アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い。 Apple Watch Series 3

私がアップルウォッチ3からアップルウォッチ5に買い換えた本当の理由とは?【使用レビューもご紹介】

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

「Apple Watch」ってなにができるの? iPhoneを生みだしたAppleの腕時計なだけあってこれがすごいんです!• 心拍数や歩数計、カロリー計算といった ヘルス管理ができる• 自分の身体に異常があったとき、AppleWatchが知らせてくれる• お使いの iPhoneを鞄から取り出さなくても通知を受け取れる• セルラーモデルであればAppleWatch本体で 電話もできる ・・など、様々なことができます。 優秀すぎる!! 主な種類は? Apple Watchって種類が多そうに見えるデバイスのように見えますよね・・・。 ですが、簡単に分けると2種類しかありません。 それが「Series 3」と「Series 5」になります。 Series 3:Series 5 の廉価版(ですが、以前まで出ていた機種です。 ) Series 5 :Series 4の後継機。 最新モデル。 ちなみに、、、 実は、Series1から現在のSeries5まであるのですが、現在は上記の種類しか販売されていません。 Apple Watch Series 3と Series 5の性能の大きな違いは? 廉価版と後継機の違いはたくさんあるのですが、その中で一番わかりやすい違いをピックアップしてご紹介します! Apple Watchのディスプレイの大きさが違う Series3の大きさは「 42mm」「 38mm」の大きさです。 Series5からは「 44mm」 40mm」という大きさになり、 更にベゼルと呼ばれるディスプレイの淵が薄くなったので、 Series3 と比べると、画面のサイズが大きくなり、表示が見やすくなりました! ディスプレイが常に表示されるようになった 通常時はディスプレイが消えていて、画面を見ると表示されるというのがスマートウォッチの常識でした。 しかし、 表示されるのに少し時間がかかるのがスマートウォッチの欠点です。 腕を上げてディスプレイが見えている頃にはまだ、表示されていないと思うと時間を気にする方にとってはストレスを感じるでしょう・・・。 しかし、Series5からは、 常に表示できるディスプレイに変わったので、ストレスなく見ることが出来ます。 Apple Watch Series 5からデジタルコンパス機能が追加 Apple Watch Series 5にて追加されたコンパス機能 コンパス機能が付くことによって劇的に変わるアプリがあります。 それが 「マップ」Appです。 主な機能は、 GPSと組み合わせて 、機器を向けている方向や進んでいる方向に合わせて自動的に地図を回転して表示できるようにします。 デジタルコンパスが付いたことによって、 自分の向きに地図が動き、どの方向に向いているのかも表示してくれるのでとても便利になりました! 身体を守ってくれるヘルスケア機能 心拍センサー 光学式心拍センサーと新しく 電気心拍センサーが追加されました。 これにより心電図が取れるようになるのですが、日本では電波法によりまだ使えません。 転倒検出 転倒を検出してくれます。 もしどこかで転倒して、事故と判断してアラートが届くので、すぐに 緊急通報をかけることができます。 更に60秒経っても反応がない場合は、自動で緊急電話に掛けてくれたり、 設定されている緊急連絡先に、通知と今いる場所が送信されるので、身体に危険が及ぶ転倒の際に役立ちます。 騒音警告アプリ 聴覚に問題のあるレベルの騒音を検出した時に、手首をタップして通知してくれる「ノイズ」というアプリが Series 4 のAppleWatchから搭載されています。 Series 3の良さは? この内容で見るとSeries 5を選んだらいいのかと思ってしまいますよね。 しかし、series3もすごいんです!! 廉価版という立ち位置ですが、性能に全く問題はないですし、「 通知の確認」や「 電子マネーの決済」などiPhoneを取り出さなくてもApple Watchだけで完結します! 携帯電話と同じ電波が使える セルラーモデルであれば、iPhoneが家にあっても 外出先で電話をしたり AppleMusicで音楽も聴けます。 Series 5 と比べて お手頃価格なので、 初めてAppleWatchを手にする方にオススメです! あなたに合うApple Watchはどっち!?• さて、Apple WatchのSeries 3とSeries 5の性能を紹介させて頂きましたが、 生活スタイルによってどちらの方がいいか変わってくるかと思います。 初めてAppleWatchを手にする方 (お手軽な価格)• 鞄から取り出す手間など省きたい方 (iPhoneを取り出さなくても電子決済や電話ができる)• スポーツなどでiPhoneを持っていきたくない方 (iPhoneで体調管理ができたり、音楽も聴ける。 仕事などで通知や電話を受け取ることが多い方 (常に表示できるディスプレイ)• 高所作業などで危険な場所で作業される方 (転倒検出と騒音レベル)• いろんな場所に移動することが多い方 (地図とコンパス機能) Apple Watchを自分好みのカスタマイズに! 最後にですが、みんなが持っているAppleWatchだからこそ 自分だけのApple Watchが欲しいですよね・・・。 大丈夫です!!そんな方のために・・・• ケースの素材• バンドの種類• 高級AppleWatch• スポーツに特化したモデル• お店に行けない場合は、触ることは出来ませんが Apple公式HPの「 」でも見ることが出来ますので買う前から楽しむことが出来ます! 比較したい方は、から。 この記事がきっかけで、もっと購入意欲が湧いてくれたら幸いです! Apple Watchで 「今よりもっとスマートな毎日」を楽しみましょう!.

