退職代行 タイミング。 退職届は出すタイミングが大事!退職届を出すベストタイミングとは?

退職代行からの連絡があった場合の会社としての対処法 ―退職代行からの連絡があった場合について、弁護士からのアドバイス|不動産弁護士専門相談

退職代行 タイミング

こんにちわ、IT企業に勤めながら副業で色々とやっているです。 先月のことですが、同僚が会社を退職しました。 アラサーなので転職や個人都合の退職なぞ、全く珍しいことではなく、むしろ 「変化こそ最大の成長」という言葉があるくらい、一つの場に留まらないために必要なアクションだと思っています。 …と、いう建て前を述べた上でその同僚の退職に関してびっくりしたのが、 その同僚が「退職代行」を利用して会社を辞めたからです。 退職代行サービス あまり耳慣れない言葉かもしれません。 でも実は最近じんわりと流行ってきている…というか利用者が増えてきているのを感じています。 私も早いものでアラサーで管理職を経験していますが、「仕事を辞めようか迷っている」というニーズ(悩み)は、絶対に部下から一度は聞くことです。 その最終的な解決策として「退職代行」サービスを利用する人が増えているのです。 ということでこの記事では、• 転職代行サービスとはそもそもどういったものなのか• 辞められた側の感想・体験談 を、現場目線でお伝えします。 コンテンツ• 退職代行サービスとは何なのか 言葉のまんまですが、 【退職】を【代行】してくれるサービスです。 企業によっては、メールやLINEで済ませられるものもあります。 つまり、 「辞めたい」と思ったその日に、ちょっと問い合わせて「あとは進めといて」と言えば、もう会社に行くことなく仕事を辞めることすらできるサービスです。 そんなサービスが存在するのかとびっくりするのが普通だと思います。 特になんだろう・・4,50代以降の少し歳がいっている人ほど、「…はい?」という反応をする印象があります。 「なんでそんなことするの?」と。 私は結構「利用する気持ち、わかるなぁ」と思いました、 退職と一言で言っても大きく2つの意向があると思うんです。 前向きな(人にさらっと言えちゃう)理由での退職• 後ろ向きな(あまり言いたくない)理由での退職 前向きな退職、色々ありますよね。 ちなみに、その同僚は「転職代行サービス」を使った後、もう一切会社の人(仲の良い自分から会う人を除く)と会うことはありませんでした。 主要な退職代行サービス 退職代行サービスは数年前から話題になってきましたが、最近はいくつもサービスが登場しています。 いくつか例を上げると…• などなど。 この他にも色々な退職代行サービスが登場してきています。 一番有名なところは「EXIT(イグジット)」でしょうか。 2018年に初登場し、多くのメディアにも取り上げられた記憶があります。 サービスは近しいが価格が違う 退職代行サービスは、正社員だったとしてもアルバイトだったとしても依頼することができます。 ただ、値段が違います。 正社員の方が高いのが一般的…でしたが、最近は競合が多くなってきたため価格が段々と安くなってきました。 価格を安い順に一覧にしてみると以下のとおり。 退職代行サービス 正社員 アルバイト・パート 28,000円 28,000円 29,800円 29,800円 50,000円 30,000円 54,000円 54,000円 「ニコイチ」という退職代行サービスが一番安いことがわかります。 この価格差にはけっこう大事な点があったりするので、選び方は追って説明します。 まずは、退職代行サービスはどういったもので、どんな会社があるのか知った上で、「退職代行」で辞められた後の現場での話をお伝えします。 退職代行で辞められた後の現場 あくまで、退職代行で辞められた会社側の同僚から見た、一つのエピソードとしてご覧下さい ここから見える、退職代行に当たっての注意点もわかると思います まず、その辞めた同僚は、 ある日唐突に会社に来なくなりました。 その同僚に対して、会社側としては急に来なくなったので心配になります。 それに 連絡してもつながらず困っていたのが正直なところだったと思います。 