ジャンガリアン。 ジャンガリアンハムスターの飼い方(選び方・性格・習性)

人気No.1!愛らしい「ジャンガリアンハムスター」の魅力とは?

ジャンガリアン

ジャンガリアンハムスターの性格は十人十色です。 お迎え直後からベッタリと甘えてくる個体も存在しますし、人間に懐きにくい警戒心が非常に強い個体も存在します。 ジャンガリアンハムスターの寿命 ジャンガリアンハムスターの大きさ 2-2. 5年 ジャンガリアンハムスターの平均寿命は、約2年と小型哺乳類の中でもワーストクラスの短さです。 ジャンガリアンハムスターの死因としては「 病死」が最も多く、不適切な環境で飼育していると半年以内に死んでしまうこともあるので、長生きさせるには食事と生活環境の管理が重要になります。 また、一歳のジャンガリアンハムスターは人間の30歳に相当するため、適切な環境で健康状態をキチンと管理していても殆どの個体が3年以内に寿命を迎えてしまいます。 中には4年以上生きる個体も存在ありますが、そういう個体は選ばれた一部の個体のみであり、人間で例えるならば100歳以上生きている人達のような珍しい存在なのです。 ハムスターに飼育に必要な飼育用品• ケージ• 回し車• エサ入れ• 給水ボトル• トイレ• トイレ砂• 齧り木• 給水ボトル• ペットヒーター ジャンガリアンハムスターを適切な環境で飼育するには上記の飼育用品を揃える必要があります。 給水ボトルは無くても大きな問題はありませんが、給水ボトルを使うことで飲み水を新鮮に保つことができますし、何よりもハムスターが水の中に入る心配がないので衛生的な環境を保てます。 エサは何をあげる? ハムスターの主食には「 ペレット」を与え、副食には「 野菜」や「 果物」を与えましょう。 ハムスターのエサと言えばヒマワリの種というイメージがありますが、ヒマワリの種を主食として与えているとハムスターが肥満になってしまう原因となるため、与えすぎには注意してください。 ジャンガリアンハムスターにとって冬眠は=死と言っても過言ではありません。 トイレの躾け ジャンガリアンハムスターはハムスターの中でもトイレを覚えやすい品種であるため、トイレの中に排泄物 尿 が染み込んだ床材を入れておくことで簡単に躾けることができます。 しかし、中にはトイレを中々覚えてくれない個体も存在します。 そういった個体の場合は色々な場所で排泄をしてしまいますが、時間をかけてゆっくりと教えていくしか方法はありません。 ケージの掃除 ジャンガリアンハムスターはトイレを覚えてくれますが、トイレ以外でも排泄することがあります。 ジャンガリアンハムスターの糞の匂いは無臭に近いですが尿は臭いがキツイため、キチンと掃除をしないと直ぐに悪臭が発生しますし、何よりもジャンガリアンハムスターが病気に罹ってしまいます。 ケージ内を衛生的に保つためにも掃除は毎日行いたいところですが、掃除を頻繁に行っているとジャンガリアンハムスターにストレスが溜まってしまうので、掃除は2-3日に1回に留めてください。 ジャンガリアンハムスター飼育【まとめ】 ジャンガリアンハムスターは見た目の可愛さは勿論、人懐っこい性格をしていることからハムスターの中でも特に人気がありますが、性格には個体差があるため必ずしも人間に懐く訳ではありません。 中には警戒心が強く人間に懐きにくい個体もいるため、ジャンガリアンハムスターを飼育する際には各個体の性格を考慮し、尊重してあげることが大切だと心に留めておいてくださいね。

次の

ジャンガリアンハムスターの色の人気の順番は!?

