ガンダム アプリ。 ガンプラをモチーフにしたゲーム「ガンダムブレイカー」がスマホアプリ化。今夏の配信に向けて事前登録の受付も開始に

【ガンブレ】ガンダムブレイカーモバイル攻略まとめwiki

ガンダム アプリ

この情報は1月6日に行われた『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』3周年イベント「THE REFLECTION」で発表されたものです。 スマートフォンアプリでの新展開決定!アプリオリジナルモードではTVシリーズのキャラクターが登場予定。 イベント会場ではPVとして数分におよぶアニメが披露されましたが、かなり力の入った迫力あるバトルも描写されており、アニメパートの完成度の高さがうかがえました。 ちなみにイベントには、サンライズの小川プロデューサーとバンダイナムコエンターテインメントの藤原プロデューサーが登壇。 いくつか気になる発言があったので、まとめてみました。 ・物語の軸になるのは、ウルズハントという宝探しレース的なもの。 ・端白星がガンダムフレームでありながら悪魔の名前がついていないことにも理由が? なお、名前の由来は金星の古語である「羽白星」から。 ・物語の時間軸は1期と2期の間くらいで、1期終了直後くらいから物語が始まる。 ・ゲームパートではTVアニメ版のキャラにスポットをあてたエピソードも予定しており、できればアニメも用意したいと思っている。 ・ゲームパートでは、三日月やオルガといったTVアニメ版の主要キャラはもちろん、マニアックな脇役キャラも登場させたいと思っている。 323 ギャラルホルンによるアーブラウ中央議会への政治介入事件は、モビルスーツを使った武力行使にまで発展。 事件を終結に導いたのは、鉄華団と呼ばれる火星から来た少年たちだった。 金星に浮かぶラドニッツァ・コロニーで生まれ育ったウィスタリオ・アファムの耳にも、鉄華団の活躍は届いていた。 火星との開拓競争に敗北した金星は、四大経済圏も興味を示さない辺境惑星。 住人はIDすら持たず、今は罪人の流刑地として使われるだけ。 そんな生まれ故郷の現状を変えたいと願うウィスタリオの前に現れたのは、「ウルズハント」の水先案内人を名乗るひとりの少女だった。 ウィスタリオ・アファム 金星に浮かぶラドニッツァ・コロニーで生まれ育った少年。 早くに両親を亡くし、若くしてコロニー管理会社「アファム設備」の跡を継いだ。 快活で決断力に優れ、金星を観光立国にするという大きな夢を持っている。 コルナル・コーサ ウルズハントの水先案内人としてウィスタリオの前に現れたミステリアスな少女。 行き届いた丁寧な立ち居振る舞いに加え、見た目の年齢にそぐわない落ち着いた口調で話す。 表情の変化が乏しく何を考えているのかわからない。 お茶を淹れるのが好き。 デムナー・キタコ・ジュニア ウィスタリオが生まれたときから側にいる教育係兼世話役。 一見すると強面で、厳しく接すべき場面ではそうするが、最終的にはウィスタリオを甘やかしてしまう傾向が強い。 長年、密かにガンダム・端白星の整備を続けている。 ガンダム・端白星(はじろぼし) ラドニッツァ・コロニーの動力部奥に隠されていたモビルスーツ。 デムナーが亡き祖父から機体の管理を引き継ぎ、人知れず整備を続けてきた。 コロニーが正体不明のモビルスーツに襲撃された際、ウィスタリオ・アファムが搭乗し、長き眠りから目覚めた。 公式4コマ漫画「ゆるてつ」スタート! 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のキャラクターたちが登場する、ゆる〜くもちょっと切ない(? )漫画の連載がスタート。

