ロスト ディケイド ルーン。 ロストディケイドのおすすめ最強パーティー編成・ルーンの組み合わせやレベル上げ・入手方法は?

ロストディケイドの最強装備とは?効率的な集め方と強化について

ロスト ディケイド ルーン

ここから記事本編です! 放置している間もキャラクターが自動的に戦って強くなってくれるゲーム、それが ロストディケイドです。 本作は複雑な操作なく、キャラクターのレベルや装備、スキルを管理しながら強化し、冒険を進めていくこととなります。 ロストディケイドの戦闘と放置の関係について 本作の戦闘は自動的に行われ、 キャラクターのレベルや装備、スキルといった要素が影響し勝敗が決します。 プレイヤーが直接操作する必要はなく、ゲーム初心者でも安心してプレイすることができます。 戦闘に 勝利すると経験値やお金を入手します。 経験値は一定値に達すると 団長レベルが上昇、 様々な恩恵を受けることができるようになります。 さて、ここで重要なのは敵との戦闘の仕組みです。 本作はゲームを起動していない間も、キャラクター達は雑魚戦を繰り返します。 放置した時間に応じて経験値が貯まっていくため、たとえば 寝て起きたら団長レベルが上がっていたということも少なくありません。 つまり、ロストディケイドには無駄になってしまう時間が一切ないのです。 ロストディケイドのおすすめのパーティーについて ロストディケイドには数多くのキャラクターが登場します。 当然、強さにも差があり、 パーティーの組み方によって戦闘の結果にも違いが生じてきます。 では、どんなパーティーを組めば良いのか、最強パーティーはどういった組み合わせなのか。 ゲームをプレイしていれば誰しもが気になるところですが、 本作にはレベル、装備、スキル、属性等、様々な要素があるため、これが 最強という組み合わせはありません。 特に 属性の要素があるため、敵に対して有利な属性でパーティーを組むことも重要です。 しかしながら、少しでもパーティーを強くしたいと思うのは自然なことです。 本作は チュートリアルで最低限のキャラクターが揃いますが、 酒場のガチャを利用することでさらに多くのキャラクターを仲間にすることができます。 どんなキャラクターが出るかは運次第ですが、 まずは引き当てたキャラクターを強化していくのがオススメです。 最低限、把握しておかなければならないのは、 攻撃距離、 攻撃タイプ、 属性の3点です。 これらの要素はキャラクターによって違うため、しっかりと把握してからパーティー編成に臨む必要があります。 ロストディケイドのパーティー編成について キャラクターの能力に関しては、 詳細の項目から確認することができます。 それぞれ どういった立ち回りができるキャラクターなのかを把握し、バランスよくパーティーに組み込む必要があります。 パーティーの組み方は、人それぞれのやり方があると思います。 しかし、何が良いのかわからないという人は、 タンク、アタック、サポートから一人ずつ編成すると良いでしょう。 タンクが敵の攻撃を引き受け、 アタックが敵を攻撃し、 サポートが敵や味方に様々な状態変化をもたらします。 ちなみに属性に関しては、本作は 技巧や才知といった言葉で表現されていますが、色でも判断することができます。 たとえば 敵が 才知(青)の属性だとしたら、パーティーには 技巧(緑)のキャラクターを組み込むと有利に戦うことができます。 このようにしてパーティーの編成が完了すれば、 あとは放置するだけで経験値が貯まっていきます。 団長レベルが一定値に達するたびに各地のボスに挑戦できるので、ボスを倒して次のステージに進みながら、 より強い雑魚と戦える場所で放置できるようになれば、キャラクターもより早く強くなっていくことでしょう。 