まどマギ 何が面白いの。 まどマギBGM「Desiderium」をいろいろ解説♪

まどマギはやっぱり面白い!!(初代まどマギ実践)

まどマギ 何が面白いの

この前書いた「「まどマギ 考察」でGoogle検索順位1位になるまで」の記事が、結構閲覧されていたので、ニコ生BAN期間中の記事の最後に、私とまどマギというお題で書いてみようと思います。 参照: 私がはじめて、魔法少女まどかマギカについて知ったのは、大学在学中のことです。 同級生で知り合いの人が、面白いアニメがある、ということで紹介してくれたのが最初です。 おそらく、その時視聴したのは4話の、まどかとほむらが話しているシーンだったと思うのですが、彼が力説してくれたのを覚えています。 しかし、当時私は地獄少女にはまっていた(?)ので、本腰を入れてまどマギを視聴する気にはなれませんでした。 さて、だいぶ時間が経ってから、ちょっとした好奇心でまどマギのBDを購入したのですが、それは新編(叛逆の物語)でした。 しかし、フルで視聴したのですが、なにか展開を理解できず、ついていけませんでした。 調べてみると、新編はそれ以前の作品を視聴しているのが大前提の作品であるらしく、それらをすっ飛ばして新編を見ても理解できないのは当然のことでした。 そこで、BDボックスを購入し、本編を視聴することになります。 12話(ディスク6枚)というボリュームだったのですが、観ていけば観ていくほどはまっていき、文字通り寝食を忘れて視聴し続けました。 本編を視聴した後、新編も視聴し、さらに前後編も視聴完了。 普通なら、これで徐々に興味は薄れていく・・はずなのですが、まどマギの場合は予想の斜め上を行く展開になりました。 1つには、前の記事で書いたように考察記事を書いたり、その前準備としてまどマギに関するいろいろな本を二次創作も含めて買い求めたりしたことです。 ですが、もう1つあります。 それは、まどマギのBDやCDなどを何度も中古屋に売ったり、でも懐かしくなって別のところで買い戻したりしたことです。 具体的には、もう4セットぐらい繰り返しています。 そして、また買い戻したいと思いつつ、現在手元にまどマギのBDやCDはありません。 正確には、限定収納ボックス(黒いやつ)は買ったのですがそれが届く間に中身を売ってしまいました。 原因は、やはりFXやBOの依存症です。 支払いの補填のためとはいえ、よくよく考えると二束三文で売り払う必要など、なかったのです。 やはり、大好きなアニメとはいえ趣味は依存症に勝てないのでしょう。 (後記) 最後に、これまでいくつか記事を書いてきましたが、書きたいことはだいぶ書くことができたかなと思います。 逆に言うと、これ以外はほとんど頭に残っていないということになりますが・・ そういえば、1つだけ大きな話題があるのですが、それを書くとテーマ的にBANになりそうなので書きません。 ただ、確かに考えると私はあれ以来生き残っているのは、ある意味でいえば儲けものであり、別の意味でいえば罰といえるのかもしれません。 ギャンブル依存は私の人生に影を落としていますが、結局生きている限り死なないでいることを後悔し続けるのでしょうね。

