敬具 位置。 「拝啓」「敬具」と「記」「以上」の正しい使い方

【拝啓・敬具・挨拶文の書き方や位置は?】ビジネスでの手紙の書き方

敬具 位置

謹啓の読み方・意味・使い方 謹啓(きんけい)は「つつしんで申し上げます」を意味する頭語(手紙文の最初に書く言葉)です。 目上の相手やビジネスの取引先などに送る手紙で、とくに深く敬意や礼儀を示したいときに使います。 謹啓に対応する結語は? 結語とは、手紙の結びの挨拶にあたる言葉です。 頭語と結語は、手紙の内容や差出人の性別によって使える言葉が決まっており、対応するものをセットで用います。 改まった手紙で使われる主な頭語と結語は以下の通りです。 上の表の中の頭語と結語は、どのように組み合わせても問題ありません。 謹啓の結びに「敬具」は使える? 「敬具」は「拝啓」に対応する最も一般的な結語ですが、謹啓の結語としても多く使われています。 謹啓に対応する結びとしては「謹白」や「謹言」がよく用いられますが、「敬具」を使っても間違いではありません。 謹啓の結びに「かしこ」は使える? 「かしこ」は「畏し」(かしこし。 「恐れ多い」という意味)を語源とする女性用の結語で、謹啓を含むどの頭語に対しても使えます。 ただし「かしこ」は女性的なやわらかい印象を与える結語なので、実際の手紙で謹啓の結びに使われているのを目にすることはあまりありません。 一般的な用法に従うなら「謹白」「謹言」などを使うとよいでしょう。 「謹白」は結語? 頭語? 改まった手紙で使う結語「謹白」は頭語にも使える、という説明を見かけることがあります。 中には頭語に用いる人もいるかもしれませんが、この用法は一般的ではありません。 とくにこだわりがなければ、結語だけに使うことをおすすめします。 拝啓などの代わりに必ず謹啓を使う場面はある? 「拝啓」も謹啓と同じように「つつしんで申し上げます」を意味する頭語です。 改まった手紙では、謹啓もよく使われますが、拝啓や敬具などの一般的な頭語・結語を使うと失礼に当たるわけではありません。 はっきりとした使い分けのルールはないので、相手との関係や、文章のていねいさの度合いによって判断します。 謹啓はていねいな手紙で必ず使用しなければならないものではなく、一段深い敬意や礼儀を示すために使う言葉だと考えるとよいでしょう。 お詫びの手紙では謹啓を使うべき? お詫びの手紙に謹啓などのかしこまった頭語を使っても問題ありませんが、「前略」「急啓」などを用いて(または頭語も省いて)前文を省略する方が一般的です。 お詫び状では、謝罪の気持ちと用件をすみやかに伝えることに重点が置かれることから、ていねいな前文を書くよりも、すぐに本題に入る方が適切な場合が多いためです。 前略 本日はお約束していたご返済の期日につきまして、お詫びとお願いを申し上げたくご連絡差し上げます…… ていねいなメールには謹啓を使うべき? メールは略式の連絡手段です。 そのため、謹啓などの頭語をはじめ、手紙で用いる儀礼的な挨拶は基本的に必要ありません。 メールの文頭には最低限の挨拶のみを書き、すぐに本題に入るのが一般的です。 メール文で儀礼的な雰囲気を出したい場合には、書き出しのなどを少していねいに記すとよいでしょう。

次の

「敬具」「拝啓」の位置はどこが正しい?意味や文書や手紙の正しい書き方を解説!