ロストディケイドのルーンの組み合わせやレベル上げ・入手方法は? ロストディケイドでは、 様々な方法でキャラクターを強化することができます。 その中の一つが ルーンと呼ばれるアイテムを装備する方法です。 ルーンには 様々な特殊効果があり、 キャラクターの能力を大幅に向上させることができます。 では、どうやって入手すれば良いのか。 今回はその方法を解説していきます。 ルーン聖殿に行くための条件 ゲームを進め 団長レベルが23になると、 ルーン聖殿へと行けるようになります。 条件を満たすとチュートリアルが発生します。 このゲームのチュートリアルは非常に丁寧なので、説明された通りに進めていきましょう。 ルーンを生成しよう ルーン聖殿では、ルーンを生成することができます。 ルーンの生成には 魔法の砂が必要で、それを消費することによって入手することができるようになります。 しかし、最初から強力なルーンが生成できるわけではありません。 ルーン聖殿にはレベルがあり、ルーンの生成を繰り返すことで上昇していきます。 とはいえ少量でレベルアップするものでもなく、 高レベルのルーンを手に入れるためには、何度も生成を繰り返す必要があります。 どんなルーンができるかはランダムで、場合によっては 失敗もあります。 そのため、 魔法の砂は大量に必要になります。 では、その魔法の砂はどうやって入手するのでしょうか。 装備を分解して魔法の砂を貯めよう 魔法の砂は、 装備を分解することで入手できます。 そのため、 使わなくなった装備はどんどん分解してしまったほうが良いでしょう。 むしろ、こまめに装備品を分解して、バッグの中が満杯にならないように注意しましょう。 分解する装備品は、 レアリティごとに選択することができます。 ここをしっかりとチェックしておけば、 間違えてレアリティの高いアイテムを分解してしまったというミスを防ぐことができます。 ルーンを合成しよう では、強力なルーンを入手する手段がこれだけかと言えば、実際はそうではありません。 同じルーンを3つ合成することで、一段階レベルの高いルーンに変化させることができるのです。 ルーン聖殿のレベルを上げるためにも、 ルーンの生成は何度も繰り返すことになります。 必然的に大量の使わないルーンが手元に残ってしまいますが、それが無駄にならないのが本作の嬉しいところです。 コツコツと地道に繰り返せば、必ず強力なルーンを入手できるでしょう。 ルーンを装備しよう では、入手したルーンはどのように使えば良いのでしょうか。 当然のことながら、 ただ持っているだけで効果を発揮してくれるものではありません。 ルーンは武器、あるいは防具に装着させることで、初めてその真価を発揮します。 ルーンは武器や防具に 最大で2つ装着させることができます。 ただし、 装備によってはロックがかかっている場合があるので、 専用アイテムで解放する必要があります。 このあたりはアイテムの所持数と相談して決めると良いでしょう。 ルーンには様々な効果があります。 また、 特定の組み合わせで追加効果を発揮するものもあるので、各ルーンの性能をよく見て決めましょう。 しかしながら、 「難しいことはよくわからない」「面倒臭そう」と思う人もいるかもしれません。 その場合は、 オススメをタップするだけで、自動的にキャラクターに合ったルーンを装着してもらえます。 あまり深くこだわらない人は、是非活用してみてください。 ショップも覗いてみよう ちなみに、ルーンは ショップから購入することも可能です。 欲しいものがないかどうか、こちらもこまめにチェックしてみてもいいかもしれません。 ルーンの効果は絶大です。 最初は難しく感じるかもしれませんが、徐々に使い方に慣れていきましょう。

