かえって 気 を 遣 わせ て しまい 敬語。 面談後のお礼メールの書き方|就活や転職・ビジネスでの例文を紹介

「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

かえって 気 を 遣 わせ て しまい 敬語

日常的に誰かに対して「気を遣う」という言葉は、使う事がある言葉でしょう。 書き言葉でも話し言葉でも、相手に気を遣うという事は大切な言葉です。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。 誰かに対して「気を遣う」というのですから、この言葉自体も丁寧かつ正しい敬語表現で相手に伝えていきたいものです。 話し言葉から書き言葉に至るところまで「気を遣う」をどのように敬語表現することができるのか考えていきましょう。 単語として敬語を考える 敬語表現を考えていくところで、言葉自体の意味もわからなければ、敬語表現に直す事すら難しくなってしまいます。 「気」という単語は名詞でもあるので、難しく感じることはない事でしょう。 しかし「遣う」はどうでしょうか。 一般的に使われる「つかう」は「使う」ではないでしょうか。 実際に「気を使う」と表記されていることもあります。 しかし厳密には、それぞれ違った意味で相手に捉われることがある言葉になります。 「使う」の場合は一般用語で、主に動詞形として使われます。 「上目を使う」や「仮名を使う」と表すことができます。 対して「遣う」は限定用語で、主に名詞形として使われます。 先程の動詞を名詞系として「上目遣い(をする)」や「仮名遣い(をする)」となります。 「気を遣う」の敬語での使い方 正しい敬語で相手に伝えるためには、敬語がどのようなものであるかをしっかりと認識する必要があります。 敬語には3種類あり、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とそれぞれの定義によって分かれています。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付け、言葉を優しく包ませて語尾に「ですます調」で締める丁寧で、相手を尊重した言葉遣いの事を指します。 尊敬語と謙譲語は、主語が誰に当たるかによって使い方を分ける必要があり、敬語の難しい所はこの2つにあると言っても過言ではありません。 相手が主語に当たる場合は、相手を持ち上げた言い方で尊敬を表す「尊敬語」で、こちら側が主語に当たる場合は、こちら側を下げるへりくだった言い方をすることによって、相手が立場的に上の位置になることで相手を尊重した言い方をする言葉遣いの事を指します。 メールで相手に「気を遣う」という言葉を用いるのに気を遣わなければならない所は、主語が誰に当たるかを考えて「お気遣いいただき」と表現を適切に変えなければいけないという事です。 いくらこちら側が相手に対して「気を遣う」事をしていたとしても、相手に対してわざわざ「気を遣っております」とは言わないでしょう。 謙譲語として相手に表現するケースは珍しい事かと思われます。 相手の事を本当に気遣っているならば、やはり敬語の中でも丁寧語か尊敬語を使う事が配慮になるでしょう。 目上の人への使い方 目上の方に対して「気を遣う」という言葉を使うケースは、尊敬語一択であると言えるでしょう。 こちらがいくら気を遣っていたとしても、それは社会として当然であり、こちらが主語で「気を遣う」を言う際のケースとしては「お気を遣わせ奉りますよう」というように、少し古風ではありますが「どうかお気を遣わせてください」というような表現をしますが、そのようなケースは少ないかと思われます。 尊敬語を正しく用い、「お気遣い頂き誠にありがとうございます。 」というように誠実さを相手に示すようにしましょう。 「気を遣う」を敬語表現するときの例文 言葉の使い方についてご理解いただけた事でしょう。 では実際に、日常的にどのように「気を遣う」を遣っていけるのかを例文と共に考えて身に着けていきましょう。 