そのタイミングで、【退職代行】業者から連絡が来ました。 内容は退職手続きの旨と共に、 「本人にはもう連絡しないで下さい」との通告。 その流れで退職手続きが進みます。 しかし、現場からの正直なところとしては、その方が辞めるに当たっても何せ急であり、且つ その人が持っていた仕事などもどうなっているかわからないところが多く、「めちゃくちゃ困った」と近しい人は言っていました。 その上、連絡することができないので 「引き継ぎ」等は一切できない状態です。 それでも、退職代行は進みその方は辞めていかれました。 辞められた側の「不安」と「困惑」 まず、退職代行が実際に入って思ったのは「疑いの目が入る」ということです。 ここで「疑い」という言葉に勘違いしないでもらいたいのは、「退職代行で辞めた人」ではなく、 「退職代行サービス自体」への疑いです。 ここまで説明した通り、退職代行会社からは 「今後のやり取りは本人を通すことなく、弊社(退職代行サービス)を通じて行わせて頂きます」 と一辺倒で押し通されます。 それがこのサービスの良いところではあるものの、会社としては急に来なくなって心配になっているので、 本当に、この電話の相手は本当のことを言っているのか!? ということを思います。 なぜなら、もしこの退職代行サービスが虚偽を述べていたら、 会社が勝手にその社員を辞めさせることになるからです。 もし、そんな事態になったらそれこそ大変なことです。 「長期休暇後に会社に行ったら退職させられていた。 」 なんてことになったらそれこそ大炎上となります。 会社はこういったリスクをそれはそれは気にするのです。 その人の意思を確認することができないので、会社としてはめちゃくちゃ不安になります。 退職代行を使ったとしてもやっておいた方が良さそうなこと ここまで現場で起こったことと感想を整理した上で、退職代行を使うとしてもやっておいた方が良さそうなことをまとめてみます。 使う場合の持ってると良さそうな心構え• 「退職代行は、勝手にどんどん進む」という前提認識を持つ• 「辞める」と何かしらで伝えておくと良い• 辞めた後の整理(引き継ぎ)がある程度できていると良い やはり、辞められた側は少し困惑します。 よって、その困惑を解決しようとして、退職代行利用者に連絡をしようとします。 この会社側の「困惑」を少しでもなくしておくと、より連絡される可能性が減るでしょう。 といっても、辛かったらすぐに辞めても良い 辛かったり、どうしようもない時は、変なこと考えずにやめてしまいましょう。 ここまで見たとおり、会社側は「困惑」しますがその困惑原因を作ったのは会社側のことだってありますし、なにより「辞めないと心身共にやばい!」ということは多くあります。 鬱になったり身体を壊すくらいだったら、スッキリと退職代行使って辞めてしまった方が良いでしょう。 なぜなら見たとおり、 退職代行を使うとどんどん利用者が知らないところで退職手続きが進むからです。 流石はプロ。 という感じですが、すごい進みます。 別に嫌な会社なら変なことは気にせず後腐れなくさらっと行きましょう。 類似サービスが多く出ている 退職代行サービスがしてくれることは、退職手続きを代理で進行してくれる…つまり、ほとんどが、 コミュニケーションの仕事です。 なのでぶっちゃけると、退職代行サービスに参入する障壁はめちゃくちゃ低いのです。 つまり、多くの企業がこのサービスに手をつけ始めています。 そうなってくると、どの退職代行サービスを使おう…と迷ってくると思います。 その時に決め手になるのが、以下の観点だと思います。 信頼できるか(ちゃんとやってくれそうか)• 知名度(企業から見た安心性)• 交渉含む必要があるか 退職代行サービスの選び方 現場目線も含めて、退職代行サービスの選び方をまとめてみます。 【1】信頼できるか(ちゃんとやってくれそうか) まず、「ちゃんとやってくれそうか」という点は非常に重要です。 この記事で紹介した3つのサービスはどれもしっかりとした媒体(企業体や、弁護士事務所)なので、間違いありません。 しかし、誰でもできるがゆえに個人で行っているサービスもあります。 