次の

【ロストディケイド】エレーナ(庇護欲の剣士)の評価とステータス|ゲームエイト

ロスト ディケイド ルーン

通常クエスト(冒険者レベル22):敵単体を攻撃。 自身の怒りの層数に応じて対象に重傷を付与し、自身に10層の怒りを付与。 怒り1~4層で重傷2層、怒り5~10層で重傷4層。 戦闘開始時に10層の怒りが付与され、ダメージを受けるたびに1層減少する。 最大10層。 光弾:戦闘開始時、自身に2層の光弾のマークを付与。 備考:何かしらの攻撃を受けると除去される。 攻撃力ダウン:ターゲット単体を攻撃し、対象の攻撃力ダウン。 ダメージ反射:自身を攻撃した相手にダメージを反射する。 通常攻撃と状態異常(灼熱、重傷など)のダメージは反射しない。 備考:スキル攻撃を反射してくる。 スキル攻撃をしても、それで倒してしまえば反射されない。 対策:状態異常(灼熱や重傷など)を使う。 HP回復で耐えながらやる。 通常攻撃主体のキャラを使う。 堅守 マップ:ターゲット単体を攻撃し、自身の防御力をアップ。 皇家依頼、天上への塔:自身のダメージ抵抗を大幅にアップ。 25秒間持続。 効果終了後、6秒ごとに自身のHPを30%失う。 対策(皇家と塔):HP回復で耐える。 回復 マップ、クエスト:攻撃を受けるたびに、自身のHPを回復。 天上への塔:スキルや状態異常でダメージを受けるたびに自身のHPを回復。 治療 マップ、クエスト:ダメージを受けるたびに、自身のHPを回復。 天上への塔:パワーゲージのリセット時、味方全体のHPを回復。 制限(聖盾):攻撃を受ける時、自身の最大HPの5%がダメージ上限となる。 備考:クエストによっては3%や2%になる。 対策:手数の多い攻撃をする。 複数回攻撃スキル、灼熱などの状態異常、聖光弾などの追撃系。 弱化:戦闘開始時、敵全体のスキルダメージを低下させる。 シールド:ダメージを受けるたびに、自身にシールドを付与。 対策:一撃が重い攻撃でシールドを破壊する。 手数が多い攻撃だとそのたびにスキルが発動してシールドの耐久値が更新され、いつまでたってもシールドが破壊できなくなってしまうので注意。 恐怖 クエスト:パワーゲージのリセット時に自身のダメージレベルをアップ。 敵が攻撃力アップ効果のあるスキルを使用すると解除される。 天上への塔:パワーゲージのリセット時、自身が与えるダメージがアップ。 敵に攻撃力アップ効果が付与されている場合無効になる。 同調:受けたダメージの属性1種ごとに1層の元素抵抗を自身に付与。 1層ごとに味方全体が受けるダメージが25%ダウン。 元素抵抗は最大3層まで累積し、除去されない。 対策:パーティメンバーを同じ属性で統一する。 爆裂通常攻撃 マップ:敵単体を攻撃し、自身のCRITICAL率と通常攻撃速度をアップ。 天上への塔:パワーゲージのリセット時、自身の攻撃速度とクリティカル率がアップ。 ガード:自身のダメージ抵抗を大幅にアップ。 25秒間持続。 効果終了後、6秒ごとに自身のHPを30%失う。 対策:HP回復で耐える。 異常:スキルでダメージを与えた時、対象に流血状態を付与。 守護:戦闘開始時、自身に強力な防御アップを付与。 後排:自身に2層の光弾マークを付与。 パワーゲージのリセット時に光弾で攻撃し、マークを補充する。 マークは状態異常やスキルダメージを受けると失われる。 備考:1度で2層補充する。 重傷:敵単体を攻撃し、自身の4層の怒りを付与。 怒りが5層以上の時、敵単体に重傷状態を3層付与。 戦闘開始時、自身に10層の怒りを付与。 通常攻撃を受けるたびに1層ずつ消滅する。 怒りは最大10層まで累積。 クエスト関連 この場合は「説教する」 ・固い土塊は1回の発掘でシャベルの耐久を50%消費する。 3回掘るならシャベルが2個必要。 ・[経験]英雄の石像について、憂い顔は「思う」、無表情は「思わない」 ・[金貨]骸骨のような商人について、文章が長い方は「殴る」(戦闘あり)、短い方は「説教する」 ・マナショップについて、「店主と話す」 戦闘関連 ・モンスターの能力(ダメージ反射など)は、バフを除去するスキルで除去できない。 むしろ除去できるやつあるん? ・スキルの発動について、立ち位置や攻撃射程は関係ない。 ・スキルを宣言してから実際に効果が適応されるまでの間にタイムラグがある。 ・アリスのティーチ(ペンギン)は味方扱いなので、ティーチがいなくなると味方が死亡した扱いとなってエレーナのパッシヴ効果が出る。 ・ネルファーのヴォイドスフィアは敵ユニットとして召喚されるので、敵の数が多いほど有利なスキルを持つリコリスと相性が良い。 ランダムターゲットのスキルの対象にもなる。 ・ブリュンヒルデの武神の授命(英雄の覚悟)はダメージ反射されない。 装備関連 ・専用装備について、装備キャラが本人でなくても効果を発揮する。 ただし、特定のスキルを指定された場合は効果を発揮しない。 ・装備の共鳴について、UR装備よりSR装備の方が戦闘力の伸びが大きい。 ・古代シリーズはルーン聖殿で装備分解して魔法の粉にするもの。 ・特級UR装備の欠片については、まず、あらかじめ決められたパターンがいくつかあるので、その中から好きなものを選択します。 合成すると選択したパターンの中にあるアイテムをランダムで1つ入手することができます。 どのパターンを選択しても属性武器は含まれています。 ・上級穴あけ機について、冒険者レベル20以上の通常クエストから入手できます。 大人数パーティを編成しておけば王座決定戦の複数パーティ戦の設定が楽。 同じ属性のキャラを選ぶと5セットの属性相性の効果が一致するのでお得。 ・黒ルーンは攻撃寄り、白ルーンは防御寄り。 タンクは白5黒3、アタックとサポートは黒5白3の組み合わせが使いやすい。 おまけ ルーンとディケイドは似てるなあって。 色が白と黒の2色であるところとか。 ディケイドは角が多くてギザギザしてる。 ルーンはレベルが上がると角が多くなっていく。 ルーンはもしかして……? だんだんルーンの欠片が砕けたディケイドに見えてきたよ。

