グランメゾン東京 レビュー。 「グランメゾン東京」第7話レビュー|神楽坂いづみ|note

「グランメゾン東京」へのクチコミ(口コミ)

グランメゾン東京 レビュー

日曜劇場『グランメゾン東京』4話 あらすじ いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。 だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。 彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。 やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。 そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。 コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。 さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。 そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。 萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。 萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。 その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。 刻々と近づくプレオープン。 tbs. 尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)はOKを出す。 プレオープンの日。 新人・柿谷(大貫勇輔)が消えた。 大騒ぎになるキッチン。 京野(沢村一樹)は客として招待していた祥平に手伝って欲しいと頼む。 祥平は嫌がるが、後輩の萌絵の作ったデザートが出ないのがかわいそうだとなんとか言い訳して手伝ってくれる。 (ツンデレ) 祥平のおかげで魚料理も出せた。 そんで萌絵のデザートの番。 評価に影響力のあるリンダ(冨永愛)も萌絵のデザートを褒めてくれた。 プレオープンは無事終了。 萌絵は泣きながら『グランメゾン東京』の一同に謝罪。 「楽勝で作ったなんて嘘です。 」と祥平に手伝ってもらったことを正直に言う。 「わたしは見た目を作っただけです。 この日のためにずっとずっと頑張ってきた皆さんに本当に失礼なことしてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 」 「うちらがどれだけ努力したとかお客様には全く関係ないから。 このモンブランはお客様を喜ばさせた。 それが全て」 「センスでなんでもできるなんて言って・・すみませんでした。 わたし、もっと勉強したいです。 もっと頑張りたいです。 だからこの店で働かさせてください。 」 頭を下げる萌絵。 倫子は萌絵を雇うことを決めた。 尾花が萌絵を認めたところを間近で見ていた祥平。 「ようやく分かりました。 尾花さんが認めてくれなかった理由。 俺は単純にうまい料理を作れてなかっただけなんです」と京野(沢村一樹)に本心を漏らした。 江藤(手塚とおる)は柿谷を使って芹田(寛一郎)に近づく。 「10万入ってます。 新作のレシピとか店のことを教えてくれるだけで毎月払います。 」と金をチラつかせて新たなスパイを作ろうとする・・・! 芹田は悩むが、金の入った封筒を受け取ってしまった。 そしてリンダの書いた『グランメゾン東京』のプレオープンが書かれた記事が出た。 リンダは『グランメゾン東京』を大絶賛! しかし、記事には続きがあった。 グランメゾン東京は3年前、パリでアレルギー物質混入と傷害事件を起こした尾花夏樹のいる店だと紹介されていた。 久住栞奈(中村アン)と電話をするリンダ。 中村アンは3年前にアレルギーを混入させた犯人の目星がついているらしい。 「尾花夏樹に1番嫉妬している人です。 」 映ったのは京野の後ろ姿・・・! スポンサードサーチ 『グランメゾン東京』4話 感想・レビュー アレルギー食材混入事件の犯人は京野さんじゃないって信じてる!!!!! 根拠はないけど、ミスリードであることを願う。 でも話的には、1番信頼していた京野が犯人ってのが面白いよね・・・🤔 わたしが1話で感じていた「借金押し付けられてトンズラされた相手をよく許せるなあ」という違和感も、京野が真犯人ってことなら説明ついちゃうんだよなぁ😩 京野はずっと尾花にひどいことをしたと思っていて贖罪の気持ちで側にいてサポートしいるってことなら、しっくりくる。 でもわたしは尾花と京野の間には、普通の人には分からないくらいの信頼関係があると信じてる。 なので京野が真犯人ってのはないと思ってる!!!! 真犯人だとしてもめっちゃ反省しているはず!!! 萌絵(吉谷彩子)ちゃんが思ったよりウザかった。 祥平(玉森くん)の後輩の、萌絵ちゃん。 サバサバ系のおもしろい子かと思っていたら かなりうざい女だったwww 初対面で倫子さんに「このおばさんは?」って常識なさすぎて唖然。 このドラマで唯一不満なのが倫子さんをおばさんポジにしていることだな🙄 たとえアラフィフでもこんな綺麗な人は「おばさん」ではない。 綺麗な人をおばさん扱いするノリはあまり好きではないので笑えないです。 かと言って綺麗じゃない人をおばさん扱いしていたとしてもお笑えないですけどねw そんでとにかく偉そうだった萌絵。 25歳で名誉ある賞をたくさん取っていたので自信に溢れているようでした。 最終的には、自分の非を認めて挫折を味わい成長するといういい話でまとまったのだが、この女、実際にいたらかなり嫌われるタイプ。 SNSで「平古さん感謝><」とアピるところとか地雷レベルである。 3話でわたしをドン引かせた祥平のメンヘラ彼女の気持ちが少し分かった😂 ロッカーに画鋲を仕掛けるのはやりすぎだが、彼氏の周りにこんな女がウロついてたら目障りなのは確かだね😩 まあでも、いくらこの女にイラっときたからって尾花の態度もどうかと思いましたけどね。 自分から誘っておいて「期待はずれ。 帰れ」はないでしょうw 倫子は「おばさん」呼ばわりされたのであの態度でも許す。 『グランメゾン東京』5話 あらすじ 3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。 記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。 そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。 しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。 オープンして、すぐに閉店の危機。 そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。 店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。 そして、そこに強力な助っ人が加わった。 祥平(玉森裕太)だ。 祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。 全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。 tbs.

