アセト アミノ フェン 風邪 薬。 アセトアミノフェン錠200mg「JG」

カロナール(アセトアミノフェン)の作用機序:解熱鎮痛剤

アセト アミノ フェン 風邪 薬

アセトアミノフェンは痛みをやわらげたり熱を下げる薬で、生理痛や頭痛といった日常的な痛み止めや、さまざまな病気の解熱などに広く使用されています。 風邪薬(総合感冒薬)にはさまざまな成分が含まれている 市販の風邪薬(総合感冒薬)には風邪のさまざまな症状をやわらげるために、アセトアミノフェンをはじめとした複数の成分が配合されています。 1つの薬で複数の症状に効くというメリットがあり、ご自身の症状に合わせて薬を選択することができます。 アセトアミノフェンとNSAIDsの違い 市販の風邪薬には解熱鎮痛成分が配合されているものが多いですが、この成分にはNSAIDsと呼ばれるグループがあります。 ロキソプロフェン・イブプロフェン・エテンザミドなどは全てNSAIDsに分類される成分です。 対してアセトアミノフェンは、NSAIDsには分類されません。 成分 特徴 アセトアミノフェン ・解熱・鎮痛作用あり ・抗炎症作用はない ・副作用が比較的少ない NSAIDs ・解熱や鎮痛、抗炎症作用が強い ・副作用が比較的強い アセトアミノフェンは効果が弱い代わりに、副作用も比較的出にくい優しい薬です。 対してNSAIDsは効果が強い代わりに、副作用が比較的出やすい薬になっています。 15歳未満の子供や妊娠中の方などは副作用の点からNSAIDsを服用することは基本的にできません。 アセトアミノフェン配合の市販風邪薬に含まれている成分は商品によってさまざまですが、主に次の成分が配合されていることが多いです。 成分 効果 解熱鎮痛薬 ・NSAIDs ・アセトアミノフェン ・解熱、鎮痛作用 ・NSAIDsのみ抗炎症作用有 解熱鎮痛薬 補助成分 ・カフェイン水和物 ・無水カフェイン ・眠気の防止 ・解熱鎮痛の増強補助 ・アリルイソプロピルアセチル尿素 ・鎮静作用 ・眠気がでる可能性がある 抗ヒスタミン薬 ・クロルフェニラミン ・クレマスチン ・ジフェンヒドラミン ・鼻水やくしゃみをやわらげる 鎮咳・去痰薬 ・デキストロメトルファン ・チペピジンヒベンズ ・ノスカピン ・ジヒドロコデインリン酸塩 ・メチルエフェドリン ・咳を鎮める ・気管支を広げる作用 商品によって含まれる成分が異なるため、成分の効果とご自身の症状を照らし合わせて適した薬を選びましょう。 また、エフェドリンやジヒドロコデインリン酸塩は濫用性 依存性 のおそれがある成分のため、服用に際しては用法用量を遵守し、不必要に使用しないでください。 解熱鎮痛成分が複数入っている風邪薬もある 市販の風邪薬には解熱鎮痛成分がアセトアミノフェンとNSAIDsどちらも配合されている商品があります。 強い効果を求める方はアセトアミノフェンと一緒にNSAIDsも配合されている薬がおすすめですが、効果よりも副作用のリスクを避けたい方は解熱鎮痛成分がアセトアミノフェンのみ配合されている風邪薬を購入した方が良いでしょう。 アセトアミノフェンの市販風邪薬は商品ごとに含まれる成分が異なります。 避けたい成分がある場合は必ず成分表をチェックして商品を購入するようにしましょう。 アセトアミノフェン配合の市販風邪薬 解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェンのみを配合した風邪薬です。 NSAIDsが含まれないため「熱をおさえたいけど副作用を心配」という方はこちらがおすすめです。 熱や痛み以外に種々の風邪症状も同時に鎮める場合は成分の違いを理解し、自分の体調に合わせた市販薬を選択しましょう。 有効成分 特徴 アセトアミノフェン アンブロキソール塩酸塩 L-カルボシステイン ジヒドロコデインリン酸塩 クロルフェニラミンマレイン酸塩 リボフラビン(ビタミンB 2) ・ 熱や痛みの他に 鼻水や咳などの風邪諸症状に効く パブロンSゴールドW錠は解熱鎮痛だけでなく痰切りや咳止め、鼻水症状といった種々の風邪症状に効果のある成分を配合しています。 全般的に症状でお悩みの方におすすめです。 