ちなみに、「気を使う」にはまた別に意味があるので、書き言葉にする際は漢字の変換ミスの無いように、相手にしっかりと思っていることを伝えられるように心がけることが大切です。 たかが漢字一文字と侮らないように誤字には充分に気をつけるようにしましょう。 その一文字で相手には不本意な言葉として伝わってしまいます。 メールなどの文面のみのコミュニケーションには、字だけが相手に伝える事のできる表現方法になります。 そのあたりもしっかりと気を遣うようにしましょう。 褒め言葉の際の「気を遣う」 「気を遣う」という言葉は、相手を褒める時にも使われる言葉でもあります。 「そこまでお気を遣わないでも」というような言葉であったり、「あなたは良く人に気を遣うお人ですね」というような褒め言葉の表現としても用いることができます。 「気を遣う」を指摘 上からの意見として、相手にもっと気を遣う方が良いと子供や部下に言わなければいけない時もある事でしょう。 友達同士であれば冗談交じりに「気を遣う事をもう少し意識して」と言えるかも知れませんが、指摘として他人にいう事は相手には不快に思う事も多いでしょう。 アドバイスとして「あなたはもう少し気を遣う事ができると良いですよ」と言っても、上からの意見として伝わってしまいます。 「もう少し気を遣う事が可能でしたらお願いします」と言うと、上司からの意見として最善な敬語であると言えます。 感謝を相手に示す「気を遣う」 一般的に一番「気を遣う」という言葉を使うフレーズは、感謝の言葉をこちらから言う時ではないでしょうか。 何かしてもらった時に「お気遣いありがとうございます」というように、「気を遣う」事をされた身として感謝の言葉として相手に伝える表現になります。 相手は「気を遣いました」と言ったわけではありません。 「気を遣う」という言葉自体、意図的ではない無償の優しさからくる物なので、その優しさにこちらが気づいたときに「気を遣う」という言葉が出てきます。 「気を遣う」の別の敬語表現例 お心遣い 「気を遣う」という言葉を用いずに「お心遣い」という言葉を使う場合もあります。 同じように使う方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと意味が異なり、聞く人によって発信した人の意とは違った解釈を持たれかねない言葉でもあります。 「お心遣い」という言葉には心や精神、思いを形で表現するものという意味があります。 相手の気持ちや助けになる事を考えた結果として、積極的に行う行為を「お心遣い」といいます。 対してお気遣いでは、どのような意味を持っているのかも改めて考えていく必要が出てきます。 お気遣い 心や精神での思いやりについて表現したものを「お心遣い」というのに対して「お気遣い」はどのような時にどういう意味合いとして使う事ができるのか、心と気の違いも大きいものである事がわかります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発信する行為の事を指します。 したがって、わかりやすく例えるのであれば、怪我をして入院する際に「近いうちお見舞いに行きます。 お大事になさってください。 」という言葉に対して「お気遣いありがとうございます」というように言う事でしょう。 そうではなく、わざわざお見舞いに来てくれた際は、精神的にも助けられ、心に感謝する側として「お心遣いありがとうございます。 」と使うことができます。 ご配慮 「気を遣う」を「お気遣い」とした場合でも類語があり、「ご配慮」というものもあります。 「ご配慮」は、あいさつ文や報告書などの少し堅いビジネスシーンであっても問題なく使用できる言葉であり、意味も「お気遣い」と似ているため、目上の方や取引先など敬意を払うべき相手にも共通して使える言葉です。 意味としては、ご配慮の方が「お気遣い」より広い意味合いを含んでいるため、使えるシーンも幅が広いと言えます。 先程少し申し上げた通り、こちらから「お気遣い願います」と相手の心を強要することはできませんが、「ご配慮願います」であれば、心からでなくても「気にして」貰いたい事を求められるのです。 「気を遣う」を正しく相手に伝えましょう.

