ペルソナ 5 スクランブル クエスト。 【ペルソナ5スクランブル】クリア後の引き継ぎと追加要素【P5S/ペルソナ5S】

ペルソナ5スクランブル(P5S)攻略 リクエスト一覧

ペルソナ 5 スクランブル クエスト

こんにちは!みりあです。 今回はペルソナ5スクランブル(P5S)を隠しボスまでクリア&全クエスト達成してきたので、ネタバレ込みで感想を書いていきたいと思います。 ちなみに以前「ペルソナ5ロイヤル」を真エンドまでクリアしてきた際に、解決していないいくつかの謎が残ってしまい、今回のP5Sで説明してくれたりしないのかなと期待しつつプレイしていました。 笑 では、以上を踏まえたうえで今回のストーリーについて振り返ります。 「AIの自我と人の願い」をテーマに、怪盗団が全国各地を周る物語 ペルソナ5の本編から数か月がたち、夏休みに怪盗団のメンバーが再集結します。 そして 全国各地で起きている「改心事件」の黒幕を探し解決すべく、キャンピングカーに乗り込んで日本一周旅行に繰り出す・・・というなんとも愉快なストーリーです。 たまーに ジョーカーが女の子関係の発言をすると周囲の温度が一気に冷え込むのが好きでした。 もしやおまえ全股かけてる世界線のジョーカーか・・・? そして新キャラの 「人の良き友人」を名乗るAI「ソフィ」と、 凄腕?検察官の「善吉」が怪盗団の仲間に入ることになるのですが、この二人のペルソナ覚醒シーンがとても良かったですね。 怪盗団初の大人メンバーですが、加入までの紆余曲折がしっかり語られており、最後まで違和感なく活躍してくれていました。 美少女怪盗加入時の方がよっぽど無理やり感があったような あとはペルソナ無しでジェイルに突入した時の善吉の動きがコミカルで面白かったですね。 走るのがめちゃくちゃ遅くてハラハラする。 いくら基本スペックが高くてもあくまで一般人はジェイルでは無力です、というのがよくわかる表現でした。 人を間近で観察し触れ合ってきたソフィと、アプリとして人の願いを見てきたEMAの「人の役に立つ・人の良き友人になる」という 類似した目的に対する正反対の結論、という対比もよかったです。 新キャラ二人が好きすぎてスタメンにずっと入れてたら、レベルが上がりすぎて最後まで外せなくなりました。 最後の極ラスボスで苦労した人は私だけじゃないはず!笑 高性能AI「EMA」が最初に受けた命令「人の役に立つ」を実行するためには何をすればいいのかを考えた結果、 人の願い(選択の意思)を奪って最善の結果になるよう指示・誘導するという結論に至るというのは面白いと思いましたし、あながち間違いじゃない部分もありますよね。 実際、現代人は移動するときにグーグルマップで最短経路出すし、食べログとか参考にする人もいます。 私はアレクサにかなり話しかけるタイプの人間なのでむしろEMAに支配される側かもしれない笑 近年で急速に技術が発達し普及してきたAIについて改めて考えさせられるストーリーでした。 爽快な戦闘とライトなペルソナ育成要素が楽しい この写真は隠しボス?のアイツを倒した時のものですが、今作の戦闘は 爽快感があって中々面白かったです。 無双っぽさもありつつ、弱点やクリティカルによるダウンを狙って追撃するというペルソナらしさもきちんと入れ込んだシステムでした。 ただ、序盤のほうは操作がわからなかったり戦力が乏しくて戦闘が長引きがちだったので、もうちょっとスマートに進められたらな~と感じることも。 戦闘だけじゃなくてマップ移動も高低差があって難しかった&酔いやすいですね。 また、今回は「BAND」というスキルポイントを割り振る特有のシステムがあり、PTメンバー全体のステータスなどを調整できるのが良かったですね。 私は脳筋なので力&クリティカルUPに全振りでした。 ペルソナ育成要素もちゃんとあって、ペルソナ5よりも簡略化されてより便利になっています。 画像のヨシツネは 「力の蓄積」システムを利用して作った、極ボス攻略パートナーですね。 強敵を倒すのには弱点を突くよりもクリティカルダウンを取る方が手っ取り早かったので、最終的にこんな感じに落ち着きます。 ぺルソナの合成の際、 全書に登録してあるペルソナを(有料で)勝手に呼び出して使ってくれるサービスが今作にはあるのですが、めっちゃ便利なのでぜひ今後も実装してほしい機能ですね! 今回は真エンドはなし? さて、今回のやりこみ要素である極ボスや隠しボスなどを倒してみましたが、追加のシナリオやエンディングなどは見つけられませんでした。 通常のエンディングで綺麗に終わっているので別に問題はないんですが、P5Rのことを考えると何かあってもいいんじゃないかなーと思っていたのでちょっぴり拍子抜けですね~。 P5SもP5Rもゲーム内で完結したということで納得するしかないのでしょうか。 うーん。 「このシーンの解釈はご想像にお任せします」というスタンスはRPGではよくあることなので、これ以上続編が出る、なんてことにはならないと思います。