ジャンガリアン

関連記事 🔖 性別ごとの性格 イエロージャンガリアンも通常のハムスターと同じでオスメスによって性格の傾向がちがいます。 ちなみにボクが飼っていた大吉はオスです。 ハムスターは基本的にデリケートな動物ですから、あまり干渉されることは好みません。 オス オスはメスに比べると繊細でストレスを溜め込みやすい傾向があります。 メスに比べると一般的にひとに懐きにくいです。 たまにインスタやYouTubeにイエジャンの動画を見かけますが、懐いている子もいるので、やっぱり個体によって性格が違うことが分かります。 メス メスはオスに比べるとストレス耐久が高い傾向にあります。 ストレス耐久とは言い換えれば、気にしない力ですね。 たとえば「 環境変化(引っ越しやレイアウト変更)」「 人からの干渉」など。 このストレス耐久が強いことからも、一般的にハムスターはメスの方が寿命が長いと言われているようです。 太りやすい体質 イエジャンは太りやすい体質です。 皮下脂肪が付きやすいんですね。 だからあまり適当にエサをあげてはいけませんよ? エサの与えすぎ注意はハムスター全般に言えることですけどね。 ハムスターは太ると、食事の量を減らすしかダイエット方法がありません。 毎日一回決まった一定量のゴハンをあげましょう。 飼い始めたばかりの頃なら、一度病院に連れて行って適正体重かを確認するのもいいです。 特にケガや病気などをしていなくても、良い医者を見つけるという意味も兼ね備えて、病院を探しておきましょう。 夏と冬で毛が変わる イエロージャンガリアンは夏と冬では大きく毛が入れ替わります。 このことを何も知らないと驚くかもしれませんね。 ハムスターも暑さや寒さに対応するために、毛が生え変わるようになっています。 人間も服が春夏秋冬違うのと同じことです。 だから毛色の変化があっても驚かないでください。 世間で聞く平均寿命 イエロージャンガリアンの平均寿命は約2年ほどと言われています。 ボクが聞いたのは「ケガ、病気、アクシデント」などを除けば2年生きれば良い方で それ以上長生きするのはかなり頑張ったことになるそうです。 ゴールデンハムスターと比べるとやはり少し短く感じますね。 動物の特性なのでしょうか、カラダが大きくなるほど長寿の傾向にあるように感じます。

次の

ハムスター散歩について質問です。 ジャンガリアンハムスターを飼いはじめ...

ジャンガリアン

関連記事 🔖 性別ごとの性格 イエロージャンガリアンも通常のハムスターと同じでオスメスによって性格の傾向がちがいます。 ちなみにボクが飼っていた大吉はオスです。 ハムスターは基本的にデリケートな動物ですから、あまり干渉されることは好みません。 オス オスはメスに比べると繊細でストレスを溜め込みやすい傾向があります。 メスに比べると一般的にひとに懐きにくいです。 たまにインスタやYouTubeにイエジャンの動画を見かけますが、懐いている子もいるので、やっぱり個体によって性格が違うことが分かります。 メス メスはオスに比べるとストレス耐久が高い傾向にあります。 ストレス耐久とは言い換えれば、気にしない力ですね。 たとえば「 環境変化(引っ越しやレイアウト変更)」「 人からの干渉」など。 このストレス耐久が強いことからも、一般的にハムスターはメスの方が寿命が長いと言われているようです。 太りやすい体質 イエジャンは太りやすい体質です。 皮下脂肪が付きやすいんですね。 だからあまり適当にエサをあげてはいけませんよ? エサの与えすぎ注意はハムスター全般に言えることですけどね。 ハムスターは太ると、食事の量を減らすしかダイエット方法がありません。 毎日一回決まった一定量のゴハンをあげましょう。 飼い始めたばかりの頃なら、一度病院に連れて行って適正体重かを確認するのもいいです。 特にケガや病気などをしていなくても、良い医者を見つけるという意味も兼ね備えて、病院を探しておきましょう。 夏と冬で毛が変わる イエロージャンガリアンは夏と冬では大きく毛が入れ替わります。 このことを何も知らないと驚くかもしれませんね。 ハムスターも暑さや寒さに対応するために、毛が生え変わるようになっています。 人間も服が春夏秋冬違うのと同じことです。 だから毛色の変化があっても驚かないでください。 世間で聞く平均寿命 イエロージャンガリアンの平均寿命は約2年ほどと言われています。 ボクが聞いたのは「ケガ、病気、アクシデント」などを除けば2年生きれば良い方で それ以上長生きするのはかなり頑張ったことになるそうです。 ゴールデンハムスターと比べるとやはり少し短く感じますね。 動物の特性なのでしょうか、カラダが大きくなるほど長寿の傾向にあるように感じます。

次の