敬具 位置

拝啓と敬具の意味 拝啓の意味は「へりくだって申し上げる」 拝啓は、フォーマルな手紙の最初に入れる挨拶です。 拝啓は、「拝=おじぎして」、「啓=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 そのため、 冒頭におく挨拶である「拝啓」の意味は、「へりくだって申し上げます」となります。 時代劇では、家来が主君に何かを伝える際、最初にかならず座礼をして「お許しを得て申し上げます」といってから、用件を伝えています。 手紙では、この座礼にあたる言葉が「拝啓」です。 敬具の意味は「つつしんで申し上げる」 敬具は、フォーマルな手紙の最後に入れる挨拶です。 敬具は、「敬=うやまって」、「具=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 なので、 結びの語である「敬具」の意味は、「つつしんで申し上げました」となります。 例えば、神事の際、神主が祈りの末尾に「かしこみかしこみ申す」などと付け加えます。 この言葉にあたるのが「敬具」です。 季節に関する話題を述べる時候の挨拶、時候に合わせて相手の安否や活躍を確認し、相手への感謝・尊敬の念を述べる文章が続きます。 「さて」などの起語を置き、本題に入ります。 前文と似たように、時候をからめながら、用件をまとめ、相手の今後の健康や繁栄を祈り、自らの手紙の拙さを詫びる文章を書きます。 返信が必要な場合は、返信期限と返信のお願いについて書きます。 「拝啓」で始めたならば、「敬具」で終わらせるのが決まりです。 失礼なので、目上の方に追伸を書くのはやめましょう。 また以下でもビジネス上でのメールや手紙を書く際の注意点について解説しています、正しいメールを使い、デキるビジネスマンを目指しましょう。 拝啓の後には前文が続く 上記で確認した通り、頭語である拝啓の後には、前文が続きます。 前文は、時候の挨拶、相手を気遣う文章、相手への感謝・尊敬の念を示す文章で構成されます。 時候の挨拶は、時期ごとの慣用句もありますが、自信があるなら自作してもかまいません。 一般的な慣用句を表1にまとめました。 表1 時候の挨拶 慣用句一覧 時候の挨拶には、相手の健康や安否を気遣い、それに続けて自分の現況を知らせる言葉を添えます。 また、お世話になった方への感謝の言葉、ご無沙汰している事へのお詫びなどを付け加えます。 もう一度、図1を振り返って確認してみてください。 また、時候の挨拶のかわりに時下という言葉もつかうことができます。 合わせてご覧ください。 場面ごとによるお例文やあいさつ文例集 以下では皆さまが遭遇するようなビジネスシーンを想定し、着任挨拶の文例と挨拶状 お礼 の文例を準備しました。 平素は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます。 弊社の青山が、新商品開発のご相談にあがった際は、大変お世話になりました。 青山が部署異動となりまして、この度の企画をわたくしが引き継がせていただくことになりましたので、ご連絡を差し上げました。 至らぬ点もあるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 高橋様をはじめとして御社の皆さまのご助言のお陰を持ちまして、具体的に企画が進んでまいりました。 