次の

「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

かえって 気 を 遣 わせ て しまい 敬語

日常的に誰かに対して「気を遣う」という言葉は、使う事がある言葉でしょう。 書き言葉でも話し言葉でも、相手に気を遣うという事は大切な言葉です。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。 誰かに対して「気を遣う」というのですから、この言葉自体も丁寧かつ正しい敬語表現で相手に伝えていきたいものです。 話し言葉から書き言葉に至るところまで「気を遣う」をどのように敬語表現することができるのか考えていきましょう。 単語として敬語を考える 敬語表現を考えていくところで、言葉自体の意味もわからなければ、敬語表現に直す事すら難しくなってしまいます。 「気」という単語は名詞でもあるので、難しく感じることはない事でしょう。 しかし「遣う」はどうでしょうか。 一般的に使われる「つかう」は「使う」ではないでしょうか。 実際に「気を使う」と表記されていることもあります。 しかし厳密には、それぞれ違った意味で相手に捉われることがある言葉になります。 「使う」の場合は一般用語で、主に動詞形として使われます。 「上目を使う」や「仮名を使う」と表すことができます。 対して「遣う」は限定用語で、主に名詞形として使われます。 先程の動詞を名詞系として「上目遣い(をする)」や「仮名遣い(をする)」となります。 「気を遣う」の敬語での使い方 正しい敬語で相手に伝えるためには、敬語がどのようなものであるかをしっかりと認識する必要があります。 敬語には3種類あり、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とそれぞれの定義によって分かれています。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付け、言葉を優しく包ませて語尾に「ですます調」で締める丁寧で、相手を尊重した言葉遣いの事を指します。 尊敬語と謙譲語は、主語が誰に当たるかによって使い方を分ける必要があり、敬語の難しい所はこの2つにあると言っても過言ではありません。 相手が主語に当たる場合は、相手を持ち上げた言い方で尊敬を表す「尊敬語」で、こちら側が主語に当たる場合は、こちら側を下げるへりくだった言い方をすることによって、相手が立場的に上の位置になることで相手を尊重した言い方をする言葉遣いの事を指します。 メールで相手に「気を遣う」という言葉を用いるのに気を遣わなければならない所は、主語が誰に当たるかを考えて「お気遣いいただき」と表現を適切に変えなければいけないという事です。 いくらこちら側が相手に対して「気を遣う」事をしていたとしても、相手に対してわざわざ「気を遣っております」とは言わないでしょう。 謙譲語として相手に表現するケースは珍しい事かと思われます。 相手の事を本当に気遣っているならば、やはり敬語の中でも丁寧語か尊敬語を使う事が配慮になるでしょう。 目上の人への使い方 目上の方に対して「気を遣う」という言葉を使うケースは、尊敬語一択であると言えるでしょう。 こちらがいくら気を遣っていたとしても、それは社会として当然であり、こちらが主語で「気を遣う」を言う際のケースとしては「お気を遣わせ奉りますよう」というように、少し古風ではありますが「どうかお気を遣わせてください」というような表現をしますが、そのようなケースは少ないかと思われます。 尊敬語を正しく用い、「お気遣い頂き誠にありがとうございます。 」というように誠実さを相手に示すようにしましょう。 「気を遣う」を敬語表現するときの例文 言葉の使い方についてご理解いただけた事でしょう。 では実際に、日常的にどのように「気を遣う」を遣っていけるのかを例文と共に考えて身に着けていきましょう。 ちなみに、「気を使う」にはまた別に意味があるので、書き言葉にする際は漢字の変換ミスの無いように、相手にしっかりと思っていることを伝えられるように心がけることが大切です。 たかが漢字一文字と侮らないように誤字には充分に気をつけるようにしましょう。 その一文字で相手には不本意な言葉として伝わってしまいます。 メールなどの文面のみのコミュニケーションには、字だけが相手に伝える事のできる表現方法になります。 そのあたりもしっかりと気を遣うようにしましょう。 褒め言葉の際の「気を遣う」 「気を遣う」という言葉は、相手を褒める時にも使われる言葉でもあります。 「そこまでお気を遣わないでも」というような言葉であったり、「あなたは良く人に気を遣うお人ですね」というような褒め言葉の表現としても用いることができます。 「気を遣う」を指摘 上からの意見として、相手にもっと気を遣う方が良いと子供や部下に言わなければいけない時もある事でしょう。 友達同士であれば冗談交じりに「気を遣う事をもう少し意識して」と言えるかも知れませんが、指摘として他人にいう事は相手には不快に思う事も多いでしょう。 アドバイスとして「あなたはもう少し気を遣う事ができると良いですよ」と言っても、上からの意見として伝わってしまいます。 「もう少し気を遣う事が可能でしたらお願いします」と言うと、上司からの意見として最善な敬語であると言えます。 感謝を相手に示す「気を遣う」 一般的に一番「気を遣う」という言葉を使うフレーズは、感謝の言葉をこちらから言う時ではないでしょうか。 何かしてもらった時に「お気遣いありがとうございます」というように、「気を遣う」事をされた身として感謝の言葉として相手に伝える表現になります。 相手は「気を遣いました」と言ったわけではありません。 「気を遣う」という言葉自体、意図的ではない無償の優しさからくる物なので、その優しさにこちらが気づいたときに「気を遣う」という言葉が出てきます。 「気を遣う」の別の敬語表現例 お心遣い 「気を遣う」という言葉を用いずに「お心遣い」という言葉を使う場合もあります。 同じように使う方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと意味が異なり、聞く人によって発信した人の意とは違った解釈を持たれかねない言葉でもあります。 「お心遣い」という言葉には心や精神、思いを形で表現するものという意味があります。 相手の気持ちや助けになる事を考えた結果として、積極的に行う行為を「お心遣い」といいます。 対してお気遣いでは、どのような意味を持っているのかも改めて考えていく必要が出てきます。 お気遣い 心や精神での思いやりについて表現したものを「お心遣い」というのに対して「お気遣い」はどのような時にどういう意味合いとして使う事ができるのか、心と気の違いも大きいものである事がわかります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発信する行為の事を指します。 したがって、わかりやすく例えるのであれば、怪我をして入院する際に「近いうちお見舞いに行きます。 お大事になさってください。 」という言葉に対して「お気遣いありがとうございます」というように言う事でしょう。 そうではなく、わざわざお見舞いに来てくれた際は、精神的にも助けられ、心に感謝する側として「お心遣いありがとうございます。 」と使うことができます。 ご配慮 「気を遣う」を「お気遣い」とした場合でも類語があり、「ご配慮」というものもあります。 「ご配慮」は、あいさつ文や報告書などの少し堅いビジネスシーンであっても問題なく使用できる言葉であり、意味も「お気遣い」と似ているため、目上の方や取引先など敬意を払うべき相手にも共通して使える言葉です。 意味としては、ご配慮の方が「お気遣い」より広い意味合いを含んでいるため、使えるシーンも幅が広いと言えます。 先程少し申し上げた通り、こちらから「お気遣い願います」と相手の心を強要することはできませんが、「ご配慮願います」であれば、心からでなくても「気にして」貰いたい事を求められるのです。 「気を遣う」を正しく相手に伝えましょう.