そういったところは少し注意が必要です。 【2】値段 最安値の退職代行サービス「」 もう辞めてしまう企業なわけですし、別にここにお金をかけたくないという気持ちは出てくると思います。 あらためて値段を一覧化してみてみます。 退職代行サービス 正社員 アルバイト・パート 28,000円 28,000円 29,800円 29,800円 50,000円 30,000円 54,000円 54,000円 約3万円か5万円か…の選択になってきます。 一番安いのが「」という転職代行サービス。 これまで14年間、4000人以上を退職代行してきています。 成功率100%の実績も持っていながらも、業界最安値を謳っているなかなかの大手です。 値段を安く抑えたい!という思いは誰でも持つものだと思います。 ただ、転職代行サービスは色々な観点が重要になってきたりするので、他の考え方も見てみましょう。 【3】知名度(企業から見た安心性) 知名度がある退職代行サービス「」 3つ目にして、 一番重要だと言いたいのが、この 「知名度」です。 普通、何かしらのサービスを利用するときは、「信頼性」と「値段」でほぼ決してしまうようなものなのですが、この退職代行サービスに至っては、この「知名度」が何より重要になってきます。 というか、 この知名度が退職手続きにおけるスムーズさを左右させます。 仮にあなたが退職代行サービスを使われた企業の、人事担当の気持ちになってみて下さい。 少し知っている企業からの連絡• 個人からの連絡 どちらが、「あーー、辞めるのね」と素直に進行するでしょう? 人事担当といえど有名な企業しか把握していません。 よって任せられるならその中でも有名な企業に任せたい。 そうすれば、「あーー、退職代行に頼んだのね」となりスムーズにことが運びます。 退職代行においては、 「退職代行にちゃんと頼んだのね」と、企業がスムーズに思えるサービスを選ぶことが何より大切です。 そう考えると、「知名度」という軸は実に大切になってきます。 2019年、一番有名な退職代行サービスといえば、「」だと思います。 社長は様々なメディアでインタビューなどを受けつつ、類似サービスにパクられてると公言して回っています。 今なら分かる!PUBG開発陣の気持ちが!荒野行動に丸パクリされたその気持ちが!退職代行 EXIT はそれこそパクられまくっていて、サイト構成を丸々コピーされるのが日常。 利用規約のコピペだけならまだしも、事例の文章やよくある質問が一字一句同じだったりして、流石に草が生える。 ここは中国か?と。 — 退職代行を産み出した人|新野俊幸 getdrunkeasily どうせ使うなら、しっかりと知名度のあるサービスを選ぶのも大事なんだろうな。。 と、現場にいた人としては思うのでした。 【4】交渉含む必要があるか 「交渉が必要かどうか」これは、退職代行サービスを選択するときに考える必要があると思います。 例えば、「有給消化」や「残業代などの未払い賃金、退職金回収」には、 交渉が発生します。 こういった交渉には、弁護士が必要となってきます。 しかし、一般的な退職代行サービスは、あくまで一般企業によるサービス体であり「弁護士事務者」とは異なります(これを非弁業者といいます)。 つまり、交渉のためには弁護士事務者を通すのが一番手っ取り早いのです。 ライトに、クイックに辞めるよりも、そういった交渉が必要だ・・!という場合は、「」という法律事務所は、退職代行を専門でも行っています。 「退職代行サービス」利用者を見ての感想 会社では、「困惑」から入る方が多かったと認識しています。 「このまま進んで大丈夫かな?」「本人に連絡して確認しなくて良いのかな?」人事担当は多くのことを思うでしょう。 ただ、退職する権利は誰にでもあるので、淡々とコミュニケーションが進行していきます。 また、 あくまで退職代行サービスは「手続きを進める」代行をするのに特化しており、「交渉」をするものではないようです。 あくまで 淡々と会社を辞めるツールと割り切ると、退職代行サービスを理解しやすいと思い至りました。 (交渉を望むのであれば法律事務所の利用が望ましい) 実際、会社を辞めるのには「コスト」がかかります。 一番大きいのは「心労コスト」でしょう。 このコストを数万円で削減できるのは、考えてみると素晴らしいツールだなと現場で見て思いました。 色々なことを言う人がいるかもしれませんが、 今後の退職のスタンダードになる可能性すらあると思います。 「辞めたいけど・・ふんぎりがつかない」とか、「うまく辞められない」と思っている方には、利用を検討することをおすすめしたいなと思いました。