次の

ペルソナ5スクランブル(P5S)攻略サイト

ペルソナ 5 スクランブル クエスト

Sponsored Link 以前にペルソナ5がつまらなかったという投稿をしておきながら、ペルソナ5スクランブルを購入し、全クリしました。 ペルソナ5の評価は以下の記事を参考にしてください。 今回もペルソナ5と同様にネタバレなしで、ペルソナ5スクランブルについて私の評価をまとめたいと思います。 ペルソナ5とペルソナ5スクランブルの違いは? ペルソナ5 私がプレイしたのは無印ですが とペルソナ5スクランブルの違いですが、大きな違いとして戦闘が全く違います。 ペルソナ5は戦闘がターン制なのに対して、ペルソナ5スクランブルは戦闘が無双形式のアクションです。 ポチポチしているだけで、ワラワラと湧いてくる敵を薙ぎ倒せます。 で、タイミングを見て好きなペルソナを召喚し、スキルを唱える事ができます。 スキル選択中は敵も止まるので安全にスキルを選択可能です。 戦闘以外のアドベンチャーパートはほぼ同じです。 その他の違いとして、ボリュームに関しても大分違います。 ペルソナ5がゲームの中で4月から3月までといった1年を過ごすのに対し、ペルソナ5スクランブルは7月、8月の夏休みだけの約2か月です。 クリアまでの実プレイ時間で言うと、ペルソナ5は約160時間、ペルソナ5スクランブルは約25時間でクリア出来ました。 PS4版とSwitch版の違いは? 違いつながりでPS4版とSwitch版の違いについてですが、私が購入したのはPS4版なので、Switch版を持っているわけではありませんがよく言われている違いを記載したいと思います。 ロードが長い Switch版はPS4版に比べてかなりロードが長いようです。 体感で言うとPS4版の1. 5倍くらい長く感じるとか・・・ Sponsored Link PS4ですらそこそこ長いと思っていたので、これから更に長いとなると大分テンポが悪くなりそうです。 画像が荒い 画質に関してもPS4版よりも荒く、キャラクターの輪郭等のジャギー 輪郭のギザギザのこと が目立つそうです。 PS4とSwitich版の違いについては本体スペックが違うから多少は仕方ないとは思いますが、快適にプレイしたければPS4版を購入した方が無難でしょう。 結局ペルソナ5スクランブルは面白いの!? 肝心の私の評価ですが、ペルソナ5無印よりは面白かったです。 やはり戦闘形態が違うことが大きく、バトルはそれなりに爽快感がありました。 ストーリーに関しては、ペルソナ5無印同様入り込む事は出来なかったですが・・・ ボリュームに関してもちょうどよく、ペルソナ5無印のように中だるみすることはありませんでした。 ただ、ハマったのかと言われるとそういうわけではなく、コロナの影響で在宅ワークとなり、やることもあまりなく、惰性でクリアまでプレイしというところが正直なところです。 ペルソナシリーズはストーリーもよいという評判を聞くことはあるのですが、大人になってからプレイしてもなかなか共感できないでしょう。 もうストーリー性のあるゲームは昔のように夢中でプレイできない年齢になってしまったのかと考えると悲しいです。 大人でもハマれるストーリー性のあるゲームがあれば教えてほしいところです。 と、言いながらFF7リメイクを購入しようかと考えていますが・・・ とりあえず今はPSフリープレイとなったモンハンワールドをプレイ中です。 モンハンはPSPのモンハン2nd以来ですが、久しぶりにやると面白いです。 夢中になってモンスターを狩っている事に気づかされます。 やはり、私にはもうアクションゲーかスマホゲーしか受け付けなくなってしまったのでしょうか・・・ とりあえず、ペルソナ5スクランブルは前作のストーリーも面白かった人は買い! 前作が合わなくてもアクションや無双シリーズが好きな人は3000円以下なら買い!こんな感じでしょうか・・・.