次の

アップルウォッチ5とアップルウォッチ4とアップルウォッチ3はどれを買うべきか?(違いを比較)

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

1番おすすめのモデルはSeries 5で一番安い組み合わせのアルミニウムケースとスポーツバンドです。 Apple Watchは本当に便利なので一度使うと手放せなくなります。 バッテリーの寿命や機能の進化を考えると、数年後には新しいモデルのApple Watchが欲しくなるはず。 その時を考えて 買い替えやすい安いモデルを使うのが良いです。 その他のバンドやケースのカラー、エルメスなどのブランドとのコラボは自分の予算・好みに合わせて選んでください。 シリーズ(Apple Watch本体)• モデル(GPSモデルorセルラーモデル)• デザイン(ケース素材、バンド種類など) 選び方のポイントは以上の3つ。 選び方はシンプルでこの3つを一つずつ選択して 自分が気に入るApple Watchを購入するという流れです。 性能面に関してはシリーズとGPSモデルorセルラーモデルを気にするだけで大丈夫です! それぞれについて詳しく紹介していきます。 Apple Watchモデルの違いを比較 Apple Watchを購入するには、まずは Apple Watchのどのシリーズを買うかを選ぶ必要があります。 Apple Watchのラインナップは以下の通り。 初代Apple Watch・・・2015年4月24日• Apple Watch series 1・・・series2に合わせて登場• Apple Watch series 2・・・2016年9月16日• Apple Watch series 3・・・2017年9月22日• Apple Watch series 4・・・2018年9月21日• Apple Watch series 5・・・2019年9月20日 現在は「series 5」と「series 3」を購入することができます。 旧モデルは価格が下がっていますがApple Watchは毎年の進化が大きいのでできる限り 新型を購入するのがおすすめです。 Apple Watch series 4はApple公式オンラインストアからは姿を消しましたが、Amazonなどでは現在も購入することができます。 性能的はseries 3より上で、最新のseries 5と大きな違いはありません。 0 Bluetooth 5. 0 Bluetooth 4. Series 5とSeries 4の違いは大きくありませんが、Series 3とは搭載している機能が少しづつ進化しています。 Series 5と4はベゼル部分が小さくなり、本体サイズは大きく変えずに画面の大きさがアップしています。 常時表示機能に対応• コンパス機能を新たに搭載• チタニウム、セラミックケースが選択可能に 違いを全て書き出すと以上になります。 違うの数は少ないものの、 画面の常時表示が可能になりバッテリー持ちは変わらないというのが大きなポイント。 また、コンパス機能を搭載したのでApple Watchでマップを見る時に、 自分が向いている方向がわかるようになりました。 Apple公式ストアではSeries 4の販売が終了し、価格が下がっている訳でもないので、これからApple Watchの新品を購入する人がSeries 4を選ぶ必要はありません。 はこちら はこちら Apple Watch 5と3の違いを比較 シリーズの違いについてまずは簡単に紹介します。 ベゼルレスにより画面サイズアップ• 搭載チップアップ 2倍のスペックアップ• 転倒などの体の状況の変化を察知する加速度センサーの進化• 心電図対応• ゴールドカラーの追加• 常時表示機能• 容量が全モデル32GB 画面のサイズアップと心電図を測ることができるようになったことが最大のポイントです。 本体サイズによる画面サイズのアップだけでなく、ベゼルレスになりより先進的なデザインとなっています。 バッテリー性能の向上はありませんでしたが、十分すぎる機能追加と画面サイズアップ、そして心電図機能の追加など満足できる進化を遂げています。 サイズ表はこちら!アルミニウムケースでの比較です! モデル 縦 (mm 横 (mm 厚さ (mm 重量 (g) Series 3 38mm GPS 38. 6 33. 3 11. 4 26. 7 Series 3 38mm Cellular 38. 6 33. 3 11. 4 28. 7 Series 3 42mm GPS 42. 5 36. 4 11. 4 32. 3 Series 3 42mm Cellular 42. 5 36. 4 11. 4 34. 9 Series 5 40mm GPS 40 34 10. 7 30. 1 Series 5 40mm Cellular 40 34 10. 7 30. 1 Series 5 44mm GPS 44 38 10. 