次の

グランメゾン東京

グランメゾン東京 レビュー

日曜劇場「グランメゾン東京」最終回が12月29日に放送された。 演技という意味では、このドラマで最も重要なのは、美味しい料理を食べた後の表情だと思う。 冨永愛が、めちゃめちゃよかった。 しかし、ミシュランの審査が迫っても完成せず、焦りを感じた倫子(鈴木京香)がマグロをやめるよう口を出すと、尾花は「自分でも魚料理スタンバイしとけよ」と自分勝手な発言。 倫子は、尾花のマグロに勝てる料理を作ると宣言する。 一方、ライバル店の「gaku」は、江藤オーナー(手塚とおる)が連れてきた新シェフ・結月(馬場徹) の傍若無人な振る舞いでボロボロになっていた。 なりふり構わずに三ツ星を目指してきた江藤は、壊れていく「gaku」に号泣。 そこに丹後が現れ、救いの手を差し伸べた。 「三ツ星を取らせる」の本当の意味 マグロ料理に没頭し、フルコースの一品一品の完成度を高めることを怠ったかのように見えた尾花。 しかし、実際はメンバーの力を信頼していて、後押ししたのは一人ひとりのメンタルの部分だ。 「例えば、このスイーツ。 もっと優しい気持ちで作れば、もっと優しい甘さができるし、ささくれだったやつが作るともっと落ち着かない味になる」 フルコースのラストを飾るデザート担当の萌絵(吉谷彩子)は、プレッシャーと戦っていた。 そんな萌絵に対して尾花は、あえて恋敵である美優(朝倉あき)に試食をさせることで殻を破らせた。 そこから美優、祥平(玉森裕太)と心境の変化は連動。 おそらくは祥平が担当した「キジバトのドゥミ・アンクルート」にも影響を与えたことだろう。 倫子に魚料理に挑戦させたのもそういうことだ。 自信が持てない倫子を試すような口ぶりで挑発し、ひとり立ちさせた。 1話から尾花が宣言していた「三ツ星を取らせる」の本当の意味は、「倫子の店に三ツ星を取らせる」ではなく、「倫子に自分で三ツ星を取らせる」だったのだ。 倫子が作った「ハタのロティ・ノアゼットアンショア」の完成度の高さに、嬉しそうでどこか悔しそうな表情を見せる辺りは、負けず嫌いの尾花らしい。 リンダ・真知子・リシャール リンダは、料理界で絶大な権力を持つオーナーの機嫌を取るために「グランメゾン東京」にミシュランの調査員が訪問するのを阻止していた。 そんなリンダに尾花は、「グランメゾン東京」の料理を食べるよう説得。 いつもだったら、ふてぶてしく上から目線で相手の感情を逆撫でするように挑発する尾花だが、リンダへの態度は少し違った。 「逃げんなよ。 怖いんだろ。 うちの料理食べるの」 セリフこそ挑発的に見えるが、その姿はどちらかというと懇願という言葉が似合っていた。 思いを受けてリンダは、後日「グランメゾン東京」を訪れる。 京野(沢村一樹)の接客に始まり、萌絵の「クレームダンジュ」まで、「グランメゾン東京」のメンバーは、それぞれの思いが詰まった料理をそれぞれがサーブ。 「ご機嫌が傾いていた」リンダだが、少しずつ、少しずつその硬い表情を崩していった。 問答無用の美人で、いつもキツイ表情をしていたリンダが、ほんのりと口角を上げて、目尻を緩ませる姿は実に可愛らしい。 最後に流した涙は、「心がほどけていく」という言葉がピッタリだった。 「gaku」の変化 ライバル店「gaku」にもドラマがあった。 全てを失い崩れ落ちる江藤に、丹後は「今度は俺が救ってやる」と手を差し伸べた。 丹後が意見の合わない江藤と組んでいたのは、資金や三ツ星のためではなく、過去の恩義からくるものだった。 店の崩壊を乗り越え、改めて手を組み直した2人。 他を蹴落としてでも駆け上がろうとしていた江藤の執念は、全て食材集めへと向いた。 目当ての物を手に入れるためにどこへでも出向き、土下座もいとわない。 「自分にできること」をやりとげ、丹後へと思いを託した。 スーシェフの柿谷(大貫勇輔)も、2人の思いに呼応するように料理へと真剣に取り組むようになる。 悪役だと思われた江藤と柿谷の変化と、自信を取り戻した丹後。 これまではつぶす対象だった「グランメゾン東京」のピンチに、和ぜりをプレゼントする心意気と余裕を見せる。 3人の「gaku」の料理に対する自信の表れだ。 「これで心置きなく『グランメゾン東京』をつぶせる」 丹後の去り際のセリフが憎い。 あくまで敵ですよ、と。 木村拓哉なりのわき役 1話から最終話まで、キムタクがキムタクらしく、目一杯カッコよく居続けてくれた今作。 尾花を中心にストーリーが展開されたのは間違いないが、変化や成長など、見どころを提供したのは他のメンバーたちだ。 何もできなかった芹田(寛一郎)は三ツ星のフルコースにかかわれるようになり、才能にあぐらをかいていた萌絵は本気になることができた。 祥平なんて主役かってくらいドラマを盛り上げたし、京野、相沢(及川光博)、栞奈(中村アン)、リンダ、そして倫子ももちろんだ。 ライバルである丹後は、尾花に習うかのようにその背中で江藤、柿谷を変えた。 主役でありながら周りを引き立てる。 木村拓哉がただただ輝き続けることで周りを照らす、そんな物語だった。 (さわだ) 『グランメゾン東京』 出演:木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太 Kis-My-Ft2 、尾上菊之助、冨永愛、中村アン、手塚とおる、及川光博、沢村一樹 脚本:黒岩勉 プロデュース:伊與田英徳、東仲恵吾 演出:塚原あゆ子、山室大輔、青山貴洋 料理監修:岸田周三 カンテサンス 、トーマス・フレベル INUA 、服部栄養専門学校 音楽:木村秀彬主題歌:山下達郎「RECIPE レシピ 」.