次の

【P5S】ペルソナ5スクランブルのエンディングについてネタバレ感想ーP5R真エンドの謎は解けたのか?ー

ペルソナ 5 スクランブル クエスト

ペルソナ5スクランブルのボリュームについて ペルソナ5スクランブルのボリュームは、本編クリアまで「 35時間前後」と言われています。 本作ではジェイルと呼ばれるダンジョンのような場所をクリアして行くことになりますが、ジェイルは公式でも紹介されている渋谷から大阪まで、さらに紹介されていないジェイルを含め 6カ所以上存在します。 そのため攻略は人によって35時間以上はかかるかもしれません。 全体的なボリュームは「まあまあ、ある」のではないかと言ったところです。 やり込み要素を含めたボリュームは? 基本的にはジェイルと呼ばれる場所をクリアして行く流れでゲームは進みますが、途中途中で やり込み要素も存在します。 リクエスト 渋谷ジェイルクリア後から発生するサブクエストのようなものが です。 リクエストにはシャドウ討伐・もの探し・アイテム納品などさまざまな種類があり、達成することで貴重な報酬を得られます。 各ジェイルの強敵「剛魔」 各ジェイルには、そこに訪れたレベル帯では討伐が難しい強敵「剛魔」が存在します。 腕を磨き、以前のジェイルに戻って剛魔を討伐することもやり込み要素の1つです。 クリア後に追加されるボスの強化版 各ジェイルには「王(キング)」と呼ばれるその場所のラスボスが存在しますが、クリア後にはキングの強化版も追加されます。 本編に加え、全リクエスト達成や全剛魔討伐、ボス強化版との戦いを全てこなすと、ペルソナ5スクランブルは 相当なボリュームになると思います。 ほかにもクリア後にしか選べないハード以上の難易度もあるため、レベルカンスト・ペルソナパラメータMAXを目指して手ごたえのある戦いを楽しめるでしょう。 ペルソナ5スクランブルのレビューまとめ さまざまな意見が飛び交う中、多く言われているのは「無双ではなく、ペルソナ5の続編」と捉えた方がいいというものです。 実際にプレイした人のレビューまとめ アクションRPGと無双シリーズの中間という感じ。 基本操作で違うのは回避がある点とガードがない点。 ペルソナ5同様敵に弱点・耐性があり、 戦略性のあるバトルが楽しめる。 9:1でペルソナシリーズ。 バトルシステムがエンカウントからのワラワラ無双。 エンカウント時にファントムムーブからの総攻撃でザコは一瞬、この点がペルソナ。 無双系を期待していたらペルソナ5感がしっかりとあった、という意見が多かったです。 ただ、その点を良いと評価する人もいれば、無双を期待していただけにエンカウント方式の戦闘が面倒など、期待外れだったという人もいます。 初心者でもアクションは楽しめる? 無双シリーズをはじめ、あまりアクションゲームをプレイしたことのない人でも楽しめるのかというと、 少し難しいかもしれないといった部分があります。 理由は最初のダンジョン「渋谷ジェイル」が一番苦戦するのではないか、というポイントで、そこでアクションにつまずくと先に進むのも面倒になるからです。 難しいと感じた人の意見 まだ序盤ですが、戦闘は中ボスが強くてしんどかったので難易度イージーに変更しました。 本家のパレス同様、ジェイル攻略の道程は長い。 サクッとクリアするのはなかなか大変そうです。 最初はこっちもあまり強くないので、ペルソナ5のカモシダパレス並みの辛さを感じます。 プレイしている人間がゲーム下手というのはありますが、難しくてつまらないレベルになってます。 レベル上げでも解決できないので、詰んでしまいました。 次から次へと真正面から刈ろうとすると消耗も激しくなる。 序盤はSP(スキルを使うのに必要なポイント)回復アイテムが不足し、かつキャラクターのSPも少ないためやりくりに苦戦します。 SPが尽きたら通常攻撃などペルソナを使わないアクションで何とかするしかありませんが、闇雲にアクションし続けていたらいつの間にか力尽きている…ということも多々。 ペルソナ5のシナリオ続編を楽しみたいけどアクションは苦手!という人は最初から 難易度イージーで進めることをおすすめします。 難易度はメニュー画面のシステムから途中でサクッと変更できるので、一度ノーマルなどを選んでしまっても大丈夫です。 また難易度による経験値の差や獲得アイテムに差はありません。 とにかく最初のダンジョンが苦戦するかも知れませんが、そこを乗り切ると全国を巡る旅やリクエストなどが解放されるため、そこから楽しさも増すと思います。 セリフ送りせずボイスを聞いて、 やり込み要素を楽しんで、街中を散策して…と楽しんでいるともっとかかると思うので、ある程度のボリュームは期待できます。 個人的にはやり込み要素まで遊んでいたら70時間以上はかかりました。 内容は 無双というよりペルソナ5の続編。 なので無双を期待して購入すると期待外れ、という意見もちらほら聞かれました。 購入するなら「ペルソナ5の続編」という感覚を持っていた方がいいかもしれません。

次の