7 36. 7 Series 5 44mm Cellular 44 38 10. 7 36. 7 重量はピンとこないかもしれませんがかなり軽いです。 G-SHOCKなどと比べても軽いのでApple Watchはスポーツやウォーキングにも最適です。 Series 5と Series 3の違いの詳細 Series 5 Series 3 10. 7mmの薄さ 11. Apple製品の中で今1年間の進化が最も大きいのがApple Watchです。 Series 5は細かい部分もアップデートされているので 今購入するならSeries 5がおすすめです。 少しでも安く購入したいのであれば、Series 4を購入するのもおすすめ。 ただし、在庫限りとなっておりApple公式ストアで購入することはできません。 ただし、初期設定はiPhoneが必要で各キャリア別料金で月額500円程のオプション扱いです。 Apple WatchはGPSモデルがおすすめ 正直、 出掛けるときにiPhoneを持たないということはほぼ無いですよね。 セルラーモデルのApple WatchだけあればiPhoneが無くても連絡が可能になりますが、Apple Watchはバッテリー容量が小さいこと、画面が小さい為iPhoneのように快適に操作することが出来ないことを考えると、やはりiPhone無しは不安です。 また、価格もセルラーモデルの方が11,000円ほど高く、別途キャリアへオプション料金を払う必要があります。 ドコモ・・・ワンナンバーサービス月額500円• au・・・ナンバーシェア月額350円• ソフトバンク・・・Apple Watchモバイル通信サービス月額350円 月額料金は積み重なるとかなり金額になるので正直おすすめできません。 iPhoneを持たないで出掛けることは無いという方はセルラーモデルである必要は無いです。 セルラーモデルのみ素材が選択できる セルラーモデルの購入はおすすめできませんが、一つ例外があります。 それはApple Watch series 5は セルラーモデルのみステンレスやセラミック・チタンのケースを選ぶことができます。 次項で詳しく紹介しますがApple Watchはケースの素材によって見た目が大きく変わります。 アルミが安っぽいとは言いませんが、他の素材だと高級感や質感が異なってきます。 セルラーモデルであっても、セルラーモデルの機能を使わないなければキャリアに払う月額料金は不要なので、アルミ素材以外のケースが良いという方はセルラーモデルを購入して、GPSモデルとして利用するのがおすすめです。 左が「アルミ」右が「ステンレス」ケースです。 写真では少し分かりにくいですが実物を見ると結構違います。 ステンレスケースのモデルの方が価格は高いですが、質感が全く違うので デザインにこだわりがある方はステンレスケースがおすすめです。 はこちら より詳しく紹介しています! Apple Watchをデザインで選ぶ Apple Watchの魅力はシンプルながらも豊富なデザインがあることと、付け替えが簡単なバンドにもあります。 ファッション性が重要視される腕時計として使うわけですから機能だけでは選べないですよね。 ケースのサイズ• ケースの素材• バンドの種類• ブランド 以上の4つです。 それぞれについて紹介します。 ケースのサイズ Apple Watchには現在4つのケースサイズがあります。 Series 5は40mmと44mm、シリーズ3には38mmと42mmがあります。 それぞれバンドのサイズの違いや見た目も変わってきますので慎重に選ぶ必要があるポイントです。 左:40mm、右:44mm 僕は腕が細いですが 少しでも画面の操作がしやすいように初めてのApple Watchは 44mmを購入しました。 好みの問題もあるかと思いますが、その後しばらく使っていて コンパクトな方が綺麗だと思うようになったので、次の年に40mmのApple Watchを購入しています。 上の写真が40mmのApple Watchです。 最初は画面サイズが小さくなったので操作しにくいと思っていましたが、使ううちに慣れてきました。 サイズについてはデザイン的にどちらが似合うかで決めるのが良いと思います。 操作性については使っているうちに慣れます! 時計としての高級感を楽しみたい方はエルメスモデルがおすすめです。 はこちら Apple Watchのおすすめまとめ 最後にApple Watchのおすすめモデルについてですが、 Apple Watchは新型を購入するのが一番です! シリーズ4はシリーズ3よりも0. 7mmも薄くなり、ベゼルレスになり画面サイズもアップしています。 年々性能が向上してるのでApple Watchを購入するときは一番新しいシリーズの購入がおすすめです。 その他のバンドやケースのカラー、エルメスなどのブランドとのコラボは自分の予算と好みに合わせて選んでください。

