイダの変更にはデメリットも多いですから、ドコモ光に乗り換えることで プロバイダを変更せざるをえないのはデメリットとなりかねませんね。 ほとんどの有名プロバイダはドコモ光でも使える フレッツ光からドコモ光にすることで、 プロバイダも変更しないといけない可能性は十分にあります。 しかし他の光コラボレーションに比べると、ドコモ光でできるプロバイダは多いです。 他の光コラボレーションでは、プロバイダが1社のみで選べないことも多いですし、 選べても数える程度の選択肢しかなかったりします。 ところがドコモ光では、全部で26社(新規申込可能なのは25社)のプロバイダが利 用できるようになっています。 BIGLOBEやSo-net、OCNといった有名プロバイダから、 タイガースネットといったニッチなプロバイダまで選べます。 有名プロバイダで利用できないのはYahoo! BBぐらいですから、フレッツ光からの 乗り換えでプロバイダも変更しないといけない可能性は低いと思いますよ。 ドコモ光では指定プロバイダ以外も使えないわけじゃない ビッグローブ光のように、 指定以外のプロバイダは利用できない光コラボレーションも少なくありません。 しかしドコモ光では26社の指定プロバイダ以外のプロバイダも利用することはできます。 「単独タイプ」という料金プランを利用すれば、 指定の26社以外のプロバイダでもドコモ光を使えます。 ただし単独プランの料金は ・一戸建て・・・5,000円 ・集合住宅・・・3,800円 で、これにプロバイダ料がプラスされますから、 指定プロバイダを利用する場合よりも料金が高くなってしまいます。 それどころかフレッツ光よりも高くなってしまう恐れもありますから、 ドコモ光で指定以外のプロバイダを選ぶのはあまりオススメできません。 ドコモ光はサポートの電話が繋がらない? フレッツ光からドコモ光にするデメリットとして、 「サポートの電話が繋がらない」ということが挙げられます。 実際ネットの口コミを見ても、フレッツ光はサポートの評判は上々なのに対して、 ドコモ光はサポートの評判があまり良くなかったりします。 特にサポートセンターへの電話が繋がりにくく、 場合によっては数十分待たされることもあるんだとか。 確かに何らかのトラブルが発生した際には、サポートセンターが頼みの綱となりますが、 それが繋がりにくいのは結構大きなデメリットですよね。 しかし実はこれドコモ光に限ったことではありません。 光コラボレーションのほとんどは、 サポートセンターへの電話が繋がりにくいという評判です。 またフレッツ光に対する口コミを見ても、 「サポートの電話が繋がりにくい」という意見も少なからず見受けられます。 もちろん程度の差はあると思いますが、 サポートの電話が繋がりにくいのは他の光コラボレーションのはもちろんフレッツ光でも ありうることで、ドコモ光だけのデメリットとは言えないのではないでしょうか。 このようにフレッツ光からドコモ光にするデメリットのほとんどは、 使い勝手の悪さに繋がる重大なものではありません。 さらにドコモスマホとのセット割が利用できるという大きなメリットを考えると、 これらのデメリットなんてそれほど気にする必要無いと思いますよ。