次の

退職代行は違法なのか?問題となる違法行為と利用前の対策

退職代行 タイミング

辞めたいのに辞めさせてもらえないブラック企業から逃れる最終手段として、退職代行サービスが話題を集めています。 退職の意思を伝えるという気が重い役目を代行してもらえる点では画期的なサービスですが、違法性があるのではないかという不安の声があるのも事実です。 弁護士や労働組合が間に入るのであれば、退職に関連した交渉や手続きの代行も法律で認められています。 一口に退職代行サービスと言っても大きく3種類に分けられますので、すべての業者が違法というわけではありません。 退職の意思を会社に連絡する代行だけなら、どの業者でも合法の範囲内です。 退職代行サービスのそういった違いに関する現状について、利用を検討している人が知っておきたい基礎知識をまとめてみました。 実際に利用する際の手順についても、記事の後半で詳しく解説します。 退職代行サービスが登場した背景 2017年頃から退職代行サービスの存在が話題になるにつれて、SNS上でも賛否両論の声が交わされるようになりました。 「退職の手続きを人任せにするなんて無責任だ」という意見も少なくありませんが、辞めたくても辞めさせてもらえない辛さは経験した人にしかわからないものです。 当ブログを運営するYAMATOもかつて小売業の会社で働いて当時、自分に向いていない仕事で何度も辞めようと思いながら辞められなかった経験がありました。 下手に責任のあるポジションを任されるようになったためなかなか辞められなくなり、気がついたらずるずると10年以上もその会社で働かされて心身ともに消耗してしまったのです。 あの当時に今のような退職代行サービスが存在したら、利用を検討していたかもしれないほど最後は精神状態が悪化してしまいました。 退職代行サービスは日本だけにしか見られない代行業の形態で、サービスの需要がある背景には日本的な同調圧力も深く関わっています。 なかなか辞めさせてもらえない会社が存在するのも、「みんながんばって働いているのだから、自分だけ楽をしようとして逃げ出すのは卑怯だ」という日本人ならではの集団心理が作用した結果にほかなりません。 今なお日本的なムラ社会に支配された会社から脱出するには、一見すると常識に反するように思える支援の仕組みが必要になってくるのです。 退職代行サービスが違法となるケース 退職代行を利用する人に対しては社会人としての常識を疑う声がある一方で、業者の側に対しても違法性はないのかという疑問の声は少なくありません。 明確な期間を設定して雇用契約を結んでいた契約社員の場合を除き、労働者はいつでも自分の意思で退職できることが民法の規定で認められています。 退職届を提出してから2週間が経過すれば、たとえ会社側が拒否しても雇用関係も自動的に解消される仕組みです。 したがって代行業者を利用するしないに関わらず、退職届を会社に送付する行為自体は違法でも何でもありません。 退職代行サービスの大半は、本人に代わって退職の意思を会社側に電話で連絡するのを主要な業務としています。 実際に退職届を書いて会社に郵送するのは依頼者本人で、業者は会社と依頼人との間に入って連絡を仲介する役目です。 手続きをスムーズに進めるためのアドバイスもサービス内容に含まれますが、本来は退職の意向を会社に伝える行為だけが代行の対象とされます。 その範囲を超えて残業代の支払いや有給休暇の取得などの交渉まで代行するのは、基本的に弁護士でないとできない法律事務に該当する業務です。 例外的にユニオンと呼ばれる合同労働組合も法律で交渉が認められており、実際にユニオン系の退職代行サービスも存在します。 