次の

まどマギの魅力を伝えたい|NEW PANDEMIC|note

まどマギ 何が面白いの

まどかマギカ3叛逆はつまらないし面白くないのか? まどかマギカ3叛逆は出玉感がないのでつまらない まどかマギカ3叛逆は、世間ではつまらない評価が多いですね。 私の個人的な感想としても、残念ながら 面白くないものでした。 その理由は、非常に簡単です。 まどかマギカ3叛逆は、スロットの魅力である 出玉感がないのでつまらないです。 良い点もありますが、一番の印象としては「出玉が少なくて性能が悪い台」です。 これならば、今後の他メーカーの出方の様子見をしてから、完成させて欲しいと思ったタイアップ作品です。 個人的には、 差枚管理よりもゲーム数管理の方が面白い作品になったのでは?と思います。 面白かった点は、 液晶がとても綺麗で演出が丁寧に制作されていた事です。 数あるスロット機の中でも、レベルの高い液晶なのではないでしょうか。 私は、まどかマギカ3叛逆を初めて打ってみた時に感動しました。 悪い点は出玉と表現しましたが、逆にまったりと遊べるタイプですので、初心者の方にはとても楽しめる最適の機種だと思います。 メーカーに改善して欲しかった事は、せっかくの6号機なので純増を増やす事やまったりでも、 完走が現実的なゲーム性にして欲しかったです。 まどマギ3勝てる気がしない出る気がしないのやばいなあれは — かざかみ spinfura まどかマギカ3叛逆は演出がつまらない 20代 男性 まどかマギカ3叛逆のスロットを打ってみた感想です。 正直、 演出面がつまらないかなと思いました。 まどかマギカ3叛逆はまどマギのスロットの新作であり、正直自分はかなり期待をしていました。 前の作品も結構打ち込んでいて楽しかった記憶があったので、今作も期待をしていました。 しかしながら、まどかマギカ3叛逆は演出面がつまらないし、面白くない台だという感じでした。 派手な演出なのですが、音もくどいし そこまで期待できる演出でもないので正直がっかりします。 また、通常時の演出の淡々とした感じも嫌でした。 音や演出は派手なのですが、起こっていることは一緒で 新鮮さが演出になかったです。 派手であれば良い、ということではないと思います。 また、出玉性能もあまり良くなく、 スペック面でも期待ができなかったです。 あまり勝てそうにないスペックで、枚数出すのにも苦労しました。 まどマギの前作の方が枚数は出た気がするので、やはりそちらを打ってしまいます。 まどマギ3 総評 良い点 液晶キレイ!演出良し!見てて面白い!コイン持ちがまあまあいい!! 悪い点 出玉どうやって伸ばすんじゃこれ!! AT入ってもだいたいが100枚で絶望や 出しては飲まれ出しては飲まれの繰り返し…ジャグラーかッッ!! この台に業界の未来を背負わせるのは酷すぎました。 — S bluegiant628 何をしても出るイメージがしないので面白くない 29歳 男性 先日、新台のスロットまどかマギカ3を打ってみました。 感想としては、 つまらないし安定しないのであまりお勧めできない。 まどマギの1作目と2作目は、フリーズ引くまで打ちこみましたが、まどかマギカ3叛逆は 3日目でもう打ちたくなくなりました。 なぜなら、今の解析で出ている限り設定456を2回は打っているのですが、早い当たりもするが、今までのゲーム数乗せと違いあまり伸びません。 以前なら、ボーナス中にそろえるとARTに入ったりしていました。 でも、まどかマギカ3叛逆では、ボーナスが終わって3回の抽選で杏子3回来ても、突破しないことも多々あります。 投資スピードは遅いが、何回か天井に行ったりしていたので、 あまり安定もしないし面白くない。 まどマギ1・2は、まだ出るというイメージがあるが、この台は 何をしても出るイメージがわかない。 映画を見ていたので、まどかマギカ3叛逆が出る時は期待していました。 でも、これだけ 演出が単調なのはちょっと・・・です。 友人がくるみ割りの魔女に入ったが、60枚で終わっていたのであまり期待できる上乗せもない。 友人にも、まどかマギカ3叛逆を打ってみた感想を聞いたが、「無理、演出も飽きた。 この台つまらない。 456確定してるのにあまり出ない」と言い、自分と同じ感想であった。 今回のまどかマギカ3叛逆は、つまらないし出ないと感じた。 もし打つなら、枚数ではなく ゲーム数の方が良かった思う。 リゼロみたく、もう少し高い純増枚数にすればよかったと思う。 そうすれば、ゲーム性はこのままでもあまり飲み込まない台なので、リゼロより投資もいかずに出ると思う。 まどマギ3はやっぱりあんまり出ない…。。 — あや。 グレ回収。 0xxayaxx0 スポンサーリンク まどマギ3は、ゲーム数管理にすれば面白かったと思う 37歳男 まどマギ1はフリーズこそ引けてませんが、中段チェリー3回引くくらい打ち込んでます。 