次の

ロストディケイド[ファンタジーRPG]

ロスト ディケイド ルーン

キャラにはタイプの他に属性が存在し『武勇(赤)』『技巧(緑)』『才知(青)』『聖業(黄)』『冥闇(紫)』の五属性が存在します。 武勇・技巧・才知は三すくみになっており、武勇は技巧に強く、技巧は才知に強く、才知は武勇に強いという特性を持っています。 聖業と冥闇は『同属性の場合はダメージ減少、異属性の場合はダメージ増加』という相互関係となっています。 キャラには武器・鎧・靴・アクセサリーの四つの装備を付けることが可能で、攻撃力・HP・防御力が上昇します。 武器は攻撃力に、鎧と靴は防御力とHPに、アクセサリーは三つ全てに大きな上昇効果があります。 これらの装備には『ルーン』と呼ばれる装飾品を二つまで装着することが可能で、装備ほどではありませんが各能力を上昇させる効果があります。 ルーンには様々な種類があり、合計8つのスロットに装着する種類によって『セット』と呼ばれる特殊な効果が二つまで発生します。 セットには『汎用』と呼ばれる全てのキャラに共通する組み合わせと、『特殊』と呼ばれるキャラ固有の効果を発揮する組み合わせが存在します。 これらキャラ・装備・ルーンを組み合わせて、オートで行われる戦闘を優位に進めるのがロストディケイドの戦闘システムです。 ストーリーは コミック形式になっており、大都市メサイアに設立された冒険者協会を中心として、プレイヤーの分身である『団長』の視点から物語が展開されていきます。 ストーリーはコミック形式で読み進められる このゲーム内の世界観設定を唯一、垣間見ることができるコンテンツであり、読むことでゲーム内の用語や、キャラのバックストーリーなどを知ることができます。 これらは『紀元物語』という名称となっており、ロストディケイドをプレイしていくと順次解放されていく仕組みとなっています。 ロスディケの魅力について ロストディケイドの魅力は俗にいう『放置ゲー』と『戦略性の高い戦闘システム』にあります。 このゲームは様々な媒体で放置ゲーであると宣伝されていますが、 実際には『放置をしないと、基本レベルを上げる経験値やクエストを受ける為の情報値が回復しない』仕様となっています。 基本レベルはキャラの上限解放やコンテンツの解放条件であるので、プレイをしていなくても勝手にそれらのコンテンツを解放してくれるという点が魅力的です。 レベルに応じて様々なコンテンツが解放されます また『地図』と呼ばれるマップの20ヵ所に存在する『地点』に居るボスを順に倒していくメインコンテンツをプレイすることでも上昇します。 地点のクリア時に少量の経験値と情報値が入る他、地点をクリアしていくことで放置で手に入る経験値・情報値・資金が上昇していきます。 また、放置ゲーのジャンルにしては、非常に戦略性の高い戦闘システムも、ロストディケイドを語る上では欠かせない要素です。 序盤であれば適当にキャラや装備、ルーンを強化していけば楽に進んでいくのですが、一定レベルを超えた辺りからタイプや属性を考慮しないと先に進めなくなります。 戦闘システム自体は、キャラ毎に設定されている3つのスキルをターン毎に発動するだけなのですが、これらに装備や属性が絡むことでシミュレーションゲームの様な戦略性を要求されます。 