退職代行サービスには弁護士系とユニオン系・それ以外の非弁系という3種類の業者があり、すべてに共通する業務は退職意思の連絡代行です。 弁護士系やユニオン系でない普通の業者のサービス内容に交渉の代行が含まれている場合は違法ですので、利用の際には業者の種類を見極めることが大切になってきます。 合法的な交渉も可能な弁護士系とユニオン系 自分に代わって退職の意思を会社に伝えてもらうだけならどの業者でも合法の範囲内ですが、実際には円満退職を実現させるためにさまざまな交渉が求められるケースが出てきます。 そうなると法律も関わってくることが避けられないだけに、最初から弁護士に依頼するのが無難です。 退職代行が話題となる以前から一部の弁護士で同様の代行業務は行われていましたが、見返りとして高額な費用を請求されるケースが大半でした。 最近は一般業者並みのリーズナブルな料金でありながら、退職意思の伝達から交渉に至るまでを専任の弁護士がサポートしてくれる業者も登場しています。 交渉がこじれて裁判沙汰になった場合でも、弁護士なら代理人を依頼することが可能です。 数は決して多くありませんが、同じく会社との交渉を合法的に依頼できるユニオン系の退職代行サービスも存在します。 弁護士と違って裁判の代理人を依頼することはできないとは言え、実際に裁判沙汰にまで発展した例はほとんどありません。 未払い賃金や残業代・退職金の請求、有給休暇の取得などで交渉する必要があると予想される場合には、団体交渉を得意とするユニオン系の業者に依頼するのも有力な選択肢です。 退職代行サービスの利用手順 以上のように退職代行サービスには3種類の業者が混在していますが、実際に利用する際の基本的な手順はある程度共通しています。 正式契約後は以下のような流れで退職代行の手続きが進められるのが一般的です。 弁護士系やユニオン系の業者で会社側との交渉を代行する場合には、依頼人も業者とLINEでやり取りができるように待機するように求められることがあります。 退職代行業者が指定した日時に会社へ電話で連絡し、退職の意向を伝える• 退職代行を依頼した本人が会社に退職届を郵送する• 郵送や電子メールなどの手段を利用し、業務の引き継ぎや貸与物の返却を出社せずに済ませる• 離職票や源泉徴収票など、退職に伴って受け取る必要がある書類が郵送されてくる 退職に当たって会社側から受け取る必要がある書類は、以下の通りです。 いずれも退職届を郵送する際に自宅まで送ってくれるよう自分で依頼するのが一般的ですが、弁護士系やユニオン系の業者なら発行依頼も代行してもらうことができます。 離職票• 雇用保険被保険者証• 社会保険資格喪失証明書• 年金手帳• 源泉徴収票 退職届を送付するタイミング 代行サービスを利用した退職手続きは、依頼する本人が出社したり電話したりして会社側と口頭でのやり取りをする必要のない点が最大のメリットです。 すべての手続きを業者に代行してもらうわけにはいかず、法的効力を発揮する退職届は自分で提出する必要があります。 とは言っても二度と行きたくない会社にわざわざ出社して直接届ける必要はなく、退職届を郵送するだけでも十分です。 この場合は郵送のタイミングも重要なポイントの1つで、退職届を郵送したという事実を前もって会社に伝えておく必要があります。 そうすることで社会人として求められる最低限の常識は踏み外さないで済み、なおかつ退職の意志が固いという点を会社側に強く印象付けられるのです。 退職届を郵送するやり方が許されるのであれば、わざわざお金を払って代行業者を使う必要はないと思うかもしれません。 一般的な常識では退職届は出社した上で会社に直接提出するのが基本とされており、郵送で済ませるのは体調不良などやむを得ない事情がある場合に限られます。 無理やり引き止められて退職できない可能性がある場合は、「やむを得ない事情」に該当するとも見なし得る例外の1つです。 とは言え事前に何の連絡もなしに無断で出社しなくなり、そのまま退職届を送りつけて会社と縁を切るようなやり方はトラブルの元になりかねません。 