アセトアミノフェン・NSAIDsを配合した市販風邪薬 アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛成分にNSAIDsを配合した風邪薬を紹介します。 アセトアミノフェンとは別のアプローチで熱や痛みをおさえるため、ダブルの効果を発揮します。 ただし、アセトアミノフェンと比べて作用・副作用も大きいので体調変化に注意しながら使用しましょう。 有効成分 特徴 アセトアミノフェン サリチルアミド 無水カフェイン プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 ・サリチルアミド NSAIDs を配合 ・ 熱や痛みの他に 鼻水、鼻づまり、くしゃみをおさえる パイロンPL顆粒は解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェンの他にNSAIDsのサリチルアミドが配合されています。 「痛みのもと」と「痛みの伝達」をブロックすることで単剤では効果のなかった熱や痛みにアプローチします。 抗アレルギー成分であるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩も同時に鼻水などに効果を発揮し、風邪の諸症状をカバーしている市販薬です。 子供でも飲めるアセトアミノフェン配合の市販風邪薬 子供も服用できる風邪薬のなかにはシロップや錠剤など、年齢に応じて剤形が異なる製品も存在し、飲み方もそれぞれです。 お子様の体に合わせて成分や成分量が決められています。 年齢や症状に合わせて選択しましょう。 有効成分 特徴 アセトアミノフェン グアイフェネシン チペピジンヒベンズ酸塩 クロルフェニラミンマレイン酸塩 ・5歳から服用可能 ・水なしで飲める ・風邪の諸症状に効く パブロンキッズ風邪錠はアセトアミノフェンだけでなく、咳止めのチペピジンヒベンズ酸塩、痰を出しやすくするグアイフェネシン、鼻水をおさえるクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されているため、お子様の風邪症状全般的にご利用いただけます。 カフェインのような興奮作用のある成分は含まれていないので睡眠の邪魔をせず、使いやすい薬です。 アセトアミノフェンの市販薬には、配合剤の場合、いろいろな成分が含まれています。 以下の方は配合剤に服用できない成分が含まれている危険性があるため注意してください。 アセトアミノフェン単剤の薬の場合でも必ず小児用の薬を購入してください。 また、カフェインは興奮作用があることから小さなお子様の睡眠を妨害してしまうおそれもあるため、できるだけカフェインが含まれない市販薬を選びましょう。 ただし、妊娠後期では薬の成分が胎児に影響を与えるおそれもあるため、体調面や服用するにあたっての不安がある方は医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。 また、カフェインも過剰に摂取することで胎児の健康に悪影響となるおそれがあるため控えましょう。 ただし、NSAIDsに分類されるアスピリンは乳児に悪い影響を与える危険性があるため服用できません。 薬を選ぶ際は注意してください。 また、カフェインは母乳に移行してしまうため、カフェインが配合されている薬は避けてください。 あるいは、使用する場合授乳を控えましょう。 そのため、NSAIDsが含まれている薬は避けた方が安全でしょう。 場合によってはNSAIDsを使用するケースもありますが、使用する場合は医師や薬剤師、登録販売者に相談する必要があります。 まずはアセトアミノフェンの単剤を使用し、効果が現れない場合は医師に相談しましょう。 服用して胃腸の調子が悪くなった経験がある方はNSAIDsやカフェインが含まれている薬は避けた方が良いでしょう。 用法用量を守りましょう アセトアミノフェンは比較的副作用の少ない薬ですが、服用量を誤ると肝臓機能の障害が起こる危険性があります。 効果がなかなか出ないからといって、用法用量を守らず多量に服用するのはやめましょう。