次の

【ガンブレ】ガンダムブレイカーモバイル攻略まとめwiki

ガンダム アプリ

最強の俺ガンプラで戦場を駆けろ! パーツを集めて自分だけの俺ガンプラを作り戦う『ガンダムブレイカー』が 新たにスマートフォンアプリになって登場。 様々なガンプラのカラーリングプリセットがあり、選択するだけで簡単に好みのカラーリングに塗装が可能。 さらに、出来上がったガンプラはフォトスタジオで撮影が可能。 様々なシチュエーションやポーズで撮影し、SNS投稿機能で自慢の機体を魅せつけろ。 スマートフォンならではの直感的なシンプル操作で多彩なアクションが可能。 さらにスマートフォンアプリならではのオートプレイ機能付き。 忙しいときや隙間時間にいつでも気軽にプレイが可能だ。 さらに、大張正己氏がコンテ制作を手がけた珠玉のオープニングムービーも収録。 「目指せ!ガンプラバトル全国大会優勝!」 ガンプラバトルを通して、出会いあり、別れあり、葛藤ありの オリジナルガンプラ学園ストーリーをチェックせよ。 動作環 境でご利用の場合も、お客様のご利用状況やご利用機種特有の要因により、本サー ビスが正常に動作しないことがあります。 本アプリケーションは、権利者の正式な許諾を得て配信しています。 デュエルやイージスガンダムがいてもアスランザラ、キラヤマトはいない。 ロウギュールがいるがガシャはグリーンフレームだなどetc。 いささか延命措置すぎる配信方法が リリース直後とは思えないです。 なんだかPS3で散々叩かれた初代ガンダムブレイカーに戻った感があります。 ガンダムブレイカー2でカミーユビタンを用いて公式が自虐ネタまでつくって修正してやるー!!と直したはずでは?と思います。 人はあやまちを繰り返す これではシャアもアクシズを地球に堕としたくなる訳ですね。 ユーザーと運営はわかり合う気はないのかーと刹那ばりに叫びたい。 しかし、大好きなモビルスーツが限定ガチャからしか排出されない場合は揃えて組み合わせるのは厳しいかもしれません。 また、スタミナの消費が他のアプリに比べ激しいので、ランク100辺りだと中々長時間プレイ出来なくてモヤモヤさせられるかも知れません。 ただそれを踏まえた上でも大変コンセプトに優れた楽しいゲームであると自分は思います。 環境最前線の性能に拘らなければ、入手難易度の低いパーツを組み合わせても強いガンプラを作る事が出来ます。 ガンプラの強さの指標として戦闘力という物がありますが、アリーナやフレンドバトルで相手の戦闘力が自分のガンプラの二倍だったとしても組み合わせによっては倒す事が出来るのです。 このカスタマイズの自由度の高さがこのアプリの醍醐味であると個人的に思います。 星三のパーツでもガチャ産パーツを凌駕するパーツがいくつか存在します。 ストライクノワールのBackパーツとか パーツのステータスを見てパーツの性能を吟味したり、カラーリングに拘ってイジってるだけで自分は一日過ごせます。 将来的に、多くのライトなプレイヤーが無理なくプレイが出来て、尚且つガチの人達も対戦やランキングでガッツリハマれる、多様性を包括出来る環境作りが出来れば、更にプレイヤー人口は増えて、プレイヤー側、製作側どちらにとっても良い事になると思います。 今後はオリジナルエンブレム作成機能、オンライン対戦で1on1、チーム戦 ライト層とガチ層のティアーのバランス調整が難しいかもしれませんが…。 、派手な大型MA討伐マルチミッション 派手でネタになる敵をマルチ討伐している様はアプリの宣伝になると思われます。 、などを本格的に実装して欲しいです。 このアプリはとても可能性を感じるので応援したいです! ですので星は5です。 ゲーム内の物価が高過ぎる。 :詳しく言うと課金要素のハロチップが安過ぎる。 1日で貰えるのがログインボーナスで20枚、アリーナボーナスで20枚の約40枚位。 しかし体力回復に必要なのが 100 枚、コンテニューに必要なのが50枚、ガチャは一回150枚。 体力の時間回復が1回復につき5分。 元から課金しなければ満足に周回すらさせてもらえない仕様。 有名なゲームアプリでは1日配布のアイテムでコンテニューなり体力回復が可能なのを考えるとガンダムブレイカーは3日間アイテムによる体力回復が出来ない。 コレは非常に大きなマイナス点だと思います。 圧倒的なキャピタル不足 :ゲーム内のパーツ強化などに必要な通貨(キャピタル)が慢性的に不足する。 キャピタル補充のメインとなるのが週一回のキャピタルイベントミッション。 他にもパーツを売るだとか方法はあるけれども雀の涙ほどの収益。 結局、ミッションの周回が必要不可欠なのだけれど上記の理由で無課金、微課金のユーザーからすれば現実的ではない。 このゲームの最大のセールスポイントである好きなパーツの強化まで絞ってしまうのは如何なものか? その他、細々したものもありますが 最低限、最低限この2点は早急に改善した方が良いと考えます。 このようなアプリは課金が収益に直結しますが、ユーザーが遊びにくければ全て水の泡になってしまいます。 コレからのアプリ繁栄を願って、私はコレからも課金しますので!どうか他のユーザーに勧められるアプリになっていただきたいです。 以上!.

次の

ガンダムブレイカーモバイル

ガンダム アプリ

26億 206. 32億 214. 77億 178. 33億 207. 17億 115. 92億 158. 26億 199. 22億 226. 23億 223. 23億 221. 37億 204. 21億 131. 8 合計 18.

次の