料金を払ってでも事前に電話で連絡してもらった方が、以後の手続きがスムーズに進みやすくなるのです。 会社との交渉が必要になった場合 退職届を郵送して返却すべきものも返却した上で、失業の手当受給や転職に必要となる書類も会社から送ってもらえれば問題はありません。 実際にはそのようにすんなりと事が運ぶとは限らず、退職代行業者が電話で連絡した際に会社側から異議を申し立てられる場合も考えられます。 給料や残業代の未払いが残っていたり消化していない有給休暇があったりする場合も、労働者としての権利を守るには会社との交渉が欠かせません。 退職代行サービスを利用ほど追い詰められている場合は依頼する本人が会社との直接連絡を断ち、引き止め工作に遭わないようにするのが普通です。 交渉の必要が生じた場合でも自分で対応するのはリスクが大きすぎるため、業者に代行してもらう必要があります。 そうなると一般的な退職代行サービスではそれ以上話が進められなくなりますので、法律で交渉の代行が認められた弁護士系かユニオン系の業者に頼らざるを得ません。 退職代行サービスを選ぶ際には、どうしても料金の安さで業者を選びがちです。 交渉の必要が生じると予想される場合はサービスの内容を重視し、最初から弁護士系やユニオン系のしっかりとした業者を選んでおけば後悔しません。 退職代行サービスの基礎知識まとめ 退職代行サービスにも大きく分けて3種類があり、退職手続きを進める中で交渉の必要が生じた場合は弁護士系かユニオン系の業者でないと対応できません。 料金が比較的安いのは弁護士系でもユニオン系でもない第3のサービス形態ですが、そういう業者が法律に関わる代行業務を行うのは違法です。 ブラック企業を辞めたいという場合は何らかの形で交渉する場面が想定されますので、弁護士系かユニオン系の業者に依頼した方が安心して任せられます。 世の中にはブラック企業と知らずに就職してしまい、辞めるに辞められなくなって苦しんでいる人は決して少なくありません。 退職代行サービスに対してはまだまだ誤解も多いせいか、いざ依頼するとなれば躊躇してしまうものです。 そうした馴染みのなさもサービスの認知度が高まれば、徐々に解消されていくものと見られます。

次の

バイトの辞めどきはいつ?どのタイミング?円満に辞める方法とは

退職代行 タイミング

EXIT利用者の一例• とにかく拘束時間が長い• とにかく給料が安い• 職場の雰囲気が常にピリピリしている• 上司に暴言を吐かれる• 入社したもののブラック企業だった• 仕事でムリな勧誘を強要される• 人間関係が悪く職場に行きたくない• 少しのミスで必要以上に怒鳴られる• 人手不足で退職を認めてもらえない• ノルマが厳しすぎて精神的に辛い• 上司からセクハラを受けている もちろん他にもいろいろな事情を抱えた人がEXITに相談をしているわけですが、中には 精神的にもう限界で、突然身体が動かなくなる…うつになる寸前…といった人もいるようです。 サービス内容は非常にシンプルで、依頼者から相談を受けたあと、振込が確認できたら依頼者の代わりに退職の意思を会社に伝えるというもの。 退職に必要なすべての連絡をEXITが代行してくれ、 退職完了まで回数無制限で対応してくれます。 過去の選択にとらわれる必要はない。 もっと自分本位に、いくつもの道をゆこう。 我々は、人生をやり直したいすべての人の味方。 リセットボタンとあなたの背中を押す。 いつか「やり直す」ことに誰もが寛大になり 我々の存在が不要になる そんな社会が訪れる日を目指して。 そんな不思議な会社からはさっさと抜け出しましょう。 非常口はこちらです、EXIT。 退職代行の先駆者! メディア掲載実績No1 今では複数の退職代行サービス会社がありますが、その中でもEXITはいち早くサービスを開始した会社です。 退職代行サービスが巷で大きな注目を集めたこともあり、EXITはテレビや雑誌などのメディアでもかなりの数が取り上げられています。 実際にメディアでEXITを知ったという人もいるでしょう。 メディア掲載によって飛躍的に知名度を上げ、これまで以上に依頼者が増えているEXITは、実績も業界トップクラスだと言えるはずです。 