このたびは、試作品が一通り完成いたしましたので、改めてご挨拶かたがた高橋様にお目にかかりたく存じます。 もし、お時間が可能でしたら再来週あたりにお伺いできたらと考えております。 ご多忙の中、急なご報告とご相談で恐れ入りますが何とぞよろしくお願い申し上げます。 さらに拝啓と敬具は自分と距離があり、尊敬もしくは尊重したいと思う相手に送ります。 例えば、普段ほとんど接点がない他部署に所属する上司には、拝啓と敬具をつけて手紙を送ります。 普段直接やり取りをしていない、取引先の上役には拝啓と敬具をつけてください。 ただし、取引先との手紙に関しては、かならず先例を確認するようにしましょう。 通常のビジネスに関するメールではなく、 定期的な挨拶自体が目的でメールを送ることがあります。 新年の挨拶や、年度替わりの挨拶などです。 その場合、メールでも正式な手紙の書式で送ることがあります。 頭語・結語や時候の挨拶を入れる方が改まった感じがあってよいでしょう。 どのような形式にするかは、慣例に従いましょう。 拝啓と敬具を用いない場合 繰り返しますが、手紙の様式は関係と目的で決まります。 すなわち、拝啓と敬具を使ってはいけない関係や目的があります。 例えば、親しい相手 上司・先輩を含む や近所の人に対して出す手紙では、前文・頭語を省略します。 拝啓や敬具は、フォーマルな手紙で使う表現なので、相手との距離感を強調することになってしまい、逆効果です。 また、自分に前文なしの手紙を送ってきた相手に、前文・頭語をつけて返信するのは、好ましくありません。 相手が親しいと思って省略したものに、わざわざつけて返して距離感を出すのは失礼です。 手紙の目的によって、拝啓・敬具を避けることがあります。 例えば、 わび状は、相手に自分の謝意を伝えるのが最優先なので、前文と頭語を含みません。 病気・災害への見舞い状、死亡通知も、相手に負担をかけないことが一番大切で、前文と頭語を含みません。 他にも、ハガキで出す挨拶状も頭語・前文を用いません。 年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いや残暑見舞いなどです。 実は、手紙をだす状況に応じて、拝啓と敬具を用いないほうがよい場合があります。 詳しくは、第7項の「拝啓と敬具の類義語」を確認してください。 ビジネスメールに拝啓と敬具は必要? メールでは、原則として拝啓や敬具のような頭語・結語および、時候の挨拶などを含む前文・末文は省略されます。 書いてはいけないというルールがあるわけではありませんが、ない方が良いとされています。 ビジネスメールは、用件を簡素に伝え、相手に負担を書けないことがよしとされるメディアです。 頭語・時候の挨拶などに、相手の貴重な時間を割くのは避けるべきです。 ただし、礼を失するのは歓迎されません。 拝啓などを使用しない代わりに、挨拶文として一番はじめに「お世話になっております」や「お疲れ様です」などを入れる人が多いです。 結語の代わりには、「よろしくお願いいたします。 」などの挨拶を入れます。 また以下ではビジネスメールについてのマナーや注意点を解説しています、正しい書き方を学び、大事なビジネスの場面に役立てましょう。