次の

インフルエンザに伴う発熱に使う解熱剤(アセトアミノフェン など)に関して

アセト アミノ フェン 風邪 薬

脳の視床下部に作用して解熱作用を、視床および大脳皮質に作用して鎮痛作用を示します。 (ちょっと難しいかな?) アセトアミノフェンも、と同様にプロスタグランジン(痛みを知らせてくれる物質)の産生を抑制しますが、その効果は弱く、しかも脳にだけ作用して体の各部位(器官)に作用しないため、胃障害の副作用がありません。 そのため、アセトアミノフェンのみを配合した鎮痛薬のは、空腹時でも服用することができます。 もし胃の不快感が気になるようなら、少し多めのお水で服用していただくと良いと思います。 また、アスピリンのように ライ症候群の副作用も無いといわれているため、小児用の解熱鎮痛薬に用いられています。 病院では妊娠・授乳中の人に処方されることもある比較的安全な鎮痛薬ですが、その一方でアルコールとの相互作用で、重い肝障害が出ることもわかっています。 また、アセトアミノフェンはそれ単体では効き目が弱いため、異なる成分、とカフェインを加ることで効果が高まるように設計されるケースも多いです。 これを「 ACE(エーシーイー)処方」と言います。 (A:アセトアミノフェン、C:カフェイン、E:エテンザミドの略です) なお、アセトアミノフェンはACE処方のみで市販薬になるケースもあれば、アスピリンと一緒に混ぜたり、他の痛み止め・解熱成分のエテンザミドなどと一緒にしたり、様々な処方の仕方が有ります。 服用できる年齢を確認しましょう。 アセトアミノフェンは小児から使用できる解熱鎮痛成分ですが、やエテンザミドなど他の鎮痛成分と一緒に配合される場合は、小児が服用できないこともあります。 製品によって違いますので、お子さんに服用させる時は、その前に必ず「用法用量」をご確認ください。 痛み止め・解熱剤で使用される有効成分のうち、アセトアミノフェンを使用した痛み止めの一覧です。 商品名及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量 (アクラス) 【ACE処方】 アセトアミノフェン300mg エテンザミド120mg? 無水カフェイン70mg (アクラス) 【ACE処方】 アセトアミノフェン300mg エテンザミド120mg 無水カフェイン70mg (アクラス) 【ACE処方】 アセトアミノフェン300mg エテンザミド160mg 無水カフェイン70mg (アクラス) 【ACE処方】 アセトアミノフェン300mg エテンザミド380mg 無水カフェイン70mg (アクラス) 【ACE処方】 アセトアミノフェン300mg エテンザミド380mg 無水カフェイン60mg (小林製薬) 【ACE処方】 アセトアミノフェン230mg エテンザミド230mg カフェイン75mg シャクヤクエキス50mg メタケイ酸アルミン酸マグネシウム150mg (ライオン) イブプロフェン130mg アセトアミノフェン130mg 無水カフェイン80mg 乾燥水酸化アルミニウムゲル70mg (ライオン) イブプロフェン130mg アセトアミノフェン130mg 無水カフェイン80mg アリルイソプロピルアセチル尿素60mg 乾燥水酸化アルミニウムゲル70mg (ジョンソン&ジョンソン) アセトアミノフェン300mg 頭痛薬の成分とマメ知識.

次の

高熱が急に...風邪?デング熱?家にある解熱薬は飲まないで!

