ビル ボード 横浜。 横浜市社会福祉協議会障害者支援センター【コミュニケーション支援ボード/コミュニケーションカード/リンク】

横浜市(神奈川県) 売ビルの収益物件一覧 【OCN不動産】

ビル ボード 横浜

「バンクシー展 天才か反逆者か」 営業再開と 新型コロナウイルス 感染症対策について 政府からの緊急事態宣言の解除に伴い、アソビルおよび「バンクシー展 天才か反逆者か」は5月30日 土 から営業を再開いたします。 当展覧会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行っております。 入場は完全事前予約制となっております。 ご来場前にWEBより日時指定チケットのご購入をお願いいたします。 URL: 休業期間の日時指定チケットをご購入のお客様へ 臨時休業期間の2020年3月28日 土 〜5月29日 金 までの日時指定チケットをご購入のお客様に関しましては、2020年9月27日 日 までの期間中、チケット記載の日時以外でのご来場も有効といたします。 ご購入いただいたチケットをそのままお持ちいただき、当日会場でお見せください。 (日時指定のない平日いつでもチケットは期間中の平日が有効、平日アフター6チケットは期間中の平日18:00以降が有効になります) 迷惑をお掛けしますが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。 本展覧会キュレーター兼プロデューサーより IQ ART MANAGEMENT CORP 代表 アレクサンダー・ナチケビア 「バンクシー展 天才か反逆者か」は、世界中に存在するバンクシーのコレクターの作品が集結した、今までにない規模で開催されるバンクシーの個展です。 また、オリジナル作品だけでなく、映像やインスタレーションなどを用いて、多角的にバンクシーに迫る展覧会になっています。 来場客からは「バンクシーの活動が多面的でとても驚いた」といったコメントを多くいただきました。 バンクシーは主にストリートで活動するグラフィティ・アーティストとして知られていますが、スタジオで制作する一面も持っています。 彼は、世の中のニュースをモニターし、その中から誰もが興味をもつ出来事を取り上げ、彼独特の方法で起きている問題の深刻さを提示します。 そうして私たちが考え、注意を払い、行動に移すように促すのです。 彼の作品はシンプルなものが多いですが、一つひとつのアートワークに込められた意味は奥深く、私たちの心にストレートに訴えかけてきます。 我々が本展で目指しているのは、作品の表層を取り上げるだけでなく、その内面を知って見ていただくことです。 そして、バンクシーの作品を通して日々の生活で忘れがちな「感じる」・「考える」きっかけを作る事です。 路上に描かれたバンクシー作品はすぐ消されてしまいがちなため寿命がとても短く、実際に原画を見たことのある人は多くありません。 そんななか本展が実現したのは、複数の個人コレクターの協力を得ることができたためです。 アートに敏感な日本の皆さまにバンクシーの才能を十分に堪能していただきたいです。 アソビルより アソビルは、「アートによる遊び心の解放」というコンセプトのもと、新進気鋭のアーティストによる作品を各フロアのいたるところに展示しています。 ふと週末遊びに行った場所で気軽にアートに触れてほしい。 私たちは、アートによって人の心は揺さぶられ、言語化できないワクワク感を感じたり、ときにはアートには人生を変えるほどの力があるのではないかと信じているからです。 バンクシーによる数多くのストリート・アートは、強いメッセージを伝えています。 身分や場所を問わず、ストリートを行き交う誰もが見ることができ、遊び心のある表現を通して人々にメッセージを問いかける、バンクシーの作品。 そんな作品たちを集めた展覧会を、遊びを通して人々の人生を豊かにしたいと考える、このアソビルで開催できることに喜びを感じています。 展覧会について 日時指定チケットで入場する場合、待ち時間は発生しませんか? 日時指定チケットの各時間枠の入場開始直後は入場待ち列が発生します。 時間枠の後半でのご来場をお勧めします。 ご入場後は時間制限なく、閉館までご鑑賞いただけます 入れ替え制ではございません。 作品の撮影は可能ですか? 全作品、お写真をお撮りいただけます。 三脚や自撮り棒のお持ち込みはご遠慮ください。 フラッシュはご利用いただけません。 また、すべてのお客様に気持ちよくご鑑賞いただくため、長時間の占拠や大きな機材を広げるなど他のお客様のご迷惑となる行為はご遠慮ください。 小さい子供を連れて来ても大丈夫でしょうか? すべての年齢のお客様にご入場いただけます。 一部作品には過激な表現を含む場合がございますので、保護者の同伴をお勧めします。 会場に荷物は持ち込めますか? 大きなお荷物、コート類は会場内に持ち込みができません。 アソビル館内や近隣施設のロッカーをご利用ください。 車いすやベビーカーは入場できますか? 横浜・アソビル会場では、車いすの入場は可能です。 ベビーカーの入場はご遠慮いただいております。 バンクシー展の入り口付近にベビーカー置き場がございますのでご利用ください。 空いている時間を教えてください 当日の状況にもよりますので、お約束はできかねますが、休日に比べて平日は余裕をもってご覧いただけます。 また、比較的17:00以降のお時間帯は余裕をもってご覧いただけます。 チケットについて QRコードチケットが開けません。 QRコードチケット、チケットシステムに関するお問い合わせは。 チケットに記載された時間に間に合いません。 万が一チケットに記載の時間枠が過ぎてしまった場合は、別の時間枠でのご入場をご案内いたします。 その際はご希望に添えない場合がございますので、待ち時間が発生する可能性がございます。 予めご了承ください。 券面に記載の時間より前にはご入場いただくことはできません。 チケットを持ってくることを忘れてしまいました。 チケットをお忘れの場合はご入場いただけません。 お出かけの際は必ず、QRコードチケットを表示できるスマートフォン、または印刷されたチケットをお持ちください。 購入したチケットをキャンセル・変更したいです。 ご購入後のチケットのキャンセル・変更はいかなる場合もお受けできません。 日時、券種などよくご確認の上、ご購入下さい。 来月以降のチケットを購入したいです。 来月以降のチケットについては、詳細を決定次第発表いたします。 詳しくは公式HPなどをご確認ください。 グループ割引、高齢者割引、障害者割引はありますか? グループ割引、高齢者割引、障害者割引はございません。

