ポケモン 剣 盾 サーナイト 育成 論。 【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】サーナイト育成論 積みアタッカーのこの火力を見よ!

ポケモン 剣 盾 サーナイト 育成 論

はじめに 略称を使用します。 基本的にお互いが理想個体前提です。 ダメージ計算は「ダメージ計算SS」を使用します。 サーナイトとは ルビーサファイアから追加された元エスパー単ポケモン。 XY から新タイプ「フェアリー」が追加され、それと同時にサーナイトにもフェアリーが追加された。 これによりサーナイトはドラゴンに対して強く出れる機会が間違いなく増えた。 可愛い どうしてスカーフなの? 性格臆病、Sに252割振ったサーナイトに持たせることで、最速ドラパルトを上から殴ることが出来る。 威嚇などトレース出来ると後続への負担が軽減出来る でんじは、毒持ちに負担をかけれるシンクロもいいと思います。 役割 竜、ドリュウズ、ドヒドイデ等のポケモンとの対面を意識。 トリックがあるので起点作り、輝石持ちのポケモンにも役割が持てる。 ダイマックスをするとスカーフが無効化されてしまうため、今回は基本的に非ダイマックス枠として考える。 技構成 ムーンフォース タイプ一致の妖精技。 メインウェポンです。 エスパータイプ一致技です。 不一致でも強いです。 技候補 エナジーボール 水・地面のポケモンピンポイント。 10万ボルト H252無補正ギャラドスに確1、H252無補正アーマーガアに確2。 ・先発 相手の起点作りポケモン読みで出し、トリックを狙いにいってもいい。 今回の役割対象であったドラパルト、ドリュウズが先発で飛んでくるとほぼほぼ勝てない。 ドリュウズのダイスチルも同じく。 サーナイトがダイマックスを切らず、上から殴ったとしても相手の耐久が上がっているため落とせず殴り負ける。 ・耐久に多少難があるため死に出しが安定する。 ・受け ドラゴン技読みでサーナイトに交換で無償降臨狙い。 トレースで貯水、貰い火等をコピーして無償降臨を狙うというのも出来なくはない。 耐久ポケに対してトリックを撃つことを目的に投げたりもする。 最後に 育成論初投稿で、拙い部分等が目につくかも知れません… 少し修正して再投稿したので実質2回目です お気軽にコメント頂けますと嬉しいです。 チョッキ持ちですが。 きあいだまに関してですが ・2回連続で当てる確率が5割切る ・現環境に多いゴーストに透かされる ・役割対象のあくタイプはふいうち持ちが多い などスカーフだと使いづらい点が多いと思います。 アーマーガアやアイアント、ガルド辺りの格闘等倍以下鋼ポケモンにもマジカルフレイムは刺さると思うのでダメ計載せるといいと思います。 追加効果のCダウンで鈍足特殊アタッカーを無理やり止められるというのもあるのでオススメです。 ダイバーンでHBナットレイは落とせます。 そのドリュウズに対しての最大打点がサーナイトだときあいだまに該当し、H4振り程度であれば『確定1発』です。 ドリュウズを意識するのであれば、きあいだまとスカーフの相性が悪いとは私は使っていて感じることはありませんでした。 「役割対象のあくタイプはふいうち持ちが多い」と仰っておりますが悪タイプ意識ではなくドリュウズ意識のきあいだまです。 悪タイプには素直にムーンフォースでいいかと思います。 そちらの方がきあいだまより火力が出ます。 キリキザン等の例外あり 「現環境に多いゴーストに透かされる」 ゴースト多いですよね…ですがこれに関しては単純に読み合いだと思います!相手視点「きあいだま読みで霊に交代するか」「そもそもきあいだまは搭載しているのか」との思考になるでしょうし、この読み合いだけを理由にきあいだまを技から外そうとは思いません。 「2回連続で当てる確率が5割切る」 ですね…どう足掻いても1確が取れない相手への使用は本当に危険ですね。 2回撃たないと絶対に倒せないであろう相手と対面した時はきあいだまを撃つか否かしっかり考えるべきですね。 マジカルフレイムのダメージ計算相手が足りて無かったですね、申し訳ございません。 ステルスロックが撒け、且つ環境に多いサーナイトの苦手なポケモンに強く出れる場面が多いです。 余りをHに振った理由は、サーナイト自体特殊耐久がそれなりに高いので、特殊アタッカーとの殴り合いにおいて少しでもアドバンテージが取れればという思いから 且つ、少しでもその長所を活かせれば というのが理由です。 具体的な仮想敵は考えていませんでした ですが紙魚様の指摘通り奇数の方がメリットはあるので、それこそBなりに振った方が得だと思います。 ほんとににわかなんで努力値?の振り方がよく分からないんです。 サーナイトは性格はミントで変えれるのであれですが努力値振りが分からなくて良ければ教えていただけるとありがたいです。 それとサーナイトだと相方はナットレイってことですがナットレイの技構成とかおすすめってありますか?注文が多くてすみません。 完全に初心者ということでしたら、この育成論ページ上部の「努力値配分」欄の横に「努力値とは?」というリンクがあるはずなので、まずはそこから個体値や種族値や努力値 いわゆる3値 を学ぶのをお勧めします。 努力値の振り方は、パワー〇〇を持たせての野生戦闘やタウリン等の薬アイテムで大まかに努力値を振って、あとは野生ポケモンを倒して細かく調整するというのが一般的だと思います。 ポケモンの「つよさをみる」でステータスを見る時にXボタンを押すと、薄い黄色で種族値が、オレンジ色 限界まで振ると水色 で現在の努力値が、それぞれ六角形で表示されるので参考にしてみてください。 この育成論の特攻と素早さのように252 最大値 まで振ると、六角形の頂点がキラキラ光るので分かりやすいです。 ナットレイに関してはいくつか育成論が投稿されているので、検索して読み比べてみるのがよろしいかと思います。 ドリュウズ対面について、環境のドリュウズはタスキもしくはドラパルト意識で最速スカーフが多い印象なのでこの型のサーナイトでは対策できないのではないでしょうか?返しのアイアンヘッドは耐えられませんし、仮に相手のドリュウズが準 速スカーフもしくはタスキ持ち以外だとしても気合玉の命中率は低すぎて安定できないと思います。