LINEも可!即日対応でスピード退職 EXITはメールや電話でも相談&依頼ができますが、それだけでなくLINEにも対応。 スマホ1つで退職完了できる利便性の高さも魅力です。 24時間対応と明記されてはいないものの、「相談当日から対応可能」「休日や深夜でも可能な限り対応」との記載があるので、基本的には 即日対応&スムーズな退職ができるはず。 実際にEXITを利用した人の多くが、振込を完了させた当日に退職代行を行ってもらっています。 この即日対応のスピード退職もEXITの魅力ですね。 そうよね。 即日対応って退職代行サービス会社にとっては結構な負担だと思うけど、それを飛び越えても依頼者のために体制を整えてくれるんだから感謝しないとね。 ゆかりちゃん 退職成功率100%の実力派サービス EXITは2017年春のサービス開始以来、これまで 退職に失敗した事例はないということです。 退職代行というサービスの特性上、失敗は許されません…というより、失敗してしまったら今よりも厳しい苦境に立たされてしまいます。 だからこそ、この退職代行成功率100%は心強いもの。 過去実績も多いので、依頼者側も安心してお願いできるはずです。 退職代行から転職支援までワンストップ EXITは転職エージェントの「ワークポート」と提携しているので、必要に応じて転職のサポートまでお願いできます。 限界を感じ、退職代行サービスを利用したものの、次の就職先が決まっていないというケースもあるでしょう。 そんなときこのワンストップのサポートはありがたいですね。 ちなみに 転職サポートの利用は無料。 求人の紹介だけでなく書類作成のアドバイスや面接対策などもお願いできるうえ、ワークポートに登録して転職が決定した場合、 退職代行のサービス料金を全額キャッシュバックしてもらえるので(ただし条件あり)、費用面でもかなり助かると思います。 2回目以降の利用は10,000円割引 EXITを利用して退職成功したあと、できれば長く働ける自分に合った仕事に就きたいと思うでしょうが…万が一、また辞めさせてもらえないような企業に就職してしまうという可能性がありますよね。 この世にはブラックな企業がたくさんありますし、求人情報が嘘だったというようなトラブルも多発しているので、全員が全員、自分にマッチする働きやすい職場に出会えるとは限りません。 EXITでは 2回目以降の依頼については10,000円割引で対応してくれます。 まさに救済措置ともいえるこの料金設定。 退職代行を何度も利用したくはないものの、再びピンチが訪れたときに頼れるのはありがたいことですね。 EXITのサービス料金• 正社員・契約社員:50,000円(税込)• アルバイト・パート:30,000円(税込) 雇用形態によって50,000円もしくは30,000円となっています。 今後値段が改定される可能性はありますが、 この値段は最安値ではありません。 退職代行サービスの相場は30,000~50,000円と言われていますから、相場と外れた料金というわけではないのですが、雇用形態に関わらず30,000円前後でサービス提供している業者もあるので、正社員や契約社員で考えると、少々高めになります。 とはいえEXITと同様の金額、またはそれ以上に高額な退職代行サービス会社も複数あるので、高すぎるというわけではありません。 返金保証がない これまでの退職成功率が100%という会社でも、万が一のときのため返金保証制度を採用しているところがあります。 もし何かしらの理由で退職ができなかった場合は支払った料金を返金するという保証ですが、EXITにはその 返金保証制度がありません。 とはいえ退職成功率は100%ですし、 保証制度を設けていないことこそ自信の表れとも取れますが、保証がないことは依頼時に頭に入れておきたいですね。 退職を繰り返すリスクがある これはEXITに限ったことではありませんが、退職代行サービス業者を利用することによって退職のハードルが下がり、ちょっとしたことで 退職を繰り返してしまう「癖」がついてしまう危険性があります。 