レギュラー中のバー揃いも、二回経験。 まどマギ2についても、しこたまやられるくらいには打ち込んでます。 まどかマギカ3叛逆については、まだ数回打ってみただけです。 まどかマギカ3叛逆は、 それなりに面白いと思います。 コイン持ちが良く、演出も良いと思います。 でも、やはり ARTの駆け抜けが多すぎて面白くないため、つまらないという意見が多いのだと思います。 やはり結局のところ、スロットは出玉ありきではないでしょうか? あと、まどかマギカ3叛逆でいただけないのが、やはり差枚管理。 何故、ゲーム数管理にしなかったのか。 ここが、よりまどかマギカ3叛逆がつまらないと思わせてしまう要因だと思います。 上乗せ10枚!!、、、いや、ゲーム数にしたら3ゲームですよ? まどかマギカ3叛逆を作った人は、一体何を考えているのか。 あと、ホーリークインテットのさやかとマミ。 演出が違うだけで、乗せてる枚数は共に20枚ばっかり。 せめて、 ここには違いが欲しかった。 打ってみたトータル的な感想としては、遊べるけれど勝ちにいくような台ではない。 まどかマギカ3叛逆は、そんな感じでしょうか。 まどマギ反逆のデメリットは 穢れが溜まってようが発動するためにはATいれないとあかんこと😰 100越えて500や1000ならマギカボーナス開始時にエピソードに切り替わるのかも知らんけど、それは知らんw — うさぎヨーブン YORBUN3 まどかマギカ3叛逆は出玉が少なく面白くない スロットまどかマギカ3叛逆を打ってみた感想は、純率直に 面白くない台です。 なぜかというと、まず ビックボーナスの払い出しの少なさが挙げられます。 ビックボーナスが50~60枚で終わるのは、BIGではなくレギュラーボーナスです。 コイン持ちがいくら良くなっているとは言え、50~60枚で数百ゲーム回そうとするためには、追加投資がかさむのは目に見えて明らかです。 そして設定4・5の挙動を見るに、下ザラでモミモミする状態が長く続いてしまい、そのうちやめていってる人も見受けられます。 これらの条件だけでも、まどかマギカ3叛逆は数か月たてばつまらない台と認識され、 通路状態になるでしょう。 では、このつまらない台をどうすればよかったのか? それは、聖闘士星矢やリゼロのような、 出玉集中型の高純増タイプにすればよかったと思います。 ATまでの道のりが多少長くとも、辞め時がはっきりしていてスパッとやめられる台の方が、今の6号機の時代に合っていていいでしょう。 まどマギ3は300枚が限界。 それ以上は出ないよ — ひろっさー Hirossaaa まどマギ3頑張っても1100枚くらいしか出ない。 スロットのまどかマギカ3叛逆の物語を、打ってみた感想を書いて行きたいと思います。 導入される前は、6号機なのであまり期待していませんでした。 なぜなら、他の6号機の良さは高純増なのに、まどかマギカ3叛逆の物語は3枚と少し物足りないなと思ったからです。 ゲーム性はまどマギ初代に近いものになって、画面も大きく見やすいものになっていました。 しかし、いざやってみると 期待はずれでつまらないものでした。 つまらない理由は、 低設定では全く勝てないからです。 初代やまどマギ2では、低設定でも数千枚出る台は出るので、高設定なら万枚も夢じゃなかったです。 ところがまどマギ3を打ってみたら、ボーナスも出ないしATに入らないしと、とても面白くないです。 6号機に出玉のリミットがあるなら、それに負けないくらいボーナスを調整するべきだった。 ATに入っても、 保証枚数の100枚数しか出ないのも何とかしてほしいですね。 演出が豊富なところが、唯一の救いだと思います。 まだ導入されて1ヶ月も経っていないので、今後に期待してみます。 でも、まどマギ1や2が人気だったため、まどかマギカ3叛逆のこの評価はちょっと残念ですね。 「枚数管理ではなく、ゲーム数管理の方が面白かった」と言う感想には、共感できる人も多いのではないでしょうか? やはり、リゼロの存在も大きいと思います。 ヘイ!鏡も、出た当時は酷評されていましたが、今では「意外と面白いかも?」と言う意見も聞きます。 まだまだ、ホールに5号機が残っているうちは、6号機は素直に面白い・楽しいとは受け入れられないと思います。 4号機がなくなって、5号機になった時もそうでした。 4号機末期の爆裂ATマシーンは、本当にすごかったです。 それが、リプレイばかり揃うRTの5号機になった途端「つまらない、面白くない」と言う人が多かったです。 でも、オール5号機になってしまえば、人間って慣れるもの?なんですね。 まどかマギカ3叛逆は液晶がキレイですし、出玉性能は抜きにしても、まどマギファンには打っていて面白い台だと思います。 まだ登場したばかりで、詳しいスペックもこれから分かって来ますので、もうしばらく様子見をするのも良いのではないでしょうか。