次の

Apple Watch Series 5とSeries 3は何が違う?

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

画像出典:Apple. com ただの時計ではなく、iPhoneに来た通知を確認したり電話をしたり、ジョギングで走った距離を記録したり…まさに「スマートな時計」。 発売当初は「充電が必要な時計なんて売れない」「画面が小さすぎて誰も使わない」などと言われていましたが、発売から4年以上が経過した今、街中でも頻繁に目にするほどの定番製品となりましたよね。 com 人気の理由はなんと言ってもiPhoneとの相性が抜群で高性能なこと。 とは言え腕時計の小ささで一体なにができるの?と思ってしまいますよね。 ということでApple Watchでできる事を以下にまとめてみました。 iPhoneの通知を見逃さない iPhoneに来た電話やメール、LINEなどアプリの通知をApple Watchで受けることができます。 例えばiPhoneをカバンの中に入れていても、ブルブルっとApple Watchが振動するので通知を見逃すことがありません。 大事な通知を逃したくないビジネスシーンなどを想定すると、この機能はApple Watchを使用する大きな利点ですよね。 Apple Payが使える ここ最近、現金を使用しない決済方法が増えてきていますが、iPhoneユーザーならばApple Payを利用している方も多いと思います。 iPhoneだとわざわざ手に持ってセンサーにかざす必要がありますが、Apple Watchなら手首を返せばいいだけ。 特にSuicaで改札を通るときは非常に便利ですよ。 電話ができる 電話をかけたり受けたりすることができます。 iPhoneを持たずにちょっとした買い物へ行ったり、ランニングをしに出かけても安心ですね(モデルにより電話可能な環境が変わります。 詳しくは後述)。 スポーツ関連の機能が豊富 ランニングやヨガ、サイクリングや水泳など様々なスポーツごとに運動量を記録できます。 目標を設定すれば達成したときにお知らせしてくれる機能もあるので、スポーツをする方にとってはApple Watchがやる気を高めてくれる良いパートナーとなりますね。 音楽の操作が簡単 通勤通学中などに音楽を聴いていて「違う曲が聴きたいな」となった時、わざわざiPhone取り出して操作するのが面倒な方も多いはず。 Apple Watchならばサクッと簡単に曲を変更することができます。 睡眠管理が可能 Apple Watchでは脈拍を測定したり、サードパーティ製アプリを使うことによって睡眠の管理をすることができます。 起きたばかりなのに疲れている…なんて方はApple Watchで睡眠を計測してみるといいかもしれませんね。 ますます高性能になりそうです。 しかし人にぶつかったり転んだりなどやはり歩きスマホは危険。 Apple Watchならアプリのマップでナビしてくれるので、歩きスマホをする必要がありません。 大きな地図は見られませんが、「どこを曲がるか」を教えてくれるだけでも方向音痴なユーザーには有り難い機能です。 気分によってスタイルを変えられる 腕時計と言えば普通1つのスタイルしかありませんが、Apple Watchは文字盤をデジタルからアナログに変えたり、バンドを変えたりすることができます。 用途に合わせて、例えばフォーマルなら革のバンドで、スポーツをするならラバーバンドで、など様々なスタイルを楽しめますよ(バンドについて詳しくは後述)。 iPhoneのシャッターになる iPhoneで自撮りするとき、Apple Watchがシャッターになります。 タイマーだとなかなかシャッターが降りず、あれ?と思った瞬間に撮られてしまう…なんてこともありますが、Apple Watchを使えば手動でシャッターを押せるのでタイミングを逃しません。 特に大人数で写真を撮るときに便利かもしれませんね。 MacBookのロックを解除できる iPhoneユーザーならばMacBookを使っている…という方も多いと思いますが、Apple WatchではMacBookのロックを解除することができます。 ちょっとしたことに感じますが、わざわざキーボードを打つ必要がないのは意外と便利。 「なんで正しくパスワード打ってるのにロック解除できないの!?