いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり。。 源氏物語「光源氏の誕生」の原文・現代語訳・解説|桐壺第一章 第一段

源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(いづれの御時にか〜)』の現代語訳・解説 / 古文 by 走るメロス

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり。

古典について教えてください。 光源氏の誕生 本文 いづれの御時にか、女御・更衣あまた 1 候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 はじめより 2 我はと思ひあがりたまへる御方々、めざましきものにおとしめそねみ給ふ。 同じほど、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ、 3 いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、 4 いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 5 上達部・上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の 6 御おぼえなり。 唐土にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れ悪しかりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう、人のもて悩みぐさになりて、楊貴妃の例も引き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて交じらひたまふ。 1、 次の言葉の読みを現代仮名遣いで書いてください。 1、際 2、下﨟 3、例 4、上達部 5、唐土 2、 本文中の 1 の『候ひ』の敬語の種類を答えてください 3、 2 の『我は』のあとに省略されている言葉を、次の中から一つ選んでください 1、最も位が上である 2、帝の寵愛を受けよう 3、さらに権力を握りたい 4、名声を得たい 4、 3 の『いとあつしくなりゆき』とあるが、この原因を作者はどのように推量しているか。 それを述べている部分を十五字以内で抜き出してください よろしくお願いします 投稿日時 - 2014-10-24 04:17:31 1、 次の言葉の読みを現代仮名遣いで書いてください。 多くは、語頭以外の「は・ひ・ふ・へ・ほ」か「む」の変化です。 2は、げらふ」の「ふ」が語頭以外の「ふ」なので「う」に変化し、「げらう」になります。 「げらう」の「らう(rau)」は「au(アウ)」の長音を含むので、「ro~(o~)」に変化し、「げろ~」になります。 その「~」が「う」になり「げろう」となります。 2、 本文中の 1 の『候ひ』の敬語の種類を答えてください A=謙譲語 *終止形を考えましょう。 動詞は一般に、語尾の行(ここでは「ひ」が語尾で、「ハ行」)のウ段(ここでは「(候)ふ」)であることが多いです。 そして、辞書にあたりましょう。 3、 2 の『我は』のあとに省略されている言葉を、次の中から一つ選んでください 1、最も位が上である 2、帝の寵愛を受けよう 3、さらに権力を握りたい 4、名声を得たい A=2 *「女御・更衣あまた 1 候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 」の部分がヒントです。 古文に限らず現代文、英語などでも、前後の1~3行は要チェックです。 4、 3 の『いとあつしくなりゆき』とあるが、この原因を作者はどのように推量しているか。 それを述べている部分を十五字以内で抜き出してください A=恨みを負ふ積もりにやありけむ *これも3と同じです。 答えは近くにあります。 投稿日時 - 2014-10-24 14:41:29.

次の

源氏物語「桐壺」の授業~まずは「読解」全体の構造を理解しよう!

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり。

いかにも平安貴族っぽい容姿から当てられてしかもこんなの簡単だったかと言われてしまう藤原さん。 でも藤原は古文が得意な訳ではなくて、例の英語スピーチでオリヴィアの代わりをやった様に英語が得意なのであった。 この誤解された気持ちを何とかしたいとオリヴィアに英語で話そうぜと囁いたものの、オリヴィアは自分が英語を話せないのがバレていると焦って華子に相談。 華子はバレたっていいじゃん、ばらしたがっていたし、それにハブられても自分と香純がいるじゃないかと言ってやる。 しかしそれを立ち聞きしてしまった藤原。 これは確認しなくてはと香純にそれとなく話したら香純が焦って壁ドンで阻止しようとしたので藤原が壁ドンでその気になってだったらデートしてくれたら黙っていてあげようと。 香純が困っているところをつぐみが助け舟を出した。 ただ、それだけで済めば良かったものをその後に口づけなんてしたものだから香純の苦悩が始まる。 華子がいきなりおかしくなる。 いや、ずっとおかしいけど。 どうしようかと考えた末に、紙に好きな言葉を書いてそれを一枚づつ引いて頭に乗せる。 それをその本人に言わせると言うゲームを考えた。 オリヴィアは「頭がいい」、香純は「キス」と言うのを引いたのでオリヴィアに頭がいいと言わせようと私この間のテストで二位だったんだよねーとか一生懸命アピールするものの、実は自分が頭がいいと思われいないと言う方に気づく。 オリヴィアは香純に「キス」を言わせようとして お父さんお母さんがおやすみの時にしてくれる ちゅってやつ、するよねと言うと、香純が震えて廊下のアレ見てたのかと言い出した。 これは聞き捨てならない。 華子が怒り狂って魔女裁判を開始。 ここ女子校だよと。 これで納得した華子。 なーんだ、女の子同士の遊びのキスか。 凄い手のひら返し。 香純が夢を見た。 つぐみのあそこにアレがある夢を。 そのせいで言動がおかしくなる。 これではまずい。 これを解消するにはつぐみのぱんつを見て確認するしかない。 そこで華子とオリヴィアにつぐみのぱんつを見る相談をした。 華子は自分が治ったと言っても出してくれない病院に行くかと。 ともかくスカートの中を見る方法を考える。 華子のその方法はToLOVEるじゃないか。 でもそんなの現実で出来る訳が無い。 だったら転んだふりしたらどうかと。 しかし失敗。 だったらこうしようとカートに香純を乗せてつぐみのスカートの下を通過させようとする。 でもそんなのどう考えても横に避けるだろう。 案の定つぐみは横に避けたので華子とオリヴィアは無理やりカーブ。 その結果、二人はスカートに頭を突っ込む形になってしまった。 代わりにつぐみは香純を保健室に連れて行ってくれた。 あそ研で文化祭の出し物として映画を作成。 SFを香純が撮りたいと言う事でSFになったが、SFになった理由はスター・トレックを見たからだそうだ。 自己紹介するセクシースパイとか撮影順調。 但し宇宙船はダンボール箱に宇宙船って書くだけだけどね。 レバーなの引いて「いっきまーす」と言えばそれっぽいだろうと言う。 いや、それ目隠しして誤魔化してる事にならないから。 撮影順調、そしてポスターも完成。 あそびあそばせ、二期クルー! 第1話を見た時はデフォルメ顔がちょっとなあと思った作品だったけど、見続けたら面白い。 やはり3話迄は見て判断したいもの。 本気で二期を期待したい。