次の

まどマギBGM「Desiderium」をいろいろ解説♪

まどマギ 何が面白いの

この前書いた「「まどマギ 考察」でGoogle検索順位1位になるまで」の記事が、結構閲覧されていたので、ニコ生BAN期間中の記事の最後に、私とまどマギというお題で書いてみようと思います。 参照: 私がはじめて、魔法少女まどかマギカについて知ったのは、大学在学中のことです。 同級生で知り合いの人が、面白いアニメがある、ということで紹介してくれたのが最初です。 おそらく、その時視聴したのは4話の、まどかとほむらが話しているシーンだったと思うのですが、彼が力説してくれたのを覚えています。 しかし、当時私は地獄少女にはまっていた(?)ので、本腰を入れてまどマギを視聴する気にはなれませんでした。 さて、だいぶ時間が経ってから、ちょっとした好奇心でまどマギのBDを購入したのですが、それは新編(叛逆の物語)でした。 しかし、フルで視聴したのですが、なにか展開を理解できず、ついていけませんでした。 調べてみると、新編はそれ以前の作品を視聴しているのが大前提の作品であるらしく、それらをすっ飛ばして新編を見ても理解できないのは当然のことでした。 そこで、BDボックスを購入し、本編を視聴することになります。 12話(ディスク6枚)というボリュームだったのですが、観ていけば観ていくほどはまっていき、文字通り寝食を忘れて視聴し続けました。 本編を視聴した後、新編も視聴し、さらに前後編も視聴完了。 普通なら、これで徐々に興味は薄れていく・・はずなのですが、まどマギの場合は予想の斜め上を行く展開になりました。 1つには、前の記事で書いたように考察記事を書いたり、その前準備としてまどマギに関するいろいろな本を二次創作も含めて買い求めたりしたことです。 ですが、もう1つあります。 それは、まどマギのBDやCDなどを何度も中古屋に売ったり、でも懐かしくなって別のところで買い戻したりしたことです。 具体的には、もう4セットぐらい繰り返しています。 そして、また買い戻したいと思いつつ、現在手元にまどマギのBDやCDはありません。 正確には、限定収納ボックス(黒いやつ)は買ったのですがそれが届く間に中身を売ってしまいました。 原因は、やはりFXやBOの依存症です。 支払いの補填のためとはいえ、よくよく考えると二束三文で売り払う必要など、なかったのです。 やはり、大好きなアニメとはいえ趣味は依存症に勝てないのでしょう。 (後記) 最後に、これまでいくつか記事を書いてきましたが、書きたいことはだいぶ書くことができたかなと思います。 逆に言うと、これ以外はほとんど頭に残っていないということになりますが・・ そういえば、1つだけ大きな話題があるのですが、それを書くとテーマ的にBANになりそうなので書きません。 ただ、確かに考えると私はあれ以来生き残っているのは、ある意味でいえば儲けものであり、別の意味でいえば罰といえるのかもしれません。 ギャンブル依存は私の人生に影を落としていますが、結局生きている限り死なないでいることを後悔し続けるのでしょうね。

次の