次の

サーナイト育成論 : スカーフサーナイト[基本型]|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 サーナイト 育成 論

ようやくをそれなりの確率で倒せるがまとまりました。 トップクラスの難敵、 剣盾マックスレイドバトルをソロで周回しているトレーナーにとって厄介な相手。 はそのうちの一体です。 今回は、そんなを「 それなりの確率で倒せる」ソロ用の紹介です。 使用は 使用するは です。 はがねタイプで、かつダイアース(味方全体特防アップ)を撃てる物理型という、対に理想的なです。 どちらのバージョンでもゲット可能で、育成しやすいこともグッド。 以前までの記事と同じく「 適当でもどうにかなる」をコンセプトに、無振り、も適当です。 以前までの記事に興味を持たれた方は、カテゴリーの「マックスレイドバトル」から見ることができます。 特性は3種ありますが、今回は特にどれも役に立つことはないのでお好みで。 技構成 順番が変ですが、とじしん以外使いません。 一応説明を入れておきます。 (ダイスチル) 非ックス時のメインウエポン。 わざレコード74で覚えられます。 バリア時にはダイスチルでバリアの上からダメージを与えてやりましょう。 じしん(ダイアース) 今回のメイン技。 ックス終了後は使用しないので自力で習得できるじしんでいいです。 ダイアースで味方の特防を上げ、全員の生存率を上げます。 波動で打ち消されてしまうことがありますが、それでも撃つ価値アリ。 自由枠 まず使いません。 何をしても上2つの技より優先する理由がなく、本当に自由枠です。 攻略 さて、の攻略に挑戦します。 厄介なのは、のようなハズレ枠を引かなかったとしても、 やのようにパーであっさり落ちる味方が多い点ですね。 ナゲキは全体攻撃ですぐに落ちますし、どう挑んでも運が絡むのは仕方ありません。 気を取り直して、1ターン目の技選択。 ックスし、ダイアースを選択します。 味方の特防が上がり、これで多少生存率が上がります。 はともかく。 2ターン目はバリアが張ってあるのでダイスチルを選択。 どうせ追加効果が発動しないなら少しでもダメージを与えてやれの精神です。 3ターン目はバリアが張っていたらダイスチル、張っていなければダイアースを選択。 この間もは容赦なく攻撃をしてきますが、が生き残るよう祈りましょう。 が3回落ちることはザラなので、その辺は割り切りましょう。 後は連打で。 いつものことですがゴリ押しでどうにかなりました。 結論 で勝てました。 仲間のが貧弱すぎるため、こちらがどれだけ強力なを用意しても無駄なことがある……というのが難点です。 没案(対になれるかわからない達) どうせなので、ここに至るまでに用意したも紹介しておきます。 かいでんぱで特攻を下げる前回のと同じ作戦でしたが、あまりうまくいきませんでした。 1ターン目にかいでんぱ使用のため、ックスするタイミングを失うデメリットが大きかったです。 で味方を守る作戦。 リフレクターやは、相手の波動で打ち消されないため有効かと思いきや、 と同じくックスのタイミングを失うのが大きく、採用には至りませんでした。 どちらも「勝てないことはない」ですが、まぁ、はい。 微妙です。 振ってないので火力ないですしね(特に)。 さて、今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の

【ポケモン剣盾】サーナイトの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 サーナイト 育成 論

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の