あ、Caps Lockかかってた…」というありがちな「イラッと」もなくなります。 Siriが利用できる Apple製品ではお馴染みの音声アシスタントSiri。 もちろんApple Watchでも使えます。 パっと思いついた時に取りたいメモやリマインダーはiPhoneをわざわざ使わずApple WatchのSiriに頼んだり、メッセージを送ったり電話をかけたり…。 公共の場で喋りかけるのは抵抗あるかもしれませんが、例えば1人で作業しているときなど「あ、そういえば」と思い立った瞬間にiPhoneを探さなくて良い快適さは大きいですよ。 以上、Apple Watchでできることをご紹介しました。 さて、次は「できることは分かったけど、Apple Watchっていろんな種類あるよね?結局どれを選べばいいの?」という疑問について見ていきましょう。 Apple Watchを選ぶポイント 1つしか種類がなければ迷うこともありませんが、実はいま購入できるApple Watchは数種類あり、それぞれ機能や価格が異なります。 一体どれを選べば良いのか…さっそく選ぶポイントを見てみましょう。 画像出典:Apple. この2つの違いは「LTE通信に対応しているか、していないか」という点。 例えばApple Watchを着けていれば、iPhoneを家に置いて外出してもOK。 電話をしたりストリーミングの音楽サービスを聴くこともできちゃいます。 一方GPSモデルはiPhoneがないと通信ができません。 そのためiPhoneが近くにない時は「時計」として使用するのみとなります。 docomo au SoftBank 月額500円(税別) 月額380円(税別) 月額350円(税別) 2020年1月時点 最近だんだんとユーザーが増えてきているLINE MOBILEやY! 現在iPhoneを格安SIMで利用している方は大手キャリアに乗り換えるか、GPSモデルを選びましょう。 2015年に初代が発売されて以降、現在までに5世代がお目見えしているApple Watch。 現在Appleでは2017年に発売された3世代目(Series 3)と2019年に発売された5世代目(Series 5)を購入することができます。 Series 3と5の大きな違いはまず価格。 com もちろん常時表示だからといってバッテリーがもたなくなるということもなく、これまで同様最大18時間となっています。 さらにコンピュータの脳と言われるプロセッサは、Series 3が「デュアルコアS3プロセッサ」Series 5は「64ビットデュアルコアS5プロセッサ」で、5が3に比べて最大最大2倍高速。 また、ケースの素材にも違いが。 見た目の違いはもちろん、軽さが特徴のアルミニウムに比べステンレススチールは耐久性に優れていますよ。 そしてサイズも少し異なります(以下アルミニウムモデルで比較)。 Series 3 Series 5 ケースサイズ 38mm 42mm 40mm 44mm 薄さ 11. 4mm 10. 7mm ディスプレイ表示領域 563 平方ミリメートル 740 平方ミリメートル 759 平方ミリメートル 977 平方ミリメートル Series 5が3よりも大きく、ディスプレイの表示領域も広くなっています。 使用のしやすさで選ぶと、やはりそれぞれ大きいサイズの方がディスプレイが広い分、操作性は優れています。 44mmと聞くと大きすぎるんじゃ?と思いますが、例えばあの高級時計ブランドのロレックスもメンズサイズは34~44mmですので、44mmでもまったく問題ないと言えるでしょう。 さてSeries3と5の異なる点ですが、他にもSeries 5は電気心拍センサーを搭載していたり、カラーラインナップにゴールドがあったり、加速度センサーが強化されたりなど細かい進化ポイントが。 2万円の差は大きいですが、画面の常時表示だけでもとは言えそこまで大きな価値のあるもの。 使用してみるとその違いが分かるので、ぜひ店頭でSeries 3と5を着け比べることをおすすめします。 キャリアのプラン月額も最大で500円という手頃な価格ですし、その価値はありますよ。 以上Apple Watchのモデルや価格、機能の違いなどを比較してご紹介しました。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の