次の

【拝啓・敬具・挨拶文の書き方や位置は?】ビジネスでの手紙の書き方

敬具 位置

拝啓という言葉はビジネスマンだけではなく、 改まった手紙やメールを書く際に誰もが使う言葉です。 この拝啓という言葉はもちろん適当なところに書けばいいというわ けではなく、決まったところに拝啓を書かなければいけません。 手紙やメール、 ビジネス文書などを書くときの拝啓の正しい場所を確認しておきま しょう。 また、 拝啓という言葉はある言葉とセットにされることがあります。 拝啓と一緒に使われる言葉は敬具というものです。 この拝啓と敬具は必ず一緒に使われます。 手紙やメール、 ビジネス文書を書く際は拝啓だけ使う、 敬具だけ使うということはなく、拝啓と敬具は必ず手紙やメール、 ビジネス文書でワンセットで使いましょう。 メールや手紙などで拝啓や敬具を書くということは知っているが、 拝啓や敬具には一体どのような意味があるのかと疑問に感じた人は いるのではないでしょうか? 拝啓や敬具は何故メールなどを書くときに大事なのか疑問という人 は、拝啓や敬具の正しい意味を把握しておきましょう。 横書きや縦書きの手紙やメールを書くときに拝啓や敬具という言葉 を使うのは一般常識であり、 拝啓や敬具の意味を考えたこともなかったという人はこれから横書 きや縦書きの手紙などを書くときのために、 拝啓や敬具の意味を覚えておきましょう。 拝啓や敬具の意味は一般常識で習う機会は少ないので、 この機会に拝啓や敬具の正しい意味を覚えて、 何故手紙などで拝啓や敬具を使うのかの理由を覚えて周囲の人に教 えてみてください。 横書きや縦書きのビジネス文書などでよく用いられる拝啓ですが、 ではこの拝啓という言葉にはどのような意味が込められているので しょうか。 拝啓には「つつしんで申し上げます」 という意味が込められています。 拝啓は自分が務めている会社の上司などにお礼の手紙や、 またお客さんなどに何かお知らせをする時の文書に用いられる言葉 です。 しかしいちいち「つつしんで申し上げます」 と書くのはとてもめんどくさく、手間がかかります。 拝啓と2文字書くだけで「つつしんで申し上げます」 の意味になるので、 書く方も読む方も少しの手間を省くことができる便利な言葉、 それが拝啓なのです。 この拝啓という言葉は頭語と呼ばれます。 手紙は縦書き横書き関係なく、前文、本文、末文という構成です。 横書き縦書きの文書や手紙に関わらず、 拝啓と一緒に使われる言葉があります。 それが敬具です。 敬具は拝啓と一緒に必ず使われる言葉ですので、 横書き縦書きに関わらず拝啓を使うときは必ず敬具を使いましょう。 敬具には拝啓と同じく意味があります。 敬具の言葉には「 つつしんで申し上げました」という意味があります。 拝啓と敬具はセットで使われるので、挨拶、 締めの言葉として使われています。 拝啓が頭語と呼ばれるのに対して、敬具は結語と呼ばれています。 敬具は必ず拝啓と一緒に使われているので注意しましょう。 拝啓が前文の位置に置くのに対し、敬具は末文の位置に置きます。 前文の位置に拝啓や季節ごとの挨拶、 そして健康を喜ぶことを書いてから本文、 そして末文の位置に相手の活躍を祈る言葉を書いてから敬具を書き ます。 拝啓や敬具はビジネス文書や手紙でよく使うセットの頭語と結語で す。 拝啓と敬具の正しい位置、 拝啓と敬具の意味が分かったので縦書きの場合の拝啓と敬具の正し い位置を学びましょう。 縦書きの場合、 拝啓と敬具の位置はどのようになるのでしょうか? 縦書きのビジネス文書や手紙を書くという時は社会人には必ずあり ます。 拝啓や敬具の正しい位置が分からないという人は、 この機会に正しい位置を学んでいざ書くという時に困らないように 身につけておきましょう。 ビジネス文書や手紙を縦書きで書くときの拝啓や敬具の正しい位置 を覚えておくことで、一人前の社会人に近づくことができます。 縦書きのビジネス文書や手紙の書き方の例も紹介しますので、 拝啓や敬具の正しい位置とともにビジネス文書や手紙の書き方を実 生活で活かしてみましょう。 縦書きの場合の正しい拝啓の位置と書き方を紹介していきます。 まず、縦書きの文書の場合拝啓は1番最初に書きます。 拝啓は、 上1文字をスペースなどで空けることなく、 上そろえの位置に書きましょう。 そして挨拶を書き始めるのですが、 この時改行すればいいのか分からないという人もいるのではないで しょうか?改行するべきかどうかは、 実はきちんとしたルールはありません。 改行しない場合は、 拝啓と挨拶の言葉の間に1文字分のスペースを開けましょう。 改行して挨拶を書く場合は、 挨拶を書く前に1文字分のスペースを空けてから書き始めてくださ い。 改行するかしないかは書く人の自由なので、 見た目的に読みやすいと感じた方を選んでみてください。 拝啓、挨拶、健康を願う言葉を書いたら本文、末文、 そして結語を書きます。 縦書きのビジネス文書の場合、 敬具の正しい位置は下そろえで1文字分のスペースを空けましょう。 結語である敬具は、 拝啓と同様末文から改行してもしなくても構いません。 どちらが見やすいかを判断して改行をしたりしましょう。 改行をしない場合は、 末文と敬具の間に1文字スペースを入れましょう。 拝啓と敬具を書いた際、 改行するかしないかは基本的に自由ですが、 拝啓と敬具を書いて改行しない場合は必ず1文字分のスペースを入 れることが必要になってきます。 縦書きの場合のビジネス文書の拝啓や敬具の正しい位置、 そして改行しない場合は必ず1文字分のスペースを空けると覚えて おきましょう。

次の