次の

あそびあそばせ・第10話: 異常感想注意報

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり。

さまざまな女性と華やかな恋をしていましたが、誰を相手にしても満足できないでいました。 父である桐壺帝の妻で、自らの義理の母でもある「藤壺の更衣」に強い想いを抱いていたのです。 藤壺への思いを募らせた源氏の君は、ついに一線を超えてしまいます。 しかし彼女からは1度限りだと拒否をされ、その後彼は心の拠り所を失ってしまいました。 そんななか、田舎に出向いた彼は、「紫の君」という美少女に出会って衝撃を受けます。 まだ幼さが残る雰囲気ですが、そこに藤壺の面影を見てしまったのです。 紫の君に身寄りが無いと知ると、彼女を預かって育てることにしました。 1巻の見どころは、何と言っても源氏の君のモテモテっぷり。 藤壺、葵の上、夕顔、六条御息所……彼と出会ってしまった女性たちはみな、運命を大きく狂わされていきます。 平安時代の貴族は一夫多妻が認められているので、複数の女性と関係を持つのは当然です。 しかし彼は、ひたすら亡き藤壺を超える理想の女性を探し続けていて、無いものねだりの苦しい思いがミステリアスな魅力を醸しだしています。 そしてもうひとり注目したいのが、六条御息所。 気高い貴婦人だった彼女は恋に狂い、嫉妬で夕顔を呪い殺してしまうのです。 紫式部が残した古典文学の傑作『源氏物語』を漫画化した本作。 平安時代を舞台に、光源氏こと源氏の君が数多の女性とさまざまな恋愛をくり広げます。 恋をすることの素晴らしさはもちろん、嫉妬や別れの苦しみなどが繊細に描かれ、時に華やかで時に残酷でもある人生の浮き沈みが、味わい深い感動をもたらしてくれるのです。 また漫画だからこそ堪能できるのが、登場人物の麗しさや平安貴族の豪華な衣装や邸宅、そして盛大な宮廷行事でしょう。 ページを開くだけで、百人一首や絵巻物のような華やかな世界に誘われます。 大和和紀による漫画作品。 紫式部による古典文学作品『源氏物語』を漫画化したもの。 『mimi』1979年12月号~『mimi Excellent』1993年第27号に連載。 大和和紀による源氏物語。 ところどころに解説があるから初心者にもわかりやすい。 有名な出だしの部分だがこの時代、更衣はなかたそうだ。 朱雀院の後宮にいた、一条御息所は更衣であった(「柏木」)。 紫式部の祖父・藤原雅正の姉妹である藤原桑子は醍醐天皇の更衣だが、更衣が置かれたのは醍醐天皇、村上天皇までで、源氏物語が書かれた時代に更衣自体はいなかった。 摂関政治期を経て後三条天皇の時代まで史料的には存置していたとみられている。 この時源氏の君は9歳。 これって未成年、幼妻!! 藤壺への思いを募らせた源氏の君は、ついに一線を超えてしまう。 しかし彼女からは1度限りだと拒否をされ、その後彼は心の拠り所を失ってしまった。 源氏と藤壺の思いは・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・.

次の