改善してほしい点 改善して欲しい点は、コンテンツが多過ぎる上に説明が少ない為、それらのチュートリアルが欲しいこと。 また、紀元物語が少なく、せっかくの壮大な世界観がイマイチわかりにくいといったところです。 特にコンテンツの説明不足はかなり不便であり、最初は秘境の間やイベントクエストなど、多くのコンテンツの遊び方が分かりませんでした。 今後、こういった要素の説明をもう少し詳しく行うように改善するべきだと考えます。 無課金でも楽しめる? 課金は現在していませんが、ガチャシステムが良心的なので欲しいキャラが実装された場合は課金しようと考えています。 イベントなどで10連ガチャ券を配ることも多いので、現状そこまで課金を気にしなくてもキャラを入手できる良心的なシステムとなっています。 お気に入りのキャラ 私の個人的な推しキャラは 『パンドラ』です。 パンドラ SDキャラver 攻撃力の高く、全体攻撃持ちな上に、味方の前衛がダメージを受けると『冥府の怨嗟』と呼ばれる効果を自身に付与します。 これは最大20回まで付与することが可能で、3ターン目に発動する『亡者のワルツ』を使用することで冥府の怨嗟を全て消費。 消費した数と同じだけの紫色の光弾が、敵に向かって弾幕の如く発射され、ランダムな対象に20回ダメージを与えます。 ダメージ量もそうですが、20個の光弾が敵に向かってばらまかれ、敵が倒れていく様は、何とも言い難い迫力と美しさがあります。 また、声優がかの有名な 『悠木碧』さんであることも、推している理由の一つです。 これから始める初心者さんへのアドバイス これからロストディケイドを始める人へのアドバイスですが『リセマラの恩恵が薄いので、早く始めること』です。 ロストディケイドはどのキャラも最高レアリティにすることができるので、 リセマラは必要ありません。 その他に、ロストディケイドには『覚醒』と『突破』という2つのキャラを強化する方法があることも、リセマラをお勧めしない理由の一つです。 『覚醒』は他のソシャゲと同じように、ガチャのハズレや、キャラをダブらせることで入手可能なキャラの『欠片』を一定数使用して、キャラのレアリティをアップさせる強化方法です。 キャラ共通の覚醒アイテム 『突破』は各コンテンツを遊ぶと手に入る『証』を使用して、キャラのレベル上限を上げることの出来る強化方法です。 覚醒はキャラの能力が上がる他に、各スキルの効果を上昇させる『スキルポイント』を入手することができます。 ですが、能力の上昇幅としては突破で上がるレベルでの上昇分の方が大きく、闘技場などで上位を目指さない限り、覚醒をしなくても突破を行えば現状、十分先に進むことが可能です。 また『神秘たる英雄の証』という、どのキャラの覚醒にも使用可能な欠片が、ガチャのハズレやショップで手に入るので、それを利用して覚醒が可能と言うのも、リセマラの意義を薄れさせています。 ロストディケイドの評価まとめ ロストディケイドの評価 ストーリーの良さ 3. 0 操作性の良さ 3. 0 遊びやすさ 3. 0 グラフィックの良さ 3. 0 音楽の良さ 3. 5 戦略性の高さ 5. 0 おすすめ度 4. 0 \この記事で紹介したアプリ/.

次の