次の

Tvlog

グランメゾン東京 レビュー

特に感想を持たなくなってしまった。 良かったのは、尾花が倫子のことを「おばさん」って呼んでも倫子が何も言わなくなったこととか。 とろサーモンの久保田さんが上沼恵美子のことを「おばはん」ってtwitterで読んで(それが直接的な原因じゃないかもしれないけど)大炎上したりする世の中なので、コンプライアンス的に「おばさん」っていう呼称が受け入れられるかどうかはわからないけど、二人の関係性が着実に深まっている証拠とも取れた。 尾花ももう倫子のことを料理人としてリスペクトしているし、倫子も尾花と協働してレシピを作る中で尾花からリスペクトされているという実感も得ている(と思う)。 「おばさん」という呼称から「倫子」という呼称に変化することで関係性の深まりを描くっていう方法もあるんだけど、今まで受容されなかった呼称が受容されるようになることで関係性の深まりを描写するっていう方法もあるのよね。 というくらいの感想しかなかった…。 後半戦最大の弱点は真知子にまったく感情移入できないってことだと思う。 尾花によって自分の名誉に瑕がついたっていうのはよくわかるけど、未だに一流の料理雑誌編集者としてちゃんと活躍しているし、一つの店を簡単に潰せるくらいの権力を保持している。 にもかかわらず、尾花をここまで目の敵にするのってどうなんだ? 栞奈が尾花を強く憎むのはわかる。 父親がエスコフィユのコンタミの件で左遷させられたという具体的なエピソードがある(この程度で回収しちゃっていいの?という感は否めないけど。 自分の力が認められた程度で尾花を許しちゃっていいのか?? 許してはないけど力は貸すのか)。 江藤がグランメゾンを妨害するのも非常にわかる(柿谷と半ば結託して平古くんをあそこまでのけ者にする理由はよくわからないけど)。 尾花はコンタミの汚名を背負っているものの、gakuが三つ星を獲るためには大きな障害として立ちはだかる。 執拗に尾花を攻撃して、グランメゾンを閉店に追いやることで利益を得ることは間違いない(丹後と平古くんの尽力のおかげで、実力による超克ができてよかった)。 でも、真知子にはそれがない。 私の目にはただのわがままクイーンとしか映らない。 真知子と尾花が恋人関係だったっていう設定もあるけど、まったく生かされていない。 その辺の痴情のもつれでもいいんだけど、あと2回の放送でこの疑問符を解消させるだけのエピソードは挿入されるのか? あと平古くんが結局グランメゾンに吸収されそうになってるってのも展開を予定調和の方向に向かわせている。 もはや三つ星獲れようが獲れまいがどっちでもいいんですよね。 獲っても物語としてはハッピーエンドだし、獲れなくてもグランメゾンは一流ガストロノミーとして営業を続けて、また新たなチャンスに恵まれるんだろうし。 正直着地点はどっちでもいいから、そこまでの過程で楽しめる物語展開を期待したい、けど、もう風呂敷は広げられないもんね。 多分最終回で第一話に出てきたミシュラン審査員独特の仕草に回帰して、物語は収束していく。 いや、こうなったら審査員がナプキンを床に落として、「来たな」って尾花のアップで「完」!っていうのもいいかもしれない。 グランメゾンに「結末」って似合わないし、「結末」を迎えてほしくない。 ずっとそこにあり続けてほしいから。

次の