次の

横浜市社会福祉協議会障害者支援センター【コミュニケーション支援ボード/コミュニケーションカード/リンク】

ビル ボード 横浜

地域にはさまざまな障害のある人が暮らしています。 自閉症や知的障害のある人の中には、言葉だけでなく、わかりやすい絵記号や写真を用いることで、コミュニケーションがスムーズになる人もいます。 そのことを広く知ってもらいたい• 自分たちの思いや意思を伝えていくためのツールがほしい という声から、コミュニケーションボードを作成しました。 障害について配慮していただきたいポイントをまとめた啓発パンフレットも作成し、コミュニケーションボードとセットで普及活動を行っています。 コミュニケーションボードは、学校や交通機関、お店、交番などで使われ始めています。 自閉症や知的障害のある人だけではなく、外国の方や高齢者、小さな子どもにも利用されています。 地域の中でみんなに役立つユニバーサルなコミュニケーションツールです。 コミュニケーションボードのイラストは、櫻田耕司さんによる作品です。 コミュニケーションカードの作成はどなたでも可能ですが、営利目的での作成や配布は禁止です。 イラストやイラスト内の文字の加工は禁止しています。 詳しくはをご確認ください。 自治体や学校、会社など、団体として使用や配布を希望される場合は、事前に障害者支援センターまでお知らせください。 コミュニケーションボードに載っているイラストの中から、必要なイラストを選んで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末にダウンロードできます。 携帯・スマホでイラストをダウンロードして使いたい方は、 右のQRコードからサイトへ行くことが出来ます。 (一部オリジナルコミュニケーションボード・カードやダウンロードできないイラストもあります)• お店用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• 救急用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• 災害用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• コミュニケーション支援ボード (主催:全国特別支援学校知的障害教育校長会・明治安田こころの健康財団)• 鉄道駅用コミュニケーションボード(作成:横浜市)• 救急用コミュニケーション支援ボード (主催:明治安田こころの健康財団/ 監修:東京消防庁)• 警察版コミュニケーション支援ボード (主催:明治安田こころの健康財団/協力:警察庁)• ひろしまコミュニケーション支援ボード(作成:広島市)• コミュニケーション支援ボード(作成:岩手銀行)• 荒川区コミュニケーション支援ボード(作成:荒川区)• その他(オリジナルイラスト).

次の

横浜市・超高層ビルデータベース

ビル ボード 横浜

地域にはさまざまな障害のある人が暮らしています。 自閉症や知的障害のある人の中には、言葉だけでなく、わかりやすい絵記号や写真を用いることで、コミュニケーションがスムーズになる人もいます。 そのことを広く知ってもらいたい• 自分たちの思いや意思を伝えていくためのツールがほしい という声から、コミュニケーションボードを作成しました。 障害について配慮していただきたいポイントをまとめた啓発パンフレットも作成し、コミュニケーションボードとセットで普及活動を行っています。 コミュニケーションボードは、学校や交通機関、お店、交番などで使われ始めています。 自閉症や知的障害のある人だけではなく、外国の方や高齢者、小さな子どもにも利用されています。 地域の中でみんなに役立つユニバーサルなコミュニケーションツールです。 コミュニケーションボードのイラストは、櫻田耕司さんによる作品です。 コミュニケーションカードの作成はどなたでも可能ですが、営利目的での作成や配布は禁止です。 イラストやイラスト内の文字の加工は禁止しています。 詳しくはをご確認ください。 自治体や学校、会社など、団体として使用や配布を希望される場合は、事前に障害者支援センターまでお知らせください。 コミュニケーションボードに載っているイラストの中から、必要なイラストを選んで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末にダウンロードできます。 携帯・スマホでイラストをダウンロードして使いたい方は、 右のQRコードからサイトへ行くことが出来ます。 (一部オリジナルコミュニケーションボード・カードやダウンロードできないイラストもあります)• お店用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• 救急用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• 災害用コミュニケーションボード(作成:セイフティーネットプロジェクト横浜)• コミュニケーション支援ボード (主催:全国特別支援学校知的障害教育校長会・明治安田こころの健康財団)• 鉄道駅用コミュニケーションボード(作成:横浜市)• 救急用コミュニケーション支援ボード (主催:明治安田こころの健康財団/ 監修:東京消防庁)• 警察版コミュニケーション支援ボード (主催:明治安田こころの健康財団/協力:警察庁)• ひろしまコミュニケーション支援ボード(作成:広島市)• コミュニケーション支援ボード(作成:岩手銀行)• 荒川区コミュニケーション支援ボード(作成:荒川区)• その他(オリジナルイラスト).

次の