退職を繰り返すということは、履歴書・職務経歴書に記載する職歴の項目を増やすことになり、結果的に採用時にマイナスイメージを抱かれるリスクを高めるので要注意。 退職を繰り返すと結局キャリアが積めず、年収も低いままといったリスクもあるので、 退職代行を利用して退職したあとは、自分の将来について今一度しっかりと考えることをおすすめします。 会社との交渉は依頼できない これもEXITに限ったことではないのですが、退職代行サービスが対応できる範囲は「退職したいと伝える」だけ。 もちろん、「必要な書類を依頼者に郵送してほしい」「依頼者には連絡せずEXITを通してほしい」などを伝えることはできますが、交渉まではできません。 交渉が必要なケースとは「未払い給与の請求」「有給の買い取り交渉」「パワハラやセクハラの損害賠償請求」というような事情がある場合。 こういった 交渉について、弁護士資格がない退職代行サービス会社が行うことは違法。 ただEXITの場合顧問弁護士がついているので、もし交渉が必要な案件であれば最適なアドバイスや弁護士の紹介もしてくれるのではないでしょうか。 確かに。 ちょっと気になるのは料金くらい?とはいえ桁違いの高さってわけじゃないし、実績や退職成功率を考えると納得できる範囲の料金設定じゃないかな。 とおるくん 退職代行EXITの評判・口コミ EXIT利用者の口コミ評判を紹介します。 退職代行の利用は基本的にあまり口外したくないことですから、口コミ評判がそれほど多く見つかるわけではありませんが、それでもいくつか見つけることができました。 辞めたくても辞められない人に。 人生を自分で終わらせてしまう前に。 — モイシェ 英検1級勉強中 2020年1月受験。 Moiche5 退職代行EXITはしっかり仕事してくれたようなので後は俺が本日中に荷物まとめて発送手続き出来るかどうかです。 とりあえずコンビニ行って退職届印刷して伝票もらうか。 — オダ oda8888 EXITと他の退職代行サービス会社を比較 EXITと他の退職代行サービスを比較してみたいと思います。 まずは料金の比較をご覧ください。 まず アルバイト・パートの場合であれば、他者とほとんど金額の差がないのでEXITを選んでおいて問題はなさそうです。 難しいのは正社員や派遣社員という場合ですね。 安い会社だと30,000円前後で依頼ができるので、それと比較すると50,000円は高額。 もちろんEXITの実績を評価して依頼するというのも悪くありません。 中には50,000円でも、即日退職できるなら安いと感じる人もいるでしょう。 ただ極力お金をかけたくないという人なら、 EXITに加えて比較的安価でサービス提供している会社にも相談してみることをおすすめします。 ほとんどの会社は無料相談に対応しているので、ひとまず話を聞いてみて、印象が良く納得できる会社に決めてはいかがでしょうか。 失敗が許されない退職代行ですから、ぜひ慎重に選んでみてくだあさい! 相談への返信なんかもすごく早いみたいだから、今すぐ退職したい人にとってすごく助かるわよね。 悩んでいるなら相談してみるべき!我慢するだけが偉いってわけじゃないわ。 退職代行EXITの運営会社について EXITの運営会社情報が以下です。 会社概要 会社名 EXIT株式会社 代表取締役 新野 俊幸/岡崎 雄一郎 所在地 東京都渋谷区円山町5-4 道玄坂ビル5F 電話番号 0120-963-414 EXITはおすすめの退職代行! EXITは、料金面で最安値というわけではないものの、 退職代行サービスの相場をしっかりと押さえた料金設定ですし、なにより知名度と実績の面では業界でもトップクラスです。 2017年5月のサービス開始以来、非常に多くの事例を経験しているので、きっとどんな状況であっても最適な対応をしてくれるはず。 EXITを運営するEXIT株式会社のホームページにある「人生はやり直せる、何度でも。 」…このメッセージの裏には、退職できずに苦しんでいるあらゆる人を救いたい、リセットしたい人の味方でいたい、という想いがあるはず。 限界に達してからでは遅すぎます。 ぜひ今苦しんでいるのであればEXITに相談してみてはいかがでしょうか。

次の