アセト アミノ フェン 風邪 薬

インフルエンザで起こる発熱は、体がウイルスや菌と闘っている結果におこる防御反応です。 しかし、あまりにも高熱や筋肉痛がひどい場合は、体の衰弱を防ぐために解熱剤を使用することがあります。 解熱剤を使用するときに注意しなければいけないのが、解熱剤の成分です。 インフルエンザの高熱には、使用できる成分と使用を避けるべき成分があるため、しっかり確認しましょう。 アセトアミノフェンは、インフルエンザのときにも使用できる解熱成分です。 体温調整中枢や中枢神経に作用して、解熱・鎮痛効果を発揮する成分です。 血管を拡張して体から熱を逃がし、痛みの感じ方を鈍くする作用があります。 発熱のほか、頭痛・歯痛・生理痛などにも効果があります。 インフルエンザで解熱剤を使う際に、気をつけなければならないのが副作用の問題です。 特に乳幼児や小児の場合は、インフルエンザ脳症の予後の悪化やライ症候群など重篤な合併症の発現を避けるためにも、解熱剤の成分に意識して選択する必要があります。 アセトアミノフェンの解熱剤は、病院で処方される抗インフルエンザ薬との併用もでき、副作用が少ないことからも子どもにも使いやすい薬です。 妊娠中は医師に相談しましょう アセトアミノフェンは解熱剤の中では安全性が高いので、妊娠中にも処方されることがあります。 ただし、妊娠後期(8か月以降)に使うと動脈管収縮の影響が起きるおそれがあるため、使用を避けることが推奨されています。 アセトアミノフェンを使用する際の注意点 アセトアミノフェンは、大量に使うと肝障害を生じたり、まれに発疹・かゆみ・嘔吐・アナフィラキシー・喘息発作などを起こす場合があります。 何種類か薬を飲み合わせると知らないうちに成分を多く摂取してしまい、肝障害などの副作用につながる危険性もあるため注意が必要です。 また、15歳未満の方は、市販薬では使用できない製品もあるため、必ず添付文書の対象年齢を確認してから薬を使用しましょう。 薬の使用後に少しでも体調の変化を感じたら、使用した薬の名前がわかるものを持参してすぐに医療機関を受診してください。 インフルエンザのときは、サリチル酸系(アスピリン、エテンザミド、サリチルアミド)やジクロフェナク、メフェナム酸の成分は、ほかの解熱成分と比べて合併症に関係するリスクが高いため使用しないでください。 因果関係はまだわかっていませんが、インフルエンザ脳症の予後の悪化やライ症候群を引き起こすという疫学調査の報告もあり、医療機関ではインフルエンザのときにサリチル酸系、ジクロフェナク、メフェナム酸の成分は控えることとなっています。 市販されている解熱剤にも、これらの解熱成分が含まれ、インフルエンザの際に使用すると重篤な副作用を引き起こす危険性のある製品があります。 市販薬を選ぶときには必ず成分名を確認し、不明な点は購入時に薬剤師に確認しましょう。 次の成分が配合されている薬はインフルエンザの発熱には基本的に使用しないでください。 成分名 代表的な製品 アスピリン (アセチルサリチル酸) 【処方薬】 バイエルアスピリン バファリン配合錠 など 【市販薬】 バファリンA ケロリンS錠 など サリチルアミド 【処方薬】 PL配合顆粒 幼児用PL配合顆粒 ピーエイ配合錠 など 【市販薬】 サンプンラク ノースチンA など エテンザミド 【市販薬】 新セデス錠 ナロンエース ノーシン など ジクロフェナクナトリウム 【処方薬】 ボルタレン ナボール など メフェナム酸 【処方薬】 ポンタール など ACE処方の薬 ACE処方とは「A:アセトアミノフェン」、「C:(無水)カフェイン」、「E:エテンザミド」という3種類の成分が含まれる薬のことを指します。 アセトアミノフェン単体では効き目が比較的弱いため、効果を高めるために解熱鎮痛作用のあるエテンザミドと鎮痛作用を助けるカフェインが混合されています。 しかし、エテンザミドはインフルエンザのときには使用できないサリチル酸系の成分のため注意が必要です。 ACE処方の代表的な市販薬 ノーシン、新セデス錠、ナロン錠 など AAC処方の薬 AAC処方とは「A:アセトアミノフェン」、「A:アスピリン」、「C:(無水)カフェイン」の3種類の成分が含まれる薬のことを指します。 ACE処方の薬との違いは、エテンザミドの代わりにアスピリンが配合されていることです。 基本的に効果は似ていますが、アスピリンが入っているAAC処方の薬の方が胃腸障害が出やすいといわれているため、最近ではACE処方の薬が主流になっています。 しかし、頭痛などの痛み止めの作用はAAC処方の薬の方が比較的強いため、症状によってはAAC処方の薬が適しているケースもあります。 ただし、AAC処方にはアスピリンが含まれているため、インフルエンザの解熱には使用しないでください。 AACの代表的な市販薬 バファリンプラスS、エキセドリン など 土日祝日・夜間などで病院に行けず、どうしても苦しい場合には市販薬のアセトアミノフェンの解熱剤を使用しましょう。 インフルエンザの発熱には、なるべく次のようなアセトアミノフェン単一成分の薬を使用しましょう。 なお、インフルエンザのときに使える風邪薬については関連記事をごらんください。 一時的に熱を下げるために使用することが可能です。 ただし、子どものインフルエンザの解熱には注意が必要なため、あくまで緊急時の使用にとどめ、原則的には医療機関を受診しましょう。 おわりに 発熱直後の病院の受診が難しい場合や、突然の高熱でなんとか自宅で対処しなければならない場合にアセトアミノフェンの解熱剤を活用しましょう。 このとき、安静にして充分に睡眠をとることと、高熱により脱水症状を起こさないよう水分補給を心がけることも忘れないでくださいね。 なお、インフルエンザの時に使用する解熱薬は、あくまでも熱や痛みに対する対症療法で、インフルエンザウイルスに効果があるものではありません。 インフルエンザの治療は、発症初期の段階で病院で診てもらうことが基本であることを覚えておきましょう。

次の