ポケモン剣盾 とつげきチョッキ。 【剣盾】ポケモンパーティ構築

【ポケモン剣盾】環境上位のトゲキッス相手にも戦えるとつげきチョッキ持ちストリンダー 昔に比べて大分認知度は増えたか・・・?

ポケモン剣盾 とつげきチョッキ

調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能です。 また、ただ後出しから勝てるというだけでなく、技「ぜったいれいど」の圧力によって相手の交代を抑制できることや、持ち物が「いのちのたま」でないのならば後出し後1ターンダイマックスをしなくても対処可能であることから、 ダイマックスポケモンで発生しがちなダイマックスと交代の択にも強めです。 トゲキッスの汎用的な対策がほぼ存在しない現環境で、これらは大きな意味を持ちます。 相手のラプラスとの撃ち合いに強い ラプラスとこちらの低速ポケモンが対峙した際、技「ぜったいれいど」を無効化するためにラプラスを投げるという場面がしばしば発生しますが、 「とつげきチョッキ」を持っているおかげでその後のラプラス同士の撃ち合いで強く出れます。 相手がダイマックスしてきて「ダイサンダー」で強引に押してくるのならばこちらは「キョダイセンリツ」で返すことで、 ほとんどの場合1:1交換に持ち込むことができます。 対処の難しいアシレーヌ・ピクシーの対策となり得る タイプが優秀で先発で出されやすい アシレーヌや、高火力鋼技や炎タイプのポケモンがいないと簡単に詰まされてしまう ピクシーに対して 「とつげきチョッキ」を持っているおかげで後出しから対処が可能です。 ピクシーには「ぜったいれいど」を当てる必要がありますが、 「キョダイセンリツ」を撃つことでさらに耐久が上昇するためかなりの試行回数を稼ぐことができます。 特性「きょううん」メタの特性「シェルアーマー」 このラプラスは相手のトゲキッスに役割を持っているため、 急所でその調整を崩されては元も子もありません。 特に、トゲキッスは下記育成論のようなピントレンズを持った強運型も存在するため。 特性「シェルアーマー」にすることで確実に役割を遂行できるようになります。 チョッキラプラスの対策 特性「すりぬけ」のドラパルト ラプラスがドラパルトと対面した時、 ドラパルトの「じゃくてんほけん」を警戒する必要があるためラプラス側はあまり自由に立ち回ることができません。 ドラパルトの型がバレていない序盤にアドバンテージを取れるような選択をすると良いでしょう。 物理ポケモンで殴り合いをする• 「とつげきチョッキ」は特防を上昇させることしかできないため、 物理ポケモンとの殴り合いでは実質持ち物無しの状況となってしまいます。 たとえばミミッキュと対面した場合は「つるぎのまい」をされると撃ち負けてしまうためダイマックスをして「キョダイセンリツ」を撃つことを強要されますし、パッチラゴンの「でんげきくちばし」はそもそも耐えることができません、 これらのポケモンとの対面を上手く作り出すことで、ダ イマックスを浪費させたりサイクルを崩したりしていくことが可能です。 トゲキッスで択ゲーを制す トゲキッスに役割を持っているとは言え、ダイマックス権が無い状態でダイマックストゲキッスに殴り勝つことはできません。 「ぜったいれいど」の圧力や「キョダイセンリツ」の追加効果を考えるとかなり不利にはなってしまいますが、 ダイマックスするか交代するかの択ゲーや「ぜったいれいど」の被弾などを制することで強引に勝つことも可能です。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン剣盾 とつげきチョッキ

調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能です。 また、ただ後出しから勝てるというだけでなく、技「ぜったいれいど」の圧力によって相手の交代を抑制できることや、持ち物が「いのちのたま」でないのならば後出し後1ターンダイマックスをしなくても対処可能であることから、 ダイマックスポケモンで発生しがちなダイマックスと交代の択にも強めです。 トゲキッスの汎用的な対策がほぼ存在しない現環境で、これらは大きな意味を持ちます。 相手のラプラスとの撃ち合いに強い ラプラスとこちらの低速ポケモンが対峙した際、技「ぜったいれいど」を無効化するためにラプラスを投げるという場面がしばしば発生しますが、 「とつげきチョッキ」を持っているおかげでその後のラプラス同士の撃ち合いで強く出れます。 相手がダイマックスしてきて「ダイサンダー」で強引に押してくるのならばこちらは「キョダイセンリツ」で返すことで、 ほとんどの場合1:1交換に持ち込むことができます。 対処の難しいアシレーヌ・ピクシーの対策となり得る タイプが優秀で先発で出されやすい アシレーヌや、高火力鋼技や炎タイプのポケモンがいないと簡単に詰まされてしまう ピクシーに対して 「とつげきチョッキ」を持っているおかげで後出しから対処が可能です。 ピクシーには「ぜったいれいど」を当てる必要がありますが、 「キョダイセンリツ」を撃つことでさらに耐久が上昇するためかなりの試行回数を稼ぐことができます。 特性「きょううん」メタの特性「シェルアーマー」 このラプラスは相手のトゲキッスに役割を持っているため、 急所でその調整を崩されては元も子もありません。 特に、トゲキッスは下記育成論のようなピントレンズを持った強運型も存在するため。 特性「シェルアーマー」にすることで確実に役割を遂行できるようになります。 チョッキラプラスの対策 特性「すりぬけ」のドラパルト ラプラスがドラパルトと対面した時、 ドラパルトの「じゃくてんほけん」を警戒する必要があるためラプラス側はあまり自由に立ち回ることができません。 ドラパルトの型がバレていない序盤にアドバンテージを取れるような選択をすると良いでしょう。 物理ポケモンで殴り合いをする• 「とつげきチョッキ」は特防を上昇させることしかできないため、 物理ポケモンとの殴り合いでは実質持ち物無しの状況となってしまいます。 たとえばミミッキュと対面した場合は「つるぎのまい」をされると撃ち負けてしまうためダイマックスをして「キョダイセンリツ」を撃つことを強要されますし、パッチラゴンの「でんげきくちばし」はそもそも耐えることができません、 これらのポケモンとの対面を上手く作り出すことで、ダ イマックスを浪費させたりサイクルを崩したりしていくことが可能です。 トゲキッスで択ゲーを制す トゲキッスに役割を持っているとは言え、ダイマックス権が無い状態でダイマックストゲキッスに殴り勝つことはできません。 「ぜったいれいど」の圧力や「キョダイセンリツ」の追加効果を考えるとかなり不利にはなってしまいますが、 ダイマックスするか交代するかの択ゲーや「ぜったいれいど」の被弾などを制することで強引に勝つことも可能です。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

ドサイドンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ポケモン剣盾 とつげきチョッキ

育成概要 とつげきチョッキ モスノウ 育成論 モスノウ 型名 HCチョッキモスノウ 技構成 ぼうふう ミラーコート むしのさざめき れいとうビーム 持ち物 とつげきチョッキ 特性 こおりのりんぷん 性格 ひかえめ H,B,C,D,S 全て個体値31とする。 A抜け推奨 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 努力値 252 — 0 252 0 4 実数値 177 — 80 194 110 86 型のコンセプト モスノウにとつげきチョッキを採用することで特殊アタッカーに対する対面性能の上昇とサイクル参加を意識した型。 チョッキモスノウを採用する利点 とつげきチョッキと氷の鱗粉の効果によって4倍弱点である特殊炎技を受けることが可能となる。 HPに大きく努力値を割くことで物理ドラパルト相手にも打ち負けずに対面処理することが可能。 気合の襷と異なり、サイクル参加がさせやすく弱点技を持った特殊アタッカーに対して強気に立ち回ることができる。 持ち前の特殊耐久によって対面とサイクルの両立が可能となる。 技構成と与ダメージ ぼうふう 威力:110 ダイジェット 威力:140 蝶の舞を採用しない場合素早さを上昇させる第二の手段となるため採用。 サイクルと対面を意識したチョッキ型であるが、試合展開によって積みアタッカーとして運用することが可能。 1ダイジェットで裏のポケモンを抜ける場合は積極的に使用して行く。 ミラーコート 威力:- ダイサイコ 威力:100 とつげきチョッキと相性が良く、誘発しやすい特殊炎技などを安定して受けれるため使用する場面は多い。 HPを伸ばす本論では採用優先度が比較的高い技となる。 むしのさざめき 威力:90 ダイワーム 威力:130 タイプ一致メインウェポンのため確定。 ダイワームにすることで特殊受けが更に安定するため種族値との噛み合いが良く採用しない理由は特にない。 れいとうビーム 威力:90 ダイアイス 威力:130 れいとうビーム 仮想敵 割合 D4 サザンドラ 107. 役割対象のドラパルトやサザンドラに対する打点。 CSベースのサザンドラやASベースのドラパルトに対して控えめであれば確定1発を取ることが可能。 選択技に吹雪が検討されるが、メインウェポンに命中不安技を採用すること自体がリスキーなため本論では命中安定のれいとうビームを採用。 選択技候補 ギガドレイン 威力:75 ダイソウゲン 威力:130 氷を半減にする水タイプや水地面複合タイプに対する打点。 ヌオーやガマゲロゲに対して主に使用する。 特殊耐久が非常に高いため、再生効果と相性が良い。 モスノウはフリーズドライを習得しないため採用の余地有り。 受ダメージ 仮想敵 技 割合 補正なし C252 サザンドラ あくのはどう 13. 2% 確定2発 補正なし A252 ドラパルト ドラゴンアロー 68. 4% 確定2発 補正あり A252 ドラパルト ドラゴンアロー 75. 2% 確定2発 補正あり C252 眼鏡ドラパルト だいもんじ 71. 7% 確定2発 補正あり C252 トゲキッス エアスラッシュ 41. 1% 確定3発 補正あり C252 トゲキッス ダイジェット 71. 7% 確定2発 補正あり C252 ジュラルドン てっていこうせん 51. 0% 乱数2発 補正あり C252 眼鏡ジュラルドン てっていこうせん 76. 3% 乱数2発 上記のようC特化眼鏡サザンドラの大文字を4倍弱点で受けた場合でも耐えることが可能。 更にHPに大きく努力値を割くことでA特化ドラパルトのドラゴンアローも耐えるため、ドラパルトが物理特殊どちらの型でも対応可能な高い対面性能を誇る。 主な役割対象 ドラパルト サザンドラ ラプラス ウォッシュロトム カットロトム トゲキッス ニンフィア ジュラルドン その他特殊アタッカー全般。 YouTube 実践動画 舞わない粉雪 HC とつげきチョッキ モスノウ 育成論 余談 ろうじん ウルガモスと異なり素早さ種族値が非常に低いため、上から蝶の舞を積んでDで受ける運用方法が困難です。 初速が非常に遅いので蝶の舞を積んだ場合でも素早さが足りません。 積みアタッカーとして扱うよりもとつげきチョッキを持たせてサイクルに参加させる運用方法が適しているかと思います。 チョッキを採用すればC特化眼鏡サザンドラの大文字ですら確定耐えできる化け物染みた特殊耐久を誇ります。 HPに大きく努力値を割くことでA特化ドラパルトのドラゴンアローを耐えるため、物理特殊どちらのドラパルトと対面した場合でも対応が可能です。 対面性能が高く且つ、特殊受けが安定するためサイクルにも参加させやすく蝶の舞型よりもオススメです。

次の