次の

対応プロバイダー|NTT西日本|フレッツ公式|

フレッツ 光 プロバイダ 乗り換え

フレッツ光はプロバイダーだけを変更することが可能。 この記事では、賢くプロバイダーを選ぶために3つの基準で10のプロバイダーを徹底的に比較します。 併せてプロバイダー変更方法も説明します。 目次:• フレッツ光プロバイダーの賢い選び方 NTTの光回線「」に組み合わせるは、3つの比較基準で選ぶことができます。 料金の安さ• ユーザーの評判 「あれ、通信速度は比較しないの?」と思われるかもしれませんね。 厳密に言うと回線は同じフレッツ光なので、プロバイダーごとに通信速度の違いはありません。 そもそもプロバイダーの仕事はユーザーの端末をインターネットに接続することで、通信速度を左右するのは回線です。 また最近では、ほとんどのプロバイダーが「」に対応しており、なったりするのを防いでストレスフリーな通信が可能になっています。 では、ここから項目別にプロバイダーを比較していきます。 実際にはプロバイダーの数は数百を超えており全てを取り上げることはできないため、シェア率が高い下記の10プロバイダーを比較します。 フレッツ光とプロバイダーが一つになった「」については、記事後半で紹介します。 料金が安いトップ3 1位:GMOとくとくBB 2位:ASAHIネット 3位:DTI GMOとくとくBBは、料金が一番高いプロバイダーに比べると半額近い安さになっています。 コストパフォーマンスで選ぶなら、GMOとくとくBBがおすすめとなります。 プロバイダー料金一覧 プロバイダー料金の詳細な比較は以下にてご覧ください。 ちなみに、初月無料や〇ヵ月間割引といった期間限定の特典は料金に反映していません。 NTT東日本エリアと西日本エリアに分けて記載しています。 NTT東日本エリア - プロバイダー料金(税抜) プロバイダー 料金(安い順) プロバイダー 料金(安い順) 戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円 ASAHIネット 780円 DTI 680円 DTI 951円 ASAHIネット 700円 So-net 1,000円 ぷらら 600~800円 ビッグローブ 1,000円 OCN 650~900円 ぷらら 1,000円 ビッグローブ 650~900円 @nifty 1,000円 Hi-ho 890円 OCN 1,100円 So-net 900円 Yahoo! BB 1,200円(スタンダード) Yahoo! NTT西日本エリア - プロバイダー料金(税抜) プロバイダー 料金(安い順) プロバイダー 料金(安い順) 戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円 ASAHIネット 780円 DTI 680円 DTI 951円 ASAHIネット 700円 So-net 1,000円 ぷらら 600~800円 ビッグローブ 1,000円 ビッグローブ 650~850円 ぷらら 1,000円 OCN 810円 @nifty 1,000円 Hi-ho 890円 OCN 1,100円 So-net 900円 Yahoo! BB 1,200円(スタンダード) Yahoo! 割引重視の人におすすめ・・・GMOとくとくBB、ASAHIネット セキュリティ重視の人におすすめ・・・So-net、ASAHIネット パソコン初心者におすすめ・・・So-net、DTI 割引特典ならGMOとくとくBB・ASAHIネットがおすすめ 割引特典の大きさで見ると「GMOとくとくBB」と「ASAHIネット」はプロバイダー料金が12ヵ月間無料です。 その点、 ASAHIネットはIPv6サービスが標準なのでもっとおすすめです。 最近は、光インターネット利用者の急激な増加に伴って速度低下や遅延がしばしば起きるようになっています。 IPv6サービスはそれらの問題を解消してくれるので、光回線本来のスピードを体感できます。 ちなみに、IPv6接続するには対応ルーターが必要です。 BB プロバイダー料金初月0円 ・IPv6サービス無料 ・「プレミアムプラン」(月々250円プラス)ならYahoo! 各サービスの口コミを調べた結果、総合的に評判の良いプロバイダートップ3は次のようになります。 ユーザーの評判が良いトップ3 1位:So-net 2位:GMOとくとくBB 3位:DTI OCN光withフレッツの評判 OCNは国内シェアNo. 1プロバイダーですが、OCN光withフレッツに関しては夜に通信速度が遅くなるというマイナス評価が多数見られました。 利用者が一番多いだけに、サーバーが混雑することも一因かもしれません。 OCNはNTT系大手プロバイダーとしての安心感があるので、インターネットをそこまでヘビーに使わないのであれば検討の価値は十分あるといえます。 kuro Mochiiss Yahoo! BB光withフレッツの評判 ソフトバンクが提供するYahoo! BB光withフレッツは、通信が安定して速く満足しているユーザーが多いことが窺えます。 ただ、ユーザーに(光コラボ)に切り替えを勧める営業電話が不評のようです。 ソフトバンクが推し進めているソフトバンク光は、スマホが・の人ならお得ですが、それ以外の人にとってはメリットがありません。 ずっとYahoo! BBのフレッツ光を使っていまして、安定しています。 で、やたらとソフトバンク光に乗り換えろとセールスが来るんですが、ググってみると評判悪くて乗り換えてません…?? 特に、IPv6接続サービスを利用すると非常に速いスピードが出るようです。 高精細の動画や大容量オンラインゲームなどを楽しみたいなら、So-net光withフレッツはおすすめですよ。 間違い。 フレッツ光でプロバイダがtoppa(トッパ)だった。 で、昼でも1Mしか出ないこのプロバイダ。 色々聞いても「そちらのPCの問題」とのこと。 で、早速ソネットに変えたら70M出るという・・・。 ipv6にしてからは回線速度測定サイトで平均100~300Mbps程度は余裕で維持出来てますね??? これはおそらく、IPv6オプションを使用しているかいないかの違いと思われます。 