次の

「気を遣う」の敬語表現・気を遣うの使い方と例文・別の敬語表現

かえって 気 を 遣 わせ て しまい 敬語

1.お詫びフレーズ集 ミスして謝らないといけないとき、うまく言葉が出てこないことあります。 どう言えば(どう書けば)、謝罪の気持ちが伝わるのか、お詫びの言葉は知っておいたほうがよいと思いました。 読んだ本の中にお詫びのフレーズがまとめて載っていたので、書いてみます。 重大なお詫びのとき ご迷惑をおかけし、申し訳ありません(でした) ご迷惑をおかけしたことを心からお詫びします ご気分を害してしまったことをお詫び申し上げます 不愉快に思われたことと存じます。 申し訳ありません 不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした ご期待に添えず、申し訳ありませんでした お力になれず、心苦しい限りです お怒りになるのはもっともだと思います。 お詫びの言葉もありません 間違った書類を作成してしまいました。 恥ずかしい限りです より 軽いお詫びのとき 連絡が遅くなってしまい、ごめんなさい せっかく誘っていただいたのに、すみませんでした より 謝るときの言葉って実際難しいです。 にならないように気をつけなきゃだし、逆にあっさりさらっと済ませて、それで相手を怒らせることもありますし。 「すみません」「ごめんなさい」は軽いお詫びの言葉かな。 ビジネスシーンでは「すみません」「ごめんなさい」ではなく「申し訳ありません(でした)」とお詫びするのがよいかと思います。 2.断り方フレーズ集 感じがいいと思われる断りのフレーズ 申し訳ないです。 今回はお請けできません すみません、今回は見送らせてください 申し訳ないのですが、今回はむずかしいと感じています 申し訳ないのですが、その件については、対応しかねます 誠に恐れ入りますが、今月中はむずかしい状況です 残念ながら、今回はお引き受けできません 私も残念なのですが、今回は他を当たっていただけないでしょうか 申し訳ないのですが、今回はなかったことにしていただけませんか お気持ちだけありがたく頂戴したいのですが 個人的にはぜひお請けしたいのですが、今回は会社の決定のため、ご理解ください 今回はスケジュールが立て込んでおり、納期に遅れてかえってご迷惑をおかけするわけにはいきませんので 非常に大切な案件だけに、安請け合いをして後々ご迷惑をおかけしてはいけませんので 次回以降またがんばりますので、今回はご勘弁ください ほかのことでお力になれることがありましたら、幸いです これに懲りずに、またぜひお声がけください より 断るのも難しいですね。 断りにくくて、ついずるずる返事を引き延ばしてしまったり、逆に的に「できません」「無理です」と言って、相手を不快にさせてしまったり。 あとあとのことまで考慮すると、断るときは、やんわり断ったほうが波風が立たなくてよいのかな、と。 (断るときにも相手への配慮は必要かと) 軽い誘いを断る場合は その日は先約があって行けないんです。 ごめんなさい より といった感じでいいのではないかと。 言葉ひとつで相手との関係が良くなったり悪くなったり、言葉が足りなかったせいですれ違いが生じたり、相手が離れていったり、本当に難しいです。 黙っていても相手に伝わらない。 伝えたいのであれば、言葉にする。 相手が自分の想定どおりの受け取り方をするとは限らないのですけれど、不確定な部分も承知のうえで、気持ちを、言葉を伝えようとするしかないのかな、と。 読んだ本です。

次の