ビッグローブはIPv6接続が無料ですが、利用するにはオプション申し込みと対応機器の契約が必要です。 ビッグローブはユーザー対応が良いという口コミも多くあるので、サポートが気になる人は検討するといいかもしれません。 フレッツ光なんですけど、この前モデムが起動しなくなって連絡したらその日にソッコーで新しいものがきたんだけどすごない?オペレーターもめっちゃ丁寧だったしこの会社選んで良かったと思った。 — 刺身 Sonnaniyokunai 1月1日付で光回線をフレッツ光東日本からBIGLOBE光へ切り替え。 プロバイダもヤフーBBからBIGLOBEへ。 下りの速度が今まで7. 9Mbpsだったのが64. ぷらら光withフレッツに関しては口コミ自体が少ないのですが、サポートの評判は芳しくないようです。 ただ、通信速度は十分速いという声もあります。 わたしも田舎なのでフレッツ光です?? so-netが良いらしいです わたしは一番評判悪いぷらら… — はちみつ Ann7hito IO DATA製WN-PL1167EX01だと回線速度上限が100Mbpsなので、いくらIPv6が使えてもフレッツ光の回線速度はこれ以下です。 NEC製PA-WG1200HSの回線速度上限は1Gbpsなので、フレッツ光の速度は混雑時間帯でも450Mbpsでした。 プロバイダぷらら経由でも100Mbpsは超えました。 当面IPv4を使う事にしました。 — 海。 4 DC DN Contemporary tadamiline @nifty光withフレッツの評判 @nifty(アットニフティ)は、有名家電店ノジマの子会社です。 昔から根強いファンがいる老舗プロバイダーで、回線速度が遅くなるというユーザーの声はあるものの、声のトーンは柔らかめ。 ユーザーに愛されるプロバイダーなのが窺えます。 フレッツ光、nifty。 有線LANケーブルが悪いのか?と無線にしても同じだし、PCスマホPS4どれもダメ。 当然ルーター再起動諸々は試した。 トレモに集中出来るのは良いけど というか他にやる事ない 困った。 マジで困った。 — アンナ AnnaSFVAE うひょ!もう32周年になるんですね?!まぁ、確かに私がNIFTY始めたのが10代の頃ですしね…、私も歳を取りました 汗 なんだかんだでBフレッツのプロバイダーはを使ってます! 草の根とか、ああいう雰囲気は私も好きです。 速度も速く、料金も安いということでユーザーから人気のようです。 Fenrir NNonohara DTI光withフレッツの評判 DTIは規模としては小さめですが、じつは老舗プロバイダーです。 ユーザーの声を見ると、DTIはコストパフォーマンスが良く、通信速度も安定していることが分かります。 サービスと料金のバランスが良いプロバイダー、それがDTIといえそうです。 1998年に大学入って一人暮らし。 フレッツISDN引いて、DTIの年額固定料金プランに感激していた。 従量課金ではない、と。 1分10円とか25円の課金を気にしない別世界の始まりであった。 下の口コミにもあるように、ASAHIネットは解約手続きがとても簡単なこともポイント。 今の時代、光回線はそのままでプロバイダーを切り替えることも当たり前なので、そういった手続きがスムーズにいくのは好感度アップですね。 光コラボは失敗した時に乗り換えにくい欠点があることを隠しながら契約させるからギルティ・・・どこにするにしてもフレッツとプロバイダは別契約のがリスク回避的に良いように思う。 個人的にはASAHIネットを愛用してて爆速ではないが安定して堅実という点で評価している。 かもめとかNuroも気になる… —? IPoE IPv6 も今は快適だけど、すぐに混み始めるのかな…。 — 槌本?? 裕二 tsuchim ネットの解約完了。 NTTフレッツの解約の電話、自動音声でどこにも解約手続きという選択肢がないのはいかんでしょう。 解約手続きはここへという番号にかけたのに。 その点、プロバイダのAsahiネットはHP上で1分で解約できた。 こういうのだと次回もここを利用しようという気になる。 — ガッちゃん gacchan100 フレッツ光プロバイダーを変更する方法 回線はフレッツ光そのままでプロバイダーのみを変更する方法は次の通りです。 乗り換え先のプロバイダーに申し込む• 接続設定を変更する• 現在のプロバイダーを解約する プロバイダー変更は手続きが簡単で、インターネットが途切れる心配もいりません。 もちろん工事も不要です。 ただし、現在のプロバイダー側で状況によっては違約金が発生する可能性があります。 その後、NTTの担当者から電話連絡があるので、指示に沿って接続設定を変更します。 なおプロバイダーによっては、2年契約期間中に解約すると違約金(2,000~10,000円程度)が発生することがあります。 フレッツ光から光コラボに変更する方法 フレッツ光から光コラボに変更する転用手続きを説明します。 この手続きは、スマホをキャリアから格安SIMに乗り換えるのに似ていて難しくはないので、光コラボが気になる方はぜひトライしてみてください。 光コラボに転用申込をする• 現在のプロバイダーを解約する• 各光コラボ申込ページの「転用でのお申し込み」をクリックします。 これを忘れてしまうと、ずっとプロバイダー料金を引き落とされてしまいます。 プロバイダーの解約手続きについては、各プロバイダーの公式サイトにて確認してください。 プロバイダーによっては担当者が内容確認の電話をしてくることがあります。 もしなどの接続機器を申し込んだのであれば、それらも宅配便で送られてきます。 同梱の案内を読みながら設定して、光コラボの利用開始となります。 評価が高い光コラボ4選 光コラボをおすすめする理由は特に次の5つです。 契約先が一つにまとまりスッキリする• サービス内容が分かりやすくなる• 回線自体はフレッツ光でありながら料金は安くなる• 特典やキャンペーンが豊富に用意されている• 光電話も引き続き使える これらのポイントをしっかり満たしており、ユーザーからの評価も高い光コラボを4つ紹介します。

次の